PRESSENCE(プレッセンス) Pressence – 反りがないのが有難い

ホーローは縁に反りがあるものが多いですが、これは無いので、洗ったり、水切りが楽です。そして、これの前のミルクパンは小さ過ぎて五徳の上でグラグラしてましたが、これは全くそんなことがなく、安心して使えます。取っ手が木製なのも忙しい時にパッと持てて良いです。.

注ぐときに必ずこぼれます。これを作った人は、自分で使ったことがないのでしょうね。.

他社の日本製ではない琺瑯鍋を持っているのだが、そちらよりも地金が薄手なためか、火の通りが思ったよりも早くムラが無かった。そしてより軽くて扱いやすい。二食分くらいの料理を作って、鍋の腐食を心配せずに作ったものをそのまま入れておけるので、温め返しするのも簡単で、非常に有難い。底が丸いので、スパチュラを使う時に非常に便利。縁の琺瑯のカケが心配なので手荒く扱えない。もし今後マイナーチェンジがあるなら、両口にしてもらえると完璧だ。日本製ではない商品に比べたらちょっとお高いけれども、買って良かったと思う。もしこれがダメになったら次も同じものを購入したいのでぜひとも作り続けて下さい。片手鍋にも蓋が欲しくて蓋を一緒に購入。難を言うなら、琺瑯引きの過程で吊るした痕が取っ手の裏側にあり、購入した品ではそれが地金にまで達しているようで、早速赤錆になってきた。いずれは琺瑯が浮いてしまうので、何か対策したい。.

容器に入れる時必ずこぼれます。塗装が最初から少し剥がれてました。.

利点と欠点

メリット

  • 使い勝手がとても良かった
  • 反りがないのが有難い
  • 水がこぼれる

デメリット

特徴 Pressence (プレッセンス) ソースパン ホワイト 13207094

  • 本体サイズ:幅15×奥行30×高さ8cm
  • 本体重量:500g
  • 材質:本体/ほうろう用鋼板(厚み1cm)、柄/天然木(タモ)
  • 生産国:日本
  • 容量:0.8L(満水時1.2L)

メーカーより

拡大表示

拡大表示

「日本製造」に焦点を当てた”PRESSENCE”

こだわりぬかれた日本の技術をデザインに取り入れ、

広く世界に通用する新たな生活スタイル。

マークは「手」を表しています。

道具を創る手、想いを温める手、両手で大切な明日を伝える手です。

拡大表示

熟練職人によって、一つ一つ丁寧に仕上げられるプレッセンスのほうろう鍋。

鉄板ホーロー鍋は熱伝導性が高く、微妙な熱の調整が可能です。

火がまわりやすい利点をいかしたスープ作りにおすすめです。

拡大表示

スープポット

卓上にそのまま持っていって使っていただきたい小ぶりな形が特徴で、酸にも強く食材の味を変えないホーローの特徴は、果物を使ったジャム作りなどにも向いています。

ストックポットとしてもお使いください。

拡大表示

ソースパン

口元が少し閉じていて、木の取っ手が付いている形状は古くから日本の家庭で使われてきた、お粥や汁物を炊くためのユキヒラをイメージしています。洗い易く簡単に使えるお鍋、すぐに火が通るので下茹でなどにも向き、普段使いの鍋として活躍します。

ベスト Pressence (プレッセンス) ソースパン ホワイト 13207094 レビュー