Kaz (カズ) Kaz VICKS スチーム式加湿器 V105C – ¥3580はお買得かも

価格を考えれば使い勝手なんて何の問題もございません。.

以前高い加湿器を使っていましたが、なんかメンテナンスが面倒でそのうち、使わなくなりましたが、これは シンプルです!掃除もフィルターを買ったりしなくてもいいし、後々のことを考えると、一押しです。蒸気も早くにでてきました。やはりリフレッシュ液も買ってよかったです。ほのかに香ります。.

あまりにシンプルな形、onoffもないふざけた機械に、これで定価だったら絶対高すぎると思った。のどを痛めていて、毎朝痰もからんで辛そうな夫の為にvicksなら、と買い求めたが、朝まで使ったら部屋が湿気で重たい、窓が結露でビショビショ、布団も重い感じ…vicksの香り効果も最初の1時間だけで、鼻や喉のリフレッシュ感はあまり感じられなかった。部屋がカビだらけになりそうで、就寝中の使用はすすめません。これなら家にある普通のタイマー付き、湿度設定のある加湿器の方が安心して使えます。残念ながらvicksは、友人を呼んだときのアロマ加湿器として、受け狙いで置いておくオブジェになりそうです。1〜2時間使用程度で。何時間もつけっぱなしにしてしまう忙しい人や、子供のいる家庭はお勧めできません。.

普通に使ってる分には問題ないんですが、別売りのオイルを使うとオイルを入れた所の周りがベトベトになります。あとオイルをティッシュが吸いにくいので換えるときに手がべたべたになります。.

注文したら、次の日すぐに届きました早い。使ってみると、コポコポいってる水の音が幸せ気分倍増。長持ちするといいな。蒸気が吹き出す量が、自分で調整できるのもいいです。.

今までの加湿器に加えて今回購入しました。スチーム式ならではの暖かい蒸気のおかげでお部屋も暖かくなります。子供達もこれを購入してからあまり咳をしなくなり、この時期にしてはとてもラクに呼吸をしています!!音も心地よく寝室に置いてもまったく気にならないです。とても気に入りました。小さいお子さんがいる方にはお勧めだと思います!!.

昨日注文、本日届き次第早速使っています。開けてすぐ使える簡単仕様。満足しています。今も隣でコポコポ(聞こえるか聞こえないか程度の音)と頑張って加湿してくれています。私は7畳間の一人暮らしですが、10分程度で部屋の中が潤い、ポカポカとしてきて暖房も消してしまいました。ついでにリフレッシュ液も購入したのですが、鼻そして喉ともにスーっとして気持ち良いです。いい買い物でした。.

これはかなりいですよ。音が静かなんです。それも機械音ではありません。ポコポコと小さな音がするだけです。27dbとありますが、もっと小さいのでは?。これだけで買ってよかったーという気持ちになりますよ。デザインがちょっと、というかもしれませんが意外と小さくて、けど水はいっぱい入る、場所を取らず置けて目立ちませんのでいいのではないでしょうか。スイッチが無いのが欠点でしょうが、これは好としましょう。加湿力も十分です。温度も下がりません。星5つです。.

利点と欠点

メリット

  • シンプルかつ十分
  • 使い勝手は悪くありませんが・・・
  • 加湿効果優先の方におすすめです。

デメリット

目が覚めたときの口の中の乾燥が嫌で買いました。部屋の加湿+アロマ液の併用で鼻もスッキリします。コレを買うならアロマ液も買ったほうがオススメです。特に鼻炎の方!ただ、タイマー機能がついてないので付けっぱなしにすると障子がしわしわになります。あと、このタイプは塩を入れて水の電気分解を促す仕組みらしく、塩加減(料理じゃないけど…)もちょっと必要です。取っ手がなく水を入れる時大変、タイマー、蒸気の調節ができない点を加味して☆三つです。.

お湯を継ぎ足すと塩が薄くてもスチームが出ました。思ったより大きいですが、手ごろなお値段で重宝します。.

10年前にamazonで買い、ずっと愛用してきましたが、先日、スイッチを入れたら、水が暖かくならず、ついに寿命を迎えたようです。蒸気の量は塩加減次第という原始的な作りですが、元気よく、ぶーぶー、と蒸気を出してくれて、大活躍してくれていました。ややこしい機能のいらない方には十分だと思います。同じものを探してまたamazonに注文します!.

理科の実験のようにすごくシンプルな仕組みで動作していますが、蒸気量はかなり出ます。乾燥地域にすんでいるのであれば重宝します。ただ湿度等調整機能は皆無で塩の量で加減するしかありません。.

乾燥する冬期に暖房を使うと室内はカラカラに。加湿器が欠かせない時期だが、自室では薬用のど飴で有名なvicksのスチーム式加湿器を使っている。加湿器には主に気化式、超音波式、スチーム式の3タイプがあるが、それぞれが一長一短ある。室内の湿度に応じて加湿する気化式は衛生面にも優れているが少々大型で価格も高い。超音波式は扱い安く価格も手頃だが、室温を下げ、内部にカビや菌が発生して場合、それも一緒に放出するのでマメな手入れが必要。スチーム式は手入れも簡単で加熱するので衛生的で室温も下げないが、消費電力が超高い。因みにv105cの消費電力は310wとパソコン並だ。夜短い時間しか使わないのでv105cを使ってるが、長時間使うなら他の方式を撰ぶだろう。v105cは蒸気口近くに入れるミントのリフレッシュ液の香も一緒に飛ばすのでとても心地よい。お休み時に使うと良いが、スイッチのon、offはコンセントの抜き差ししかなく、タイマーなどもないので少々不便。しかし価格が安いので仕方がないか。デザインもお洒落だと思う。.

レビューを見て購入するか悩みましたが、買って正解でした。たしかに水に黒い何かが浮かんで毎日洗わないといけませんしタイマーが無いので不便ですが、確かな仕事してくれています。まず、息子が咳をしなくなりましたリフレッシュ液を入れると気分スッキリ。アロマ効果で眠りにつきやすくなりました。買って良かった.

手軽で機械っぽいものをあまり部屋に増やしたくない人におすすめ。消費電力は経済的ではないけども、価格とメンテの手間を考えればとっても手軽。個人的にはアメリカくさいものが好きなので、日本製では絶対にありえない見た目がいい感じです。安っぽいっちゃ安っぽいです。が、値段が安いですからしょうがない!高級感が欲しい人は高いの買ったほうがいいですよ。それにアメリカくさいのは安っぽいのが個性みたいなもんだと思います(笑)自動停止装置がついているが、ちょっと水が残ってしまいます。でもその中に再度塩を入れなくても継ぎ足して水を入れれば大丈夫です。その中に黒いカスが出ますがびっくりしないように!!そういうもんらしいです。+ドライバーで分解すると、黒い棒が2本ありますがどうやら減るらしいです・・・これって交換とかできるのかな〜?だれかわかります?あとリフレッシュ液はくぼみに入れますが、中途半端に使った場合(8時間で効果切れ)リフレッシュ液をこぼさずにふたを取るのが結構大変。デメリットばかり書きましたが、基本気に入ってます。.

花粉で辛く、真冬の乾燥が辛かったので思い切って購入してみました。使った感想は・・・○形が効きそう(笑)で、なんだかお気に入りになった○寒い時期、あったかい蒸気がモコモコ出てくるのは見ていて幸せだった(^^;)○喉は潤わなかったけど、壁がじっとりした・・・○別売りのリフレッシュ液は手にたれてきたり使いづらいけど、ユーカリは鼻と喉に効果がある時もあった○持ち運びが面倒(主にロフトで使ってたので、2リットルのペットボトルに水道水を入れて給水してました)○分解と掃除が面倒。リフレッシュ液がどうしても容器内こびりついてぬるぬるが取れない。○留守の時、家族が適当にちょっと大きめの塩のかたまりをポトンと入れて使ってしまったらしく、ぐつぐつと危険な雰囲気の時があった・・・そうでしたが、壊れませんでした。花粉で苦しい時、役立ったのが、リフレッシュ液の方だった気がします。この本体自体は「いい!」と自覚がもてるほど使用感はありませんでした。でも、止めると鼻がつまったり喉が痛くなる気がして、フル活用してました。コレ使ってるってだけで見ていてなんだか「いいなあ」ってだけかも・・・気の持ちようなんでしょうか(苦笑)なんといいますか、加湿器ってこういうものなのだと思うことにしたら、がっかりも軽減しました。他の方も書いていらっしゃるけど、面倒だけど憎めない奴だと思って、気長に付き合えば、まあ、いいのかな・・・。.

加湿量は入れる塩の量で調整できます。標準では2グラムですが、1.3〜2.2グラムで満水から空焚き防止までだいたい13〜7.5時間になります。少なめの塩で使用すると、蒸発開始まで少し時間がかかるのと、防護カバーからの雫の戻りでタンクがぬるま湯になります。和室8畳で就寝中に使用していますが、塩調整で湿度を70%以下になるようにしてありますので結露はおきていません。タンクは持ちにくいので給水はヤカンで行っています。空焚き防止からMAXライン上部ギリギリまでで3.4リッターぐらいです。いろいろな加湿器を使用していましたが、コレがいちばん気に入っています。布団が重くなるというお話もありましたが、他の機種でもそれは一緒です。.

特徴 Kaz VICKS スチーム式加湿器 V105C

  • メーカー型番: V105C
  • サイズ: 幅265×奥行245×高さ190mm
  • 重量: 730g
  • 電気定格: 100V・50/60Hz
  • 消費電力: 310W(0.15%の食塩水使用時)
  • 定格加湿能力: 300ml/h(0.15%の食塩水使用時)
  • 連続加湿時間: 約9時間
  • タンク容量: 3.7L
  • 適用床面積: 5~8畳
  • コードの長さ: 1.6m 保証期間: 1年 原産国: 米国

一緒にシトラスレモン液とリフレッシュ液を購入しました。。。。が、思ったより効果が薄く、リフレッシュ液で鼻がす〜っとする!という効果は薄いです。どなたかも書かれていらっしゃいますが、タンク内に残った水が非常に捨てづらいですね(^^;あと、水を再注入する際、ふた(?)の部分に指のひっかかりがなく、すべてがプラスティックのため、ひじょ〜〜〜〜に持ちづらいです。50%オフにつられ5,000円以上出して買ったので、しばらくは使いますが。。。。ただ、音は非常に静かです。就寝時にはエアコンのほうが音があるぐらいです。.

これまでお店で何度もみかけて気になっていたので買いました。デザインが機械ぽくなくて好きです。塩加減も数回使うと慣れてきますよ。音も確かに静かな方だと思います。フタは少し持ちづらいですが、あまり気にはしてません。ただちゃんと締まるキャップがないので小さい子供がいる家は置く場所を気をつけないと危ないかと。あと他の方も書かれてますが、電気代がかかります。サブの加湿器とした方がいいかも?デザインもかわいい加湿器はほんとに少ないので、¥3580はお買得ではないでしょうか。.

V105cを使って三年目、ついに壊れました・・・。使いはじめから気になっていた黒いかす。ミネラル分が黒い電極棒にびっしりこびりついて、それがはがれて水が黒くなります。こまめに手入れをしないといけません。電極棒にこびりついたミネラルを取っていたら、電極棒そのものの外装のようなもの?がはがれてしまい結局使えなくなってしまいました。コンセントのリセットスイッチが勝手に落ちてしまうといことは、電圧が異常に上がったってことですかね。消費電力もばかになりません。安くてシンプルで使いやすい反面、手入れと消費電力を考えると星三つがいいところですか・・・。三年使えたのでまぁ良しとします。.

届いた時の軽さにびっくりです。スチームタイプのを使ってみたくて購入しました。みなさん書かれているとおり音が静かで快適です。ほんわか出てくるスチームに癒されます。以前使っていたのは一晩で結露びっしょり音も大きく、しかも重たい、不快でした。もっと早く買い換えればよかったです。どの大きさのを買うか迷いましたが8帖の部屋でこれで十分です。たまにリビングでも使ってます。この価格ならお試しでもと思ってましたが大正解でした。持ち手があれば便利だなーと思ったので星4つで。.

以前から気になっていたので購入してみました。質感は予想どおりでしたが、水の注ぎ口が大きいので使いやすいです。二日目でいきなりランプが点灯しなくなりましたが気にしないでそのまま使っています。効果は絶大で、次の日の朝の喉の調子が全然違います。小さい子がいますが、特にさわってみるということもなく安全性も特に問題ないかと思っています。金額が安いので消耗部品を気にせず使えるところが楽です。おすすめです。.

スチーム式で直ぐ加湿されます。見た目もカワイイし、構造も単純で掃除もし易いです。確かに布団は重くなるし、結露も出ますがそれはどの加湿器も加湿すれば出ると思います。なにより安価なのがいいと思いました。.

昨日届き早速、夜寝るときに使ってみました。それまでは、ハイブリッド式の加湿器を使っていたけれど、蒸気が出ないせいか、あまり・・・という感じだったのですが、これは、なかなか良いかも。リフレッシュ液も購入し使ったのですが、鼻がスーッとして気持ちよく眠れました。夜中セキをしていた息子も昨夜はぐっすり眠っていました。  ただ小さな子が居るので、安全性の面ではちょっと・・・スチームユニット(青い蓋)が、カパカパしているので、コードに引っかかったりすると、すぐに外れてしまったり、ひっくり返って中の水が全部こぼれてしまったり・・・ということが、あるかも・・・。.

低消費電力かつ超音波式でない加湿器、ということで本製品を選びました。加湿器としてはおおむね満足ですが、それ以外の運用面で課題を感じました。他の方も書いていますがタンクの水が捨てにくい。これは水を注ぎ足していくだけで継続して使用できるのであれば大きな問題とならないのですが本製品はタンクと電極の掃除が必要になります。(個人的な感覚では一月に1〜2回必要)意外と掃除が手間です。ビックス液の掃除も手間ビックス液は簡単に言えばアロマオイル。香りがなくなってもオイルは残ります。このオイルがくせ者。きれいに拭き取るのが難しく、どうしてもタンク内に入り込んで更に掃除が面倒になります。そんな訳で、手入れをこまめにできる人はきれいに使用できると思いますが自信の無い方は日本の家電メーカーの出しているハイブリッド加湿器の方がメンテナンスしやすくていいのではないでしょうか。.

家の者が購入していたのを見て「オヤなんだかチープな感じ」という第一印象はそのまま最終印象まで持ち越されました。チープな作りです。これなら二千円ぐらいが妥当でしょう。いかにも「キカイ」という感じの別のもっと値段の張る加湿器(おなじスチーム式です)のほうが、だんぜん良かった。湿度の調整ができないので、コンセントを入れるといつまでもシューシュー湯気を出して、扱いにくい。ほっといたら部屋じゅうべたべたに……。もちろん、自分で判断してその都度コンセントを抜けばいいのですが、スイッチのon/offがすなわちコンセントのnuki/sashiということなので、この時代に、なんかねえ、という感じです。はっきりいってオクレテます。セールスポイントである、「別売のリフレッシュ液を投入すれば爽やかな香りが部屋じゅうに……」というのも、やってみましたが、やっぱりアロマではないのでなんというかとても人工的な香り……。外国製、ということなのだな、と一週間使用してみての感想です。あ……あと、ウッカリ塩を小さじ一杯以上入れるとぶくぶく沸騰して大変なことになりますので要注意です。.

加湿器は衛生上取り扱いが難しく、高価な物を購入してもすぐにダメになってしまっていたので。今回は手ごろな値段なこちらを購入しました。軽くて、管理が楽なので重宝しています。.

息子が喘息で冬場は加湿と保温が絶対に必要なのですが、日本製の加湿器は蒸気の出方が中途半端で気がついたら止まっているということが何度かあり、またフィルターをしょっちゅう替えなければ雑菌が繁殖するという怖さもありました。その点kazはとにかく蒸気の出方が半端じゃないので一晩中湿度を高く保ってくれます。お手入れは必要ですがタンクも洗いやすく水もいれやすいです。お陰で今年の冬も喘息になりかけても夜の間に酷くなることが無く感謝してます。電気代多少高いのかも知れませんが、他に暖房器具をいれなくても部屋が暖かいので、私はそれほど気になりません。確かにふたがもう少し持ちやすいとありがたいと思ったので星4つです。.

まず見て思うのはその作りの安っぽさ。え?これだけ?と思うような製品。効果はあるけど問題が・・・という感じ。イメージ的には、勉強できるけど電波系、みたいな。その問題をいくつか。・ゴミが浮きまくる。 特に使い始めに、焦げた黒い膜のようなものがいっぱい浮いてくる。 使い始めは掃除との戦い。・アロマを入れる部分がこぼれやすいし、余ったのを処理しづらい・水の入れ替えがやりにくい 蓋を上げないといけないけど、水がぽたぽた垂れるので何処かに置いておくこともできない。 もっとポットの蓋のように、簡単にして欲しかった。・掃除をしたいけど、構造上逆さにしても水がでづらく不便。と色々使い勝手敵な問題はあるけど、その効果は良い。塩加減でパワーアップしたりできるのもある意味メリット。急ぎで加湿したい時は塩多く入れたり、長持ち(補給まで)させたい時は少なめにしたりと。.

水の取替えとか タンクがオイルでヌルヌルとか 中に固形物がフヨフヨ浮いて気持ち悪いとかあります。水入れた後、タンクを持つとき容器の口の内側に手をかけるのですが、もつところが痛い。オイルを毎日ふき取るのが大変。ともかくいろいろ面倒です。でも、大事なこと・・効果は抜群です。寝室で使うと寝やすくなります。子供の咳もなくなりました。気になったのは、私が買ったときは、もっとずっと安かった思うのですがいま、7400円もするのですか!!売れてるからって高くしないで欲しい。.

サイズ違いの(タンクが5. 6リットルと大きい)v165cと迷いましたが、3. 7リットルのこちらで正解でした。水が入った状態で持ち運ぶには、このくらいがいいです。18畳の部屋で主に使っていますが、必要十分な加湿が出来ています。タンクが空になるまで運転したら、結露しそうですので、適度なところでスイッチを切って使っています。動作音は、こぽこぽと小さく沸騰音がする程度で、問題ありません。一緒にシトラスレモンのリフレッシュ液を購入しましたが、ほんのり香って、良いですよ。.

このタイプの加湿器は気化式に比べて暖かみがあります。かすかに聞こえる「コポコポ」という沸騰音がなんとも心地よいのです。その上安価、清潔、加湿速度が速いなど利点もたっぷり。ただ一つ、買う前に注意したいのは、このタイプの加湿器は水を蒸発させるので、残ったミネラル分がどうしても機械内部やタンクにこびりつきます。手入れを怠るとそれが水に浮きまくって大変なことになるのでご注意を。.

念願の加湿器だったもんで届いてすぐに、軽く洗って、拭いて使用しました(^∀^)パソコンで調べてコレを気に入り、電気屋さんなどで探したのですがどこにもなくて…インターネットで現品を見ずに買うのに抵抗があったのですが大丈夫でしたちゃんと届いてくれたし、早かったし、安かったし…なにより、使用者からのレビューが役に立ちました私の感想としては○見た目がかわいい             いわゆるチープリってやつです(^^) コロンとしてます                母からは安っぽいって言われましたが、気に入りました            色も、白と青なので部屋に合いやすいと思います        ○アロマポット(?)がある            火を使わずに安全に楽しめて良いです        ○仕組みが簡単 さすがアメリカ製って感じです            水と塩を入れて、青い部分を挿すだけです            コンセントを抜き差しするっていうのは、待機電力カットで良いのでは?        ○軽くて運びやすい            水をMAXまで入れても、簡単に持ち運べちゃいます                                といったところです(*^^*)自分しか使わない部屋に置いておくので、こぼす心配もありませんし…あと、届くのが早くてビックリしました.

昨年、お祝いでいただきました。加湿器を使用するのは初めてですが、とてもよい商品だと思います。今年はインフルエンザ予防に利用しています。蒸気の量を一定にするのは難しく、おそらく入れる塩の量で決まると思います。塩を一つまみ入れて、水がちょっとだけ残った状態で、その後塩を入れずに、4回目の給水をしてみました。蒸気の量は少し減っても蒸気はきちんと出ています。塩は毎回入れないでもいいのかもしれません。最初に入れた塩の量が多いのかもしれませんが^^;いずれにしても、今年の冬はこれで保湿できると思います。.

このタイプは今までのものに比べてかなり改良されています。噴出しガード、タンクが浮き上がりにくいストッパー、噴出す方向が固定できるタンクの山形ジョイント、コンセントのリセットボタン等。。旧タイプを使っていましたが、不満があった部分がかなり改善されていたので、思わず購入しました。しばらくはこれですね。.

シンプルで、加湿器のみの機能です。水の中に塩を入れるのが面倒ですが…。塩を入れすぎると、自動的に電源がオフになります。.

白いタンク部に水を入れて、塩を少々投入してかき混ぜて、青い電源部をタンク部に差し込んでセットしたら準備良し!コンセントにプラグを差し込んで、しばらくするとポコポコ音がして湯気が出て来ます。塩が多いとポコポコからボコボコになり、湯気が増える様に感じます。アロマオイルも使えますが、湯気出し口の前の窪みに流し込むだけで、使用後は拭き取る必要があります。よく病院の待合室にある様な、カートリッジタンク式で湿度設定のあるハイブリッド加湿式の静かなタイプに慣れた方はやめましょう。ポコポコ音に心和み、大雑把な作りのアメリカ式を許容できる方は、使ってみてもいいと思います。.

九州から東京へ出てきて2年が過ぎました。東京は九州と違って冬場の感想が特に厳しいので、住み始めてすぐに、ハイブリッド式(気化・超音波)を購入してずっと使っていたのですが、日本の住宅は木造建築が多いので気化式などでは追いつかないことを身をもって感じて、スチームに手を出そうと思ってこれを買いました。届いて最初に感じたのがその軽さ。タンク(3. 7l)はpp製で何も飾られていないですし、通電する本体も決してコンパクトとは言えないながらも必要な機能だけを果たすように作られていて軽いんです。この時点で、早く水を入れて!!!と心がはやります。触媒に塩を使わないといけないことがマイナスに感じられるかもしれませんが、実際に使用する量は、タンクに水を満タンにして、米粒二つ分くらい(ひとつまみ)の塩を入れて軽く混ぜるだけなので、手間が掛かるというものではないです。で、問題の機能ですが、やっぱり湿度調節とかタイマーが付いていないのはマイナスですが(これがあって星4つ)、加湿機能に関しては文句なしです。立ち上がりに若干時間が掛かりますが、蒸気が出始めたら1時間以内で10%くらい湿度を上げてくれました。乾燥で喉がやられやすい時期です。オススメです。.

コンパクトでメンテナンスも簡単。持ち運びすることが多いので、すぐに残った水を捨てられるので、とても便利につかってます。日本の加湿器はパーツが多すぎて、持ち運ぶ場合のお手入れが大変だと思ってます。.

ベスト Kaz VICKS スチーム式加湿器 V105C 買い取り