Russell Hobbs (ラッセルホブス) Russell Hobbs 電気カフェケトル 7100JP – 早い!美しい!安全!

いただきものですが、レビューします。毎朝コーヒーをハンドドリップでいれるのが習慣なので、かれこれ2年以上毎日使っています。この前はティファールの電気ケトルや、シラルガンのミルクポット(これはこれで良いです)、メーカー品の保温ポットを使っていましたが、ダントツこれが使いやすいです。シンプル、プラスチックの変な匂いがしない、すぐ沸く(ほんとに早い)、液だれしない。コーヒーやお茶を淹れる方には絶対これがおすすめです。はじめて一人暮らしをする友達や、新婚の友達で、この手のモノを持ってない人にはこれを贈ってます。壊れたら即日で買い直します。それくらい気に入ってます。.

届いた商品は幸いなことになんの問題もなくきれいなものでした。>形  ―つやのあるステンレス。      デザインが美しくテーブルに茶器と一緒に置いていても違和感がない。>機能性―1リットルは少ないかなと思いましたがいつも沸かしたてを飲めるので、問題なし。      中国茶芸やコーヒーのドリップができる細い注ぎ口。      お茶の用意している間にすぐにお湯が沸く。 >耐久性―樹脂を使ってないのと構造が単純そうなので耐久性がありそう。      前は湯沸し保温ポットを使っていましたが、湯量表示部分に水が浸入して3年ほどで壊れました。         ということで私にとっては予想以上に満足のいく買い物になりました。.

今年の5月末に購入。まずはデザイン重視です。あとは性能や消費電力も他社製と大差ないようだったので、最後は迷わずこれに決定です。やはり美しいデザインの方が気持ちがいいんです。まだひと月半しか使用しておりませんが今のところ全く問題なしです。もしかしたら、最初は水が臭かったのかな、と思い返しておりますが(味にうるさくないせい?)気になりませんでした。あと「注ぎ口の内部にスス」は、今日あわてて見てみましたが、見えるところはとりあえずキレイでしたもちろん、表面のようなぴかぴか磨いたカンジではありませんでしたが。毎日料理などのお湯はこれで沸かしており、ガス代が少し減りました。また余った水は必ず捨ててカラにしています。ただ、本体の美しさに比べ、コードが巻き取り式ではないのと、台が軽くてちゃっちいのは意外でした。.

ティファールの電気ケトルを愛用(ステンレス製)していましたが、非力な私にはとにかく重いので、ラッセルホブスに換えました。が、先ほど届いてあまりのケトル内部の臭いに気分が悪くなりました。他の方のアドバイスを読んで、3回煮沸、クエン酸を加えて2回煮沸、穀物酢を加えて2回煮沸、計7回ほどお湯を捨てましたが、まだ臭います。ステンレス臭というよりは何か薬剤の臭いに思うのですが、これが完全に消えるまでは飲む気にはなりません。私は臭いに敏感なほうなので普通より神経質な感想かもしれませんが、同じく臭いにこだわる方には向かないと思います。やはり迷っていたHARIOにしておけばよかったと今少し後悔しています。買ったばかりなので勿体無いのですが、後何回か煮沸して臭いがとれないようならばお蔵入りさせます。本当はもっと使用した後でレビューすべきなのでしょうが、結構ショックだったのでこれも正直な感想として書き込みました。デザインは気に入りました。よく見ると作りがやや粗雑で安っぽいのですが、間近で凝視して使うものではないのでそこは良しとします。.

電気なので飲みたい時に直ぐに沸かせて、とても便利です。お洒落ですし、沸く時間も早いです。コーヒーを入れるのにちょうど良いです。夫婦2人なので、量的にも便利です。.

・デザインが良い・注ぎやすい・早く沸く・サイズも思ったより大きくなくて、良い。ちょっと高いけど、ずっと使うならデザイン的にもお勧め。しかし、中国製なんですけど、それ以外の国で造ってあるものってなかったんですかね。それと、保温が1時間後も70度・・・ってあるけど、もっと早く温度は下がっています。フタに、上記に蒸気逃がしの穴が開いているのに、1時間後も70度、、っていうのは無理なんじゃないかな?何が密封度が良いのかそこが分からなかった。.

・機能は「沸かす」のみで、シンプル。・3人家族の我が家にとって、沸かせる量がちょうど良い。・足りなければその都度沸かせばよいので、お湯がいつも新鮮。・沸かす時間も、あっという間。・見た目がかわいい。よく考えてみると、普通の湯沸しポットって、デーン!!と場所とって、格好もいまひとつだし、保温だの予約だの、あまり使わない機能が多いです。その上、結構 電気を食う代物だったと思います。このケトルのように、こんなに早くお湯が沸くなら、保温も予約もいらないですね。それから表面も熱くなりすぎないので、いいです。最近購入したものの中でも、一番の代物でした。長い付き合いになりそうです。.

T-falのjustineを使う機会があり、そちらと比較した上でのレビューです。【使いやすさ】お湯の最大容量は減りましたが、やはり一番の特徴である細い口が素晴らしく、お茶を淹れる際や食器を洗う用にとお湯を注ぐ際、沸騰したお湯を目的の場所に注げるので大変便利です。持ちやすさに関しても、こちらは持ち手が工夫されているので安定感があり、ほんの少しだけ持ちにくいなと感じていたjustineと比べて、改善されたと思います。【手入れのし易さ】ケトル上部になるにつれて細い形状をしているため、中に手を入れて洗うのは少し難しい造りとなっています。また他の方が書いておられるように、細い口の内部には洗浄のためにお湯を沸かしても取れないスス?が付着しており、細い布などを差し込んで拭いてから使った方が気分としては良いと思われます。【見た目】この点は私の知っている限りでは、こちらを上回る物を私は数点しか知りません。上で書いた細い口などの機能面と両立している物は今の所、この1点だけなのではと感じています。【耐久性】使い始めて1ヶ月も経っておらず、他の方に現れた故障などはまだ現れていません。そのものの発売から3年あたり経過しておりますし、少しずつ改善されているのではと思いますが、念のために購入した際は伝票などを保管しておくと良いと思います。【注意点】内部のお湯の温度が持ち手のハンドル以外の全てに出てくるため、ヘタをすると火傷を負います。この点はjustineも部分的に同様なのですが、あちらの方が熱くなる部分は少ないように思います。これは好みの問題ですけれど、けっこう沸騰した際の音が漏れてきますので、気にされる方にはストレスとなるやもしれません。私はその音が好きなので良いのですが、念のために記述しておきたいと思います。乱文乱筆、失礼致しました。皆様が良い品物を選べる一助となれば幸いでございます。.

利点と欠点

メリット

  • 場所をとらなくて、おしゃれ。友人にもプレゼントしました
  • 5年目になると・・・・
  • 満足度100%

デメリット

1人で使っていますが、高くても買って成功でした。日々快適です。・プラスチック臭がない・蓋がしっかり閉まるので最後まで注いでも蓋が外れない・内側を洗える・早く沸騰する・お湯が冷めにくい・デザインが美しいという良さを実感しています。強いて言えば 最初だけ機械油の臭いが残っていましたが、内側を中性洗剤でごく軽く洗ってよくすすいだあと数回水を替えて沸騰を繰り返したらなくなりました。.

ライフハックなツールという点で衣類乾燥機、HDDレコーダーに匹敵する便利アイテムじゃないでしょうか?同様の機能のものはたくさんありますが、いわゆるシロモノじゃないデザインがまず高評価。ついで、とてつもなく早い湯沸かし、ビービーとビープ音を鳴らさないクールな所作、毎日使うものとして重要な「気持ちよく使える」という点に完璧に配慮されてます。手におさまりのよい重さ、独特の注ぎ口から綺麗に放たれる品の良い注ぎ感、気分はもう英国紳士です。水漏れ、ニオイなどの品質面の問題は今のところありません。.

前から気になっていたクールでスタイリッシュなデザイン。注ぎ口が細く思っていた通り使いやすさはこの上なしです。ワンタッチでお湯が沸かせる便利でおしゃれなカフェケトルです。買って大満足です。絶賛、お勧め致します。.

電子魔法瓶をずっと使っていましたが、エネルギーの無駄なので、ホテルなどで見かける小容量の電気ポットに代えようと、探していました。russel hobbsの電気カフェケトルは、ドリップコーヒーを入れるにも専用ケトルに近い注ぎやすさがあるし、1リットルの容量も3人家族でコーヒーやお茶を入れるのには充分で、その都度使い切る感じです。デザインもおしゃれで、最高です。電源を入れると大きな音がし始め、沸き上がる前には静かになるので、沸き上がりのサイン音がなくても分かります。においなどの書き込みがあったので、最初の使用前に炭酸水を一度沸き上がらせましたら、全く支障ありません。においや味にうるさい我が家の家族も、100%満足しています。.

皆さんお書きになっているように、デザインは気に入ったのですが、数回使った頃から、ハンダの焼けるような臭いがし始めました。水に臭いが移らないなら問題ないかと思い我慢して使用しておりましたが、やっぱり沸かしたお湯にも臭いがうつっておりました。そのうち、スイッチのところから煙がでているのを目撃し、気持ち悪くなって使うのをやめてしまいました。.

Thermos 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0. 35l チョコ jmy-350 cho、hario 茶茶急須 丸 450ml chjm-45tと一緒に購入。キズや汚れもなく、美しい状態で届きました。一人暮らしの狭い台所なので、シンクのすぐ後ろの棚に置いて使っています。注ぎ口が細い作りなので、もう少しお湯を沸かしたいな、という時には、フタを開けて水を足すことになります。一度沸騰してからしばらくの間は、フタの穴からけっこう蒸気が出るので、そこだけは注意が必要です。私は注ぎ足し対策として、いつも少し多めに沸かしています。残したお湯は、必要に応じて再沸騰しています。スイッチが切れていても保温力が高いので、再沸騰はかなりのスピードです。カタンというだけの簡単なスイッチで、これがケトルを持ち上げると自動で切れること、持ち手が案外しっかりしていること、注ぎやすいこと、見た目が美しいこと…けっこう見た目で選んだクチですが、買って良かったと思います。11月に買って、毎日何度も使っていますが、他の方の仰っていたようなコードまわりのトラブルは、今のところ起きていません。何かあればまた報告させて頂きます。.

T−FALと迷いましたがデザインの美しさと、注ぎやすいという注ぎ口の細さにひかれてこちらを購入しました。見た目は良いですし沸くのも早いし、その便利さは他の方も述べておられるので敢えて星を1つ減点した理由を書くと、・思った以上に本体が熱くなる。ちょっと触れても火傷しない、と売り文句にも書いてありますが、確かにちょっとなら痕が残るような火傷にはならないものの、温度は想像以上です。また、蒸気ぬきの穴が蓋の部分に開いていて、デザインとしても良いのですが注ぐときにあまり角度を傾けすぎるとその穴からお湯がざーっと出てきます。そんなに傾ける必要は全くないのでこの点を気にされる方はあまりいないのかもしれませんが、本体の温度のこともあるのでいずれにしても小さいお子さんのいらっしゃる家庭等では注意された方が良いのではと思います。・コードの収納がしにくい。引っ張ればまきとってくれる、式のものではないので自分でぐるぐると巻いて収納するのですが、コードを収納する箇所がせまくてやややりにくいです。しょっちゅうやることでもないですが、この点は次世代版への期待!ということで。.

電気ポットをずっと保温で使用していて電気代がかさむことに気がついて、使う時だけ沸かして飲むという本商品を購入しようと急に思い立ちました。購入した結果、電気代はまだどれだけ節約できているかわかりませんが、あっと言う間にお湯が沸くスピードとコーヒーをドリップする時の使いやすさに満足しています。タイトル通り、電気ポットよりも見た目も良くてキッチンのカウンターに置いておくだけでもいい感じです。しばらく使っていて気に入ったので、もう一台購入して引越祝いに友人にプレゼントをしました。コーヒー大好きの友人は、「ドリップし易いし、電気ポットも買おうと思っていて、これがあれば一石二鳥だ。」と大変よろこんでくれました。.

英国に行った際、ホテルに同じ様にコードの付いている台から離して持ち運べる電気ケトルが置いてあり、沸く時間も早く、こんなのがあったらイイナと思っていました。街角でt社のものはよく見かけるのですが、やはりプラスティックでは無い方が味や衛生面でも良いのではと思っていたところ、やっとこれだ!というものを見つけ購入しました。お湯の沸く時間も早く、消し忘れのないとことがポイント。コーヒーを入れる時に、取っ手の持ち具合やお湯の出具合もちょうど良いと思います。ちょっと高いなという気もするかもしれませんが、コーヒータイムを楽しみたい方にはおすすめです。.

特徴 Russell Hobbs 電気カフェケトル 7100JP

  • ご注意: 初めてお使いになる前には、洗浄運転をしてください。1.0L(ケトルに満水)を入れ、沸騰するまで沸かしてから湯を捨ててください。ケトルを洗浄する時には、ケトル本体は、水をかけたり、水に浸して洗わないでください。不安定な場所や、熱に弱い敷物の上などは避け、安定した場所に設置してください
  • メーカー型番: 7100JP
  • 電源: AC100V(50/60Hz)
  • 消費電力: 1,250W
  • 容量: 1.0L
  • 沸騰時間(約): 5分(室温24度満水時)
  • サイズ: (ケトル本体)幅24×奥行13×高さ21cm
  • 重量: (ケトル本体)720g
  • 重量: (ケトル本体)720g

お湯が沸くのが速いです。紅茶をカップ2杯入れるぐらいなら、お水を入れてスイッチオン→ポットとカップと紅茶の缶を棚から出す→すでにプクプク沸き始めているお湯をポットとカップに少し入れて暖め→そうそうお砂糖も出さなきゃ→ポットに葉っぱを→沸いてるお湯を注いでできあがり〜・・って感じで、いったいいつの間に沸かしているのか?スタイル良し、注ぎ口から出るお湯もかっこ良く、元気にお茶を飲めます。.

コーヒーをペーパードリップで淹れていますが、一人もしくは二人分程度であればこの商品は最適です。お湯が沸くのが非常に早いし、形もちょうどコーヒーポットのような注ぎ口です。デザインも優れているので、キッチンの景観も良くなります。.

コーヒーをいれるために湯沸かし器を探していました。一度に沸かす量は、せいぜいカップ1〜2杯分です。しかし、ほとんどの湯沸かしは容量が大きすぎたり、注ぎ口がコーヒーをいれるのには適していませんでした。これは大きさもそんなに大きくなく、コーヒーもいれやすいです。お湯が沸いたら自動的にスイッチがオフになるので、気軽に沸かすことができるのも良い点です。消費電力が 1250 w と大きいので、たこ足配線にならないように気をつけた方が良いでしょう。.

使用して5年目になります。最近沸かすとプラスチックが溶けたような悪臭がケトルからするときがあります。4年目まで無かった現象なので最初は何の匂いかわかりませんでしたが、どうやらケトルの黒いプラスチックからの悪臭のようでした。機能は問題ないので洗剤で洗ってみたりして、最近は臭わなくなってきたと思ったら、スイッチが入ったり入らなかったりするように・・・。今の所使用できてますが、5年で故障?するにしては私は値段が高いと思いました。数年前、ここのレビューを参考に購入した時はデザイン、機能性すばらしいと思ったものですが、この件でうーんとなってしまい。数年使用後のレビューはもっと貴重ではと思い、ご参考までに。.

届いて2週間です。湧く時間は紅茶で1分。カップラーメンの湯量だと2分。あっという間って感じではないですがお茶を淹れる時に、電気ポットのボタンを押すのではなくヤカンを傾けて細い注ぎ口からお湯を注ぐっていうのが何かとても情緒がある。夏場だけの使用かもしれないけど、ちょっとくらい待ち時間があってもこういうのもいい。スローライフ?場所もとらないし、繊細な注ぎ口でステンレスの光沢も美しく、いい感じです。.

2008年に購入しデザイン、使い勝手などかなり満足してましたが…2ヶ月ほど前に蓋の取っ手が取れました。ショックでした。瞬間接着剤で接着してしばらくは使えましたが、やはりまた外れてしまい。電気機能は故障してませんが、買い替えら事にしました。残念です。.

使い始めて1ヶ月程度ですが、とにかく使い勝手が良いというのが最初の印象です。コンパクトさ・沸騰までの時間・持ちやすさ・注ぎ口の形状、他いろんな面でかなりイイ商品だと思います。.

デザインはとても満足でしたが、はめ込み式の「ふた」がとにかく開けにくい!!危険防止のため、しっかりと落ちないようにとの事だと思いますが、限度があるだろうと。ねじるようにしてもダメ、とにかく気合を入れて、ものすごく力が要ります。去年の12月に購入しましたが、とうとう1年経ったこの2月に、ふたの黒いプラスチック部分がもぎ取れてしまいました。保障期間が過ぎたとたんにこれ。修理を依頼しても、ふた自体の構造を変えない限りまた取れるだろうし。有料修理にだすのも、何か納得がいかないなぁと、考えてるところです。他の人のレビューではふたの事が書いてないので、うちのだけなのかな〜? .

2007年に購入して10年使いました.ここ1年くらいはプラスチックが焦げる匂いがしてきてそろそろ限界かなと思ってましたが,いきなり電源が入らなくなりお釈迦に.デザイン,機能,耐久性ともに充分満足できました.後継機種を購入したいと思います..

とにかく見た目がとってもおしゃれです。プラスチック製のケトルは、よく臭いが気になると聞きますが、これはステンレスなので大丈夫です。お湯が沸くときの音は、周りが静かだと気になるかも知れませんが、食事の仕度中などは気になりません。逆に音があるおかげでお湯が沸いている事が確認できます。注ぎ口も細いので珈琲を淹れるのにも良いです。.

前回、故障したことをレビューに書きました。ドリップケトルがないのは不便なので、次に何を買うかいろいろ迷っていました。デザインはこのメーカーのが一番良いけれど、他の方のレビューを読んで、故障はうちだけではないと知り、同じメーカーの物を購入して大丈夫かと、二の足を踏み、仕方なく、ガスで沸かすドリップケトルを買ってみましたが、吹きこぼれるし、そばについて見なければならないので、不自由さを感じていました。 納得して次のを購入したかったので、メーカーに直接電話してみました。 すると、とても親切に対応してくださいました。2007年から8年製のごく一部に、うちのと同じ症状が起こるものがあるけれど、現在の製品は改善されているとのこと。 「じゃあ、早速新しい物を購入します。」と言うと「修理ができるかもしれないので送ってください。」と言われたので、送ってみました。 結局、保証期間をとうに過ぎた物にも関わらず、新しい物と交換してくださいました。この対応に、本当に感激し、安心して他の商品も購入することができるメーカーだと思いました。.

気をつけることはそれだけです。本体底面は電気を通電させる接点があります。そこを水に濡らさない。それをうっかり忘れてしまいそうになるぐらいの便利な使い心地です。復刻として2011年にはすでに再販されていました。先が細いケトルは珈琲、紅茶党に最適なので、ロングセラーの商品だと思います。.

とにかく早く沸きます。1~2杯分のお茶やコーヒーによく利用しますが、茶葉や豆のセットをしている間に沸騰します。その後は自動的に電源が切れるので、ガスにやかんをかけっ放しで忘れる心配がなくなりました。ポットの底が熱くならないところもいいですね。効率的で無駄がないので、少量の場合は特に、ガスや電気保温ポットよりも経済的なようです。少人数や朝だけ夜だけユースにはぴったりだと思いますよ。そして、フォルムの美しさも気に入ってます。細い注ぎ口は湯量の調節もしやすいです。.

購入して1年半ほどしたころ、ケトルから煙が上がっており嫌な臭いが部屋に充満しました。不安なのですぐに使用を中止して破棄しました。デザインが良くても壊れてしまっては・・・残念です。.

この製品はまさに電気で沸かす薬缶、といったところです。お湯を沸かすとステンレス部分の表面はかなり熱くなります。この製品の使用場所としては通常の薬缶と違い食卓の上等になると思われますので、小さなお子様のいる家庭では火傷に十分注意したほうがいいでしょう。t-falのほうを選んだほうがいいかもしれません。(ちなみに底面は全く熱くなりませんので、置き場には困りません。)しかし、そうでないのなら断然こちらがオススメ。・見た目は言うまでもなく。・ハンドル、重心等、本当に注ぎやすさを感じる設計です。・注ぎ口の形はコーヒードリップに最適で、湯切れも最高です。・容量も一人暮らしから4人家族くらいまではこちらで十分。電気ポットなんて使ってる場合じゃないですよ。.

形はシンプルで飽きの来ないデザインだし、小ぶりで場所もとりません。お湯が沸くのが早く、ふつうの電気ポットよりも最後までお湯が使い切れますよ。.

ティファール、ユーパの激安品、これと試しましたがこれが一番です。ティファールと迷われる方が多いかと思いますが、両方使ってみて私がこちらの方が良いな、と思うポイントは、’デザインがすっきりしていること、’縦長で場所をとらないこと(視覚的にも、物理的にも)、’ドリップコーヒーが淹れやすいこと、’細めのハンドルが、水をたくさん入れて重くなっても持ちやすいこと。ティファールも決して悪い商品ではありませんが、好みにもよりますがデザインが野暮ったく、握力の弱い私にはハンドルが持ちにくい(太すぎて滑る)気がします。これがティファールに劣るのは、ふたの開けにくさ(とはいえ、このくらいの硬さがないと注ぐ時危険だろうとは思いますが)位のものでしょうか。.

以前から電気湯沸かし器が欲しいと思っていましたが、なかなかデザインが気に入るものがなくて、このケトルを見た瞬間、機能のことなど詳しく調べもせずにせずに、デザイン優先で購入しました。でも、実際に使ってみて気に入ったのはデザイン以上に機能の面でした。台に置いてスイッチをカタッと押すだけ、というシンプルさ。そしてスイッチを入れたら、5〜10秒ぐらいでもう「シュー」っという湧き始める音が。それから1〜2分で(水の量によっては数十秒)完全に沸騰して、そしてまたスイッチがカタッと上に戻る。やかんを火にかけた時よりずっとずっと早く湧いて、その待ち時間のストレスがないのです。それに、やかんを火にかけた時のように、その場を離れても「忘れない様に!」と気にすることもないのです。そしてやっぱり、キッチンに出しっ放しでも全く気にならないこのデザイン。どれをとっても、今まで買った家電の中で、一番の満足度です。また、付け足しとして、注ぎ口が細くカーブしているので、コーヒーをドリッパーでいれるのには最適です。購入してから10ヶ月程たちますが、他の方が書いていらっしゃる様な、変な匂いや、すす、などもありませんでしたし、欠陥もありませんでした。.

購入から5ヶ月ほどたちました。カップスープやインスタント味噌汁をつくる、食後のお茶を入れるなどにほぼ毎日のように使っています。・必要なときに必要なだけのお湯が簡単に沸かせる。・沸騰が早い。・静か。・シンプルで飽きのこない美しいデザイン。・手ごろな大きさ。・使いやすい注ぎ口の形状。利点ばかりであり、とくに問題な点はありません。満足度の非常に高い電気ケトルです。長くつきあえそうです。.

スタイリッシュでキッチンが映えます。そしてとても使いやすいです。.

ひょろっと伸びた注ぎ口、縦長のふたのつまみ、大振りのハンドル、鏡面ステンレスの外装と、レトロなデザインですが、機能性と矛盾がなくシンプルに実現している、すばらしい商品です。何しろ注ぎやすい 。こぼれない。まあ、やかんの使い方って今も昔も変わりませんよね。水を入れて、沸かして、注ぐ、それだけですが、毎日感心しながら使っています。これ、ふたが固いので、はじめはおやっと思ったのですが、ロックし忘れのない安全装置です。つまみが 縦長なのはそのためでしょう。おかげで、ふたの開け閉め以外は左手は不要です。あと、ステンレスは金属にしては熱を伝えにくいので保温性が良く、内部加熱の場合は沸きが早く、表面も熱いですが他の金属素材よりは低くなります。アチッとなっても火傷には至らないor軽く済む、という感じでしょうか。でも、触らないのが一番であるのは間違いありません。.

ティファールのヴィテスエクスプレスも持っているので、試しに、同じ1リットルを同時に沸かし始めてみました。ティファールの方が、早く沸騰しましたが、ラッセルホブスもその後すぐ沸騰完了しました。気持ち、ちょっと、ぐらいの差です。ので、私はまな板を熱湯消毒するなど、急いで沸騰させたい時はティファール、ゆっくり、いいお湯が欲しいときはラッセルホブスと使い分けています。(やっぱりティファールはプラスチック製なのが、気になります)たった数千円の差でステンレスで頑丈なつくりであることを考えれば、ラッセルホブスを選らんで損はないと思います。.

すごく扱いやすいし、何よりおしゃれで気に入っています。注ぎ口が細いので、コーヒーのドリップに使いやすいですよ。.

ベスト Russell Hobbs 電気カフェケトル 7100JP 買い取り