Vornado(ボルネード) ボルネード 気化式加湿器 エバップ3 ブラック 【6~39畳用】 EVAP3-JP-blk – デカい加湿器

◎良いところ・加湿、空気清浄、撹拌を一台で賄える。・汚れたフィルタを捨てるだけなのでメンテナンスが圧倒的に楽、他のあらゆる加湿器と比較しても最もメンテナンスが楽だと思う。・電気代が安い、過加湿しない、発熱しないなど常時運転のリスクが最小限。×良くないところ・ventaやデロンギのように実感できるほどの空気清浄能力はない(あの2つが強力すぎる)。・弱でも就寝時は気になる動作音。・volnadoの他のサーキュレーターと比べると風の直進性がまるでなく、弱運転では熱溜まりができる。.

にゃんこを飼っているので気化式加湿器を探していたところ、こちらの商品にたどりつきました。価格、容量、デザインとも良いと思います。一気に湿度を上げようとすると音が大きいので徐々に上げていくのが良いと思います。併せて交換用のフィルターを購入しておくとよいでしょう。.

アマゾンレビューが良く、自分に合う機能やったので買ってみたが、そんなに加湿機能は無いと思います!フィルターは、水につけたら紙みたいにぼろぼろになった!(笑).

アメリカンな大型の加湿器です。他の方も書いてますが、パワーがあるのでリビングや吹き抜けの広めの部屋におすすめです。交換フィルターもネットで一年中買えて便利。.

会社の執務室用に購入。湿度と同時に体感温度も上がりクレームが.

Ev100を寝室用に購入。気に入ったのでリビング用には大き目の本機を購入しました。ev100が厚さ1インチのフィルターが1枚使用に対し、本機は厚さ1. 5インチフィルターを2枚使用し加湿面が単純計算で3倍です。あとは「加湿面積に対し風量がどのくらいなのか?」なのですが、計測なんて私には出来ないので分かりません。まあ回転数とファン形状とかが同一なら、ファン直径が約2倍大きいのでいかほどでしょうか?。誤解なき様に書いときますが、本機は気化式なので大きいからといってムァァーっと部屋が湿度いっぱいになるわけではないです。我が家では吹き出し口で70%、室内40%です。.

どの加湿器もそうだけども、暖かく保つための温度設定にした暖房機使いの中で、加湿を十分にしてくれるか否か?ただそれに尽きる。エアコンを入れてる8畳部屋の乾燥対策に、この大容量なのを買えば大丈夫と思って購入したが、湿度ないほどに思われる乾燥し切った寒さの日にエアコンとこの加湿器を用いたが、ま〜〜〜〜〜〜〜〜ったく、ダメ。。。。。。そして、機械音がうるさい。特別音が大きいわけではないが、静かにしたい環境下ではとても気に成るほど。この機械が活きる環境下は、真冬以外・乾燥しきった日和以外・静けさを必要としない場所 だと、いいのかもしれない。.

東芝製のulos(ウルオス) 気化方式 加湿器 ka-p50x(w)(ホワイト)を4年前から使用していましたが、教室用に気化式をもう一台探してたところ目に留まったのは、ダイニチ ハイブリッド式加湿器 rxシリーズ hd-rx516-tと、こちらのvornadoです。気化式を選んだ理由ですが、1、節電:スチーム式に比べ割安。2、安全性:スチーム式は蒸気口が熱くなりやけどの危険性あり。超音波式は水道水の成分をそのまま霧状で散布した方式であり、電気機器への影響・健康面の心配、大手メーカーも取り扱っていない。他の2タイプに比べ気化式が一番安全。日本製の場合、高機能でデザインも凝ったものがあるのですが、気化式の場合、冷気が床にたまってしまうため、部屋全体の加湿のためには、台の上に乗せるか、サーキュレーターで空気を循環させる必要があります。その点で、ボルネードはサーキュレーターで加湿された空気を上方向に放出させられるので、こちらを最終的に選びました。デジタルの湿度計(テーブル上なので床から1メートル少しの高さ、室温15度、湿度30%)で、10畳の洋室で計測してみた結果。ウルオス(木造、和室:~8. 5畳、~14㎡、 プレハブ、洋室:~14畳用)床に置いた場合→40%ウルオスを台(高さ70センチ)に置いた場合→50%ボルネードを床に置いて50%設定でオートに設定→45%、55%設定オート→47% となりました。商品説明には6~39畳となっていますが、実際には8~14畳(洋室)くらいまでのパワーと思われます。音に関しては、人それぞれの感覚ですが、autoにすると最初highの設定で多少大きめですが、気にするほどでもありません。ある程度経つと自動的にlowの設定になり音は静かになります。水が6リットル入れられるのは便利です。ウルオスの場合2リットルだったので2日に一度水を入れ替えなければなりませんでしたが、こちらは4日間持っています。見た目は正直、とても1万5千円には見えません。せいぜい5千円くらいでしょうか。アメリカ製でシンプルかつ丈夫そうに見えます。フィルター交換についてはまだよく分かりません。.

利点と欠点

メリット

  • 十分な加湿機能
  • シンプル イズ ベスト
  • 店舗クラス

デメリット

もちろん200坪なので1機では心もとないのですがお客様とお話する空間は十分に潤うので重宝しています。通常の加湿器とはパワーが段違いですので家庭で使うなら最強の一機でしょう。.

今年の冬はこれで大助かり。39畳と聞いてビビりましたが、おもったほど大きくない。部屋中均質に潤います.

ちょっと音が大きすぎます。テレビの音が聞こえないほどになりますね。あと、水が切れても音もならないし点滅で知らせてくれるとかもないので切れたか分からない。これはかなり致命的です。ただ、加湿器、サーキュレータとしての機能自体は悪くないので★3です。.

室内の循環もできていい感じです。冬だけでなく夏も活用できそうですね.

ウチはリビングが23畳位で、それにあった加湿器を探していました。レビュー評価を見て決めたんですが、やっぱり音はオートにしていても、中々うるさいです。音がせめてもう少し静かなら、評価は5ですね。.

リビング階段の18畳ldk+6畳和室を湿度55%のオート設定で稼働させてます。気温20℃湿度40%が一時間で55%まで上がりました。設定湿度になると自動で止まります。リビングの湿度計とピッタリ合っているので、意外と正確なことに感心しました。ファンが強だと爆音ですけど一定の音ですので気にならなくなりました。それでも寝室用には適さない音ですので使用する場合は就寝前に強で稼働して、寝るときに弱に手動で設定しておくことをお勧めします。お手入れはフィルターの水洗いのみです。クエン酸洗浄で復活させている人もいるようですが、ここは消耗品と割りきって汚れたら捨ててます。水質にもよりますが水の補給の際にフィルターを水道水で軽く洗って上下を入れ替えるくらいで6ヶ月は持ちます。水のタンクがひっくり返すとフラットにならないので、水の補給の際に片手で押さえていないと倒れそうになる点が気になりました。タンクが6. 7リットルと大容量なので水のタンクに銀のたまごという銀イオン除菌剤を入れてます。ぬめり防止には役立ってそうです。.

とても日本製より威力はありますが、音がうるさい。しかし自宅の乾燥状態がいっきに改善された。.

ファンはとてもうるさい。構造的には土台に敷いた水を扇風機で巻き上げるというものです。水がなくなってもそのまま動き続けます。お知らせとかはありません。.

一言、チャチい。タンクも上部ファン(駆動部分)も置いてあるだけで、ロック機能は一切無し。設置したら底部を持ち上げないと移動も難儀。「high」モードはうるさ過ぎて使えない。給水時タンク上面が傾斜している為、当然ながら逆さにすると直立しないので、手で押さえていないとまともに給水できない。色とデザインで米国製を購入した事を非常に後悔。今まで使用していたパナソニックの現行機種を買い直す予定。.

特徴 ボルネード 気化式加湿器 エバップ3 ブラック 【6~39畳用】 EVAP3-JP-blk

  • サイズ:約幅40×奥行26×高さ31cm
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:50Hz/強42W・弱17W、60Hz/強38W・弱15W
  • 保証期間:1年(※正規輸入品に限る)
  • セット内容・付属品:本体、フィルター×2枚、日本語取扱説明書兼保証書
  • 風量調整:3段階(強・弱・自動)
  • 最大給水容量:約6.7L(受け皿含む)
  • コードの長さ:約1.8m
  • 本体重量(kg):3.3

メーカーより

Vornado ボルネード 気化式加湿器 エバップ3 ブラック EVAP3-JP-blk サーキュレーター 広い部屋 潤い スタイリッシュ 簡単便利 大容量タンク 6L 24時間連続運転

サーキュレーターの力で広い部屋をムラなくうるおす

スタイリッシュで簡単便利な気化式加湿器

大容量タンク 約6L

最大24時間連続運転

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター 航空力学 循環機能 飛行機の技術 扇風機 部屋の隅々まで 部屋のどこにいても心地いい

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター 加湿しながら 温度差を解消 内蔵サーキュレーター 部屋中を潤す 天井の暖気を下ろす 足元の冷えが無くなる 加湿時間を短縮

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター 24時間給水不要 忙しい時 大容量タンク 6L 病院 介護施設 幼稚園 保育園 店舗 オフィス 会社

◎航空力学を応用した循環機能

原点は航空力学。約70年前、飛行機の技術を扇風機に応用してサーキュレーターを発明。米国の老舗メーカー

ボルネードの加湿器や電気ファンヒーターは、内蔵されたサーキュレーターにより、効果が部屋の隅々に行き渡る。「部屋のどこにいても心地いい」を実現

◎加湿しながら 上下の温度差も解消

内蔵サーキュレーターが、部屋中をうるおしながら天井の暖気を下ろして、足元の冷えが無くなる

サーキュレーター効果で加湿時間を短縮

一般的に加湿に時間がかかると言われる気化式だが、ボルネードは、サーキュレーター効果で加湿時間を短縮

10分間で湿度は約20%アップ

◎忙しい時に「誰が給水に行く?」が無くなる、大容量タンク (約6L)

病院、介護施設、幼稚園、保育園、店舗、オフィスで重宝

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター うるおった空気を拡散 周りの湿度や気温に合わせて加湿 気化した水分 目に見えない 余分な水分を放出しない 過加湿にならない ろ過 省エネ

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター 抗菌 高機能 使い捨て フィルター クリーン仕様 シンプル構造 お手入れらくらく 丸洗いOK 広口タンク 洗浄可能

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター 加湿面積 最大39畳 約5倍 広範囲 全体が潤う 空気循環力 家庭 家 自宅 病院 介護施設 幼稚園 保育園 オフィス 会社

◎ナチュナルな加湿方法

周りの湿度や気温に合わせて加湿

既に気化した水分を含む空気を放出するので、目に見えない。余分な水分が放出されないので、過加湿にならない

一方、超音波式やスチーム式は、湿度や気温に関係なくミストや水蒸気が放出されるので目に見える。余分な水分は、結露し水滴となって床や家具に付着する

◎「きれい」を簡単キープ

  • フィルターは使い捨て
  • フィルターの交換目安は、4~12週間。(水質、空気の汚れ具合により変わる) 固くなり水を吸わなくなったら交換
  • 広口タンクは、手を入れて奥まで洗浄可能

◎ボルネードだからできる驚きの加湿面積、最大39畳。一般的加湿器の約5倍

広範囲でも全体がうるおう空気循環力

ご家庭のほか、病院、介護施設、幼稚園、保育園、オフィスにもおすすめ

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター オート 快適 無駄なく加湿 風量 強 広い空間 急速加湿 弱 狭い空間 就寝時 長時間 静音 自動 オート 風量を自動調節 自動停止

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター ホワイトダストゼロ エコ 省エネ 結露しにくい 熱源なし 過加湿にならない ヒーターレス ヤケドしない 火傷しない ろ過 クリーンな空気

Vornado ボルネード 気化式加湿器 サーキュレーター つけ置き洗い 浸け置き洗い フィルター長持ち 薄い酢水 クエン酸水 カルキ チリ 給水力復活

◎風量の選び方

  • 強high  広い空間に、または急速加湿に
  • 弱low   狭い空間に、または就寝時に。長時間使用に。静かな運転音
  • 自動auto 風量を自動調節

いずれの設定も、一定の湿度に達すると運転を停止し、無駄な電気代を削減

◎その他のおすすめポイント

  • 過加湿にならない。結露しにくいので家具や楽器に優しい
  • ヒーターレスで、電気代がかからず、ヤケドの心配なし
  • ホワイトダストを出さない。チリ、ホコリ、カルキをろ過してクリーンな空気
  • オゾンを発生させない
  • アロマオイルを使用可能 (水溶性のみ)

◎フィルターを長待ちさせるには

固くなりかけたフィルターを、薄い酢水またはクエン酸水で浸け置き洗い。カルキやチリが落ちて給水力が復活する

フィルターの劣化の原因となるので、押し洗い・もみ洗い・ねじり絞りは厳禁

純粋に加湿して電気料金も安く考えたいならおすすめです。最大風量だとさすがにファンの音が気になりますが、一般的な空気清浄機と似たような音です。問題の加湿ですが十分な加湿力です、日本の加湿空気清浄機も使っていますが、それよりも加湿できる速度も速いです。超シンプルな作りです。良かったので追加でもう一台買いました。.

これは気化式加湿に機能を絞った一品です。(夏場はサーキュレーターとして使っています)そして構造がシンプルで手入れのしやすさは抜群によいです。分解、組立てがしやすく、手入れは基本的にフィルターを洗うだけです。消耗交換品もフィルターだけすみます。値段は¥ 1,773(2016-11現在)。本体がモデルチェンジしてもフィルターは同じため安心して使い続けられます。ネックといえば、湿度計の精度と動作音です。lowモードでも寝るときはうるさく感じました。.

タンクがでかいので楽チン。ただ、強弱の2段階を選べるファン設定は強にするとまるで洗濯機のようにとんでもなくうるさいです。加湿性能は問題ありませんが音の点で自分のニーズには合いませんでしたがマーケットプレイスでカメラ店から購入したら返品が受け入れられなかったので、日中は弱で使い、夜間など音が気になるときは別の静かなものを使っています。.

玄関の吹き抜けから、二階の廊下が乾燥の原因なので、こんなに大きな面積の加湿が出来るものが欲しかったのです。さすがはアメリカンといったところですか。 45%に設定していれば、勝手に加湿して、そのレベルになれば勝手にとまります。 後は水のタンクが空にならないようにするだけす。 廊下にデジタル湿度計がありますが、概ね合っております。 音も大きいですが、寝室ではないので問題は無いかと思いますね。 逆に、寝室でお使いになるのでしたら、深夜にでも勝手に大きな音で稼動しますので、そこはお考え下さい。  ただ、加湿性能と水の補給に関しては満点です。 回りが濡れたり、カビになることもありませんし、白い湯気や煙のような柱も立ちません、ただ、ファンで加湿していますね! 大空間にはお薦めです!.

前のレビューに書いてあるとおり、モードを高くすると音がうるさいです。眠るにはうるさい、テレビの音量を上げることになります。設置場所によりますが。モードを下げると音は普通。モードを変えるとタンクの水の減りが倍増します。加湿はされているのかなと。気化式なのでまわりも濡れないですし、いまのところ良しとしてます。チャイルドロックや湿度計は付いてません。.

20年ほど使ったボネコが壊れたので、こちらを購入しました。35〜60%の範囲で湿度設定が選べ、auto機能もある点はボネコよりも満足です。当初50%auto設定したら全く動かず、55%に変更するとゴォーという大きな音で運転が始まりました。しばらくすると55%に到達したのか運転が静かになりました。喉のイガイガ感が消え、窓の結露もほとんどありません。今後、フィルタメンテを忘れずにできるか少し心配ですが、ボネコのお手入れに比べたら簡単そうなので現時点では満足です。.

加湿能力は、ちょっと疑問な所もある。20畳分をこれ一台でまかなってるからか?外の湿度にも影響され、50%を越えることはそうそうない。総じて40%程はキープしてくれてる模様。しかし、強力に室内の空気を吸い込んでしめったフィルターを通してはき出す単純な仕組みは、喫煙者の自分には合っている。若干空気清浄効果もある。そんなわけでフィルターは、1週間に2回ほど洗うようにしてる。手入れはその程度の簡単さ。動作音がlowでも40dbちょっとあるので離れたところに置いている。強では爆音(サーキュレータを回してる感じ)空気が循環して使用感は良い。スチーム式・・・電気代が高い。 超音波式・・・ホワイトダストでひどい目に。などを歴ての気化式なので安心感はある。同時候補にしてたパナソニックの気化式加湿器への未練が少しある・・・6. 7lのタンクは、15‾20時間前後はもつ。そういう加湿力だ。.

もらい受けた物です。介護施設でオススメと言われ購入した物でした。確かに加湿力もあり給水回数が日に1回で済むのでオススメでしょうね。しかし年齢と共に自ら6lを満水にして運びセットするのは苦です。でも、2l程度の国産の加湿空気清浄機は日に5回ぐらい給水でほとほと疲れてます。メンテナンスも数か月しないと、横の空気を吸う所が埃でつまります。中はヌメヌメ。それでやっとフィルターを洗うもくさった素麺の様にデロデロのボロボロに。やはりフィルターは消耗品ですね…ちなみに、我が子が赤チャンの時だったら買わないかなぁ。サーキュレーターが真上向きで何か入れそうだし、フィンにこそ触れないが大人の小指の先が入るくらいの目なので不安です。私の場合は、加湿空気清浄機があってのコノ加湿器かな…ちなみに、プラスで専用の消臭剤をセット出来るみたいです。まだ使ってないですが。.

今回、子ども部屋の加湿器(他社製)が壊れてしまい、evap の白を新たに購入しました。「6畳の部屋には大き過ぎるかな」と思って他のものも検討しましたが、「扱いやすさ」と「大は小を兼ねる」でやっぱりevap に決めました。1台目のevap(黒)はもう5年ほど使っています。ldkで一日中「弱」「連続加湿」に設定していますが、快適です(今回購入したほうは、「low」「cont. 」に設定)。以前から寝室で使っている超音波式だと結露することがある(鉄筋コンクリート造のためか?)のですが、evapはそのようなこともなく安心。大容量でお手入れが楽なところも気に入っています。今回は黒ではなく白にしてみましたが、タンクのブルーの色もさわやかでいい感じです!.

ベスト ボルネード 気化式加湿器 エバップ3 ブラック 【6~39畳用】 EVAP3-JP-blk レビュー