Vicks スチーム式加湿器 v150sgn [並行輸入品] – とてもシンプル

使い始めて数回なのにもかかわらず、壊れました。どんなに塩を入れても噴出されず。そもそも並行輸入品のせいなのかコンセントに刺す方向も限られています。残念ながら安物買いの銭失いでした.

とにかく手軽でかんたん!シンプル!やはりスチームはラクです!.

この冬は特に乾燥に悩まされていました。近所のスーパーで去年購入した加湿器では、カバーできていませんでした。そこで、以前使用していたこの商品を思い出し買ってみました。塩の量で加湿の量を加減するというこちらは、ちょっと原始的なところ大好きです!!(追記)このレビューを書いた夜、壊れました。悲しいよ…評価下げます.

リラクゼーションサロンで使っています。1台目が10年よく働いてくれて故障したため2台目を購入しました。スチーム式なので衛生面で安心です。.

冬になると、空気が乾燥して加湿器を買ってきましたが、どれもお手入れが大変で、ワンシーズン終わると壊れるを繰り返してきました。こちらの商品は、国内の物より容量が大きいので一晩楽々に持ちます。塩を入れる量は、夜は小さじ半分くらいです。今までの加湿器より大変良いです。ただ、コンセントがアメリカ規格なので、延長コードの口には合いません。(本線からなら大丈夫).

手入れが楽、衛生的、容量が大きい、安い、を兼ね備えた加湿器だと思います。見た目を気にする人にはお勧めしませんが、個人的には家に置いてもそんなに気にならないです。.

20年位このシリーズを使い、24h使用なので毎年買い換えてます。数年前に販売受け入れ会社が無くなったのか一万円越える等高騰しましたがこちらのショップさんがお安く販売して下さり助かります。四角い形状の物より持ち易く、見た目可愛いです。.

3台目の購入ですが、最高です、使い勝手がよくて、便利です、リピーターです、おススメです.

利点と欠点

メリット

  • プシュンプシュンと勢いよい
  • やはりこれが一番
  • 基本的に加湿器を使うのは冬ですよね。

デメリット

加湿器なのに煙がでない。塩を入れる?意味がわからない。説明書がほとんど役に立たない。結局、そのままゴミになりました。金の無駄。.

メンテと衛生面から加湿器はスチーム式オンリーです。我が家ではもう一台、象印のポット型2. 2Lを使っていますが2台目は予算を抑えたかったのでこちらを。(別のvicksの加湿器はスマートだけど内部の清掃が大変そうだったので止めました)塩を入れるタイプは初めてで加減が心配でしたが、本当にアバウトで少量でOK。入れるだけで混ぜなくてもすぐに蒸気が出始めます。大型なので一晩中点けていても水切れせず、スライムみたいな形なので寝室で枕元に置いても蹴飛ばして倒れる心配がないし、通電ライトが常夜灯代わりになるので蹴つまずく心配もない。安定している分ちょっと場所を取るので邪魔だけど、妙に可愛いやつです(笑)象印のポット型は湯沸かし音セーブモードにしても結構なシューシュー音がうるさいので就寝時には耳栓必須。ずっと音がしていれば慣れるんでしょうが、再加熱の際に断続的に音が出るのでかえって気になってしまう。そして、寝る前に満タンにしても最弱で運転しないと朝まで(7時間程度)もちませんが、本品はヤカンでお湯が沸くような小さなポコポコ音が絶え間ないので、耳栓なしでも眠れます。そしてたっぷりの蒸気が出る状態で朝まで余裕でもちます。箱には16-24時間稼働とありますが、我が家では満タンに塩小さじ1/4位入れて12時間位の稼働かと。塩をひとつまみ位にして蒸気を減らすと長時間もつのでしょうかね。.

輸入品なので、日本語説明がありません。しかし、安く購入できてよかったです。.

最初は安くなくても日本語の説明書の物をと思ったが、レビューを見てると大差はあまり無いようなので安い方を買った。説明書は英語で全く分からないが、レビューで大体使い方は分かっていたので問題ない?と思う。管理は楽で、しっかり部屋も潤うので満足しています。.

Shop laに注文したが待てど暮らせど届かず返金の手続きを取り、約1ヶ月後に到着する始末。納期遅延の連絡をも超える遅れ。受取拒否をしたが、やはり必要な為コーディレックスマートで購入。ここは翌日には届いたのでショップによってこうも違うのかと思った次第です。shop laは悪い評価を削除しているので実際の評価は相当低いと思われます。商品はずんぐりむっくりしたデザインでかわいいです。約10畳の部屋は十分に加湿されます。音がグツグツいうので寝室には不向きかもしれません。.

1.コンセントプラグの形状は平行バータイプだが、一方の幅が広く差し込み側のコンセントの形状によっては、プラグが入らない。コンセントプラグの変換機が必要であった。 2.レビューの写真と比較して、パイロットランプがほとんど光っていない。「暗くなった状態で、わずかに光っていることが分かる。」 3.給水した水を最後まで使い切る事が無い。残った水に、「黒いカス」が多少浮いた状態になるので、毎回タンクを洗浄し、全部の水を交換する必要がある。 4.塩を入れすぎたら、パイロットランプの部分から煙が出て焦げ臭くなった。過電流によりショートしたのかもしれない。その後は、パイロットランプは全くつかなくなった。 5.3ヶ月の使用により、本体が壊れてしまった。あっさり壊れてしまい、非常に残念。所詮米国ライセンスのメキシコ製か。.

10年前使っていてとても気に入っていたのでまた戻ってきました。加湿は問題ないのですが、何度やっても底面2センチの水がなくならず加湿もされず電源も切れません。前のものは水がなくなったら電源が切れていた気がするのですが…。.

同じようなタイプで方の古いものを使っていたのですが、壊れてしまったので購入しました。日本語の説明書はなかったのですが、以前使っていたので使用問題ありませんでした。塩の調節がちょっと面倒ですね。あと、掃除のために電熱棒?を取り出すためにねじを外そうとしたのですが、外国規格なのか六角レンチのサイズが合わず、外すことができませんでした。でも、加湿器としてはこのタイプが一番使いやすいので満足です。.

昔使った事あったので、購入しようとしたら日本国内の販売無くなった事がわかり並行品を買うことに。使い方知ってたので全く苦がなく使えてます。面倒なメンテもなく、前使ったときも長く使えてたのでホントにいい商品。塩の加減である程度加湿量調整できるし、なぜ日本で販売しなくなったのか。.

特徴 Vicks スチーム式加湿器 v150sgn [並行輸入品]

  • 咳や鼻づまりを一時的に緩和するヴァポライザー
  • 容量1.5ガロン(約5.67リットル)で18~24時間持続

咳や鼻づまりを一時的に緩和するヴァポライザー

今までずっと(20年近く)vicks スチーム式加湿器シリーズを使っていますが、今回の「v150sgn」は過去最大級の容量1. 67リットル)。いつも在庫が無くなったり値段が高くなるので、あるときに複数個買ってます。「電気代が・・・」という方がいますが、部屋の温度を下げずに(というより少し上げてくれる)加湿してくれますから、超音波式の加湿器を使うより暖房費(エアコン代・灯油代)の節約になります。なおかつカビ・菌の繁殖等の心配もない、蒸気の量は塩加減で自由に変えれる。スチーム式のタイプの加湿器が理にかなった加湿方法だと思います。.

数年前まで古い型のvicksをつかっていました。去年、買い替えで超音波式のものに変えたのですが、ミストの成分で家中のあらゆるもの(ビデオデッキ、空気清浄機、ガラス、プラスチック製品、食器棚の中の食器まで)が白くなってしまい、拭いては白くなる繰り返しでストレスも限界に達し、またvicksに戻りました。子供が蒸気を触ろうとするのだけが心配ですが、やはりこれが一番の信頼できる加湿器です。.

以前使用分は一回り小型の型違いでした。それが壊れた為、新しくドロップ型の加湿器を購入したが、ミスト状に出るのが寒く中々部屋が暖まらず、やはりこのタイプに変えてからは暖かい蒸気(スチーム)にて部屋も暖かくなる感じ有り。しいて4つ星なのは、以前の分はコンセントを入れたままon・offの切り替えが出来るスイッチがコンセント口に付いてたが、これにはコンセントにスイッチが無い為、その都度抜き差ししないといけない為に −1しました。.

10年以上前に旧型を使用していました。今回、久しぶりにこちらの型のモノを購入しました。以前と変わらず使い勝手が良いですね。また、個人的な見解になりますが、16畳ほどのかなり広いリビングでも効果を発揮しているように感じます。形は丸く可愛いです。作りや細かなデザインはいかにも海外チックですが、それもまた良いですね。使用方法は、下の白いタンクに水道水をmaxのメモリまで入れ、塩をティースプーン1/8杯入れます。軽くかき混ぜたあと、上の青い部分をタンクに挿入して固定し、コンセントをさして蒸気が出るのを待つ感じです。10分ほど待っても、蒸気があまり出て来ない場合は、塩を少しだけ足してあげてください。通常使用で18〜24時間蒸気が出ます。塩のさじ加減は、これを目安にすると良いかと思います。あまりに塩を入れ過ぎると蒸気はたくさん出ますが、それによる故障や火傷等何か問題があっても個人的責任となりますので注意が必要です。それだけ単純な作りです。水に塩を入れることで、電気を通しやすくし、青い本体の中にある炭素棒で水を温め蒸気を発生させる仕組みです。炭素棒から剥がれた炭のような物が余った水の中にありますが異常ではありませんので安心してください。毎回の水の交換時、お手入れ時に白いタンクを軽く濯いで炭のような物を取ってあげればよいと思います。使わない日が続くようでしたら、タンクの中の水を空にして乾かします。青い本体もよく乾かしてあげれば、カビやヌメリもないと思います。タンクの水がなくなったら、水道水を継ぎ足すより、タンクを濯いで塩を落とすとよいと思います。タンクに水を入れ、また塩を定量入れてあげると塩の濃度が分かりやすいです。タンクは持つところがない為、抱えるようにして水を入れるか、何かに固定して水を入れてください。持ち運ぶときも水が溢れないように注意が必要かもしれません。青い本体も定期的にお手入れが必要ですが、取扱説明書をよく読んで行なってください。上記に書いたやり方は取扱説明書と異なっているかもしれませんので、取扱説明書に書いてある内容で使用してください。また、取扱説明書は英語が基本となって書いてあります。日本語は全く書いてありませんので、英語で分からないところがあれば、翻訳しながら取扱説明書を読み進めてください。長々と書いてしまいましたが、このレビューを読んでの使用方法での事故等には一切の責任を取りませんので、必ず取扱説明書を読み、取扱説明書通りに使用してください。日本製のような精密機器がお好きな方は、別の商品の購入を検討してください。自分は単純な作りのこの商品が好きです。あまり参考にならないレビューですみません。.

我が家はエコカラットを設置しています。乾燥が顕著だったんですが、これを使い始めて、いい感じに湿度が上がり、かつ余分な湿気はエコカラットが吸収して、乾燥すると湿度を調整するようになり、毎日が快適です。.

シンプルな構造が一番。ただ水の入れ替えの時に残った水や落ちたゴミを濯ぎ辛いのがネックです。だけどそれ以外はやはりヴィックス良いなあと思います。ゴボゴボト凄いハイパワーでどんなに頑張って加湿しても45%どまりだった部屋が50%超えました。だけどそんなに塩も入れてないのに8時間位しか持ちません。すごい蒸気ですが。5リットル以上入るので、女性には少しヨロっと重たいです。.

掃除などの手入れが楽です。タンクが大きいので、水の補給を少なくて済みます。塩を大量に入れれば普通のスチーム加湿器より威力が強いです。.

並行輸入商品は、時期によって値段が全然違うので購入のタイミングが難しい。2018/01/12購入時¥4,880→ 2018/03/24時点¥3,5992ヶ月で¥1,281も安くなって、、、、、.

沸かして加湿するのでウイルスの発生は少なさそうです全て英語での説明で分かりにくいのと水がかなり残ってるのに加湿しなくなるので星三つです.

12畳のリビングで使用していますが、十分機能していると思います。以前よりもサイズがひと回り小さくなりましたが、効果は変化ありません。.

いうなれば、マニュアル車と付き合ってる感じ。。 塩の量で加速度(蒸気の出る量)が違います。これのもひとつ小さいv105 と新しい型のv750がありますが、それらと比較して・・v105はこれと同じく元気です。形もvicksのv型でよいと思います。機械部分(青い物)は同じ大きさ。水の容量が違うが本体の大きさが同じため、実際の有効水量はややこちらが(2時間くらいの差か)もつ感じ。どちらも機械部分が届かない底2cmほどの水は遊びになってしまいます。塩の加減で、蒸気量を調節できます。塩のお土産らしい、黒いカスはご愛嬌です。オイル入れはv150の方が深さがあって使いやすい。5年使ってお手入れは特にしていませんが、問題なし。V750というと・・ こちらは塩もいらず水も使い切るのでスマートです。手入れも特に大変ではありません。 一晩で水はなくなるので、8時間?かな シュー、コポコポと静かに吹いてます。蒸気量の調節は2段階です。同じVicsでも大分進化しているようです。 どれがいいとは決めがたく・・・ まあこのv150はとにかく大容量の安心感と、ころんとしたフォルムがいいのではないのでしょうかえ なんですって。このごろのv105電極が変わって黒い煤が出なくなったって? 知りません。かわいいですこれは。.

シンプルイズベスト。蒸気なので部屋に菌をばらまかないので安心です。わたしは別のタイプをかれこれ10年以上愛用しています。vicksの加湿器はお値段の変動が大きいので要注意ですね。.

パワフルで安価に使える。どうせ一冬しか使わないのでこれで十分。.

既にシャープ製の加湿空気清浄機を使用していましたが、厳冬での暖房フル稼働の所為か、全く加湿機能が効果を為さず(常にセンサー最低値の30%以下)、応急処置的にお手頃価格なこの製品を購入しました。値段相応の効果しか期待していませんでしたが、シンプルな操作と可愛らしいフォルムからは想像できないほど加湿効果は素晴らしいものでした。暖房を入れた10畳強の部屋が、ものの30分ほどで50%の程よい湿度に。時には60%に達することもありました。大きめのローテーブル端に置いていますが、使用感としては、卓上コンロやih調理器で鍋をしているのと同じようなスチームがパワフルに出ます。もちろん、塩加減で調節は可能です。購入直後は調子に乗って塩を入れすぎ、気付いたら窓際が水浸しでした(加減にご注意下さい)。微かに湯が沸く音も何となく愛らしく愛着が湧きます。電源プラグは、片側の大きいアメリカ仕様で、壁面コンセントには刺さったのですが、延長コードなどに合わなかったため、大きい方を軽くヤスリで削って使用しています(推奨はし兼ねますが、、)。—追記:購入から長期間経ち、見えてきた点を記します。素人のコンセント加工は、勿論「オススメ」はできませんが、特に問題もなく稼働しております。一番気をつけなければいけないのは、洗浄のタイミングです。一旦塩を入れれば、水を注ぎ足すだけで化学反応によるスチームが継続するのは良いのですが、この化学反応に伴って沈殿する炭のカス様のものがあまりに溜まりすぎると、蒸気の吹き出しユニットの中に詰まってしまい、まるで加湿器が咳き込むかのように、「シュボッ、シュボッ」と高温のしぶきが周りに飛び散るようになってしまいました。この症状は、丁寧にカスを洗い流す事でなくなりましたので、私自身のメンテナンス不足と反省しています。また、本体の底は、思いの外高温になります。早いうちから気付いてはいたので、木製のテーブルに厚手のタオルを敷いて置いていたのですが、そのタオルをも加熱してしまうエネルギーで、しばらくしてテーブル天板に白い跡がついてしまいました(アイロンスチームとオリーブオイルを使った復元方法でなんとか元には戻りましたが……)。置き場所には少し気をつけた方が良いと思います。.

スマホのカメラでgoogle翻訳してみました(説明書1ページ目のみ)———————————————————重要な安全上の注意この機器を使用する前に、これらの安全に関する重要な注意事項を読み、保管してください。機器を使用しないときや掃除中は、必ず電源プラグを抜いて空にしてください。気化器のプラグを抜いてから移動してください。作動中の蒸発器を動かしたり傾けたりしないでください。乾いた手で装置のプラグを抜きます。決してコードで引っ張らないでください。特に、これらの基本的な安全上の注意事項:重要!あなたのアプライアンスを最も効果的かつ安全に使用するために、これらの指示書、特に水への塩の添加に関する説明書をお読みください。 「軟水」領域では、蒸気を発生させるために水に塩が必要な場合があります。 「硬水」領域では、気化器は塩を添加しなくても動作します。警告:子供の手の届かないところに留意してください. 私たちは、多くのお客様が子供用の家庭で気化器を使用していることを認識しています。気化器が動作しているとき、特に幼児や幼児を這うときは、注意深くお子様を監督してください。理解できる子供のために、気化器がおもちゃではないことを彼らに指示する時間をとってください. それは熱い蒸気を発生させ、離れていないと重傷を負う可能性がある装置です。電気器具を使用する場合は、基本的な注意事項は、常に以下を含む火災、感電、および身体への負傷を防止することに従うことが必要です。1. 機器は、寝室から少なくとも4フィート離れたしっかりとした平らな防水面に置かなければなりません。壁から6インチ、患者、子供、ペットの手の届かないところに置いてください。アプライアンスが安定した位置にあり、電源コードが加熱された表面から離れていることを確認して、蒸発器が転倒するのを防止します。2. 空気が飽和して結露する可能性があるため、壁や家具に部屋のドアを部分的に開いたままにしておきます。ミストノズルを子供の壁や家具に直接向けないでください。3. 子供の手の届かないところにアプライアンスを置きます。4. アプライアンスを使用する前にコードを伸ばし、損傷の兆候がないか点検してください。コードが損傷している場合は、本機を使用しないでください。5. アプライアンスには、安全機能として、極性の付いたプラグ(1つのブレードが他よりも広い)があります。このプラグは極性のあるコンセントには一方向にしか収まりません。プラグがコンセントに完全に収まらない場合は、プラグを逆にします。それでも適合しない場合は、資格のある電気技師にご相談ください。この安全機能を無効にしないでください。6. 注意:火事、けが、けがの危険を避けるために、機器を120v acコンセントに直接接続してください。延長コードや電源タップは使用しないでください。.

この製品は混ぜる食塩の濃度により水蒸気の出方が変化します。当然出る量に゜比例して消費電力も変わります。時間がたつと入っている水もかなり温まるので、この分電力もくうことになります。300wくらい使っている感じがします。もう少し省エネの製品が良かったです。.

8年近く使った旧型が壊れたので購入。旧型より一回りサイズが大きい。別型もあったがコロンとしたデザインが気に入りこちらに。シンプルな作りなので壊れにくいし、加熱式なので衛生面を気にすることなくつかえる。電気代は8時間/日くらいで月1000円はいかない程度か。20畳くらいはこれ一台で十分。蒸気量は水に塩を入れて調節するというちょっと変わった方法。基本は人差し指と親指のひとつまみでok。入れすぎると水が吹き出してくるので注意。スイッチもないのでオンオフはコンセントの抜き差し。差しっぱなしでも水がなくなれば当然蒸気はでず。使用中は吹き出し口はかなり熱くなるので子供がいる家庭ではお子さんの手が届かないところに設置を。.

3年前に建てた24時間エアコン暖房の我が家。乾燥がひどく困っていました。以前使用していたのは、休みの度にフィルター掃除に水垢掃除に、10年お手入れ不要のはずが何をしても3年目にはカビ臭くなって、見る度ため息。。。の5万円程したのを捨てることに。代わりに10年前に使用していたこちらの加湿器を思い出し再購入。結果、大正解!3千円でこんなに使えるなんて。フィルター掃除もなし、手入れも簡単。なによりすぐ潤います。子供たちは学校から帰ると蒸気に手をあてて、あったかい~と喜んでます(笑)(火傷には注意と最初にきちんと説明済み。)電気代がかかっても、次もこれを買うとおもいます。ストレスが本当になくなりました!.

シンプルな作りでとても使いやすいのですが、電源を入れた時のランプがすぐに切れてしまいました。さらに、水の中には黒いカスのようなものが浮いています。これは不良品なのか不明ですが、加湿はできるので良しとしています。日本語の説明書はありません。.

今まで色々なタイプの加湿器を使用したことがありますが、やはりvicksのスチーム式加湿器が加湿量が多く、手入れが簡単なので再び購入しました。ただ難点は加湿量の調節が効かないのと以前のタイプは炭素棒(?)の掃除をするときにドライバーで簡単にバラせましたが特殊なネジなので専用工具を購入しないとダメです。使い方は以前の物と同様、とても簡単なので理解してますが、取説が外国語なので初めての方は解りづらいかも。水道水と少量の塩を入れるだけです。.

4年目で一回り小さい以前のモデルが潰れてしまったので大きいサイズを購入。加湿器はスチーム式と決めていて、またカルキ掃除が面倒なこともあり、基本、お安い商品を数年ごとに買い換えるようにしています。塩の量にもよりますが、ペットボトル2l2本分の水が一晩で無くなります。乾燥しやすいマンション(3k、55平米、ドアは開けっ放し)なのですが、どこの部屋も最低でも湿度60%を保てています。.

V105cが6年目にして表示ランプがつかなくなり(分解したらリード線断線)使用不能のため廃棄。使い慣れてる同じタイプの本品を購入しました。laからの発送とかで注文から商品到着まで10日ほどかかりました。あけてみると取説はすべて英語で日本語の「に」の字もありません。商品を知ってるこっちはいいとしても、初めてvicks加湿器を使う人、わかるかなあと一瞬思いました。例えば塩を使うこと、またはその加減など・・・。コスパもよく、6年も使用できたらオンの字だと思います。.

ベスト Vicks スチーム式加湿器 v150sgn [並行輸入品] レビュー