FDstyle 深型鉄フライパン 【直径24cm】【日本製】 IH対応 深型鉄製のフライパン – 手早く美味しく手入れも楽です

この24㎝深型フライパンに出逢うまで、随分遠回りいたしました。手首と手に優しい物を捜しておりまして、、何度か失敗を繰り返し、諦めかけましたが偶然、見かけましたフライパンの重さ・・。870g・・。これが決めてになりました。また、持ち手が鉄でない事。竹を使っていること。デザイン性も大切ですがやはり、重さです。そして。届いたものは、、程よい深さのあるもので熱の伝導力は想像以上に早く、あっという間に、、炒め物が出来上がります。ただ、、まだ慣れておりませんで、、何故かまだ、焦がして、、水で洗って。。。と言う、不慣れな状況ではあります。使い方を把握出来ていないのです。ショップ様のご対応が大変素晴らしく、、このフライパンに油がなじんでもう少し使い慣れましたら。。。もう一つ購入を考えたく存じます。テフロンは卒業です。、女性の手に優しい鉄のフライパンだと・・思います。これ以上の重さでは非力の私には、、厳しい所でした。良い物に出逢ったと思っております。.

「貧血症の人は鉄製のフライパンを使うと予防になる」と医者からすすめられ購入。深型のフライパンなので炒め物だけでなく、卵焼き、煮物、揚げものなど、何にでも使える万能タイプ。手入れは、洗剤を使わずフライパン用のタワシでお湯洗いし、水気を切って油を塗っておきます。そんなに面倒ではありません。消耗すれば買い替えするテフロン加工と違って、使えば使うほど愛着がわいてくる鉄製フライパン。ずっと大切に使いたいと思います。.

テフロンなどコーティングのしてあるものは、使っているうちに剥げてきて焦げ付きやすくなりますが、ある日、剥げたコーティング剤が料理の中に少しずつ混入しているんだと思った瞬間から気持ち悪くなりました。このフライパンはそういった心配を解消してくれました。使用後に油を薄く引いておくことが必要ですが、良いものにはお手入れも必要と思えば大した手間ではありませんでした。.

Tf社のテフロンコーティングが落ち目になったのを機会に、本物のフライパンを探しました。1)鉄の色、取っ手の肌触り、選んだ自分を褒めたくなりますよ。2)油返しの作業も、フライパン育てるみたいで、そのひと手間や良し。3)焦げ目は付くも、焦げ付きは全くなし。たわしで水洗い、油返しで、次回へのスタンバイok。4)24センチ、深型:1~2人用には十分ですし、これより重いと家内にはきついかもです。貧血予防は、個人の感想レベルで、期待しないほうがよろしいし、宣伝すると法律違反です。多分。そんなことより、何しろソテーが楽しくなります。個人の感想レベルではありますが、お肉と野菜、味が変わりますよ。.

騙されたと思って、買ってみては如何かしら。メードインジャパン、三条燕製、錆びない特殊加工の、鉄中華鍋。深型なので、:油が跳ね:にくい のよね。 お勧めです。貴方が、日本製を買う事により、日本から産業が流出しないね。見た目は美しく、綺麗だが、深型で底が平らで、素人みたいで、嫌なだと感じる方が居るでしょうね。でもね、プロが使う中華バーナーは、五徳が無く、廻りで支えるので、家庭用の五徳なら、底が平らな中華鍋が理想ですね。次に、:深型:で、:油が跳ねず:、ガラストップが汚れにくいのね。此は、非常に大切な事かも知れないね。掃除が楽だもの。大きさは丁度良く、重さは、バランスが良いので、感じないと思う、業務用中華バーナーは恐ろしく火力が強いので、家庭のコンロの火力なら、此のサイズで、少なめの料理をすれば、後は、腕次第。焼き気味にして、材料を入れれば、何故、フッ素加工が全盛なのか、疑問を抱くでしょうね。フッ素ナベは数年で買い換える事に成る、fdスタイルプリンス工業製は、安物のフッ素ナベの、数倍の価格だが、二度目の買換の時に、リバランスするね、貴方が、日本製を買う事により、日本から産業が流出しないね。.

深型で鉄ですので重量は900g近くありますが、柄にステンレスが通っているためか、底面の手前側に重心があってバランスが良く、重くて使い難いということはありません。北京鍋(中華鍋)のように鍋振りし易いし、フライパンとしても使い易いです。24cm用の蓋がピッタリの片手鍋としても使えます。底の平面になっている面積は狭めで直径16cm程。やり方にもよるでしょうが、底部しか使わない目玉焼きや卵焼きでしたら卵4個位、野菜炒めなら3人前が無理なく一度に調理できる限度かと思います。深いために食材だけでなく油の飛び散りが抑えられるのは地味ですが大きな利点です。価格が強気なのは、特許公開番号 特開2013-70751の技術を使った商品だからということなのかも知れません。テフロン等のコーティングしたフライパンとは違い、金属製のターナーやレードル、そして何より強火が使えるので、調理時間は短く済み、鉄のフライパンで調理すると美味しくなるとされる理由の一つ、加熱香を発生させる調理ができます。焦げ付かないように美味しくする調理方法をできるだけ簡単に述べてみます。まず最初に最大限の強火で加熱、目印として少量の水を入れ、その滴が無くなって湯気が出なくなるまで完全に飛ばしますと、200℃位まで温度が上がっています。ここで油返しをすると180℃以下まで下がります。ちなみにこの温度が加熱香が発生する温度です。続いて食材を入れますが、ここで瞬間的にその食材の温度まで下がります。80℃を下回る時間ができるだけ少ないように、また、焦げ付かないように中火以上を維持します。しつこいようですが、焦げ付かせない為にこそ温度を早く上げます。50~80℃で水分とタンパク質があると金属に対して焦げ付き、この温度以上なら単に食材が焦げていきます。焦げ付くのも焦げるのも抑えるために鍋を振ったりかき混ぜたりします。これだけです。もっとも、鉄のフライパンでは焦げ付きは問題ではありません。焦げ付いたらもっと焦がして焼き切ってしまえばただの炭や灰です。炭や灰であれば、鉄ヘラや鉄ブラシやスチールウールの他、竹や木のヘラでも削ぎ落せます。傷が気になる調理器具ではありませんが、もし傷をつけたくなければアルミホイルを丸めたもので擦ったり、重曹のようなアルカリを使うのも良いでしょう。鉄のフライパンの特長は耐久性です。一般的に、家庭での使用なら10年20年といった単位で使えます。そしてこの商品は酸化+窒化被膜を表面に形成する鉄とのことで、ステンレス程ではありませんが錆びにくいです。調理したすぐ後に自宅を一週間近く離れて洗えない事がありましたが、全く錆びていませんでした。ステンレス程ではないと書いたのは、ステンレスとは異なりお茶とクエン酸を入れて加熱する黒錆コーティングはできた為で、錆びることは錆びるようです。それらの跡も、何度か使って洗ってを繰り返しているうちに取れてしまいました。塩水に漬けて何日も加熱していれば赤錆もつけられるかもしれませんが、それをする必要が無いので試していませんし、未だ赤錆は見ていません。以前は油を殆ど使わなくて良い為にテフロン等のフライパンを使っていたこともありましたが、今はむしろオメガ3脂肪酸を多く含む油を摂って体内の油を落とす考え方が主流だそうなので、そうしています。摂ると言えば、鉄のフライパンで調理したものを食べるだけで鉄分の摂取になっているのも重要かもしれません。以前は立ち眩みのような症状が出たら努めてレバーやサプリメントを購入していましたが、そういえば鉄分の不足を気にする事自体が無くなっています。何よりも、コーティングが剥げる度に買いに行く手間とコストをかけるより、鉄のフライパンによる短時間調理をお勧めします。.

利点と欠点

メリット

  • コーティングが剥げない上に焦げ付かない
  • 中々、使い勝手が、良い見たいですよ。
  • 貧血予防に

デメリット

特徴 深型鉄フライパン 【直径24cm】【日本製】 IH対応 深型鉄製のフライパン (Arlequinセレクト) FDstyle

  • 【Arlequinセレクト 深型鉄のフライパン】深型φ24cm 西洋のフライパンと中華鍋の良さを併せもった【日本のカタチ】。使い込むほど味わい深い存在、 随所にコダワリがあります。
  • 鉄に「酸化」+「窒化」を施したOXYNIT加工で、1.錆びに強い 2.油なじみが良い 3.空焼き不要 4.お手入れ簡単 5.ガス火はもちろんIH対応。
  • 【日本製 新潟県燕三条で製造】  材質:鉄(OXYNIT加工) 金具:ステンレススチール(ブラスト仕上げ) ハンドル:天然木(竹・塗装仕上げ)
  • W242×H400×D130mm/1.6mmt/870g

ベスト 深型鉄フライパン 【直径24cm】【日本製】 IH対応 深型鉄製のフライパン (Arlequinセレクト) FDstyle 買い取り