DeLonghi(デロンギ) 【セット販売】デロンギ ディスティンタコレクション スタイルコッパー コーヒーメーカー – 高級感あるコーヒーメーカー

初めてコーヒーメーカーというものを使いました。あまりコーヒーは飲みませんが、たまに生豆を炒ってもらいミルで挽いてドリップして飲むこともあります。ほとんどが途中で飽きてしまい捨ててしまうという結果になるくらいコーヒーは飲まないのですが、一応道具は揃っています。これくらいのコーヒー飲みですが、こういう家電は便利なのかどうなのか判断しかねます。750ワットもの電力を使う意味があるのかと。ただ唯一良かったのはドリッパーが金属製だということ。チタンコーティングのおかげで繊細な網目も意外にも強靭です(荒く扱えば別ですが)。ヤカンから直接ドリップする際にこれだけ使ってもいいくらい気に入りました。洗う手間だけでまた使えますし、機械全部を手入れすると必要もないですから。それにペーパーろ過は、ろ過紙の製紙に使われる薬品臭さが気になる時もありこの金属製のドリッパーはありがたいと思います。.

毎朝使っているコーヒーメーカー(ペーパーフィルター式)と、同じ豆で淹れて家族で味比べしてみました。・香りが凄い アロマモードを使うと、淹れている時から豊かな香りが広がります。 本当に香ばしい。飲む時もこの香りで既に美味しいw・コクが凄い 舌にしっかりコーヒーの風味が残る味わい。 「ケーキがいつもより美味しく感じる!」とは男性陣談 本当に同じ豆なの、というくらい味が違います・デザインがいい すっきりとしたスタイリッシュなデザインで、オシャレです。 ガラスポットまでスマートなので、本当に素敵ペーパーフィルタータイプの方が豆をさくっと捨てられて手軽なのですが、ペーパーだとどうしても豆の油分と雑味を綺麗に濾してしまうので、さっぱりした味わいに。このチタンコートのフィルター、コーヒー好きから話には聞いていましたが、同じ豆を使ってもコクと風味がここまで豊かに感じる味わいになるのかと驚きました。アロマモードを使うと少し時間はかかりますが、断然こちらの方が満足度の高い、コーヒーメーカーで手軽に入れたとは思えない味のコーヒーが飲めて大満足です .

見やすいので、ガラスジャグを選んだが、洗う時に入口が狭いので、手がつかえて洗いにくい。コーヒー粉とカップ数の目盛りが同量で分かりやすい。今迄使用のタイプは、カップ数を多くしないとコーヒー液が濃くなってしまった。デザインがすっきりしていて、色合いがどれも良かったので、選択に迷いました。.

美味いコーヒーがいつでも簡単に飲めて、外で飲む事が減りました。.

給水してから出来あがるまでの時間が短いのですぐコーヒーが飲めます。フィルターの水洗いが簡単で後片付けがラクにでき、ペーパーを使わないのでゴミが少なく、洗いやすいのが良いです。アロマモードにすると多少時間がかかるものの、風味、香り、味とも倍増しするので今までのコーヒーメーカーではコーヒーを飲めなくなりました。家中に漂うコーヒーの香りだけでも疲れを吹き飛ばしてくれます。この香りだけでも贅沢な気分になります。いろいろな豆の種類で試し呑みしてみたくなりました。挽きたてのコーヒー豆ならもっと香りが良いのだろうと思います。出来上がりのブザー音がかわいくないので☆ひとつ足りませんでした。以上。.

ドリップが早すぎて濃厚な味にならない。ガラス部分の形状不良にため、最後まで注げない.

スタイルは気に入りましたが、抽出中の音が大きくて気になります。抽出時間が早くてコーヒーが薄い感じがするのでアロマ抽出しています。抽出後も本体内部に水滴が残るので衛生面もどうかな⁉️と気になる点です。ちょっと残念な点が多い購入でした⤵️.

コーヒーの味が良くない。よく考えてほしい。手で入れた方が味がいい。.

利点と欠点

メリット

  • 電子音がうるさいです。
  • デザイン・コーヒーの出来は満足だが、気になる点も。
  • 何といっても、シンプルでコンパクトでおしゃれ

デメリット

水、コーヒーの粉を入れて電源をオンにするだけ。簡単にコーヒーが入れられるコーヒーメーカーです。ペーパーレスフィルターなどの取り外しも簡単で手入れしやすいです。専用のガラスジャグがあり、これを置いていないと、抽出されたコーヒーが降りてきません。市販のサーバーやコーヒーカップでも入れられるモードがあればより便利だったのですが。ちなみに横幅はそこまで広くないのであまり場所を取りません。.

前の型からデロンギのコーヒーメーカーを気に入り、新しい機種が出ていたので購入しました。見た目は、前の型よりおしゃれ度がアップして、コーヒーの味も美味しく、星5個を付けたいとこですが、こちらの新しい機種は、電源を入れた時に、大きな『ピーーーッ』という電子音が3秒ほど鳴ります。また、コーヒーが入った時も『ピッピッピッ』と3回大きな音が鳴ります。リビングから隣接した部屋に子供が寝ているため、大きな音で起きないか心配になり、子供が寝ている時間帯は使えません。問い合わせましたが、音を消したり、小さくすることも不可能なようなので、音が気になる方にはオススメ出来ません。.

色が気に入って揃えました。普段はネスレで入れていますが、カプセルが無くなって困った事があって、やはりドリッパーもあったほうがいいかと思って。悪くは無いですが、もう少し、小ぶりでもいいのにと思います。それと、水の量が慣れるまでわかりにくかったので.

いつでも、手軽に美味しいコーヒーが飲めるので、嬉しく思います。操作もシンプルなので、扱いやすく感じました。チタンコートフィルターの造りも良く、見るからにコーヒーを美味しく入れれそうで嬉しくなります。今まで使用していた紙フィルターも問題無く使用できます。手軽な操作で、香り豊かな本格的なコーヒーがいつでも飲めるのはとても嬉しく思います。抽出(給湯)開始と給湯完了を音で知らせてくれるのも、出来上がりが直ぐに分かり便利です。本体のデザインもシンプルで目立つようなことは無く、キッチンに良く馴染みます。.

ここ最近 ハンドドリップで抽出していたのですが、特に朝は手早く飲みたいと思い、また お洒落なコーヒーメーカーを基準に選びました。デロンギはスタイリッシュさと機能性を兼ね備えているので キッチンでとても 映えます。 季節によって コーヒーメーカーを直し込む事があるのですが、このデロンギのコーヒーメーカーは軽く 細身なので 我が家の小さなパントリーに入れておく事もできます一度に760ccを抽出できます。時間は6分30秒一杯130ccくらいですが 260ccからの抽出になりますアロマモード(香りがひきたつ)で2カップ分抽出で3分弱。味は ハンドドリップでいれるよりも 濃くがあり 後味はスッキリとしています。コーヒーフィルターが要らずなので 経済的で、ペーパーフィルターをよく切らすので 助かります。フィルターはコーヒー豆で目詰まりする事はありませんが、ペーパーフィルターの様にそのまま捨てるだけではいかないので、そこのところが唯一煩わしいとこです。.

・説明書は文字が大きく読みやすい。説明もイラスト付きで具体的、分かりやすい。シンプルな操作性。・抽出(給湯)開始と完了の際に「ピーッ!」と電子音が発生するが、甲高く音量も少し大きいので耳障りに感じた。近くの部屋で寝ている家族がいると使いにくい。・本体のデザインは色彩、構造ともに洗練された印象を受ける。銅の色が木製家具の多い部屋によく馴染むように思えた。水量の目盛りの色が目立たず、少し読みにくい印象があるがデザインを優先したのだろう。慣れれば不便は無い。・保温プレートの40分で自動オフ機能は安全で心強い。・ガラスジャグ(ポット)の口周りが清掃に不向きな構造。注ぎ口の造りが今ひとつなように感じた。・チタンコートフィルターは中身を捨てやすく良い出来と思う。.

特徴チタンはコーヒフィルターによく使われる金と同様に化学変化に強い金属です。なので溶け出して雑味になるということがありません。チタンは加工が難しい金属なのにメッシュ状に加工されている技術に凄さがあります。使用開始使い始めは、本体を洗いたいのですが、水洗い厳禁とのこと。そこで、取説に従って使い始めはmaxまで水を入れ本体正面上のスイッチを入れます。ピーと音がして水が沸騰しサーバーに落ち始めます。5から10分するとピーピーピーと音がして終了です。下に本体を洗浄したお湯がたまるので捨てます。5分おいて、同じ動作を繰り返します。これで、本体洗浄が終わります。コーヒーを淹れる欲しいカップ分のの水を本体の後ろタンクに注いで、チタンのメッシュフィルターにドリップ用に挽いた豆を入れます。エスプレッソ用に挽いた豆は細かすぎて目詰りしますので注意。コーヒーを抽出終えるとピーピーピーとお知らせがあるので、地味に便利かも。コーヒー豆を捨てる本体にセットしている抽出済みのカスを捨てるとき、コーヒーがたれません。バネで弁が閉まる構造になっているのですね。メッシュの金属フィルターは、繰り返し使えるのでエコですし、お財布にも優しいです。ゴミ箱の内壁部分にボコっと叩いてコーヒーカスを捨てます。このときにコーヒー豆が散乱しやすいので注意が必要です。ただ、メッシュフィルターが気に入らなかったりしたら、紙フィルター102番が使えます。肝心の珈琲の味美味しいです。浄水器ではなくて、普通の東京都の水道水をそのままで淹れてみました。豆の新鮮さや様々な要素があると思いますが、淹れたては美味しいです。うっかり、スイッチを切り忘れても40分すれば自動的に切れるところも便利です。アロマボタンを押すとさらに香り豊かになるとのこと。どうかな?と思う点コーヒーサーバーのプラスチック部分は取り外せないので、洗いにくいです。さらに乾かすときにフタがじゃまになるので、ひっくり返して乾かせません。.

香りが良い コスパも良い デザインもgoodただ、ポットの口が狭いので洗いにくいのが難点.

ペーパードリップでコーヒーをいただいていて金属製のフィルターは初体験でしたが同じレギュラーコーヒーを使ってもコクと深みが断然違っていました。ペーパードリップだとコーヒー豆の油分を吸ってしまうというレビューを目にして納得です。それだけでは金属製フィルターを使えばいいことなのですが、本機のアロマモードを使用すると更に濃厚な味を楽しめます。通常のドリップに比べて時間は倍ほどかかりますがコーヒー豆を隅々まで味わえる感じに。逆にアッサリした味を求めたい時には通常のモードで抽出するとアメリカンなコーヒーを楽しめます。使用中に熱くなるのは蓋の部分のみで本体周囲は触れても安全です。ただ蓋がロックされないので誤って倒すと大変でしょう。蒸気がまだ残っている時に蓋を開けても、蓋の内側に付いた水滴が外に溢れることなく上手く内側に落ちるよう工夫されています。普段はフィルターだけ洗い手入れも簡単で、水垢除去に食酢が使えるなど経済的に感じます。.

特徴 【セット販売】デロンギ ディスティンタコレクション スタイルコッパー コーヒーメーカー + 電気ケトルセット

  • 【セット買い商品】
  • デロンギ ドリップコーヒーメーカー ディスティンタコレクション 6杯 チタンコートフィルタースタイルコッパー ICMI011J-CP
  • デロンギ 電気ケトル ディスティンタ コレクション 1.0L スタイルコッパー KBI1200J-CP

紅茶党なのですが、これで淹れると美味しいコーヒーが出来ました。モカの粉を買ってきて、分量通り入れ、アロマモードで飲むと、結構イイです。香りもしっかり出て、味も良かったです。使いはじめは、お湯を沸かす工程を2回ほど実施して洗浄します。水を入れて電源ボタンを押すだけ。あとは全自動です。操作も難しくなく、音も比較的静か、分解清掃も簡単で、ペーパーフィルターも利用可能。見た目もどっしりした感じがあり、キッチンにあっても違和感のないデザインがいいです。.

4色のカラーバリエーションを持つ、ディスティンタコレクションのブラックカラーのコーヒーメーカーです。デザイン性がとても高く、ディスティンタコレクションの同じカラーの家電を揃えてみたくなります。使い始めやしばらく使っていなかった時からの再使用時は2回ほどお湯を通します。操作は2つのボタンだけなのでとても簡単です。チタンコートのフィルターは繰り返し使用が出来るのでペーパーフィルター不要な点が良いです。ただし細挽きの場合は粉がフィルターを通過する場合があるのでペーパーフィルターを使います。スイッチを入れると抽出が始まると同時にガラスジャグが下のプレートで保温されるようになります。一定時間でスイッチはoffになるので煮詰まることもないでしょう。アロマモードを使えば間欠抽出が行えるので時間は掛かりますが風味を増すことが出来ます。シンプルな製品ですが細やかな設計がされており、クリアで美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。ガラスジャグは樹脂製の持ち手のパーツと分離できないので、きれいに洗うために外せると良かったと思います。※レビュー公開後に画像を追加していますが、カスタマーサービスに問い合わせたところ反映にかなりの時間が掛かるそうです。.

あまりこだわりはなく、シンプルなものを探してました。日本のメーカーが希望でしたが、プラスチックの安っぽい感じが我慢できなくて・・・。こちらはお高めですが、そこそこオシャレで、主張しすぎてないのがいいです!日本の家電メーカーさん、安くて良いものも大事ですが、こういうのも作ってください。.

コーヒーのの粉入る箇所、コーヒーポットの蓋が取れず、何れも洗いにくい。.

とても美味しいコーヒーを飲めました。操作も簡単で、説明書は不要なほどです。コンパクト、というほどではないですが、大きいわけでもなく、さして気になるサイズではありません。自己主張をしすぎないこのデザインは落ち着いたもので高級感もあり、とても気に入っています。ただ、難点はメンテのし辛さですね。本体もポットも洗い辛いです。この点をどうにかしてくれれば★5のコーヒーメーカーだと思います。 .

本製品は想定していたよりスリムで小さく、それにもかかわらずコーヒーカップ6杯分を抽出することができました。色も落ち着きがあって上品で、キッチンのカウンターにおいても悪目立ちしません。チタンのコーヒーフィルターのおかげか、コーヒーの雑味が取れ、普段のコーヒーがすっきりした味わいになります。よって、コーヒー豆が持つ潜在能力を引き出したり、ダメな豆はダメ、とはっきり分かる感じです。アロマモードがふつうのモードと大きく違うかといわれたら少し疑問がありますが、何となく香りが良いような(本人の感覚の鈍さのせいかもしれませんが)また、抽出速度が速いので、大量のコーヒーをすぐに作ることができ、お客様があった時でも安心です。.

デロンギコーヒーメーカーは、前にkmixの長方形のタイプがすぐに水漏れを起こしてガッカリしたのですが、こちらは仕様が違うようです。kmix以降は国産の魔法瓶メーカーのものを使っていて、それはしっかりしていていちおう満足ではあるのですが、コーヒーを美味しく淹れる為の細かい仕様は、やはりデロンギは優秀です。紙フィルターを使わず、チタンコートのフィルターを使いますが、紙フィルターも使おうと思えば使えます。この機種は、蒸らしながら9つの穴からシャワードリップでじっくりと間欠的にお湯を注ぐという、このあたりがさすが、コーヒーにうるさいお国柄です。私はエスプレッソよりもあっさり目のモカブレンドが好みなのですが、イタリア人から「なんだそりゃ?、ウーロン茶じゃないか」と言われながら飲む薄~いコーヒーであっても、やはりコーヒーメーカーの機種によって、ずいぶん味が違います。この機種で淹れたコーヒーのお味は、専門店並み。保温もコーヒーの味を損なわない80度に保ち、40分で自動的にoffになるという、至れり尽くせりです。ただ、正直なところを言うと、デザインはkmixのほうが好み。「スクエア(四角)」と「サークル(丸)」を合わせた『スクエアクル』デザインというと、なんだかすごそうな感じはしますが、要するに丸みのある長方形ということですか。それでも意外と洗練されていて飽きのこないデザインではありますが、やっぱりkmixを故障しないように改良してくれないかなあ。耐久性も心配なので、まだ☆5つはつけられません。.

★デザインシンプルながらエレガントで高級感があります。画像には写っていませんが、本体蓋の上部がミラーになっています。(蒸気穴も上部にあります)デザインで選んだところもあり、実際に届いてみて満足しました。★アロマモード実際にコーヒーを淹れてみました。作製分量の水をジャグに入れ、水タンクに注ぐ。コーヒー粉をチタンコートフィルターに入れて、電源ボタンを押せば抽出開始。これが通常抽出。電源ボタンを押した後、下のaromaボタンを押せばアロマモードで抽出。徐々に芳ばしい香りが辺りを立ち込めます。ピーっと音が鳴れば完成。多少時間はかかりますが、特に急いでいない限りアロマモードがいいです。素人ながら、香りとコクが違います。出来上がると保温モードに入り、40分経つと自動的に電源が落ちます。最大分量は6杯分(810ml)。つまり、一度に作れる分量は6杯までで、40分しか保温できません。飲む分だけ淹れて、作り置きはしないという使い方。★チタンコートフィルターフィルターはペーパーレスの金属フィルター採用。味の変質を起こしづらいチタンがコーティングされている本格仕様。味を求めるなら金属フィルターです。ろ紙はコーヒーオイルという旨みを吸い取ってしまうからです。ただ、後処理はポンとそのままフィルターごと捨てられるろ紙の方が楽ですねー。金属フィルターはカスだけ捨てても、どうしても細かいカスが網目に残ってしまいます。少量ならばとそのまま流しに流すか、受けに目の細かいネットかろ紙を用意してキャッチさせるか。コーヒー粉の粗さの推奨は、中挽きまたは中細挽き。細挽きの場合、金属フィルターだと粉が漏れる場合があるそうです。ペーパーフィルターも使用可能ですので、細挽きの場合そちらで抽出しましょう。▲気になる点。既に他の方のレビューでも述べられていますが、ジャグに関してですね。ジャグの淵が内側に入り込んでいるためそこでせき止められ、ジャグをひっくり返すぐらい傾けなくては最期まで注ぎきることができません。加えて口が狭いため、男性の私では手を入れて奥まで綺麗にすることは困難。また、ジャグの水位表示が片側にちょこんとしかないのが見づらく地味に不便です。他のジャグに変えようかと思いましたが、ジャグの天頂部の機構が重要な役割を果たしているので、専用ジャグでなくてはなりません。(対応ジャグはicmi011j用ガラスジャグ [icmi011j-gj ]2400円+税)数種類あるので注意。ジャグ、金属フィルターは公式オンラインショップで購入可能。.

コーヒーの香りに包まれたゆったりした時間が過ごせます。難点は、ポットを逆さまにしても残る事です。水を入れる時に残り、コーヒーが薄まる気がするし、コーヒーをカップに入れる時も最後にどうしても残る。これが唯一不快ですね。.

デザイン的に国内ブランドよりヨーロッパ家電の方が美しいと感じるのは久しぶりです。実に完成された佇まいでコーヒーの味がひと味上に感じられてしまいます。使用方法はガラスジャグで必要な水をタンクに入れてからペーパーレスホルダーとフィルターを取り付け、付属の計量スプーンでコーヒー粉を入れてスイッチオン。ゴーっという音がして抽出が始まり、終わると自動的に止まって保温に入ります。電源ボタンに続いてアロマボタンを押すと抽出スピードがゆっくりのアロマモードになります。以上のように操作は簡単です。手入れはパーツをそれぞれ洗うだけですが、ジャグは入り口が狭いため棒付きのスポンジなどがあると便利でしょう。カリタ 500サーバーn(102ドリッパー用/電子レンジ用) 500cc #31205を持っているのですがあれと似た感じです。手だけでは隅々まで綺麗に洗えません。ペーパーレスが売りのチタンコートフィルターの使い勝手は良いのですが、私は敢えて紙フィルターを併用しています。いくら捨て易いとは言っても残りカスを洗い落とせばそれなりに下水が詰まりますし、紙の気軽さに慣れた身には合理性優先です。そのため一回の抽出量を溢れないように少なめにしています。家ではそんなに高級なコーヒーを使わないので抽出工程による香りの差がどうのというのはあまり気になりません。あとはこの価格ですが、デロンギのブランド価値を考慮しても少し高すぎと感じます。似たような仕事をこなす製品で1/3程度の価格のものもたくさんあるのですから、少しは周りを見ようよといった感を拭えません。電化製品は高級ブランドのバッグとは違うのですから。.

象印と迷いましたがデザインで選びました。アロマにすればおいしい 急ぐときは蒸らしだけアロマで、途中から通常モードにすれば良いと思います サーバーの蓋は、ひっくり返して乾かしたいので、外れるようにするか、180度開くと使いやすい。.

すごく便利です。朝一番から美味しいコーヒーにありつけますよ!.

作り置きを嫌うイタリア人の製品だけあって日本製の様に1リッターは作れませんが、600ccまでは何とか作れます。メッシュフィルターが金属なので破ける恐怖もありません。唯一の欠点はポットの蓋が小さいので手が大きいと中洗うのに苦労する点です。その分、フルにいれても零すこと無いです。総じて使いやすいコーヒーメーカーだと思います。.

今までずっとドリッパーでコーヒーを淹れていたため、コーヒーメーカーは初めてです。ドリッパーだと淹れ方によっては雑味がかなり出てしまいますが、コーヒーメーカーなら雑味を出すことなく淹れる事ができます。さらにアロマモードで淹れると通常モードより時間がかかりますが、香りが高くなり驚きました。繰り返し使えるチタンコートフィルターは、ペーパーフィルターと比べ洗う必要がありますが、経済的で良いと思います。一つ気になったのは、抽出開始と抽出完了のお知らせ音の音量が少し大きすぎるかなと思います。「ドリッパーでイマイチ美味しく淹れられない」、「ドリッパーで淹れるのが面倒」という方にとてもおすすめです。.

長年コーヒーは手で淹れていたけれど、子どもが小さく仕事もしているので、朝は時間的にキツイ。手で淹れる美味しさを取るか、時間を取るか、迷いに迷いましたが、高いなと感じつつ、これなら美味しいコーヒーを飲めるかなと思い切って購入。結果、私が手で淹れるより断然美味しいと思われます。それ以来一度手で淹れてません(笑)朝の時間短縮にもなり、美味しいコーヒーも飲めて一石二鳥でした。金属フィルターは、粉っぽさが苦手なので外して、ペーパーフィルターを使っています。アロマモードは特に美味しくコーヒーを味わえると思います。最大量淹れるときは役20分程か、けっこう時間が掛かりますが、タイミングを見計らいながら淹れるので問題ありません。どうしても忙しい時は、最初アロマモードで淹れて、少ししたら通常モードに切り替えてます。難点としては、サーバーの蓋が取れなくて洗いにくいのと、水のタンクが外れなくてクエン酸でお湯を落として手入れしてますが、本当は外してキレイを確認したい。だとしても、リピすると思います。が、この点を改善してくれたら、私にとって非の打ち所がないコーヒーメーカーです。.

ずっと昔に日本製のコーヒーメーカーを使っていたことはあったが、最近はずっとハンドドリップだったので、コーヒーメーカーを使うのは久しぶり。まずデザインが気に入りました。表面がカッパー(銅:コッパー)のような色で高級感があります。あまり一度に沢山のコーヒーを淹れる事はないのでもう一回り小さくても良かったかな。それでも幅が約15センチ程しかないので場所を取らずオフィスでも家庭でも邪魔にならない大きさだと思います。チタンコートがしてあるというフィルターはさっと簡単に洗えて扱い易いです。蒸らしながら時間をかけて淹れるという「アロマモード」は、通常と大きく違う気はしませんが、しっかりと抽出されている気はします。完成時の電子音が大きいので切替えかオフスイッチがあると良かったかな。ジャグは洗いづらく、淹れたコーヒーも全て出切らないので衛生的にいまひとつだし、水を注ぐ時の印が見えづらく、改良が必要だと思います。.

お洒落な外観に惹かれ購入しましたが、とっても美味しいコーヒーが飲めます!一度にたくさんの量を淹れられるのも魅力です。.

デザインが良く使いやすいです。ただ、水を直接注ぐのが少し不便です。以前つかっていたのは、水入れが取り外しできたので….

1、デザインは落ち着きと高級感がありコーヒーを入れたくなります。2、アロマボタンで豆本来の風味を味わえます。3、改善ポイントとしては、水をタンクに少し入れにくい事です。入れる場所が狭く同時に水量目盛りをチェック  しにくい事です。4、メンテナンスで気になる事はデキャンターの蓋が外れないため清掃が少しやりずらい事です。5、全体を包括してお買い得感があり、長く使用したいと思います。.

本当は真っ白が欲しかったのですがオフホワイトしかないため、黒を選択。白基調のキッチンで収まりのいいアクセントになっています。ドリップもあっという間、しずく防止機能もパーフェクト。ただし謳い文句のチタンフィルターは、その効果を味わうことができるもののフィルターに残ったドリップ後のコーヒー滓の処理が少しばかりやっかい。またデザイン上止むを得ないのかもしれないが、ポットに取りきれないコーヒーが若干残るのは改善余地有。しかしこの価格で、この機能と洗練されたデザイン、納得の製品です。.

チタンの目の細かいメッシュフィルターで、美味しくかつ、ペーパーフィルターにありがちな、豆の油分を吸い取ってーというのがないので、プレスに近いようなコクのあるコーヒーが簡単に飲めます。ガラスポットはたしかに男性は、手洗いしにくいんでしょうけど、食洗機当たり前の、海外メーカーなら仕方ないのかなとも思います。水筒を洗うのに使うスポンジあればうまく洗えますね。デザインもデロンギならではでスタイリッシュさで、最近流行りのインテリアとしてもすごくマッチしますよんr。.

普段は ネスカフェ・バリスタを使用しています。久しぶりに ミル済みの豆を購入しましたが、非常に使いやすい。ボタンは2つ(通常使用、香り引き立てモード)しかないので、年配でも分かりやすいです。飲みたくなったら粉と水を入れて、ボタンを押すだけ。終了も自動なので、まさにワンタッチで完了です。底面の保温も水滴が蒸発するほど高めなので、冬でも温か。分解も簡単なので、掃除が楽です。 底面ヒーターの通電=ライトの点滅 など、安全面での工夫があれば最高でした。ただ 操作性、衛生面、味を考えると 非常にいい商品だと思います。.

可愛いデザインで機能性も申し分ないです。保温時の温度もちょうどいい感じ。ポットの蓋が外せなくてちょっと洗いにくいのが残念。.

ベスト 【セット販売】デロンギ ディスティンタコレクション スタイルコッパー コーヒーメーカー + 電気ケトルセット 買い取り