Vernee トールEスマートフォンのSIMフリーの(AUない)4G 1 – 重ければ1日 持ちこたえる

Xperia z3 compactがタッチパネル不具合で故障したため購入。はじめはeveryphone enを購入し、xperiaの修理が上がるまではそれで凌いでおりましたが、everyphoneのあまりの出来の悪さに耐えかねてこちらを購入しました。オクタコア+ram3gbに加え、無駄なカスタマイズのされていないandroid 7. 0のためか、ウェブブラウジングはへんな引っ掛かりはありません。またタッチパネル感度も悪くなく、スワイプ文字入力(当方はgoogle日本語入力を使用)もストレスは感じません。私は重いソシャゲなどはやらないため、コストパフォーマンスでは満足しています。ただしひとつだけマイナスポイントをあげると、起動直後は自動的に4gを掴んでくれない点です。(設定では4g優先に設定済)私は格安simで運用をしていますが、再起動後は必ず一度、通信事業者検索で4gを掴ませています。一度掴んでしまえば、他のスマホと同様にデータ通信やcsfb(音声通話のために一度3gに移行し、通話が終わったら4gに戻ること)は正常に動作しています。コスパが高いだけに惜しいですね。(追記)市販のac100v-usb5v変換アダプタのうち、500maタイプのものは電流が足りず、充電されないようです。(最低でも1aは必要な模様)本製品は急速充電(max2a)に対応しているため、そのトレードオフなのかもしれません。(本体と一緒にオマケで送られてくる変換アダプタは1aタイプのものなので、それを使えば問題ないです。).

ゲームなどはせず、ネット閲覧用に購入。大容量電池のおかげで充電を心配せずに利用できること、価格からしたらram・cpuも十分であることなど全般的に満足.

これでかい電池が入っているので重いけど1日十分電池が守ってくれるこの辺が取り柄でそれ以外は以下同文だね.

もうどうみてもredmi 4xへの対抗意識バリバリなのがこの製品ライバルはこれxiaomi redmi 4x simフリー スマートフォン – android 6. 0 4g lte 5inch スクリーン 4100mahバッテリー ) [並行輸入品]ulefone power1より価格を抑えながら大容量バッテリーを搭載ゲームからネットサーフまで圧倒適な動作環境を提供スペックだけならredmi 4xを性能と価格の面で凌駕している魅力的な製品★買なのか?実は送料無料のgears や tom bang で買うよりもアマゾンの価格が3~4千円程高くしかも日本アマゾンは正規販売ではないので後のことが自分は心配急いで欲しい人は割高なアマゾンで買うしかないだが1. 2万前後を超えたら輸入したほうが絶対お得下手するとフラッシュセールなら99ドルで売ってます。船便で二週間待てる人は別サイトtomtop banggood gearsbestで買ったほうが保証も付いてお得以上最後まで読んでいただきありがとうございます。 m(_ _)m.

まずsimがメインしか全く反応せずsimをさす場所があるだけで意味がない個体が故障してるのか?デュアルsimの意味が全くない。起動が遅い!タッチの反応が悪い!3gしか掴まない。買わない方がいいでしょう。.

当たり外れの問題もあるかもですが、スリープからの復帰(電源ボタンを押してから)が長い気がします。2-5秒経って画面が現れるのでこれだけでもストレスになります。その点とケースなどのパーツが少ない点以外は満足しています!2018/04/28 今更ですがスリープからの復帰はアプデか何かで改善されたようです。画面のタッチ感度は格安スマホ並です。サブにどうぞ。.

購入して使うまで色々登録するのに30分。使えるようになったので、振り返ってちょっと書いて見ます。まずは付属していた日本用の充電器で充電。電池残量100%と表示されたので、充電はパス。次にsimカード(私の場合はiijmio)のnanosimカードとmicrosdカード(32g)を用意しました。本体のsimカードスロットにnanosimカードとmicrosdを装着。専用のピンは付いていますが、小さめのゼムクリップでも穴に入るしちゃんと開きます。なんと装着は引き出したら裏側につけます。だから、引き出したスロットにカードをはめたら、本体を裏返しにしてスロットを戻しましょう。でないとsimカードが落ちてしまいます。本体は16gと行っても使用エリアは10g位なので32gのmicrosdがあると楽です。次にwi-fiにつながる所に持っていき電源を入れます。最初は、welcome…とenglishと画面に出ているので、englishの右をタップ。色々な国の言語が出てくるので、一番下の日本語をタップします。すると「ようこそ」となります。最初は音が出る設定なので、操作しているときは、ポッ、ポッとタップの度に操作音がなるので、鳴っても良い環境でやりましょう。wi-fiにつないでと出てくるので、wi-fiに繋ぎます。本体の設定からでなくても、そのままでwi-fi接続画面になります。そして、googleの接続の手順になります。持っているgmailのアドレスとパスワードで入っても良いですが、最初にそのアドレスを設定した携帯に、vernee thoeがログインしましたが、覚えがありますか?の確認メールが行きます。せっかくなので、新しいアカウントを作ってみてはいかがでしょうか。パスワードも必要なので、何かに控えておきましょう。さて、セキュリティの画面になるので、指紋認証をしましょう。「指紋だけでは万全じゃないのでパターンとかと組み合わせしましょう」と出て来ますが、私の場合、指紋登録に時間がかかりました。指を何度も話したりつけたり。認証場所は裏の上部です。googleの登録が無事終わるとgmailから完了のメールが来ますが、画面上部のステータスバーにmのマークを確認するだけで今はok,次にsimカードの登録をします。iijmioは初期登録では入っていない(というよりは登録数が元々少ない)ので、登録します。個人的には、papの方がchapよりつながりやすい気がしますが、地域性もあるでしょう。でつながると、最初しばらくは、なぜか3gの表示になってました。少し焦りましたが、1~2分で4gの表示に。何でだろう?さて、色々設定する前にしたいこと。それは日本語のキーボードを入れるということ。googleストアのおなじみのアイコンから入り、アプリの検索バーにjapaneseと打てば、日本語キーボードが出てくるのでダウンロードしましょう。japanese keyboardと入れれば完璧に出てきます。ダウンロードしたらアイコンをタップして日本語キーボードに設定しましょう。あとは、本体を好きなようにカスタマイズして下さい。ちなみに、ポケモンgoをやるならオススメしません。ジャイロセンサーがついてないから、拡張現実機能が使えません。あと、良し悪しは別として、マナーモードにすると、カメラ音まで出なくなります。持った感じは5000ミリアンペアのバッテリーとは思えない軽さです。バッテリーは動画を20分くらい見ましたが、なんと見終えて残量100%のままでした。ヘビーな使い方をしなかったとは言え、4日たっても残量67%でした。タフなバッテリーです。画面に最初から保護フィルムが貼ってあります。左上から保護フィルムのさらに上の簡易保護シートをはがすように短い剥がし口がありますが、画面押さえてそこだけ2~3センチの剥がし口のテープだけをうまくはがすと、保護フィルムがいらないくらいにしっかりとした画面保護シールドになります。本体の裏にも保護フィルムが貼ってあります。こちらも私ははがさずに使っています。nanosimカードが二つ入れられるようにはなっていますが、本体が実際10g位の空き容量なので、nanosimカード1つとmicrosdカードを使う方が個人的には便利な気がします。戻るのボタンと開いたページのボタン、これが凄く薄いボッチで画面の下にあります。あまりに小さくうすいので、私は銀の油性ペンでポッチを書いてしまいました。まあ慣れればなんてことないと思いますが。3gのramはサクサク動いてくれます。専用のスタンドも付いてきたので、満足してます。持った感じはもっと高いスマートフォンに思える位高級感あります。5インチの画面も充分。カメラはちょっとピント合わせにくかったりしますが、画質にそんなにこだわらなければ充分ok。ただ、壁紙は、プリセットされてるライブ壁紙がありませんでした。値段考えたら、星5つかな。.

他の方のマイナスなレビューを見ていたらムカムカしたので、レビューします。半年間使用してますが、何の問題もありません。・データ通信ができない とか・できても起動後は3Gを掴む とか・通話ができない とか・復帰時間が異様に長い とか私の端末では一切、起こりません。というか、設定ですべて解消します。端末の問題ではなく、使う人のリテラシーの問題です。挙句の果ては「ボタンの位置が使いにくい」。これは論外でしょう。simフリースマホ初心者が海外機種に手を出して失敗するのは勝手ですが、それを端末のせいにして、端末の評価を下げるのには納得がいきません。この機種のスマホとしての基本機能や操作性に全く問題を感じません。バッテリーの持ちに至っては超優秀、大満足です。そういう観点で使いこなす自信のある方には、ぜったいお奨めです。(ちなみに私はメーカーともショップとも無関係です).

利点と欠点

メリット

  • 重ければ1日 持ちこたえる
  • テザリングが?
  • 全般的に良好

デメリット

快適に動き電池切れで強制終了される心配がなくなりました。ただデザリングで電波が認識されず?.

コスパ最高。sdカードを追加すれば充分使えるものです。つなぎで使うつもりでいたが、しばらく使っていこうかと思う。.

特徴 Vernee トールEスマートフォンのSIMフリーの(AUない)4G 1.3GHzのOkutakoa 5.0インチのHD 1280×720 5020mAhの高速充電のAndroid 7.0 3ギガバイトRAM + 16ギガバイトROM 5MP 13メガピクセルのカメラブラシ金属カバー0.1秒指紋認識省電力モードKKmoonは、国内の充電器の運とスタンド グレー

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 「電池」5020mAh大容量電池、9V2A急速充電; Eインク節電モード 360° 0.1s指紋認識
  • 「 高い性能」MTK6753 1.3GHz 64ビット オクタコア 3GB RAM、16GB ROM 128GBまでのTFカードをサポート
  • 「高品質のスクリーン」5.0 “On-cell 1280 * 720P HDディスプレイ、高い光透過率と彩度、非常に敏感な多点容量性タッチスクリーン
  • 「カメラとSIMカード」5.0MP 13.0MP デュアルSIMカード、デュアルスタンバイ SIMカードタイプ 2 *ナノSIM / TFカード

大容量バッテリ

5020mAhバッテリー、前代より大幅に上昇します。スマホのバッテリ-問題はもう悩みません。

高速充電

9V/2A高速充電、短時間に充電完了します。もっと自由に使用できます。

高性能、高コスパ

綺麗し高級感があり、オクタコア 3GB RAM 16GBROMコスパが非常に高い!

指紋認識とGPS可能

360°0.1s 指紋認識16.0MP+5.0MPカメラもいい、しかも、GPS機能付き、非常に便利です。

ベスト Vernee トールEスマートフォンのSIMフリーの(AUない)4G 1.3GHzのOkutakoa 5.0インチのHD 1280×720 5020mAhの高速充電のAndroid 7.0 3ギガバイトRAM + 16ギガバイトROM 5MP 13メガピクセルのカメラブラシ金属カバー0.1秒指紋認識省電力モードKKmoonは、国内の充電器の運とスタンド グレー 買い取り