象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi 1時間保温機能付 電気ケトル 【1 – フランスのより、いいと思う

狭い台所でやかんが邪魔だったので、思い切って購入。あっという間にお湯が湧くし、場所も取らないし、もっと早くに購入しておけば良かったと思います。1ミリリットルしか沸かせないので大人数用には不便かもしれませんが、少人数家族の我が家にはぴったりです。シンプルなデザインも気に入りました。. こちらの製品は沸騰するのも割と早く、保温もあるので(切れても再沸騰も早いですし、私はあえて保温は切っちゃいますが・・)、申し分ないです。それまではヤカンと保温ポットを使用してましたが、ヤカンをキチンとしまわない自分が悪いのでしょうが、料理中の油がはねた後などが、加熱で結構汚くなってしまってました^^;今はこのポット、ガス台からもはなれた場所にありますし、2個は1個になりましたので、とっても満足してます♪. お湯が沸く時間は本当に早くて大満足です。内部もフッ素加工なので、洗えて衛生的です。ただ、蓋の閉まりが若干悪いのと保温している時に再沸騰している点が気になったので▲1☆です。しかしながら、総合的には買って良かったと思っています。. 当日の朝に、お急ぎ便を注文して、当日の20:40に届き、早かったです。入院中にお世話になった方に、お礼として、渡したので喜んでもらえて良かったです。. 樹脂でできたケトルとちがい沸かした湯に臭いはしないし、注ぎ口も蓋がついているのでこぼれることもなく安全。大きさもちょうど一人暮らしにはいい。すぐに湧くし。電気ポットに比べても電気代がかからなそう。. 四人家族で使うには、丁度良い容量だと思います。保温があると便利です。. 使いやすく、保温付が良く蓋の取り外しができ、気に入りました。. 上部のレバーを押さないとお湯がでない安全設計は良いのですが、注ぐ際は、蒸気口がレバーの直下に来ます。一体何を考えているんですか?象印の人!お湯を注ごうとすると、蒸気で火傷しそうになります。象印の社員は、果たして自分で使った事があるのでしょうか?お客様に使って頂こうという真面目な気持ちがあるとは、とても思えません。. 利点と欠点 メリット フランスのより、いいと思う 中が洗いづらい とっても重宝してます。 デメリット まず、1時間しか保温しない事・・・一日中いる方なら、不便かもしれませんが働いている人には、必要な時沸かして、後は不要、ニーズにマッチしています。また、内面がフッソ加工しており、海外の製品と違って衛生的です。結構、水に含まれるカルキ、カルシウムが気になる方にも安心です。また、待機電力が無いのも魅力です。. 今まで保温機能が無い他社のケトルを使用してましたが、ちょっとした時間で何杯かのコーヒーを飲む時にどうしても冷めてしまいます。購入後すぐに使用したのですが保温があってとても気に入ってます。コード巻き取りもあり邪魔にならず、デザインも良く最高です。ちょっと不満は、一回ごとに保温ボタンを押さないといけないこと、お湯が沸いたときのメロディーがちょっと・・・・・でも今は、夜に飲む焼酎のお湯割りに大活躍してます。. とにかくすぐ沸くのがなによりです。もっぱらコーヒーをよく飲むので、セットしているあいだにお湯が沸くのが魅力です。他の人の評価では一度使ったら残り湯を捨てているようでしが、そのままにしておいて、保温状態が途切れてももう一度スイッチを入れれば再度沸騰しますので、さらに節電効果が上がると思います。. 初めてのケトルタイプです。なにしろ沸くのが早くていいです。気になるお手入れもしやすいです。注ぎ量も親指のつまみでちょうせいできるので、便利です。. 冬にメッチャ重宝しました。赤ちゃんがいるご家庭コーヒー・紅茶・お茶がお好きな貴方にお勧めします。. いままで電気ポットを一日中つけっぱなしで使用していましたが、すぐにお湯が沸くので必要な時に使用しています。. 商品箱に直に伝票貼って送るのは、ま、良しとしょう。でもさ、箱のふたせめてテープで留めてくれんだろうか運搬中、ふた開く事考えないのか、. 何と言っても瞬間湯沸かし器兼魔法瓶という組み合わせとリーズナブルな値段、T-falのように安っぽく見えないところが良かったです。. 保温機能があってこの値段はありがたやありがたや作りもしっかりしてるので、長く使えそうです. 一度電気のトレーから外すと保温するときに、ボタンをおさないといけない。これを忘れてしまうから、保温を選ぶのではなく魔法瓶的なものならなおよかったかも。. 長年使用していた電気ポットにこびり付いたカルキが酷い状態だったので買い替えを検討。最初は同じ電気ポットにしようと考えていましたが、保温しないぶん経済的と聞いて電気ケトルにしました(でもこれは1時間保温機能つきですが、、、)。新型の方は蒸気レス。こちらは蒸気レスではないですが、我が家の使用環境では問題なし。型落ち品でかなり安価になっていたので、とてもお買い得感がありました。.…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi スチーム式加湿器 Ee-Re35-Ga グリーン – やかんみたいです

口が広い湯沸しポットそのもの。短時間で一気に湿度を上げることができる。構造がシンプルなので、メンテもラクで清潔。. お手入れが楽で湿度も「強」にするとかなり早く上がります!ポットと同じ作りなので、一度お水が沸騰してからスチームになって出てくるので菌の心配などはありません。水を沸騰するため、フィルターがいらない!下が少し重いのでつまずいて蹴って倒れる心配もないと思います。でも、片手で楽に持ち上げられる重さです。2年前に自分に1台目を購入して2台目を弟にプレゼントしました。弟も毎日フル活用しています。是非おすすめです!. 見た目は電気ポットが大きくなった感じですまぁ、象印だしその為、おしゃれ度は低いですただ給水口が広く、洗うのがとても楽です他のタイプでは、こうも簡単にメンテナンス出来ませんそれにフィルターレス交換しなくて良い!楽ですzojirushi ピカポット ポット内容器洗浄用クエン酸 cd-kb03-jこの商品を1〜2ヶ月に一回いれてポチっとボタンを押すだけあら、簡単スチーム式ですが、子供が触っても安全な温度で排出コードに引っかかっても安全設計加湿量:コンクリ4. 5帖の部屋を中で十分潤せます音:水蒸気を発生させるまでは若干五月蝿い(寝れないほどではなし)コポコポコポコポ プシュープシューって枕と同じ高さで距離1メートルでの体感ですので、置き場所等変えればまた違うでしょうがタンク容量:中or弱で一晩余裕本レビュー記載時に出ている、最新の2010年モデル(ee-rb35)との違い1. 湿度モニターの有無パーセント表示ではなく、「高湿」「適湿」「乾燥」の3段階で表示2. 「のどバリア」システムの有無室温10度での湿度50%と、室温30度で湿度50%当たり前ですが、同じ湿度50%でも空気中の水分量は違います室温が低いと水分量も低いですその差分を埋める機能だとか3. ベージュ色どっちもダサい1と2の機能に5千円弱の価格差を見いだせるのであればee-rb35を見いだせなければ、今レビューさせて頂いてるee-re35-gaをオススメします. 手入れや取り扱いが面倒な商品は苦手ですが、この商品はポットのようでシンプルさが良いです。色も気に入っています。最近は節電で使用していませんが満足です。. 今まで、普通に給水用タンクがある加湿器を使用していましたが、水を入れたタンクは重いし、だんだん、析出した成分がたまってきて、それがこびりついたりするので、手入れが大変でした。知人が使用していたこともあり、象印の加湿器を購入。2か月ほど使用して、まったく手入れがいらないので、購入して正解だったと思っています。まったく、析出してきません。また、汚れてきても、クエン酸を入れて、ボタンを押すだけなので、簡単です。給水タンクがないので、持ち歩かなくて大丈夫なのも、いいです。私は、やかんに水を入れて、それで加湿器に注いでいます。もう一つの加湿器は、給水タンクが付いている、普通の加湿器なのですが、壊れたら、象印の加湿機を追加購入だと思っています。. 楽っ!手入れ楽。ただのポットが蒸気出てるような仕組みの物だからフィルターなし、メンテはたまに「ポット洗浄中」を入れましょうというやつこれは長持ちしそうです速攻で湿度上がりまくりましたやっぱりスチーム式が一番良かった。ちなみに、湿度計がついてないので別途必要です余計な機能無しな代わりに余計なメンテ無し大満足だったので、初めてレビュー書きました. ここでの評価が高かったのと、値段がお手頃だったので購入。使用し始めたら、乾燥していた部屋が嘘のように潤いました。加湿力は充分です。「中」で余裕で一晩もちます。起床時に喉が痛む事がなくなりました。お湯が沸くまでは結構音がしますが、沸いてしまえばそんなに気にはなりません。デザインは決してお洒落とは言えませんが、それ以上に魅力的なのは手入れのしやすさ。汚れてきたら市販のポット用洗浄剤を入れて所定のスイッチを押して一定時間置いておけば洗浄完了。とにかく楽なのが嬉しい。総合的に考慮して、大満足です。. まさか電気ポットが加湿器になるなんて・・・まぁ、考えてみれば水を沸かすことは一緒だからその沸いている状態を維持するか保温するかの違いなのかもしれないけど、もっと早くこの製品を知りたかった。値段もそれなりにしますが、手入れのことを考えるとこの製品のようにポット式で余分な部品がないし、タイマーや転倒防止、等々いろんな機能も付いています。これは長く使える製品です。. 利点と欠点 メリット やかんみたいです 定番の加湿器だと思います 楽ちん! デメリット 加湿速度が速いのでいい小鳥の為に気温を高くしていますが、冬の朝は早めに室温を上げたいので加湿器にしました。思ったより早く暖かくなりました。本来、湿度が高いとインフルエンザにかかりにくいので、人間にもいいものです。. スチーム方式の為、フィルターの交換もしなくて良いし、手入れが楽なところがポイント。形はポットのような筒状で大きさも邪魔にならず、移動もしやすいので重宝しています。ただ、タイマーが「お休み2時間」と「おはよう6時間」の2種類の組み合わせしかない。「おはよう8時間」くらいのがあると便利なのだが・・・. 目に見える水蒸気をパワフルに出します潤ってるように思っていました湿度計置いてなかったので実際のところの湿度はわかりまけん蒸気が出るところは高温になりますマンションで畳の部屋の寝室に置いてました窓はびっしょり、窓枠や壁、畳にはカビが生えました.…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi スチーム式加湿器 Ee-Rb35-Ca ベージュ – 結露がすごいけど…

とにかくお手入れが簡単なものを探していたのでピッタリでした。この加湿器はとってもお手入れが簡単。お勧めします。小さな部屋で使うのでrb35にしたのですが、乾燥してるこの季節、のどバリア「おまかせ」で木造の4.5畳、6時間も使っていると水が無くなってしまいます。容量の多いrb50の方にしておけば良かったかなぁと思ってます。買った時は値段も何百円かしか変わらなかったし。ちょっと慣れないうちは音が気になるかもしれませんが、使ってるうちに気にならなくなりました。. 2世代前のee-lc50をリビングに使っています。フィルタがないためお掃除不要、給水タンクがない簡単設計という利点から、今回も新しくなったこちらを6畳の寝室用に購入することにしました。ee-lc50と本製品を比較しながらの感想です。使ってみると「のどバリアモード」の「おまかせ」「ひかえめ」とも朝目覚めの時間にはすでに水がなくなっており、寝ている間に切れているようです。ee-lc50(定格加湿能力が500ml/h)より低い350ml/hなので長持ちするかなと思ったのですが。。。「連続モード」の弱で試すと半分くらい残っていました。強・中・弱の3モード切り替えを今後期待します。ee-lc50の給水時は、開けた蓋から水がぼたぼた落ちていたのに対し、この商品は改善されており、毎回滴る水を拭かずにすみます。音は最初の沸騰時はお湯を沸かすのと同じですので、やや大きいと思いますが、その後は、再加熱時に聞こえる程度です。ハイブリッド式の水流音・風切り音ではないため、個人的にはこちらの方が気にならないです。「連続モード」が追加、改善された部分もあり、値段も更にお安くなり、本体の軽量化で持ち運びも楽なのでおすすめです。. 乾燥がひどく、旦那さんの咳がなかなか引かないし、肌もカッピカピになってきたので購入しました。これにしたのはフィルターいらず、お手入れ簡単なところ。あと、スチーム式なのにも惹かれました。デザインは・・・・。うちは小さい方(35)で、見た目は「注ぎ口のないポット」。大きさもそんな感じ。シンプルな機能のせいか、空の状態で持つととても軽いです。蓋が外せてお手入れも簡単。カルキが付いたらクエン酸で洗浄すれば良いしフィルターもないので追加の出費もありません。しゅんしゅん沸いている音も個人的にとても心地良い。購入してからはのども肌も調子が良くなってきたし、買って大正解でした。エアコンを併用する場合はエアコンの近くに置くと部屋中に蒸気が広がって良いみたいです。結露とデザインをあまり気にしない方にはお勧めです。☆ひとつ減らしたのは、全体にベージュっぽくしてくれたら部屋にもっと馴染むのに、というところです。. 今まで、気化式?ハイブリット式?のを使用していました。フィルター10年交換不要とありましたが、やはり気になて2年目で交換したら、そのフィルターの匂いで部屋中が臭くなりとても寝られませんでした。のども痛くなるし。この商品は、昔ながらの、お湯を温めて湯気で加湿するというところ、部屋も同時に暖まるところ、フィルターなどもなくお手入れが簡単なところがとても気に入っています。お湯を沸かしている状態なので、吹き出し口の部分は暑くなりますが、2歳10カ月になる息子は、危険性を話したら触らず、大丈夫そうです。あと、やはり音は大きいですが、私は気になりません。お部屋も適度に暖まり、今季はまだ暖房は使ってません。水あかは数回の使用でつきます。1か月に1回くらいのクエン酸薬剤を使った掃除が必要ですが、手間はかかりません。コストが少しかかるかもですが…。窓への結露の多さ、布団などが湿っぽくなるので適度な布団干しは必要です。でも、その分、加湿されてるのが実感できますし、起床時のノドの痛みは感じません。入眠中、ずっと「おまかせ」モードだと、朝までもちません。寝る前に、再度ポット内に水を足し、「ひかえめ」で寝ると朝までもちます。それでも十分加湿されていると思います。大きい方にするか悩みましたが、沸騰時間までの時間、電気代を考えて小さい方にしました。私的には、とてもお勧めです。. 以前はペットボトルを使用する超音波式加湿器を使用していましたが衛生面が心配になり、その後電気を使用しない『水を注ぐだけの卓上加湿器』なども使用しましたが、いかんせん加湿力不足で乾燥を防げませんでした。で、いろいろ探してスチーム式加湿器タイプのこの製品にたどり着きました。象印という日本メーカーなのも信頼がおけました。とにかく加湿器は私のような無精者が使用すると却って菌を撒き散らす事になってしまうので、衛生面とお手入れの簡単さが一番の必須条件でした。これはその2点において優れています。見た目は電気ポットまんまなのでちょっと大きめですが、出てくる蒸気も火傷の心配のない温度で冬場はこれを使用してるだけでも部屋がほんのり暖かくなって便利だし、お湯を沸かして気化させるタイプなので沸騰音がけっこうするけど、昔はストーブの上に薬缶をのせて使っていて常にシュンシュンという音がしていたので、自分が子供だった昭和の頃に戻ったみたいで懐かしくて良いです。見た目は全然オシャレじゃないけど、それが雑然としていて生活感溢れる我が家のリビングの雰囲気には逆に合ってて良いとも言えます。まさに茶の間に似合うデザイン。(笑)自室用にも欲しいので、もうワンサイズ小さい1リットルタイプも作って欲しいです。で、そっちのデザインは他の方が書かれていたようにr2d2みたいなロボット系の可愛いものにしてくれたら、即買いです。. お水がたくさん入るし、手入れも楽だし、機能もたくさんあって、大満足です. 利点と欠点 メリット とっても楽ちん。 寝室用に購入 結露がすごいけど… デメリット 特徴 Zojirushi スチーム式加湿器 Ee-Rb35-Ca ベージュ メーカー型番:EE-RB35-CA 本体:幅24×奥行26×高さ27.5㎝ 重量:2.2㎏ 材質:PP、PET 日本 容量:2.2L 適用床面積:(木造和室)6畳 (洋室)10畳…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi スチーム式加湿器 Ee-Rb50-Ca ベージュ – 加湿パワーは文句なし

空気清浄機付加湿器を使っておりますが、10パーセントアップは、なかなかですが、瞬時に加湿効果抜群、絶対おすすめ、しかし家族でいる時は音が気にならないが、寝室ではちょっと?いくらガーガーと寝る人でもと思いましたが慣れたらどうと言う事無し。寝室はパナソニックのナノイー発生器も使用しております。加湿を求めるなら簡単。水を入れるだけ。ポット感覚でホットな感じ。お勧め致します。. 以前から寝室はスチーム式を使っていたのですが、今まで使っていたものが壊れたので、いろいろ吟味した結果これにしました。加湿量は500ml/hなので部屋の広さに合わせてください。これの利点は何と言っても手入れの楽さ。ふたが取れて手を入れやすいだけではなく、専用の薬剤を買わなくても薬局で買ったクエン酸をぶち込んでスイッチ入れるだけでキレイになります。電気代については、オール電化等で深夜割引がある家庭にお勧め。普通契約で一日中使ったら泣きますよ。音についてはうるさいと言うレビューも見ましたが、確かにけっこうな音量でぐつぐつしゅーしゅーいいます。が、今のところ私は全く気にならず就寝できてます。取っ手があるのも移動が大変楽ちんです。音と電気代の条件を満たせる方にはおすすめで☆4。. 加湿機能付き空気清浄機の加湿器(気化式)ではまったく湿度が上がらず、超音波式を買いましたがテレビやパソコンが白くなるため、加湿パワーのみを重視でこれを買いました。基本的に電気ポットなので、加湿中はずっと沸騰音が聞こえています。また、熱い蒸気がもくもくとで続けている状態です。15畳のリビングで湿度が35%だったところ、30分程度で56%にまでなり、維持しています。のどのイガイガも、肌の乾燥もなくなって大満足です。なんといっても超音波式のように菌を撒き散らしていないことで安心感もあり、これでインフルエンザなどの季節を乗り切りたいです。. この製品の良いところ、’1、パワーがある。リビングでもすぐに湿度が上がる。’2、清潔、お手入れが楽。クエン酸洗浄でつるっと汚れが取れる。悪いところ’1、音が気になり、いらいらする。他の方が書かれていますが、我が家の加湿器も最初シューシューと音がするだけで、思ったより音が静かだなと思っていました。しかし、最近連続運転する時、ゴロゴロと音がするようになり、寝室では気になり、眠れないことも。沸かす際のモーターの音なんでしょうね。上から吹きだす、シューシューとは別の音です。トータルで言えば、これ以上良い加湿器はないと思いながらも音が気になる人には不向きかも。. 加湿器にも色々な種類がありますが、過去に何台も買い替えてきたフィルター式は手入れが面倒、生臭さ・カビ臭さが出易い、パワーもイマイチ…と感じたため、電気代と引き換えにほとんどの問題点をクリアできるスチーム式を購入しました。要するに常時お湯を沸かし続ける電気ポットです。暖かい蒸気が吹き出すのも個人的には気に入っていますが、小さなお子様がいるご家庭などでは注意が必要だと思います。また、水を蒸発させるため通常の電気ポットより内部に汚れが溜まるペースが早いですが、クエン酸など一般的な電気ポット洗浄剤で簡単に落とせます。気になる消費電力をワットチェッカーで計測してみましたが、最初に水を沸騰させるまでは985w、その後の加湿時には大体434w程度で安定しています(カタログに書かれている410wよりは高め)。室内の湿度が充分になると自動的に運転を停止し消費電力はほぼゼロになります。連続運転時に以下の条件で電気代を測定してみたところ、大体1時間あたり8円未満に収まっているようで、圧倒的なパワーで一気に加湿して止める…という使い方を考えると個人的には充分納得できる範囲内です。東京電力の最も一般的な契約コースである従量電灯b最も割高となる第3段料金(24円13銭/1kwh)で計算本機を「おまかせモード」で運転. 給水・お手入れカンタンな水タンク一体型「広口内容器」が、とても気に入りました。 ポットをやや大きくしたサイズなので、場所を取りません。最近は、多機能加湿器が多いのですが、面倒な手入れがなく、フィルターの交換などの必要がないこの商品にしました。他の方のレビューには音がややうるさいと書かれていましたが、私には、些細な音です。ガンガン加湿しているので頼もしい限りです。フィルターなどがないので交換いらずです。ポットが加湿器になっただけのようなものです。汚れてきたらクエン酸で洗うだけです。最近は、いくつもの機能を付けて各メーカーで販売していますが、一台一役のもののほうが、便利な気がします。pcのように、何役もこなす道具は、その持ち味を生かして、多機能でいいと思います。日本の家屋は、狭いので、いくつもの機能を一台でやってもらいたいのはわかります。でも、家事などは、使用頻度が高いので、シンプルなほうが使いがいがあります。必要に応じて、その機能に特化したものを準備していくつもりです。今、届いたばかりの加湿器からたくさん湯気が出ています。今まで、乾燥していても気にしていませんでしたが、妻が、「家の中が乾燥してしんどい」というので購入しました。これで、妻の体調がよくなるといいです。. 超音波式の加湿器を持っていたのですが、冬のエアコン使用時には全く意味をなさないため購入。エアコンをつけていると喉が乾燥してはりつくような感じがし、次いで咳が出てしまっていたのですが、これをつけている間はそういったことが全くなくなりました。ただ、寝ている間つけっぱなしにしていると空になって、起きたころにはまたやや乾燥しています。逆にいえばそれだけの水を蒸気に変えているということなので、まぁいいかと思っています。加湿力は以前使っていたものとは段違いですし、スチーム式なので部屋が寒くなりにくいのも利点です。周りの家具に水滴がついたりすることも今のところありません。サッシの結露はありますが、湿度が上昇すると結露が発生するのはしかたないように思います。動作音ですが、水を入れて少しすると沸騰させている音がしてきます。馴れれば気になりませんが、そこそこの音量はあります。やかんで湯沸かしする程度の音量です。見た目はポットのようでおしゃれではありませんが、部屋に違和感を与えるようなデザインではなく、溶け込んでいます。こういう家電は個人的には見た目ではなく加湿力とメンテナンスの簡単さで選ぶべきだと考えますので、そういった考えの方にはおすすめしたいと思います。. これまで気化式の加湿器を使っていましたが、加湿性能が低いのと、メンテナンスが面倒なので、昨冬に思い切って買い換えました。加湿性能については申し分なく、朝起きた時の喉の感じが全く違います。メンテナンスも楽になりました。ただ、強力な加湿性能の代償として、部屋の結露に注意を払う必要があります。一度、強モードのまま寝てしまい、朝起きたら壁や天井が大変なことになっていました。機密性が高く、狭い部屋では弱モードが良いと思います。動作音はそれなりの大きさですが、私にとっては不快な音ではないので、就寝時でも特に気になりません。. 利点と欠点 メリット 加湿力はありますが、やや音が気になります。 強力なだけに加湿のし過ぎに要注意 電気代と引き換えに清潔・お手入れが楽・強力 デメリット 気化式を持っていますが、こちらは(水をいれる前の)重量がかなり軽いのにびっくりですお手入れもしやすそうだし、型も可愛くて良いです. 特徴 Zojirushi スチーム式加湿器 Ee-Rb50-Ca ベージュ メーカー型番:EE-RB50-CA 本体:幅24×奥行26×高さ31.5㎝ 重量:2.3㎏ 材質:PP、PET…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi スチーム式加湿器 Ee-Rh35-Ca – シンプルが1番!

シンプルが1番、加湿器は色々なタイプを使って来ましたが、フィルターの手入れが大変な事や特にハイブリットタイプは手入れ消耗品をメーカーが売ろうとしてるし、手入れが本当に大変!この商品はフィルターレスで手入れも簡単です。. 夫は子どもの寝室にしている加湿空気清浄機の音は時折気になるというので、夫婦の寝室には静かだと評されていた当該品を購入しました。就寝中、音等に鈍感な私ですら、この品は少々騒がしいと感じました。水は一晩で空になっていますが、加湿効果を感じられず、喉は乾燥、静電気も抑えられませんでした。不良品?効果なく高熱費がかかるだけなので、数日使用してお蔵行となりました。. 加湿器は幾つかのタイプを使ってきましたが、このシンプルな形のが、わたしには1番お手入れが楽でした。. この冬通して使てみました。蒸気式のタイプが好きな方には、いいと思います。. センサーがダメダメで、室内湿度が80%くらいになるまで「低湿」のままです。また「慣らし運転」が必要。最初の数日はつけっぱなしで何時間かおいても、50%くらいまでしか上がりません。しかしそれを過ぎれば、ものの1時間で60%くらいまで上昇します(木造4畳半・洋室)。水垢はかなり早くたまってしまうので、月1~2回くらいはクエン酸洗浄を。ほんと感動するくらいきれいに落ちます。それ以外は全く問題ありません。出力が強くすぐ加湿されるのと、フィルターなどが一切なく手入れが簡単なのがいいと思います。. 象印の加湿器はデザインはよくありませんが、菌の繁殖やバラマキのイメージの無い加熱スチーム式は安心感があり、これまで、象印の加湿器を10数年使っていました。加湿機能も申し分なくとても気に入っていたのですが、水漏れする様になり、新たに購入しました。構造がシンプルなため、耐久性は良いでしょう。不満は、湿度センサーが、無くなってしまったのか、粗悪になったのか、分かりませんが、イマイチです。スチームの開口部が大きくなったためか、沸騰音がとてもうるさくなりました。水量インジケーターが、無くなったので、水の残量が外観から識別出来なくなったので不便ですし、蓋をあけて確認しなければならないので、とても危険です。また、水が無くなった時のアラーム音が大きく成りすぎて、就寝中は使い方が制約され不便になりました。結局、購入して一週間で使用をやめてしまいました。. 従来の加湿器はすぐにカルキがこびりつき、衛生的にも良くないと思い、手入れが楽そうなこの商品を買いました。良いです。加湿性能も十分。「高湿」を選ぶと就寝時に朝まで保たない(「普通」で十分ですが…)ことや、個人的に電源コードがもう少し長ければ良かったということで減点1。デザインは見ての通りで、分かっていた話なので評価に勘案していません。手入れが楽なポットとしての性質を活かしたまま、デザイン性を高めればもっと売れると思いますが、なぜしないのか不思議です…過去のレビューに「音がうるさい」とあったため気になっていましたが、少なくとも「湯沸かし音セーブ」にしておけば個人的には余裕で寝れています。確かに、普通の状態だとポットと同じような沸騰音が鳴りますが…参考になれば幸いです。. この冬、風を引かずに過ごせた。電気代がバカにならないが効果は十分ある。良かった。. 利点と欠点 メリット 掃除が楽です。 リピです。 手入れ、操作が簡単 デメリット ただのポットを湯気が出るようにしているだけのような気もしますが、加湿空気清浄器はメンテナンスが大変で、ちょっとさぼるとすっぱい匂いが出てきて辟易していましたが、本製品は1シーズンメンテナンスフリーで水も大量に入るし、とても重宝しています。注文があるとすれば、タイマー機能が、「2時間切り」と「6時間後入り」の2種類しかないので、もう少しバリエーションを増やすか、時間の設定を任意でできるようにしてほしい。. まず乾燥肌での痒みがなくなった。目の乾燥で痛かったのが、なくなった。冬の乾燥で毎年頭のフケが出てたのが今年はなかった。風邪をひかなくなった。掃除が簡単で清潔!!いろいろ悩んだけど、これにして本当に良かったです。. 沸騰型の加湿機で、形はまさに電気ポット。平易な構造が良いです。構造としては単純なのでもっと安くてもいいのではと思いますが、需要が電気ポットのように多くないだろうから、仕方ないのかな。いわゆる「ゆげ」が出ているのは、ほっとする心理的な温かさもあるようです。. 今も使っていますが,とにかく毎日これなしでは生活できないくらいにいいです。湿度が上がると,体感温度も上がるので,部屋が暖かく感じます。簡単な造りなので,お手入れもほとんどなし。お肌が潤ってる感じがすごくします。ちなみに寝る時は使っていません。若干,音がうるさいので。でも,ふだんの生活では気になりません。とにかくとてもよい加湿器です。今までいろんなタイプを使ってきましたが,これがいちばん好きです。. 温湿度に敏感なペットを飼っているため、湿度にはちょっとうるさいです。加湿器については、自宅でスチーム式・超音波式、職場で気化式(掃除係)を実際に使ってきました。<加湿器方式の選び方>・超音波式は、すぐに湿度を上げることができますが、冷たい水を放出するので、体感ではかなり寒く感じます。(初夏や秋口向き)・気化式は、盤の手入れがかなり大変でした。・スチーム式は冬にはおススメですが、今までのタイプだとスポンジのようなフィルターが汚れて雑菌の発生につながると聞いたので今回フィルター不要であるこちらを選びました。【選んだ理由】・メーカーが湯沸しについてはプロであること。・フィルターが不要・手入れが簡単(ふたを取り外せる、転倒湯もれ防止)・蒸気の温度を少し下げてから放出しているらしいので、小さなお子さんやペットがいるお宅は、やけど防止になりそうです。▲気になる点・(この手の電気ポットと同じですが、)丸洗いができないこと。 加湿器(ポット)を直接シンクにおいて、底面が水に濡れると、すぐ故障します。 (コードが磁気による脱着式だから?)  →ここは是非改善していただきたい点です。・同じ理由から、タンクに直接水をそそがず、水をくんできて別の容器から入れるよう使用書に書いてある。 面倒。・水満タンだと、加湿開始まで最低20分程度かかる。。(最初にタンクに入れる水の量を少な目にしておけばいいけれど)・本体についている湿度センサーは当てにならない。(2mほど離れて設置している湿度計x2コが50%以上でも、ポットは低湿表示のまま)室温にも寄りますが、快適湿度と言われるのは、40~65%程度。なので、ポットのセンサーを元にマイコン運転していると思われるうるおいプラス機能ではなく、連続強弱運転で、自分で切り替える方がいいかも。今回、参考価格から59%offだったので、選んでよかったと思います。. お湯の沸騰音がやかましい。消費電力もかなりなものでecoではありません。. いいです やはり 沸騰機能がいいですね 2個買いました~~~~~~~. 就寝時に使っておりますが通常モードだと一晩持たないですね。もう一回り大きいサイズもあったのですが使い勝手を考えるとこのサイズでしたので・・・・ただ、手入れなど使いやすさは抜群です。ほぼ電気ポットと同じ扱いでつかえますので。. 実家の母にと購入。木造家屋なので多少効率は悪いですが、しっかりと喉が潤う感じがあります。思ったより早く水がなくなるので、つぎたしがちょっと面倒ですが、沸騰して消毒した蒸気が拡散されるので安心です。フィルター掃除が要らないところもおススメです。. 特徴 Zojirushi…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ZOJIRUSHI 電気ケトル 【800ml】 パールホワイト CK-FZ08D-WE ミッキー お知らせメロディ付 – ♫プレゼントに最適♬

必要な時に必要なだけお湯が沸かせます。しかも待ち時間はほとんど気にならずに、とても経済的です。使い勝手もとてもよく、特にお湯を注ぐ際レバーの調節(押し具合)によって、そそぐ量が調節できます。また、倒してもお湯がこぼれることはほとんどありません。ボトル内側にはフッ素加工がしてあり、とても手入れが簡単な所も気に入りました。良い事づくめの評価ではありますが、値段がもう少し手頃なら「★五つ」といったところでしょうか。. なかなか可愛いデザインのモノがない中、これはデザインが気に入ってます。. デザインもメロディも気に入っているのですが、蒸気が出て熱いです。私もうっかりしていましたが、写真やイラストだと蒸気口がないように見えて買ってしまいました。小さい子どもがいるので、いたずらをする時期になったら譲ろうとおもいます。値段も少し高めなので、☆2つです。. 以前使用していた湯沸かしと比較して使用する度うれしくさせる期待通りの品でした. イメージ通りで満足です。飲みたい時にすぐ沸くので、効率的で便利です。. 沸き上がりのメロディーがカワイイです。デザインもシンプルで上品です。. 利点と欠点 メリット good ♫プレゼントに最適♬ かわいい デメリット 特徴 ZOJIRUSHI 電気ケトル 【800ml】 パールホワイト CK-FZ08D-WE ミッキー お知らせメロディ付 サイズ:幅23×奥行14.5×高さ22.5㎝ 本体重量:1.2㎏ 材質:SUS430+フッ素コート、印刷鋼板 生産国:中国 電源:100V…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi 電気ケトル Ck-Au08-Vx – ちょい保温がとても便利。

水の注ぎ口が広いので使いやすい。電源コードがしまいづらいのが難点。. 機能性もばっちり。水垢がつきにくい素材なので、とても気に入ってます。. 容量は800mlです。「蒸気レス構造」ということで、お湯を沸かしているときに蒸気がもやもや出てこないので、部屋が湿気っぽくならなくていいです。電気ケトルは便利な反面、やけどの事故が多いと聞きました。自分はおっちょこちょいなので、「転倒湯漏れ防止構造」などの安全機能が充実している象印を選びました。購入して半年ほど使っていますが、満足度が高いです。. 電気ポットからケトルへ買い換えました。朝の忙しい時間に2杯程、コーヒーや紅茶を入れるために使っています。沸いたらメロディが鳴って知らせてくれるのでとても助かります。. 今までは普通の電気ポットを使っていましたが、経済性を考えるとどうかと。四六時中使うわけではないので、必要な時にすぐ沸かせ保温も効くのは大変便利かと思います。私的には一押しです。. 必要なときに必要な分だけ、短時間でお湯が沸きます。これなら光熱費の節約にもなり、いい買い物をしました。. 始めは書棚にいれておいたので、湯気が出ないのは良かったのですが結局給水の為に、キッチンへ移動させたので湯気が出ないメリットが必要無くなりました。また自動保温ですが、湯沸かしから30分とかでしゅわ~と自動保温し始めます。そんなに頻繁に熱湯も要らないなぁ・・そもそもケトルはすぐお湯が沸くものだしもっと安いので良かったかもしれません。でもこれ自体は良い製品です. 長年使っていた同じ象印の電気ケトル(ck-ga08)のパッキンがダメになったので買い替えました。数日使い良い面、悪い面が分かってきたのでレビューします。良い点:・ck-au08は1300wなので、以前のもの(1000w)と比べ、若干湯沸かし時間が早いです。・蒸気レス・1時間保温はありがたい悪い点:・蓋が取れるので置き場所に困ります。・湯沸かし完了のメロディーが小さく聞こえない。以前のck-ga08は機械式スイッチと蒸気が出るタイプですが、そのおかげで湯沸かし完了が音と、見た目ですぐにわかりました(1時間保温はそういった意味で湯沸かし完了が忘れがちなので別の意味でありがたい)。・縦長のボディーなので、水道水(浄水器付き)を直接注ぐ時に、下に洗い物などがあると邪魔。以前のタイプは同じ800mlでしたがそういったストレスはありませんでした。・倒してもこぼれにくいとありますが、蓋の閉めが不完全でも、蓋がなくても湯沸かし可能なので、倒れれば当然湯こぼれします。以上、商品自体は良いですが、改善の余地はあるのかな??と思いました。ck-ga08のパッキンがまだ売ってれば交換して使おうかしら??. 利点と欠点 メリット 大満足 かなりいい! デメリット 本当に湯気が出なくて、したがってポコポコ音もせず、お湯が沸くので驚きます。今は、暑くなってきたので、余り使用頻度が減ってますが、冬は、大活躍となるでしょう。. こちらは旧型のもので、後続の新型もでていたのですが、白色が良かったのでこちらにしました。新型には白がなくて残念でしたが、こちらでも充分便利です。. 10ヶ月程度使用したところで急に蓋のつまみが動かなくなりました。すぐ交換はしてくれたのですがたまたま壊れたのかこの機種の蓋が壊れやすいのかちょっと心配です。. 10日ほど入院する予定が有ったので買いました。見た目は、個人的にはダサいと思いますが、機能に不足は、全くありません。国内ブランドなので、安心です。退院後は、しばらくは使ってませんでしたが、梅雨にさしかかって、お湯を使う頻度が少なくなったため、湯沸かしポットをしまって、こちらで代用しています。. 使い始めより匂いも気にならず、とても使い勝手が良いです。早く購入すれば良かったと思いました。. 4000円程度のティファールを使用していたが、蓋のロック機構が壊れて外せなくなったため、こちらの製品に買い換えました。ティファールと比べてつくりがしっかりしています。蓋のロックもがたつきがなく、軽い力で簡単につけはずしできてとてもよいです。軽くはありませんが、重量バランスがよいためか、注ぎにくいと感じたことはありません。1時間の保温機能や注ぎ湯量調整など細かいところまで使いやすく、大変気に入っています。. 日本製の他メーカーと悩みましたが、猫がいるので安全性でこちらに。まず給湯時の解除がレバー式なので安心。(ボタン式だとロックを押し忘れた時に倒れたら危険かと)もう一つは上蓋のはまり具合。店頭でどちらも何度か試しましたが、こちらは軽く押せばしっかりはまる感じ。沸くのも早いです。今時の日本製の電気ケトルの性能にびっくりしております。. 使いやすいと思う沸騰するとメロディが鳴るのですが朝早い場合は音がきになります。内側がコーティングされているので臭いがなく気持ちよく使えてます前回のは別のポットに移し忘れると臭くて飲めませんでした。. 内面フッ素加工ですが、フタを使用すると猛烈なプラスチック臭で飲めなくなります。私は沸かす時も注ぐ時もフタを使用していません。沸いたら手で止める必要があります。ですので沸かす際は沸騰の音が聞こえる範囲にいなければなりません。また沸騰時水滴が跳ねるので火傷に注意。. 8lを買いましたが大変満足してます。不満点はたいして大きさが変わらないので1lにすればよかったかな、というくらいです。一人暮らしなら0. 8でもいいですがインスタント麺を二人分作るときに1l沸かせるほうが絶対に便利です。匂いが全くしないのも高ポイントです。プラスチックのものなどお湯が臭くて使えたものではないです。あと蓋の置き場所に困るという不満がいくつか挙げられてますが、完全に取り外せる利点がはるかに上回ると思います。ちなみにタイガーのわく子さん(蒸気レスの旧製品)も持ってましてそちらも満足してますが、そっちは保温がないのと、ロック状態でも口を下に向けると少し漏れます。逆にコーヒーのドリップのときお湯をちょろちょろ出すのに活用してますが。脱線ですがコーヒー入れるのにはわく子さんのほうが湯量の微調整もやりやすいです(ボタンの押し込み加減で調整します)。. 象印ck-ea06-ta600mlからの買い替えです。前商品も購入3年問題なく現役でしたが600mlだと足りないカップ麺があったり、丁度お安く買えたので購入しました。3年の間に注ぎ口の形状が改善されたのかお湯の跳ねが少なくなりました。中の目盛りが白色で見易い。蒸気レスは置き場所に気を使わなくて良い。保温機能は個人的には要らない機能ですが、まああれば便利かな沸騰→保温に移行が標準で持ち上げると保温解除、特に操作が増えたり煩わしくなる事も無いのでok。唯一気になったのは沸くとメロディが鳴るのですが、これが微妙に長くて正直鬱陶しい静かな夜間とかだと「えーい分かったからもう静まれ!」って言いたくなる、普通に「ピー音」だけで良かったのに・・・。一応鳴らないモードにも出来ますが。給湯レバーは親指で操作するので直感的に出来ます、安物にありがちなプラスティック臭も無く倒しても湯をぶち撒けない安全性や書斎にも置けそうなシックなボルドーカラーなど満足しております。.…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 象印 炊飯器 1升 圧力ih式 炎舞炊き ホワイト Nw-Ka18-Wz – この炊飯器を買っておけば間違いない

すごく美味しく炊き上がりますが自分が思っている炊き加減にはなりませんでした。我が家炊きでいくらお米を固めに調整しても粘りを一段階強くするといっきにお米がやわらかくなり微調整ができません。つやがあり外はふっくらだけど固めというお米が炊けません。我が家炊きでどういう設定にすればそうなるのかお米品種を変えながら試行錯誤していきます。. おいしいご飯を食べたければこの炊飯器を使うべきだと思う。まず、コメのうまみを十分引き出してくれる。この炊飯器でお米を炊くと、そのお米を冷蔵庫に入れたとしてもおいしくいただける。コメのうまさを最大限に引き出す炊飯器。中途半端なものを買うなら、一気にこの炊飯器を買うことをお勧めします。間違いないです。. やはりご飯がとても美味しいです。. 炊飯器を替えただけで、ごはんがとてもおいしくなりました。. 蓋を開けても 釜の縁に水がたまらなくてお手入れが簡単に出来ます。. 10年超ぶりに炊飯器を買い替えるために買ったのですが、同じ象印の製品にして大正解でした。多くの方が指摘しているように甘みがあり、ごはんがこんなにおいしかったのかと驚く炊き上がりになります。自分好みにも調整してゆけます。購入を検討するにあたって、多くの方が気にするであろう使い勝手ですが、使用ごとに洗う必要があるパーツは3つで、これらは洗いやすいので特に問題はありません。なによりよかったのが窯で、以前に使用していた製品のものより非常に軽くなっていました。これが重いと洗うだけで大変ですから、大変助かっています。あえて指摘するとすると、少し残念なのが保温ボタンの使い勝手が悪いことです。保温機能の入/切を積極的に使用するような使い方ですと、保温機能を入れ忘れてしまうことがあります。どういうことかというと、すべてのごはんを食べ終わって、保温ボタンを長押しして保温を切るような使い方をしていると(つまりメーカー推奨の電源コードを抜くことをせずに、電源切としたいような使い方)、ふたたび炊飯前にあらかじめ保温機能を入にしておかないと、次回炊飯したとき保温が自動で入にはなりません(忘れてしまうと、炊飯中に保温機能を入とすることもできません)。炊き上がり後保温切のまま放置してしまうことになります。電源コードを抜かずに電源を切るというものがないようなので、こんな使い方をしてしまって穴にはまる人がいるだろうということなのですが、節電のために電源コードを抜く、という方が多いことを大前提にした設計なのかもしれません、ただコードを抜くこと自体が面倒と思うユーザーも少なからずいると思われます。説明書では、使い終わるたびに電源コードを抜く前提になっているようですが(そのために時計バックアップ用の電池も内蔵)。使いやすさからいうと、ちょっと面倒です。保温切は思い切って機能的に電源切にしてもよかったのではないかとさえ思えます(実体的にも何がちがうのかわからないため)。製品設計がことなると思われる同社製品から切り替えて混乱したので、この点だけは若干使いづらさを感じました。それでもごはんのおいしさは文句なしです。. 自分好みの炊き方が出来てお米が美味しい非常に満足です。. 象印の炊飯器を買ったら釜のフッ素加工が剥げたので象印のお客様相談室に電話をしたところ、フッ素加工や釜の金属は食べても問題ないので安心して食べて下さい。って言われました。半年で剥がれることもあるけどフッ素加工や釜の金属は食べても問題ないので安心して下さい。の一点張りでした。交換は有償です。の繰り返し。半年で剥がれる釜を無償でもいらないです。そう言った話をしたのではないのですがクレーマー扱いされ、剥がれた釜に対しては一切の謝罪はありませんでした。それどころか、象印の商品は半年で釜のフッ素加工が剥がれることはあるが食べても問題ないので安心して食べてという商品を売っている認識でいいそうです。それで文句を言われてもそれはクレーマーだそうです。フッ素加工が剥がれることはあるが食べても問題ないので安心して食べてといわれて気にせず美味しくフッ素加工を食べました。って人がいたら聞いてみたいものです。まぁそういう認識で商品を創って売っていると分かったので二度と象印は買わない方が良いと象印さんに教えていただきました。ちなみに象印の社員さん達は飲食店に行って黒い点々とフッ素加工が付いたご飯が出てきても文句も言わずに体に害はないので大丈夫と何も言わずに食べるんですかね?. 利点と欠点 メリット 多分ご飯のうまさはナンバーワンだと思う 毎日のごはん生活が変わります。 お代わりが止まらない! デメリット お米の甘みがしっかりと感じとれるとても美味しいお米が炊き上がります。前モデルの南部鉄器羽釜を3年くらい使用していました。南部鉄器ですら今までで一番美味しく炊き上がる炊飯器だと思っていましたが炎舞炊きはさらに甘さがかなりアップ、モッチリ感もアップしています。食べ比べをするととてもわかり易くおいしくなっています。3つのヒーターで火のゆらぎを再現し、米粒を踊らせるという世界初の機能が米を美味しくさせているのだと思います。羽釜は、3年くらいの使用で炊飯器と接触する上部部分がすこしあたってザラザラに塗装がはげてきていましたが、炎舞炊きのお釜は接触部分がアルミとステンレス層に加工されてて塗装の剥げを心配しなくて良いです。重量も南部鉄器の釜と比較して軽くなったことのほうがメリットが大きいように思います。そして洗うパーツが少なくなったのもとても魅力的です。南部鉄器は6点も洗う必要があったのに3点に減っています。内ぶたもメッシュ加工がなくなってフラットになってとても洗いやすいです。毎日の事なので洗うものが少なくなったり洗うものの重量が軽くなったことのアドバンテージはでかいです。本体見た目のデザインもシンプルになり、キッチンがスッキリした感じもあります。液晶が白黒反転液晶でそれもかっこよいです。炊飯モードは色々ありますが、特に炊く毎に炊きあがった感想を入れていくと自分好みに仕上げてくれる炊飯モードがありますので(南部鉄器にもついていましたが)標準で炊いて気にいらない部分があったとしても、好みの炊きあがりになるように自分で育てることが可能です。食べ比べなければわからないのでしょうが、最新の炊飯器は確実に進化しているので長い間使うことを想定するのであれば高い炊飯器を買うことを推奨いたします。. 父の誕生プレゼントで購入いたしました。父から使用感聴いたらとても良くて、細かく設定?もできるようで大変満足していました!.  昔からキッチン家電で炊飯器だけはけちってはいかんといわれてきましたが、やっぱり10万円超えの炊飯器で炊いたご飯はうまいです。特に90分ほどかかりますが熟成炊きで炊いたご飯はもっちり感・お米の甘みなど、これまでと同じお米とは思えない食感です。もちろん通常炊きでもさすがのおいしさであることは間違いないです。 昨年7月に「象印 炊飯器 5. 5合 圧力ih式 極め炊き ボルドー np-yt10-vd」を購入しており、これは約5.…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 象印 圧力ih炊飯ジャー – 味が米が善の飯が光っていました 見たことが無いものを見てしまった

10年以上使った炊飯器が悲鳴をあげ始めたのでいろいろ調べて4合炊きが決めてになりました。近くの某家電量販店で実物をチェックしましたが、こちらの方がかなりお安かったのでその場でポチッと。翌々日には到着しさっそくご飯を炊きました。スッキリコンパクトな大きさで見た目もカッコよく、お米のひと粒ひと粒が立って甘い!毎日の献立も「美味しいごはんに合うおかず」を考えるようになりました。高価なものですが買ってよかったです!. とても良い商品ありがとうございました。今後もamazon一番先に開いていきます 二番目はどこと思いますかジャパネットたかたです. 和食の頻度が上がりました。炎舞炊きご飯が楽しみです。. 利点と欠点 メリット 味が米が善の飯が光っていました 見たことが無いものを見てしまった 象印さん、いいもの作りました。 買ってよかった! デメリット 特徴 象印 圧力ih炊飯ジャー(4合炊き) 濃墨 Zojirushi 炎舞炊き Nw-Es07-Bz (幅×奥行×高さ): 23×30.5×20.5cm 本体重量(kg):6.0 ●2つの底IHヒーターを独立制御し、部分的な集中加熱ができるローテーションIH構造を搭載。激しく複雑な対流を起こし、炊きムラを抑え、一粒一粒をふっくら炊き上げてお米の甘み成分(還元糖)を引き出します。 ●内釜にIHと相性が良い「鉄」素材を、「アルミ」と「ステンレス」の層に組み込んだ構造で、高い「蓄熱性」「発熱効率」「熱伝導」を実現しました。 ●内釜のフッ素加工は3年間無償交換。※1 ●熱を逃しにくい厚みのある釜(釜厚2.2mm/釜のふち厚さ8.0mm) ●家庭ごとの色々な好みに応える「わが家炊き」。最大81通りの炊き方があり、どの家庭でも、好みの食感に炊くことができます。 ●7通りの「炊き分け圧力」…

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi 1時間保温機能付 電気ケトル 【1 – デザイン性より機能性。便利です。

蓋を取って給水するので給水しやすい内側の目盛りが見やすい1000ccの水をわかすのもすぐなので便利購入して良かった製品です. 一度火災報知機が作動してしまいました。後にも先にも一度きりでしたが…。それ以外の使い勝手には満足しています。. 8か月くらいで沸騰しても沸騰したままになり壊れました。そんなに使う方じゃないんですけどね。同社の後継機種に買い替えましたが、そちらは今のところ問題ないです。. 長時間保温できるポットを使用していましたが、故障のため買い替えました。こちらの方が欲しいとき沸せて便利かと思いますし、電気代の節約になるかと。ただ量がほしいときは二回に分けたりと困ります。中面がプラスチックでないのは購入のポイントでした。. 外国製も考えましたが国産でも十分に使用出来ました 容量もあって沸騰時間も短く手放せないです. 使いやすい。タイマーとかあればもっといいのだがないので星四つにしました。. 機能面では言う事なしです、★5★マイナス点、他の方も指摘していることですが、注意書き面積が大きすぎてインテリア上とても宜しくありません!それから水を入れる際蓋を取りますが、毎回裏返して置くので傷ついてしまうことが心配で気を使ってしまいます、取り外し蓋ではない構造の方がよりいいと思います。良い進化に期待します。. 自宅で同様のタイガー製品を使っているのですが、こちらのほうは保温機能があることと、注ぐときにレバーを押せば開放、放せば閉まること、お湯が湧いたら音で知らせてくれるというポイントに魅力を感じて購入しました。結果、非常に使いやすくていい買い物だったと思います。さらに欲を言えば、今のお湯の温度と残量が外からわかれば、もう最強(★5つ)です。. 利点と欠点 メリット 毎日使用 おかわりに不足なし デザイン性より機能性。便利です。 デメリット  今まで、デロンギの電気ケトルを愛用していましたが、故障してしまい、今回この商品を購入しました。 やはり、デザインはデロンギのほうがスタイリッシュでよかったのですが、「本体が熱くならない」「沸騰した際にメロディで知らせてくれる」「沸騰後1時間は保温できる」「蓋がとれて手入れがしやすい」という点に惹かれました。 実際、とても使い心地が良く、土台部分にポットをセットする際も安定感があり(デロンギに比べてかなり)、しかも、レバーを押さえる力加減で注水量を調節できるのには「さすがは国内メーカー!」と感動しました。 肝心の、沸騰までの時間も短いと思います。 ただ、注意書きが、黒い本体に白い文字でバーンと書いてあり、それが印刷されてしまっているのでどうすることもできず、かなりキッチンのインテリアのバランスを壊しています・・・。印刷面がキッチンラックの壁の陰になるよう、できるだけ目立たないように置くようにしていますが、あれがイヤ!!!注意書きだから目立たないと意味がないのでしょうが、もうちょっと何とかならないのか・・・。 ということで、☆1つ減らします。. ブラック1lを購入しました。購入前には、デザイン性で人気の他社ケトルとの機能性を比較するために、各々のメーカーHPを調べました。価格についても、アマゾン以外の大手ネット通販会社3社と比較しました。結果、アマゾンが安価で、機能性はこれだと決めて購入しました。安定感、転倒してもこぼれない、ボディが熱くならず万が一子供が手を触れても安全、内側の水量メモリが大きく見やすい、給湯時に湯量が調整できるなどの点が良いです。台座になる部分の裏側にコードの巻き取りがあります。一日中電気ポットに給電する必要がなくなって、我が家の電気ポットは休息中で、エコ生活しています。このケトルは沸騰が早く1Lで約5分位なので、友人が来訪しての談笑中に準備できます。沸騰後1時間保温を選択できる機能があり、時間差でお湯が必要になっても手軽に準備できて便利です。とても便利で、問題なく使っています。. これまで使っていた他社のステンレス製ケトルに比べると、本体はかなり軽く、沸騰時に本体の表面が熱くならないため、格段に扱いやすい。一番気に入った点は沸騰後1時間保温できること。沸騰時の蒸気が本体に回収されて外に出なくなればパーフェクト。. 以前使っていた電気ポットが経年劣化で故障したため、節電も考慮して電気ケトルにしました。購入前に自分なりにネットで調べて、評価が良かったためこの機種を購入しました。使った感想は、大変使いやすいです。蓋が取り外せるので水を注ぎやすく、台の下に余分なコードを巻けるので見た目スッキリしています。沸騰時も本体が熱くならないため安全面も良いと思います。. かなり良いです。沸き上がるまでの時間が短いし、水量も丁度いい感じです。. すでに多くの方が良品と褒め称えているように、我が家でも大活躍の逸品です。とくに冬場の朝食、インスタントカップスープや春雨スープなどの軽食で済ませているので、時短に大きく貢献してくれました。表題でも書きましたが、0. 0lを購入するか悩ましい選択かと思います。大は小を兼ねるという乱暴な意見を述べるつもりはありませんが、カップラーメン2杯分が1. 8lだとわずかに足りません。もちろんカップラーメン三昧なご家庭などは少ないと思いますが、いざというときに役立つかと思います。1. 0lをオススメします。. いままで2回ニ○リ使ってましたが1年経たないうちに壊れるので思い切って高いやつにしてみました。長持ちしてくれることを祈ります。使い始めでも全然嫌な臭いが無くて嬉しいです。ニ○リは臭くてしばらくは飲めませんでした。コードを裏側に収納できるのがとてもステキです。追記します。他の方が注ぐ時に蒸気が手にあたって熱いと書いていますが、中のお湯がそこそこ入っていれば手にはあたりません。お湯が少ないとかなり傾けなければならないので手に湯気があたって危ないのでしょう。そういう時は蓋を取ってしまってから注ぐと良いです。その方が熱くないし全部注ぐことができます。たくさんお湯が入ってる時は危ないので取らない方がいいです。. 湧いたお湯を注ぐ際、親指でレバー押しながら傾けますが、湯気の出る口が親指に非常に近いのでコーヒーなどゆっくりお湯を注ぐ場合、蒸気で親指を火傷します。このケトルの構造的欠陥。毎回親指にペーパータオルを何重にも巻いてコーヒー淹れてます。それでも熱かったりします。それさえなければ良い商品。.…