turk [ ターク ] Classic Frying pan クラシック フライパン 20cm 65520 鉄 ドイツ並行輸入品 新生活 [並行輸入品] – 最高!!

プレゼントしましたが大変喜んでもらえました!.

大きいのも持ってますが、朝食の目玉焼きとかウインナー用にさっと使えるサイズで買って良かった。晩御飯でもアヒージョとかちょっとした炒め物に便利。餃子6個だけとかね。食卓にそのまま出すのはキャンプ感強すぎですが、私は鋳物のスキレットより扱いやすくて大好きです。.

お値段は 高いけど 金だわしで ガンガン洗えるし 小さいけど朝から弁当と朝食で フル回転で 使ってます。綺麗に美味しく焼けて お気に入りです。.

利点と欠点

メリット

  • 気に入りました

  • 最高!!

  • 小さいけど格好いいよ

デメリット

特徴 [ ターク ] turk Classic Frying pan クラシック フライパン 20cm 65520 鉄 ドイツ並行輸入品 新生活 [並行輸入品]

  • ●素材:銑鉄
  • ●サイズ:20cm
  • ●重量:約910g
  • ●素材:銑鉄
  • ●サイズ:20cm

turk(ターク)のフライパンは鉄製、ドイツの職人により1つずつ手作業で作られています。

1857年に鍛冶職人のアルバート=カール=タークによって創業されたturk(ターク) そこから150年の歳月を経ても、製造方法は変わらず、そして高品質のフライパンを世に出し続けています。 1つの鉄の塊から職人がトンカン、と叩いて整えて。 turkのフライパンはこうして誕生するのです。Q&A Q.一般的な(テフロン加工など)コーティングフライパンと何が違うの? A.コーティング加工されたフライパンは消耗品ですが、turkは鉄製ですので、正しいお手入れをすることで長期間使用できます。   Q.手入れはやることが多いんですか? A.いいえ。turkのお手入れはとってもシンプルです。使用後に油を塗ったり、、等も必要ありません。 Q.鉄製ということで、錆びたりしますか? A.適切な手入れをすることで、サビつくことはありません。(手入れについては下記をご参照ください) Q.IHでも使えますか? A.IHとオーブンは使用できます。電子レンジは使用できません。 Q.取っ手部分も鉄のようですが、熱くなりますか? A.はい。ある程度の時間熱すると、取っ手は熱くなります。危険ですのでミトンやタオルなどを使用してください。

turk(ターク)を長く、そして最高の状態で使用していただくには、最初が肝心です。 使用前に必ず、油慣らし(焼きならし、シーズニング)を行ってくださいね。≪油慣らしの手順≫ ※使い始めに1回行えばOKです ①表面に塗ってある錆防止の油を、洗剤を使って洗い落とす ②フライパンに約1cmほどの高さまで植物油を入れ、野菜くずと塩を入れて、茶色くなるまで火にかける※フライパンから油がこぼれないよう余裕をもって油を入れてください ③野菜くずが茶色くなったら火を止め、野菜くずを出してペーパータオルで油をふき取る ④ぬるま湯(手で触れる位でOK)で軽く洗い流し、再び火にかけ水けを完全にとばす

毎日のお手入れについて turk(ターク)は上記の通り、最初に油慣らしをすることで、普通のフライパンよりもお手入れが簡単です。≪使用後のお手入れ≫ ①調理後、洗剤をつかわずにタワシを使って表面の汚れをおとし、ぬるま湯で洗い流す ②軽く水気をふき取ったら、火にかけて完全に水気をとばす 手入れはこれだけです。 テフロン製のフライパンだと、ゴシゴシやっただけでテフロンが剥がれたりしますが、turkは使えば使うほど馴染んでくるので、育てていく感覚を楽しむことが出来ます。

毎日の朝食もturkでお洒落に彩ることができます。 目玉焼きにソーセージ、見慣れたメニューがturk(ターク)でお洒落に。

アウトドアでもturkは魅せてくれます。 鉄製なので、耐久性は抜群。何も気にせず、食べたいお肉をドンとのせて焼く。 こんなシンプルな調理でも、turkの鉄製フライパンなら美味しさは格別です。

turkが一つの鉄からフライパンになるまでの過程です。 最初はただの鉄の塊が、職人の手によって美しいフライパンに。 ※ローストタイプは取っ手部分と、メイン部分を溶接して作られています。

ベスト [ ターク ] turk Classic Frying pan クラシック フライパン 20cm 65520 鉄 ドイツ並行輸入品 新生活 [並行輸入品] レビュー