BLUEAIR 【BlueAir】ブルーエア空気清浄機 450E – 最高の空気清浄機、花粉症や小さい子どものいる方におすすめ

花粉症対策に購入。国産のと違い、フィルターの交換が半年というのも潔し。国産のフィルターは10年使えるとうたっているものも多いが、現実には目詰まりしたり、花粉除去効果が落ちる。とても10年使い続けられるフィルターではない。花粉症、この空気清浄機のおかげでずいぶん症状軽くなりました。特に睡眠時に花粉症は症状強くなるのですが、それがずいぶん今年は楽になりました。素晴らしいの一言職場にも置いて、家と職場の2台もちです。鼻くそが真っ白になります。.

Very good,i like it,blueair ブルーエア空気清浄機450e 450ek110paw.

国産の空気清浄機と比較すると、blueair は、ほこりセンサーの感度が異常なほど鈍い。いったいどうしたんだろうか?フィルターの技術はあれど、こんなところの技術がないのだろうか?自分の購入した商品だけに特有の欠点ではなく、同様の書き込みが amazon にも 価格コムにも複数見られるので、blueair のホコリセンサーの情けなさは buleair製品に一般的な欠点(欠陥?)であろうと結論付けても良いのではないかと思われる。高い商品価格を設定しているので大きな?マークが付く。国産メーカーだと、リコール対象になってもおかしくないほどのラインに近いと言っても言い過ぎではないのでは、とさえ思えるレベルだ。メーカーは、この欠点を認識していないのだろうか?ほこりセンサーの無能さを知ってしまったときのショックはとても大きい。.

质量非常好~~~运送时,保护也做的很好~~对于污染严重的天气,很适用~~值得信赖的品牌~~.

I heard it is alright, good for children.

マイナスイオンやクラスターイオンやらのガラパゴスなファンクションなど不要なので本機を購入。本機は空気中のホコリを大風量によりフィルターでこしとることを主眼に作られています。それだけです。それで十分です。大風量ゆえ、1〜3の運転モード中、3を選択すると換気扇を強でまわしているような音がする。それも風量を体感すると致し方ないと思える。オートモードでは電源on後、数分間、3の大風量で一通り部屋をキレイにした後しかるべき風量が自動で選択される。半年で別売りフィルターへ交換となるが、3年も5年も同じフィルターを付けている方がよほどどうかしていると思う。小さな長所・リモコンが磁石で本体にくっつく。リモコンの意味ないじゃんと思われるかもしれませんが、本体パネルは操作しずらいので結局リモコンを使うことになる。改善して欲しいところ・フィルター交換用の扉がわりとすぐ開いてしまう(運転は自動停止する)。掃除機でコツんとしただけで開く・何か操作をすると本体上部にある運転表示部のバックライト光るのだが、青色でとても見にくい。(格好はいいんだけど)正体不明の〜イオンに興味のない方にオススメです。.

本当に購入してよかった電化製品です。ハウスダストなんですが、5分回していれば鼻水止まります。花粉症でもあるんですが、今年は家の中では快適に過ごせました。風量がすごくあるので、音を心配していましたが、びっくりするほど静かです。1つ、買ってから半年たったころ、10分ほどで電源が勝手に落ちるという現象が起きたので、あわあわしましたが、問い合わせたらすぐに無償で迅速に対応くれました。(しかも原因はマンションの電圧だったと思われる)サポートもしっかりしていたので、海外製品を買うのはためらっていましたが、予想外に良かったです。ちなみに気に入って小さいサイズ270も買いましたが、大きい方が早くきれいになるし、音も静か。変な感じですが。.

極めて限定的な閉鎖空間でウイルスが殺傷出来た、なんてのは実際の使用環境では殆ど無意味と言っても良いでしょう。それに加湿機能ですがhepaフィルターにとって湿度は大敵、雑菌の繁殖に繋がりかねません。そういう意味で本機は空気をフィルターで濾すと言うシンプルにして最も効果的な方法で空気を浄化してくれます。「空気清浄機」にこれ以上の機能が必要だとは私には思いません。.

利点と欠点

メリット

  • 効果が実感出来る
  • good
  • buy for a friend

デメリット

確かに空気清浄はしてくれるものの、してほしいときにはあまりしてくれないです。というのは、臭いがしたり、外出から帰ってきた時に動きがあったり、洗濯物をすぐ近くで取り入れてたたんでいるときなど、かなりホコリがたちます。天気のよい日は飛んでいるのが目にみえるほどですが、ブルーエアはぴくりとも動きません・・・・お金返してほしい・・・清浄能力にはあるものの、感知してその場でうごいてくれる能力が低いとどうにもなりません。失敗しました。カスタマーサービスに問い合わせたら、一日に定期的に動きますので空気は清浄されるとききましたが、やはり感知するのは苦手なようです。ハウスダストにひどいアレルギーがあるのでホコリが舞っていたり花粉が動いている時が一番困ります。そういうときが一番キャッチしやすいと思うのですが・・・・。他の部屋においてある他会社空気清浄機は外出先から帰ってくると空気の流れがかわるのか動きます。ためしにブルーエアと取り替えて洗濯物を取り入れる際に使ってみましたら、やはり今日運転で動きます。いいものだとレビューを読んで高かったけれど購入しましたが、残念です><.

お盆で線香の煙が充満するので、使用したところ臭いが消えるどころか、いつまで経っても線香の臭いが残ってしまい、今やこの空気清浄機を使うと線香の臭いを吐き出すので使えなくなってしまいました。調べたところ臭いを取れるフィルターは別売りでそれを使うと清浄力が弱くなるらしい。更にフィルターが15000円近くするとのこと。基本的には良い空気清浄機だと思いますが、きちんと説明をすべきだと思いました。.

Excellent,quick logistic and goods.

270eが良かったので、本機1台を追加で購入。花粉症が楽になりました。音は大のとき気になりますが、それ以外のときは静かです。.

室内にて猫の複数飼い+ウサギ。家族はハウスダストやニオイに過敏な体質。夫はウサギアレルギー… せまい賃貸なのでニオイやホコリには気を遣い、富士通ゼネラルの脱臭器1台とダイキンの加湿空気清浄機2台、小型のトヨトミの空気清浄機2台を置いてますが、どうしてもウサギの尿臭と生活臭が気になってました。 しかし、ブルーエアを稼働させてから、トイレ交換をしていないのにも関わらず本当に臭わないんです. 冬の閉め切った部屋特有の空気のよどみも感じること無く、本当に本当に快適です。 サイズは確かにデカい…でも、かろうじて置けるスペースもあったし、今後一戸建てに引っ越し予定なのでマイナスには感じません。逆に一戸建てに引っ越ししたら、1ランク上のモデルを買い増ししようと思っています。 交換フィルターは決して安くは無いけど、家族の健康のため新品に交換する安心感だと思えばこの点もマイナスには感じません。.

Very good product,the filtering effect is very good!.

これは、花粉症の方とかは、絶賛していますが、私のようなタバコの臭いが気になるような人には、ちょっと・・ですね。でも、私の部屋は道路沿いに面しているマンションで、真っ白かったフィルターがねちねちの真っ黒になります。うわー、道路沿いってこんなにも悪い空気すってるのね・・・ってことがよくわかりました。エアコンのフィルターなんかでもちょっと黒くねちねちっと汚れてるんですが、たぶんエアコンのフィルターだけ汚れてたら、こんなもんかな・・エアコンもだいぶ使ってるから・・で終わってたと思います。まあ、それはそれはブルーエアのフィルター交換のときのフィルターがまっくろけで、びっくりしちゃいましたから。次回フィルター交換のときは、値段も下がってきてるので、活性炭つきのフィルターを買ってみます。隣のビルの中華料理屋が換気扇をまわしていて、そこのタバコ臭とトイレのアンモニア臭が窓の隙間から時々入ってくるので。.

トイレから出てきたり、冷蔵庫開けただけでも、匂いを察知して最大速度で浄化を自動でしはじめます。ボディーは結構でかいですが、インテリアとしてもお部屋になじみます。加湿機能はブルーエアーにはありません。これが良いのです。以前、別社のものを打つかってましたが、メンテの面倒草もあったが、加湿機能併用だとカビカビになり、カビまき散らし機に化してしまうので、ブルーエアーが一番です。フィルタ丸ごと交換のこのタイプの方が良いです。パワーは文句なしです。.

鼻炎がぴたりと止まりました。空気の清涼感もとても清々しく快適な室内になりました。外観デザインもシンプルで室内によくマッチしています。国産品以上の浄化性能をお望みの方にお勧めします。.

特徴 【BlueAir】ブルーエア空気清浄機 450E

  • 【ブランド】BlueAir 【サイズ】幅50×奥行27.5×高さ59cm 【重さ】約15kg 【コード長】約1.8m 【定格消費電力】69W
  • 【CADR(クリーンエア供給率)】タバコ煙:240 粉塵:240 花粉:240 【抗ウイルス】有効 【適用畳数】~34m²(21畳)
  • 【清浄回数】34m²(21畳)を約5回/h 【清浄空気供給量】130-475m³/h 【運転音(dB)】スピード1:28 /スピード2:36 /スピード3:53 【センサー】ダストセンサー/ニオイセンサー 【持ち運び手段】ハンドル
  • 【主な機能】・フィルター交換時期のお知らせ機能 ・On/Off予約機能 ・リモコン機能【付属品】・リモコン ・フィルター(本体装着済み)
  • 【備考】・空気供給方向:側面 ・空気の吸込方向:側面 ・6カ月に一度のフィルター交換をお勧めします。

この空気清浄機は、ひまやり薬局に置いてあった。自分は、この清浄機を見て、すごい機械だと思った。ずうっとみていた。それで、この空気清浄機の型番を調べ、ウェブのチラシをみて、考えた挙句買った。自分の部屋で電源を点けた。気持ちいい風が来る、いいとおもった。でも、冬には使えないなあと思った。でも、50.000円したけど、後悔していない。いいんじゃないかなあ。.

今年から花粉症を発症し、家族も花粉症がひどくなってきたため、空気清浄機についていろいろ調べた上でblueairを選びました。家にいるときは花粉症の症状が消えて、blueairを選んで大満足です。【選んだ理由】・空気清浄機としての性能が最高国内大手メーカーの空気清浄機はどこも加湿機能と空気清浄機能がセットになった複合モデルばかりですが、加湿機能はウィルスやダニ菌を繁殖させて室内に放出してしまい、加湿機能がついている機種は百害あって一利なしです。blueairは空気清浄に特化しているため、安心です。また、空気清浄機の性能で一番大事なのは空気を清浄するスピードです。いくら除去率が高くても窓や人の出入りによって部屋に入ってくる花粉やウィルスを吸い込むスピードが遅ければ、いつまでたっても室内の空気は清浄されず意味がありません。blueairは米国家電製品協会が定める「クリーンエア供給率」(空気清浄のスピード)という測定基準で世界1位となってます。amazonの商品説明ページにあるとおり日本国内では (財)北里環境科学センター が行った第三者評価結果を公表しています。国内大手メーカーの製品はこうした客観的な測定結果を公表もしていないのに、各社それぞれが謎の「no1」を宣伝しています。国内大手メーカーには、害しかない加湿機能をつけることではなく、空気清浄機能の測定結果を公表して、いい意味で競争してほしいです。・手入れが安全、簡単1日24時間稼働で6ヶ月、1日12時間稼働なら12ヶ月でフィルターを交換するだけです。フィルターをクリーニングするタイプの清浄機もありますが、クリーニングする時にせっかく集積したウィルスやダニ菌が部屋にまた拡散し、クリーニングする家族も吸い込んでしまうので健康によくない上に、クリーニングしてもフィルターの性能はあまり戻らないので、フィルター交換の方がいいですね。【使ってみてよかった点】・オートモードであれば、電源を入れて1〜2分はフルパワー(3段階中の一番上)で稼働しますが、その後は一番静かなモードに切り替わり、ほとんど無音なくらい静かです。・デザインはシンプルかつスタイリッシュでリビングに置いても違和感はありません。【メーカーへの要望】・フィルターはamazonなどネットで安く買えるようになりましたが、日本国内での生産委託などの企業努力によって一層のコスト低減を望みます。.

使い心地は素晴らしいです。音は大きいですけど、風が強く出るので、夏は涼しくていいでしょう。台所に置いてますが、色々な匂いさえすぐに消えてなくなるので、超強力効果ですよ。.

Ap-c300 gdが1年持たずに壊れたので、ap-c300 gd買う時に迷ったこちらを購入。臭いは活性炭フィルターでなければ消せないとの事だったので、別に購入した。(14000円)標準で付いているhepaフィルターとは違い、ずっしりと活性炭が詰まっているようで、効果の高さが伺える。650と違い、吸込口と排出口が一方向しかないので、障害物が多い部屋ではやや使いづらい。加えて、サイズが非常に大きいので狭い部屋だと270以下のシリーズにした方が良いだろう。機能的にはイオナイザーが付いていたり、小型の液晶モニタで粉塵・臭いの程度が表示され、タイマーやフィルターのおおよその寿命(残り日数:新品で188日)が表示される。最新のエアーモニターには対応していないのが残念だが、その浄化能力はかなり高い。従来の空気清浄機には必須の集塵したホコリ掃除が全く不要なのは大きなアドバンテージといえる。むしろ、イオナイザー等を掃除すると性能が低下するので、半年に一度のフィルター交換さえすれば良い。そのフィルターもホコリの掃除は不要である。.

最大風量のときかなり音が大きいです。空気をきれいにしている感じはあります。.

これだけは言わせてください。スエーデン、万歳。ブルーエア、すばらしい。今年、花粉症がひどくなる一方でした。今はシラカバの花粉症。どうも今年はシラカバ花粉が例年より多いらしい。抗アレルギー剤では眠くなるばかり、ステロイドでリバウンド、目も鼻も耳もどろどろ。24時間使っていた国産の空気清浄機(ダイキン)は花粉除去はきちんとするはずだし、光なんだか発生するし、のはずが全く効かない。新しいフィルターに取り替えたけど、やっぱりだめ。おかしいなあ。思い切ってブルーエアーを購入しました。部屋はそれほど大きくないのだけど、小さいものよりちょっと大きめのほうが効率がいいだろうと450eに決定。2日前に到着したばかりですが、この大きさ、見た目だけで、ぐっときますね、安心する質実剛健さ。そして、簡単なパネル、わかりやすい操作性。1日目から効果を実感しています。ようやく生き返りました。おすすめです。花粉症の人には必須ものです。.

以前、下位モデル 270e slim 270esk110paw を買って、カタログに記載されている「silent hepa テクノロジー」が詐欺な事に気付いてしまった訳だが(詳細はそちらのレビューを参照)、なんせ加湿のないシンプルな空気清浄機は選択肢が少ない。そこでエイヤッと 450e を追加で買ってみた。まず最初に、ブルーエアにまつわる数々の都市伝説について述べておく。(1) ブルーエアの空気清浄は早いこれは嘘。空気清浄能力というのはシンプルに『フィルタを通過する空気量×除去率』で決まる。よくブルーエアの空気清浄速度が世界最速だと言われるが、あれは毎分14m3の清浄能力を誇る最上位モデル 650e の性能。amazon のサイトに書いてある数字もすべて 650e のものだ。本機 450e の清浄空気供給量は 7. 9m3/分だから、3万5千円の日立 ep-kvg900(9m3/分)などと比べて実は低い。余談だがブルーエアが採用している国際標準の性能評価 cadr でも、sharp fp-a80u(実売4万円)のほうが 450e より高い値を出している。馴染みのない規格なのでカタログには書かないものの、日本メーカーも外国で空気清浄機を売る場合は当然測定しており、結果は cadr の公式サイト(英語)で見る事ができるから是非チェックしてみてもらいたい。(2) ブルーエアのフィルタ寿命は半年、国産は10年これは統計のマジックである。国産が10年なのは、jisで定めた寿命表記が「毎日タバコ5本分の微細塵を吸わせて、能力が半分に落ちるまでの期間」を示すよう取り決めているからに過ぎない。タバコが10本なら5年。50本なら1年という訳である。実際の家では花粉やら焼き肉の煙やら、もっと色々なものがフィルタに吸い込まれていく。だから実際は国産機でも1〜2年で使用に耐えなくなる事が多い。ちなみにフィルタの値段も似たようなものである(国産は5千円前後、450e用は8千円弱)。(3) ブルーエアはフィルタごと交換するので手入れ不要これも嘘。実際は1ヶ月くらいで吸気側の金属格子部分にホコリがべったりと付いている。これはパソコンの排気ファンがホコリまみれなのを知っている人なら誰でも予想できると思う。プレフィルターみたいに洗えないので、掃除機の出番は意外と多い。ただプレフィルタと違って「掃除しなければ詰まる」という事はないので、見た目は汚いが、ほっといても性能はさほど落ちない。だが掃除しなくていい訳ではない。余談だが、ブルーエアの最上位機種 650e は何故か『フィルタの前に』ファンが付いており、おまけにプレフィルタも無いから、ファン自体があっという間にホコリまみれになってしまう。450e と 270e のファンはフィルタの後ろなのでファン自体が汚れる事はない・・・てゆーか、これって当たり前ですよね。(4) ブルーエアのデザインは欧州的主観の違いかも知れないが、べつにそうは思わない。270e にも書いたが、色といい大きさといい、どう見てもPCサーバである(特にシリーズの中でも 450e のサーバ感はハンパない)。むしろ20センチファン×4を内蔵したPC用タワーケースにブルーエアのフィルタをセットすれば、疑似ブルーエアが出来上がる気がする程である。(5) ブルーエアは臭いに敏感センサーは確かに敏感に反応する。だが基本的にブルーエアの脱臭フィルタはオプション(しかも脱臭フィルタは amazonで1万5千円もする)。臭いセンサーを内蔵するなら脱臭フィルタも標準装備しろよって思うのは私だけだろうか。ここまで書くと「なんだブルーエア、ぜんぜん駄目じゃん」って感じに思えるのだが、ところがどっこい!実際に使ってみるとこれが良いのだ。まず第一に「最大能力」だが、そもそも普段の使用において最大風量なんて滅多に使わない。リビングではテレビの音がかき消されるし、寝室じゃうるさくて寝られないし、大抵は低〜中速で固定して使っていると思う。ここで巨大な金属筐体が活きる。その一番使いやすい「中速」において、450e は(風量のわりに)圧倒的に静かなのだ。もうひとつはフィルタの厚み。フィルタの厚みというと、ブルーエアのレンガみたいなカタマリ感を連想する人が多いと思うが、結局その中は1枚の大きな紙(フィルタ)が何百回も折り畳まれて入っているだけなので、見た目の厚さとフィルタの厚さは関係がない(長さ1mのフィルタを100回織れば厚み1センチ、10回しか織らなければ厚さ10センチの箱になるだけで、空気が通過する時は1mの長さ全部に等しく圧力がかかるから同じ)。だから、ここで言う厚みとは「紙そのものの厚み」だと思ってもらいたい。紙自体を3枚重ねているブルーエアは、それが分厚い。結論として、リビングに置くならこれが最強だと思う。願わくば国内メーカーも「加湿なしモデル」を充実させてくれればいいのだが。.

ベスト 【BlueAir】ブルーエア空気清浄機 450E 買い取り