DeLonghi(デロンギ) Boneco ディスク型気化式加湿器 「ディスクエヴァポレーター」 【最大約30畳】 1355WH – 加湿の効果があまりありません。

熱くならないところは気に入ってます。しばらく使わないと残った水がヌルヌルになり、ディスクにカビがつきます。.

以前からボネコの寝室用を使っています。今回リビングにも欲しくて、ベンタと迷いましたが維持費がかからないことからこちらを購入しました。思ったよりも大きかったですが、静かにしっかり加湿してくれて大変満足しています。寝室用のように毎年フィルターを購入しなくて良いのも◎です。お安く購入できて価格も満足です。.

動作音も静かで、水の容量も大きい。冬場の湿度維持に効果が大きい。.

届いた直前は接触不良や中のファンがうまく回らず、不良品かと思いましたが、問い合わせたところ改善方法を丁寧に教えていただき、一度中身を分解して再度起動させたらうまく動いて、今は順調です。ボネコさんの対応はとても親切でした。.

8年くらい使っています。親戚の家にあり、良さそうなので同じものを購入しました。確かに結露にもならず、湿度が良い感じに保たれてます。しかし、かなり大きいのでリビングから寝る時に寝室へ移動させる時など、重たかったり持ち上げる時、不安定で困ります。100円ショップにあった園芸用の台車に乗せて移動させています。これでだいぶ楽になりました。1週間に一度くらい全部の水を変えて、下に溜まるホコリや汚れを掃除した方が良いです。あまり長く変えないと、とても生臭くなります。いちよう水槽内部にシルバースティックを入れてあるのですが、効果が実感できません。中で回るディスクの扱いが難しく、一度ディスクをまとめる芯を落として壊した事があります。またセットする時に接触不良が多く、稼働中にも勝手にスイッチが切れたりします。他の方も書かれてますが、上部分をセットし直すと直ります。が、とても回数が多いです。一番の不満は本体上部にあるファンが取り外せず、ホコリが取りづらい事です。綿棒で上からこすったり、ファンについた物は、クイックルワイパーの替えを突っ込んで割り箸でぐるぐるして、無理やりとってます。設計した人は自分で使う事を考えて欲しいですね。さらに上部に溝があり、こちらにもホコリがどんどん積もります。いくらデザインが良くても、掃除がしづらいのはかなりマイナスです。.

洒落た開業医の待合室や診察室などでよく見かけるボネコの加湿器。旧タイプの丸形や角形も何度かみたことがあるが、ディスクタイプの本製品もある小児科の待合室に毎年冬になるとおかれてる。 お医者さんが選ぶということはそれだけ高性能だからなのだろうか?筆者が使っていた角形の旧タイプはファンが冷気(というか湿った空気)が上方へ吹き上がる構造の為にどうしても冷たさを感じるが、コレは水車のような形をしたディスクが水をすくいあげて加湿するのでフィルター式の旧型よりも「冷たい空気」を肌で感じることが少ない。 この点で多少は進化しているのだろうか?またプラスティック製のディスクは洗浄しさえすれば半永久的に使えるから、旧タイプのフィルター型からすると交換の煩わしさと維持費から逃れられる。週一程度洗浄が必要だが、 良い製品を使っているという満足感からかそれほど苦にならない。構造自体はいたってシンプル。ダイヤル式の回転スピード調整のみだから壊れる心配もなく一台あれば買い替えの必要もない。機械は同じ性能(や結果)を有するなら構造はシンプルなほうが良いというシンプル・イズ・ベストな製品だ。ワンシーズンの使用ではなかなか気付かないことだが、補給用の水は一晩くらいカルキ抜きをしてから補給すると塩素によるフィルターの傷みが軽減されるようにおもう。.

購入から2回目の冬を迎えました。一日中、ストーブに火の入ってる北の暮らしは乾燥に悩まされます。22畳の部屋で使用。無骨なイメージですが、実は気難しくなく、とっても役立っています。気化させてるので湿度の質が自然な感じ。電気代も全然気になりません。昨シーズン後に分解して掃除しましたが、シンプル構造だから後のセットも簡単、ストレスがありませんでした。室内の空気は清潔にしたいですから、定期的に小まめに下の水皿も洗って清潔にしています。案外汚れてるものですよ。水を入れると、かなり重いので、床に置いて使用しています。平らな所でないと円盤が円滑に動きませんし。デザインは愛嬌があって存在感があると思います。でも、この機能で、もう少しコンパクトでも良いかなと思います。湿度の量は2段階調節出来、少な目の調節は無音です。多目の調節では働いてる音がしますけれど、気になるほどではありません。カセットタンクは、もう少し低い作りのほうが、蛇口にぶつからないで、水を注げるので、より便利になると思います。毎日のことですから、そういうことって大事です。気に入った品を永く使用する我が家ですが、故障が少なく、電気代が安く、清潔を保ちやすい、この品はかなり永く居座りそうです。.

ほかの方のレビューにもありましたが、我が家でも開梱してスイッチを入れても動かない!というアクシデントに見舞われました。で、取扱説明書、ここのレビュー等をみて、電極の接触不良!を疑い、現物を観察したところ、水位センサーと制御ユニットをつなぐ電極が完全にはずれた状態になっていました。試しにスイッチを入れた状態でケースを外し、電極間を導線でつないでみたら動いたので接触不良を確信しました。そこで電極をラジオペンチで引きずりおろしたら、固定できて、再びセットしたら動くようになりました。(本来なら、メーカーに問い合わせるべきなのでしょうが、子供がインフルエンザですぐに使いたかったので、無茶を承知で、あくまで「自己責任」でやってしまいました。。。)動いてしまえば、あとは快適。厳密に湿度を計測してはいませんが、それなりに水は減っているし、なによりその構造(機構)のシンプルさには「やられた!」という感じです。人によってメンテに対する感覚は異なるようですが、フィルター交換不要(フィンや水槽の清掃は必要)というのは、結構魅力的です。評価については、初期トラブルは星1つ。使った印象は星5つ。足して2で割ってほし3つ。とさせていただきました。.

利点と欠点

メリット

  • 理想的な加湿器

  • 10年はもちます

  • 自然気化が身体に合う

デメリット

冬場の過乾燥対策のためリビング用として購入。メンテナンスが容易(フィルター交換がない)、消費電力が少ない観点から「ディスク」式を選択(深夜電力契約のため、昼間は電気代が割高。夜は安いので、寝室はスチーム式を使用)。ディスク式となると、ボネコか三菱のどちらを選ぶかということになると思うが、私はボネコを選択。理由は(1)長時間の連続運転が可能(タンク容量が7lあるので丸一日の連続運転が可能。三菱は、タンク容量約6l、連続運転は最大約7時間程度。ただし、加湿力はボネコより三菱のほうが上)。(2)定価は三菱よりボネコの方が高いが、購入価格は三菱よりもボネコのほうが安く買える。(3)消費電力は、ボネコのほうが三菱より若干少ない(ボネコの場合、丸一日連続運転しても電気代は約8円)など。実際に使ってみた感想としては、やはり、加湿力は、スチーム式に比べると弱い。これは、自然気化方式であるため、しかたがない(ディスクに水の石灰分がつくと表面積が増えるので出力が上がります。使い始めに台所用中性洗剤を水の中に少し混ぜると効果があるようです。※取説に記載あり)。しかしながら、我が家(間取りはld一体、リビング内階段、全館空調)の湿度(エンペックス社製の高精度湿度計にて測定)は弱運転で、30%以下から40%前後に改善(30%と40%では大違いである)!その他、音は評判どおり静かですね。デザインも良いと思います。ちょっと、不明な点は、本体上部の吸気ファンの清掃方法です。常に回っているのでホコリが溜まります。どのように清掃してよいのかわかりません。.

今も元気に加湿器は働いてくれてます。同じ型の旧タイプを使っていましたが、調子が悪くなっていたのです。キレイに掃除もしてあって、良かったです!.

エアコン暖房が苦手な人には、この気化式の加湿器はお勧めだと思います。私もエアコンで暖房をしていると、いつのまにかのぼせてしまうタイプです。乾燥するのが原因かと思いヒーター式の加湿器を使用したことがありますが、加湿のしすぎで逆に気持ち悪くなりました。使用して一週間が経ちますが、エアコンを今までどおり使用してものぼせなくなりました。湿度が適当なおかげだと思います。ミストや蒸気が目に見えるわけではないので湿度を実感しにくいのですが、私にとっては暖房にのぼせずに済んでいるというのが一番の効果実感でした。加湿された空気が少し冷たいせいか暖房がききづらくなったような感じがしますが、苦手な人にとっては暖房の効きすぎを防いでくれていいと思います。また音は私の場合まったく気になりませんでした。エアコンの音の方が大きいと思います。掃除は説明書によると週一回水槽、月一回ディスクの洗浄が必要とのことです。ただ分解しなくてもクエン酸を水に溶かして運転することで洗浄できる方法が説明書に載っていましたので、そんなに面倒ではないかと思っています。すこし位面倒でも汚れていくフィルターのまま使い続けるよりは、精神衛生的にもいいかと思います。.

維持費が掛からず、構造もシンプルで故障無く、周りが濡れる事もない。自然な加湿が出来ます。我が家ではこれまで4台購入しました。欠点と言えば、水垢が付くので、たまにクエン酸につけて、掃除をする必要があることくらいです。.

音が静かで湿度の調整は出来る?し、ホコリは吸うし、ナカナカの物ではないでしょうか。.

十数枚のディスクがゆっくり回転してとても静かで広いリビングに最適です。また、タンクが大きくて1回の給水でたっぷり使えます。.

購入して2カ月ほどです。加湿能力:十分です。だいたい50%前後を保ってくれます。加湿しすぎないので結露も今のところほとんどありません。音:普通の加湿機よりは静かだと思う。だけどときどき給水タンクから本体へ水が流れるとき、ちょっと大きな音がするので寝室向きではないかも。手入れ:取り扱い説明書にある通り、1週間に1度本体を掃除&月一でクエン酸洗浄を行いましたが、ひどく生臭い匂いがしてきました。思い切って21枚あるディスクを分解して1つ1つ手洗いしましたが(すごい大変だった)、生臭さはとれませんでした。.

前の型(スイッチがスライド式)を12年使ってますが故障知らずで快適です。今回は予備(布教用?)として購入しました。他のレビューにもありますが、結露とかの心配が少なく、8畳×2部屋を湿度45%に保ってくれます。定期的な水換えと掃除が必要ですが、慣れればそれほど苦になりません。吸気ファンの掃除ですが、分解するにはプラスチックの爪を曲げるので難易度が高いですが、oa用のエアダスターで吹き飛ばす程度で何とかなっています。.

国産メーカーのはいろいろな機能があり機械に弱い私は使いこなせそうにないのでシンプルな機能が気に入ってます。.

特徴 Boneco ディスク型気化式加湿器 「ディスクエヴァポレーター」 【最大約30畳】 1355WH

  • メーカー型番: 1355WH
  • サイズ: 幅380×奥行320×高さ425mm
  • 重量: 6.0kg
  • 容量: 7L
  • 適用畳数: 約30畳まで
  • 消費電力: 強/15W(50Hz)・12W(60Hz)、弱/8W(50Hz)・7W(60Hz)
  • 電圧・周波数: 100V 50/60Hz
  • コード長: 1.65m
  • 材質: 本体/ABS樹脂、給水タンク・加湿ディスク/AS樹脂、本体側面グリッド部・水槽/SB樹脂
  • カラー: ホワイト×ライトグレー 付属品: シルバースティック(本体に装着済み) 保証期間: 3年 認定マーク: S-Mark JET 取得;

2年前に購入し、昼間はリビング、夜は寝室でガンガン使っています。たまに移動を怠ってつけずにいると、昼間は手や唇の荒れが、寝室では子どもの咳込みがひどくなるので、穏やかな加湿といえども頼り甲斐は充分と非常に満足しています。お手入れですが、我が家では商品の謳い文句にあるような「ディスク:シーズンに1回」「水槽:月に1回」では金魚の水槽のような臭いがして来てとても耐えられません(部屋の空気が汚いのかもしれませんが・笑)。説明書にあるクエン酸も試してみましたが、正直大してきれいになりませんでした。今のところ実践しているのは下記の2点です。●1日2回の移動の度に、水は全て入れ替える。その際、新しい水はたっぷりと入れ、次の入れ替え時までの汚れた水の濃度が少しでも低くなるようにする。●ディスクの洗浄は、説明書には食器用洗剤とスポンジでとありましたが、これはかなり時間と根気と力(ゴシゴシこする)を必要とする作業です。食器と同じ扱いならばと思い立ったのは、洗面台のボウルに台所用漂白剤を入れた水をたっぷりと張って、20〜30分ほど浸けた後に排水し、その場でお風呂用の大きめスポンジでザッとこすり洗いをする方法です。2点めは、もしかするとメーカーさんにはngを出されてしまうかもしれませんが、我が家はこれでかなりラクになりました。フル稼働では2〜3週間でまた臭って来るものの、食器用洗剤でゴシゴシこすっていた時に比べて労力は1/3程度に軽減されましたよ。それでも…ファンの掃除はやはり悩みのタネです。今のところシーズン終了時にしかしていませんが、上フタが外れて直接お手入れできるモデルもあるようですね。調査不足でした!.

購入して、7回目の秋を迎えたユーザーです。加湿に関しては文句なし!静かだし、加湿しすぎず非常に優れモノです。ただ、うちはもう何年も使ってるのですが、手入れがほとほと嫌になってきました。どなたかも書かれていますが、ファンの上部の掃除がしづらいのです。どうしたって埃がたまるので、綿棒や雑巾、ティッシュを駆使して何とかかんとか汚れを落とします。また、水が沢山入る分、ぬるぬるしやすくなるので気安く水を足すだけでは雑菌が半端なく繁殖します。そして、フィルター交換はいらないけれども四隅にあるシルバースティックの交換は必須。これがまたお安くないんですね。緑の水タンクの中も洗いづらいので、清潔に使い続けるには本当にタフな努力が必要です。そして、ディスクの汚れ(白いものがこびりついてとれにくい。塩素??)がひどくなってとうとう使えなくなりました。まぁ、7年ほど使ったからお得だったのか…どうなんでしょうね。3年以内なら快適に使えます。費用対効果も考えて、次にこれを買うかは検討中です。.

2002年から、この機種を使っています。以前は、スチーム式加湿器を使っていたのですが、消費電力が350Wと大きかったため、 1日中点けていると電気代がバカにならず、しかも8畳くらいまでしか、カバーしないので、いつしか使わなくなってしまいました。これは、自然気化に近い方法で加湿しているので、消費電力はわずか15W。30畳までok。24時間点けっぱなしでも、電気代は月300円以下のというのにひかれて購入。フィルターがないので、ランニングコストがかからないのも魅力です。我が家は北国ですので、毎年10月末に暖房(パネル式のセントラルヒーティング)のスイッチを入れると、翌3月末まで、24時間つけっぱなしの生活。加湿しないと、家の中の湿度は25%くらいまで下がります。うちは上下で55坪の総2階ですが、各1台ずつ置いてこれも春先まで24時間つけっぱなし。それでも湿度は、40%台になるかならないかですが、20%台と40%台では大違い。空気が柔らかくなるのが、鼻と肌で分かります。というわけで、使い出して、丸14年。稼働時間はゆうに5万時間を超えていますが、今年も故障することなく無事使い終わり先週清掃してしまったところです。こんなに丈夫なのは、作りが単純だから、というだけではなさそうです。こういう製品は、昔はメイドインジャパンの得意分野だったはずなんですけどね。今や日本製も、買い替え回転が早い商品が多くなってきたような。去年、清掃時にデスクの根本の歯車を欠かしてしまいましたが、デロンギのオンラインショップで売っていることを知って感激。(しかも400円!)他のパーツも、1点ずつ買えるようで安心です。でも、今はもうこの商品は廃盤になってしまったようのですね。本体がダメになった時のために、他に代わるものがないかと探してみましたが、いずれも帯に短し、襷に長し。気化式で、消費電力が少なく、広いスペースに対応しているものは、これが唯一無二だったようです。1355が再販されるとよいのですが。その時は、上のファンの所の清掃をしやすいように、取り外し出来るようにしていただきたく。(今は、片手にミシン用の針金取っ手がついたブラシ、もう片手に掃除機で、根気よくやってます)ちなみに銀のスティックは、高いし効果が?なので使っていません。週に1~2回、下の受け皿をスポンジでこすり洗いして、10円玉2個底に沈めておけば気になるほどの水の汚れは感じません。*みなさんお悩みのディスクの清掃ですが、カルキがこびりついたものなので、希塩酸(トイレ用洗剤など)が効果的と思いますがちょっと使うのはためらわれ、クエン酸をつけたスポンジでコスリ洗いしていましたが、2台分となると、それだけで2時間はかかり。恒例春先のうんざり仕事でした。ある時、ふと思いついて、濃い目のクエン酸溶液に漬け込んでみたら、コスリ洗いほど完全ではないですが、70点ぐらいの落ち具合で、以来毎年その方法で、ディスクを替えることなく、10年以上使えていますので、よろしかったらお試しください。(多少こびりつきは、水をとらえる表面積が増えて良いと考えて完全に落ちなくても気にしないことにしています)漬け込みには、ちょっと厚手のビニール製の漬物袋を使うと、溶液に無駄がありません。4斗用のつけもの袋(900x1000、60~75リッター)がちょうど。そこにディスクを芯棒から外さずそのまま入れて、かぶるくらいのお湯(40~50℃)+クエン酸500g口を閉じて、3時間位放置してから、水ですすぎます。.

2年ほど使用しています。14畳程度の部屋で使っています。常に40〜50%の湿度になり、窓の結露もひどくなりません。静かで性能的には、当方では十分です。デザインも変わった形で面白いです。ディスクが中でゆっくり回っているのも、メカぽくって楽しい。メンテナンスですが、空気中のゴミなどを取り込んでしまうので、給水だけで使っていると内部がかなり汚れます。これは、毎日すべての水を入れ換えるだけで、ずいぶん違います。それでもゴミが溜まってくるので、一週間に一度くらいは水が溜まる部分を掃除します。シーズンが終わって片付ける前に、ディスクをばらして洗うようにしています。また、まれに接触不良で動作しないときがありますが、これは、本体の上部分を少し持ち上げて、入れ直してあげると動き出します。難点は、少々大きいことと、吸気ファンの掃除ができないことでしょうか。分解すればできるとは思いますが。メンテナンスが面倒でなければ、おすすめです。.

本品は悪臭が発生するとのうわさもありましたが、オスバンのためか我が家では今のところ問題なく、加湿力も充分です。加湿器は気化式が一番だと思います。.

購入してすぐに、内部で断線したのか、ファンが動かなくなり交換になりました。そこでまず品質に疑問符。こんな単純な構造の機械なのになんでこんなに壊れやすいのか。他の方々も書いてらっしゃるように、ほおっておくとすぐに臭うようになります。臭わないようにするためにはこまめなメンテナンスが必要ですが、ディスクの分解洗浄はものすごく面倒。クエン酸などを用いてもなかなか汚れが落ちない。また、水洗いできない本体部分に無意味なギザギザ窪みが多く、ホコリがたまりやすい。さらに、ホコリのたまりやすいカバーやファンが取り外せるような設計になっていないので、どうしてもホコリが本体に蓄積していく。それでも我慢してだましだまし使っていましたが、先日、半日かけてディスクと本体の掃除をようやく終わらせ、電源を入れようとしたら、また断線のためかランプすらつかない状態に。こんなに故障しやすくまたメンテナンス性が低い製品は、最近の国内製品ではあまりみないように思います。もう二度とこのメーカーの製品を購入することはないでしょう。.

今まで沸騰式の加湿器を利用していましたが150wの電気代がバカにならないので自然気化式を探していました。使ってみて判ったことは、自然気化式だと室内の湿度が一定に保たれる(我が家の場合50%)、自沸騰式に比べて音が静かという2点です。タンクは1日1回程度の給水で24h加湿可能です。タンク内には吸入した空気中の埃が溜まるため週1回程度の簡単な掃除をして水垢がたまらないようにしています。満足感の高い商品でした。.

大きすぎるのが唯一の欠点か。ほこりや匂いもとってくれるみたいで、毎週1回機械を洗いますが、手間というより、汚れが取れていることに感動します。最新型より、値段は半分以下で購入できたし、寝室と居間に各一台設置し、電気代も安くて重宝しています。.

パナソニックの加湿器を使用していましたが、フィルターを取り替えたにもかかわらず、生臭いにおいがするようになり使用を断念。買い替えることに。今回はフィルター無しの商品で長く使える物をとbonecoのディスク型気化式を購入しました。届いたその日に満水にしてスイッチON! 潤ってると思いきや、赤いランプで知らずに一晩経過。(このレビューにもありましたね)水が減ってないのでおかしいなーと、説明書をよく読んでみると「接続不良なので設置しなおしてみて・・・」とありました。何度か繰り返しのあとやっと起動。しばらくは、問題なく動いて、湿度も40%をキープ。やれやれと胸をなで下ろしたのも束の間、一週間後受け皿を洗浄し再設置すると、またまた動かない。何度目かに動き出したものの、今度は、すごい雑音がするように・・・。最初はディスクのせいかと思い、様子をみると歯車がうまくかみ合わなくなっているようでした。交換も考えましたが外国製品ははずれが多いように感じ、結局、返品しました。ただ、きちんと起動すれば良い商品だったと思います。.

オシャレで機能的にも満足でき、かつお手頃の気化式の加湿器を探していました。レビューも読んで「ビンゴ」と購入しました。結果、満足しています。満足している点はデザイン、加湿力、手入れのしやすさです。主にリビングで使用していますが、キッチンなどを含め30畳ほどのスペースが、窓に結露ができない程度の50%にいつも加湿され、快適です。お手入れもフィルターがなく、ディスクが回転する仕組みなので、分解して洗える部分が多いので清潔です。不満はというと、上部から埃が入りやすく、それが中で湿って変な臭いがしてくるので、売り文句と違い、小まめなお手入れが必要だということです。因みに我が家は週に一度か二度お手入れしています。下の子が小さいので私には面倒ですが、今加湿器のお手入れ不足で健康を害する人が結構いるらしいのでかえっていいかなと思い、星4つです。.

評価遅くなりゴメンナサイ。綺麗な状態の商品が迅速に届けられました。使用にも全く問題ないです。.

静かでメンテナンスも簡単です。45畳で使用しているが、1台では無理みたいです。30畳以内ならいいと思う。少し大きいが、デザイン、質感はいいです。.

リビングルームは30畳ちょっとあります。今までスチーム式の加湿器2つ使って加湿をしていましたが、湿度が45パーセントくらいしかないのでボネコを購入することに決めました。湿度が50パーセントくらいになるかと期待をしていたのですが、期待はずれでした。逆に、これだけだと湿度が落ちたので今はスチーム式と一緒に使っています。加湿効果を期待されるのであれば、残念ながら良いとはいえません。でも空気洗浄器てきな効果はありそうですが、掃除が面倒くさいです。週に一度はタンクの洗浄をしなければいけないし、月に一度くらいはディスクの洗浄をしなければいけません。空気洗浄器みたいな事を期待するのであれば、ボネコより普通の空気洗浄器の手入れが楽です。良い点は音が静かなところです。ほとんど音は聞こえません。なので星を1つのところ2つにしました。.

日本メーカーの加湿器って今ひとつデザインが良くないですよね。かわいいのもありますが、そういうものは大抵インテリア用で大きな部屋には向かないものばかり。その点このボネコ加湿器に見えない外観なのに実用的で満足しています。我が家では15畳の部屋に使っていますが、湿度60%を確保できています。インフルエンザの季節には是非欲しいところ。思ったより大きくて存在感があるので大部屋向きでしょう。.

ベスト Boneco ディスク型気化式加湿器 「ディスクエヴァポレーター」 【最大約30畳】 1355WH レビュー