HARIO(ハリオ) Hario – 直火もガスもOK

8号サイズ、、、号数ではピンとこなかったんですが、鍋料理2人用といった感じに思います。煮ながら食材追加して食べる場合で3人くらいではないでしょうか?一般的に土鍋というと、最初にお米のとぎ汁を入れて煮たり、目止めという作業が必要ですが、こちらの土鍋は不要で、そのまま使うことが出来ます。ハリオの炊飯土鍋はもう発売当初から使っていますが、いまだに現役です。日本製のしっかりした厚手でひび割れたりせず、本当に優秀です。この普通の土鍋も、つるんとした塗装のおかげで、こげつきにくく洗うのが楽。蓋がガラスなので気を付ける必要はありますが、流しに色んなものを置いて洗わずに、最後に土鍋を片付けるようにすれば、落として他の食器とぶつけて割るなんてことはありません。エアコンの効いた部屋で鶏塩鍋にしましたが、仕上げに入れたもやしが煮えるのも良く見えて、火からおろすタイミングが分かりやすいです。付属のレシピには美味しそうなメニューが載っていますが、鶏とこんにゃくで煮物にしてみても美味しかったです。使いやすく、高級感がある、本当に大好きな土鍋です。炊飯土鍋はもっと大好きです。.

高級感があって透明な蓋で料理がしやすいです。中の色ムラやガラスのムラや気泡が無ければ文句無しです。.

従来と同じ号数で容量がアップした模様です。愛用中のリニューアル前の6号同様にガラス蓋で調理中の様子が見える所が非常に良いです。蓋の取っ手部分も大きく、シリコンで覆われているのでしっかり持てます。ただ、取っ手の中心から蒸気が景気よく出る仕様はそのままなので鍋つかみは必須です。蒸気の吹き出し方に関しては好みが分かれるかも知れません。自分的には土鍋を買うならガラス蓋の本品が良いんじゃないかと思います。.

土鍋にガラス蓋という発想は無かったのですが、中が見えると便利ですね。野菜がクタっとする瞬間が見えるので、ベストなタイミングで火から下ろせます。黒い土鍋で高級感があり、飲食店をやっている方でもお勧め。ただガラス蓋の取っ手の洗浄が面倒ですね。取っ手のど真ん中に蒸気口があって空洞なのですが、よく見ると溝が手の届かない所まで巻き込まれており、汚れ具合が全くわかりません。見えないので気にしなくても良いのですが、水滴が落ちる箇所でもあるので、もしカビでもあったら嫌だなとは思います。調理器具全般に言えることですが、洗浄のことも考えてシンプルな構造にして欲しいです。.

6号サイズで取説には炊飯目安1~1. 5合と書かれていましたが、試したら白米なら2合炊けました。(写真)具材を沢山入れた炊き込みではきついかもしれませんが、赤飯やピラフ、チキンライス位なら2合いけそうです。炊飯時は基本いじりませんが、蓋グリップは上部中央に蒸気抜きの穴が開いているので、例えば、おでんとか蒸気が出ている時にうっかり普通の手鍋のように様子をみようと摘んでしまうと「熱っち」となる恐れがあります。私的には釣りでのソロキャンプ用に0. 5~1合炊きの更に1回り小さいサイズが欲しいところです。キャンプ炊飯もそうですが鍋での炊飯は、鍋の形やお米の量、水の量で炊き加減が変わるので、単に5分とかいう時間ではなくガラス蓋で目視出来る事で火加減の調整が出来るので便利です。私は沸騰まで中火で後は全て弱火、炊き始めは雲っていますが、やがて凝集して水滴になって流れ落ち、炊き上がり前の水加減のタイミング位で中が見えるようになります。お米の輪郭がはっきりしてきたら火を止めて蒸らしに入ります。私はあまりお焦げは好きではないので、蒸気穴から嗅いでデンプンの焼けた匂いがする前に火を止めてしまいますが、逆にお焦げが好きな方はこの匂いのタイミングも参考になると思います。.

二人用でちょうどいい感じの大きさの鍋です。見た目も安っぽさを感じさせず,鍋としてきちんと役割を果たしてくれるので,とても気に入っています。.

直火もガスもokなので調理の幅が広がります。ガラスの蓋なのでなかの様子もわかりやすいので、料理初心者にも心強い。これで煮物作ってます。.

追記)4合のお米を炊いてみました。なんと!炊飯土鍋より、炊き上がりがいいかもしれない!(これは書かない方がいいのかも?)底の面積が広く、高さが低い分、熱が早く伝わるのか、炊飯時間は8分弱。(3合の炊飯土鍋より短いかも)沸騰後は弱火5分で、蒸らしに15分。私の場合、沸騰後の火加減は弱火+α5分で、硬すぎないいい感じのおこげができます!その後、蒸らしは蓋を開けて強硬に冷ます. 笑火をつけて20分ほどで食べられます!炊飯土鍋のように沸騰時にホイッスルのような音は出ませんが、蓋の穴から小さく”ぼ、ぼ、ぼぼぼぼぼ”というような音は聞こえます。離れずそばにいる方がbetter。毎日使うことになりそうです!((以下は過去のレビュー))フタがガラスの炊飯土鍋(3合)を、朝はお弁当、夜は夕食に。一日2回、7年ほど使用しています。(うっかり割ってしまい買い替えましたが、高級炊飯器を買うことに比べたら...安い!)よって、ハリオというブランドはもちろん、ガラスの土鍋には信頼があります。さて、こちらの土鍋。炊飯土鍋にくらべて底が浅く、高さも低い。調理用の土鍋という感じにみえます。子供2人との食事時間が合わないことが多くなってきて、夫婦2人で鍋料理をすることが増えてきた我家では、鍋料理にもちょうどいい大きさ。土鍋と言っても昔のようにお粥を炊いて. などの目止め作業不要なので、早速、クーラーがんがんでキムチ鍋に使用!(まずキムチと豚バラ肉をごま油で炒めてベースのスープを作りますが、この土鍋ならつるつるの底でこげつくこともなく、とーってもいい感じでした)そして、夫婦二人の鍋料理にちょうどよい大きさでした!説明書には4合までの炊飯もできる説明もあり。用途は多そう。料理好きな方だと自負している(料理が上手いわけではない. )私、わくわくします!.

利点と欠点

メリット

  • 実用容量を
  • 珍しいガラス蓋土鍋
  • 取っ手がゴムで、熱くならない

デメリット

土鍋にガラスのふたで使いやすいです。一般的な土鍋ですと、ふたを取るときに素手で直接さわれませんがこの商品は鍋がガラスで中身が見えて料理をするにも便利です。土鍋ははじめてですが、この商品はそんな人にぴったりだと思います。.

ごくごく普通の土鍋違いがあるとするとガラスの蓋鍋料理には中が見えて便利です問題は、その蓋の取っ手取っ手は、外して洗うことができるのでその点は良いのですが真ん中から蒸気が出るので慣れないと真上から持った時に手に蒸気を浴びてしまいます底面は、釉薬を使っていないのでざらざらですが直置きすることもないでしょうからあとは、当たり前ですがihでは使えません.

土鍋のフタを取る時、取っ手がゴムなので素手で掴めます。ひと手間省けるだけですが、これはとても楽です。ただ、真ん中から蒸気が噴き出てるので、当然ですが真上から掴むとヤケドします。蒸気を避けて横から掴めば大丈夫です。比較的に底の平な部分が広いので、入る容量は増えましたが、食材が少ないと広がってしまい、火加減に注意しないとすぐコゲそうです。炊飯もできると書いてありますが、1~2合では難しいと思います。たぶん3合くらいからならちゃんと炊けそうですね。フタの取っ手は分解できるようになってるので、ちゃんと隅々まで洗えます。うちは食洗機があるので、フタの部分も含めてそのまま入れて洗っちゃうのでとても楽です。.

容量が900mlとありましたが、縁を越えてしまいます。実用的には800mlでしょうか。なんか騙された気分です。穴の大きさも炊飯兼用でしたら大きくありませんか?.

出品者の対応はガッカリでしたがお鍋は とても可愛くて良いですお鍋の蓋を逆さに重ねて仕舞えば収納もしやすい.

特徴 Hario ( ハリオ ) フタ が ガラス の 土鍋 8号 ガス火専用 Mnn-225-B

  • 本体サイズ:15.5×27.5×25.0cm
  • 素材・原材料:耐熱陶器 ポリプロピレン シリコーンゴム
  • 生産国:日本
  • サイズ:幅278・奥250・高155・口径225
  • 満水容量:2200ml

メーカーより

フタがガラスの土鍋

季節を問わずいろいろな料理を楽しむことが出来るフタがガラスの土鍋

拡大表示

拡大表示

フタがガラスの土鍋

ベーシックモダンなろくろ目のついたデザインで、食卓にもよくなじむ。普段使いしやすい土鍋

拡大表示

拡大表示

拡大表示

ガラス蓋

フタは耐熱ガラス製なので、煮込み中も調理の様子が見える

そのまま食卓へ

シンプルなデザインの土鍋はキッチンで作ってそのまま食卓へ。大皿感覚で使える

季節を問わず楽しめる

冬場は温まる鍋料理、春、夏、秋は煮物やリゾットなどいろいろな料理が楽しめる

MNN-165-B MNN-225-B MNN-255-B
サイズ 6号 8号 9号
容量 900ml 2200ml 3200ml

ベスト Hario ( ハリオ ) フタ が ガラス の 土鍋 8号 ガス火専用 Mnn-225-B レビュー