Russell Hobbs (ラッセルホブス) Russell Hobbs スタイルブラック電気ケトル 1 – 生活を楽しく

これは好きな時にスイッチを入れて3分ほど待つだけでお湯を沸かすことが出来る大変便利な物です。電気ポットに比べて保温する電気代なども掛からない上、見た通りオシャレでもあります。特にこの商品は解説の通り機能面でも優れているので、一家に一台購入してみては如何でしょうか。私は紅茶などのために毎日使っています。お店には美味しいお茶やコーヒーなどがたくさん売られていますので、それらを気軽に味わうためには欠かせません。忙しい朝でも温かい飲み物でほっとする一時を過ごすことが出来ます。.

電気ケトルが欲しいと思っており、ティファールと迷いましたがコレにしました。理由としては、料理にも使いたいので容量の大きいものが良かったことと、ペンギンみたいなこの形に惹かれて。ティファールだと0. 8リットルのもの以外は形が好みではなかったので。実際に使ってみて、やはり便利です。コポコポと音がしますが、湧かしてるなぁって感じくらいで、そんなに気になりません。気になる点としては、フィルターの黒い部分とか口の部分に削り残し?汚れ?(なんといえば良いのか…)みたいなのが付いていました。来た時に気づいたので、自分でちょっと削ったり洗ったりして落としました。あと、500ミリリットルが約3分10秒とありますが、500ミリには目盛がないです。気をつける点としては、湯を沸かしたて時にフタを開けると、中の水滴がたれて、持ち手のトコに流れてくることがありますので注意してください。めちゃくちゃ熱いです。使うときは湯気が出ますので、口が壁の方に向いてたりすると、壁が濡れます。あと沸かしたばかりの時は外側が熱くなってます。ちょっと批判的なレビューになってしまいましたが、商品にはとても満足しています。気になる点や気をつける点は、自分で分かっていれば良いことなので。余談ですが、上の商品説明の「レアステーキのような焼き加減」や「連続補正トースト機能」などは付いてません^^;おそらく→russell hobbs スタイルブラックトースター 13779jpのことだと思われます。.

7l capacity — it’s hard to get electric kettles of this size in japanstylish looks. Bad points:the window that indicates how much water in the kettle only starts from around 1 liter (a 500ml mark would have been useful) and anyway, it is located behind the handle. If you are holding the kettle while filling it, it is very hard to see the indicator. The lid looks and feels a little flimsy (=weak and possibly fragile).

全体的にはラッセルホブスらしさが出ていて気に入りましたクオリティーは高いのだが残念な点が1っ点お湯を沸かしたときうちブタのプラスティックの部分だと思われるがそこからのにおいが出て気になる方は気にすると思いますぼくはこれが一番気になったので使用を断念・・・・・・プラスティック製の湯沸かしはどうなんだろうかと思います・・・・ちなみに一週間使ってみましたが、においはとれませんでした・・・・・・.

殆どの電気ケトルはもっと容量が少ないので、5人家族の我が家では、この位(1. 7リットル)ないと足りないので満足です。冬の朝は、一度沸かし、そのままサーモスの保温ケトルに移し替えて使ってます。朝は家族が温かい飲み物を飲み、子供達に温かいお茶を魔法瓶で持たせ、昼頃に自分の温かい飲み物を飲める位、容量があります。夕飯の下ごしらえにも使う時は夕方に沸かせて使います。時短の為におくらなどは熱湯にくぐらせます。私は湯がくのを省くので。それにおしゃれだし私には言うことないです。ただ、やかんのように熱くなるので、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では手の届かない場所に置くようにしないといけませんが。ちなみに、私は子供が2歳の時に購入しました。もう、3年経ちましたが、重宝してます。.

スタイルも使い勝手も容量も申し分なしです。良い買い物ができました。.

長年使ったc3のガラスケトルが駄目になり、同じ物が欲しかったのですが生産してないようで、1. 7リットルでガラスケトルを探しましたが見つからず、こちらの商品にしました。前のものよりコンパクトで音は比べると静かだと思いました。やっぱりガラスケトルが欲しかったけど。デザインはいいです。み気になる点は、注ぎ口のステンレスが薄くて手が切れそう、日本の商品ではあり得ない処理です。こういうところは日本の物はすごいのに、デザインが残念だから仕方なく海外のものを買っちゃうんだな。2012年製造のラベルが付いてました。今、2015年。.

キッチンに出しっぱなしですがとっても気に入って、我が家に馴染んでます。が、しかし、確かに湯を沸かすときのすこし音が大きいです。.

利点と欠点

メリット

  • デザインと実用性両立した傑作
  • 満足です。
  • 1.7Lのケトルは本当に貴重

デメリット

今までのエレクトロラクスのものより、使用中の音がおおきいです。、.

全く文句がありません。見た目もいいし、数年使っていますがトラブルも一切ありません。買って良かった!.

加熱により、全体のプラの部分から異臭がする。耐熱じゃないのか・・・ただただ残念。どうしたら良いものか?!湯たんぽ専門になりそう。流出してそうで口には入れられないし。見た目はGOODなんだが。.

電気ポットの常時保温の際の電気の無駄を無くそうと、この手のものを探していましたが、ティファールのプラスチックな感じが嫌で何か別のものを探していました。白を基調にしたキッチンにこのブラックの存在感は抜群です。内部もステンレスで清潔感があり満足しています。実用面では家内曰く、「1l程度ではお客様が来た時など、少し足りないかも」というので、もしもの時に1. 7lは安心感があります。家ではほぼ同じ容量のステンレスポットを購入、沸かしてからそちらに入れ替えて保温して、少し多めに沸かしてしばらくたってもお湯が使えるようにしていますので、その点でも容量の多さは重宝しています。沸騰時間も待たされる感じは全くなく、優秀だと思います。あえて言えば、さすがにプラスチックを多用した製品より重量がありますし、満水状態は特に重いです。片手で持つイメージのものですが、ケトルのように重心の中央で持つものではないので力のない女性の方にはそれなりの覚悟を持って使っていただきたいです。(この点はほかの製品も同じだと思いますが)傾ければそのままお湯がこぼれてきますので、沸騰している場合は特に注意が必要です。とはいえ、二人暮らしくらいなら日常、満水で沸かすことはまず無いので注意するのは特別な時だけで、我が家では細腕の家内が問題なく使用しています。何はともあれオープンキッチンの向こうにちらりと見えるrussell hobbsの存在感は抜群で、良品を使っているという満足感を与えてくれる事が何よりです。.

機能も必要十分で、見た目もよく、インテリアをカチッとした印象にしたい方にはよいと思います。.

普通のポットは1リットル位しか無いので、容量が大きいので助かります、デザインもさすが、、ラッセルホブス製品は cool ですね、、全体がすごく熱くなるので、、お子様のいるお家には、、注意が必要ですね、、.

It takes some time to boil but overall it works very well and i would definitely recommend it.

まずスタイリッシュでかっこいいです。職場で使うために買いました。茶とコーヒー3人分淹れるのにちょうどよいサイズです。いままで2個の電気ポットを使っていて、1つが壊れたため、1個にできるサイズを探していました。保温機能があれば満点なんですが、基本はやかんですね。ゴーォと音を立てて沸き、カシャっと自動スイッチが切れる、口のところから湯気が立ち込めます。本体は当然熱いです。満水で沸かすのに10分ちょっとかかります。口の部分は空いているので、取り扱いには注意してください。あと水を入れる時、横に半透明の窓がありますが、ちょっと加減しにくいです。満水でこのくらいかなと水道から水を入れるのですが、いざ台座に置いてみるとMAX線越えていたり・・・慣れればわかりそうですが。沸かしている時はやはりかなり電力を要するみたいで、暖房と一緒になっているブレーカーが飛びます。しかたなく場所を変えてブレーカーが別のところで使っています。機能的には問題なく、大容量かつスタイリッシュですので、満足しています。.

日本ではティ○ァールが有名ですが、欧州では圧倒的にrussell hobbsです。大容量の1. 7lなので、麦茶作り、パスタを茹でる湯を沸かすのに重宝しています。湧いたら自動的に電源が切れる点は、沸かしすぎて慌てて止める必要もありません。ステンレス製なので少々放置しても冷めません。ティ○ァールとの大きな違いは値段でしょうか。ステンレス製でデザインもよくキッチンが映えます。やはり値段だけあると思います。.

特徴 Russell Hobbs スタイルブラック電気ケトル 1.7L 13775JP

  • メーカー型番: 13775JP
  • サイズ: 幅24.0×奥行17.0×高さ24.0cm(ケトル本体)
  • 重量: 960g(ケトル本体)
  • 素材: ステンレス、ポリプロピレン
  • 消費電力: 1,200W
  • コード長さ: 1.3m
  • 原産国: イギリスSalton Europe社企画・中国製

以前もラッセルホブスの電器ケトルを使用していて壊れてしまったので購入です。以前のものもステンレスでよかったのですが取っ手部分等に不満があったのですがこちらは取っ手もしっかりしているし容量についても満足です。家電を白や黒でそろえたかったのでこれはまわりともしっくり馴染んでいて嬉しいです。.

買う前は違うメーカーを使ってたのでそちらに比べると表面は熱すぎてうかつに触ったら火傷します。 スイッチ入れるのも緩いせいか気を遣ってスイッチ入れながらランプを見てるのでストレスです。フタも傾けるとパコンと勝手に閉まっちゃうし片手でやるときはストレスです。 スタイルだけで買うなら問題ないと思います。.

ラッセルホブスの電気ケトル。以前までティファールのプラスチック製の電気ケトルを使っていたのですが、内側が変色してしまったので、ならばと思いステンレス製の電気ケトルを買ってみました。電気ケトルとしては、ほとんど問題なく使っています。蒸気は注ぎ口から普通に出てきますので、狭いところに置くのにはあまり向かないかもしれません。星が五つでないのは、本体がとても熱くなる、というところです。ステンレス製の電気ケトルを使うのがはじめてなので、どの会社のものも熱くなるのかもしれませんが、少なくともこの電気ケトルは、沸騰すると取っ手と蓋の一部分以外はとても熱くなります。大きくて便利だけれど、小さいお子さんがおいでの方などはちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。.

電気ポッドからの買い替えです。常時、電源つける必要なかったので沸騰後電気が自動で消えるケトルに魅力を感じ購入。家具ともマッチし、デザイン用途満足する買い物でした。.

1台目1年で水漏れ2台目1年で通電不能転倒時の水漏れ防止も保温機能もないので、他メーカーに買い替え.

ティファール(蓋故障、お湯漏れ)からの乗り換えです。沸騰がやや遅い気がしますが、お湯の注ぎ心地はこちらのほうが良い気がします。.

以前使用していたティファールの電気ケトルが壊れたので、買いました。一度で1. 7l沸かせるので、麦茶を作るのも便利です。そのほか料理や旦那のカップ麺用にも使います。デザインも黒で安っぽくなく、とっても気に入っています。スイッチは下のタブを跳ね上げです。ハンドルも持ちやすく特に問題ないと思います。.

この容量のケトル、他に市販されているのを探すのが非常に困難です。こんなデカいケトル必要なのって思う貴方、家族に冷え性の方がいて寒冷地の場合要るんですよ。布団の中に湯たんぽ入れる際にお湯が必要なんです。ガスコンロとかでヤカンで沸かしてもいいのですが、ケトルのほうが便利。というわけでカップ麺作りにも使っています。.

長くお世話になりましたが。。。はがれますよ。黒い塗装が。寿命は2年かな。.

電気ポットで延々、お湯を沸かし続けることに、異常な無意味さを感じて、電気ケトルに鞍替えしました。購入する際、話題のティファールものとどちらにするか、迷いました。私の希望としては、1. 5l以上を10分以内に沸かせること、デザインが美しいこと、カルキ抜きがあること、この3つが抑えられていたら、いいな、と、そういう選び方でした。この製品はそのニーズに、ピタリと答えてくれました。長く使うものですから、インテリアの一つとして考えると、どこに引っ越しても使えるお洒落なものがいい。箱を開けて、もうそこにあるときから、欧州産独特の、何ともいえない存在感にビビっと胸を打たれました。気が短い方なので、短時間でサッと沸くほうがいい。最近は、気付いたら、沸いていた、ということもよくあります。でも、不満点もあります。注ぎ口にフタが付いていないこと、沸かす時の音がうるさいこと(後で知りましたが、ケトルはどれもうるさい)、これは、今でも不満です。でも、もう4年も使ってますが、まだまだ現役。これからもお世話になりそうです。ところで、中のフィルターの交換ができないところが、難点。今、思い出しました。.

Bodumの1500ccのガラスティーポットを使っており、一度に1500cc沸かせるケトルを探してこれを三年前(2013年)に購入しました。もっとも良い点は注ぎ口がペリカンの嘴のように大きいことです。一気にお湯がティーポットにドバドバと移せてとっても良いです。(コーヒーを淹れるのではないのでこれが利点です)本体が熱くなるというレビューが散見されますがヤカンだって熱くなるんだから当たり前だと思いますが。その分、巨大な取っ手が、本体から離れてデザインされているのです。黒い塗装はぶつければそれは剥がれます。当たり前だと思いますが。三年使って、サーモスタットが壊れて沸騰前にスイッチが切れたり入ったりするようになりました。また同じものをすぐに買いました。これ以外に考えられません。気に入ってます。黒い色が美しいです。.

以前ティファールのを使っていて、それの後任に購入しました。スイッチの場所が微妙ですが、慣れれば気になりません。水位のメモリは見辛いです。デザインは、とてもいいので総合てきにはよかったです。安いと思ったけど、2012年製だったので納得しました。.

品自体はいいのですが、温めたあと間違えて子供が触れたりすると本体のほとんど(取っ手以外)が熱くてさわれませんもうちょっとやけど対策してもらいたい.

以前より使用していた某有名メーカーの電気ケトルに寿命を感じたので購入しました。それと比較するとケトル自体がすごく軽く感じました。見た目もシンプルで気に入りました。ただ、以前のケトルより沸騰時間が長いように感じたので、☆-1。それ以外は今のところ満足しています。.

ベスト Russell Hobbs スタイルブラック電気ケトル 1.7L 13775JP 買い取り