BALMUDA(バルミューダ) バルミューダ 360°フィルター – ランニングコストとして高価

Airengine?になる前の初期型、jetcleanを使用しています。購入後定期的に掃除機でフィルターを掃除してきましたが、やはりびっしりとついた綿ぼこりを見るに、1年で交換を決断しました。花粉症持ちで、その時期は寝室で一番弱い運転をさせておくと夜中鼻が詰まることがなくなったこともあって、結構いい値段しますが必要経費と考えています。.

2年間フィルターを使用して、効果が薄れたかな?と思い交換しました。開封して驚いたのは、使用済みフィルターとの色の違い。2年間の汚れの凄さに驚きました。。。新しいフィルターに交換して、音も静かになったし、ホコリの吸引力も強くなった気がします。花粉のシーズンはこれからですが、効果に期待したいと思います。.

空気清浄機を愛用しています。汚れの気になるフィルターは交換していきたいです。また注文します。.

商標登録の関係から新しい名前に代わり、フィルターも何故か高くなってしまいましたが、旧型のほうが断然安くていいです。.

年に1回購入しています。空気清浄機の能力は満足ですが、フィルターはやや高めですね(≧∇≦).

残念ながら、高すぎるとおもいます。本体は日本の家庭には部屋の真ん中に置くことが向いていなくて、人の動線を途切らせることと、コンセントからの線が床に延びることを思うと、極一般的な空気清浄機のほうが家庭では使いやすいとおもいます。デザインが良くてもランニングコストが高すぎては、、.

空気清浄器の能力は本体のレビュー参照フイルターを1年1か月で交換しました。交換前と使用後の比較が出来、1年で交換する妥当性が理解できました。.

バルミューダを買った時、レビューを書くと交換フィルタープレゼントと書いていたのに、送られてきませんでした。でも、調べて注文できて、良かったです。.

利点と欠点

メリット

  • 年に1回
  • バルミューダのフイルター交換
  • 旧型のほうがいいです

デメリット

特徴 バルミューダ 360°フィルター(EJT-1050/空気清浄機 JetClean用交換フィルター)

  • BALMUDA JetClean(EJT-1000-WK、EJT-1000-WG)用の交換フィルター
  • 8mの長さのHEPA性能素材をプリーツ状に折り畳んだ集じんフィルター
  • ゼオライトハニカムと活性炭ハニカムの二層構造になった脱臭ユニット
  • フィルターの表面はメッシュのプレフィルターで覆われ、掃除機で簡単にお手入れ可能
  • 脱臭ユニットを取り外して使う事も可能。集じん能力が約13%向上します。

ベスト バルミューダ 360°フィルター(EJT-1050/空気清浄機 JetClean用交換フィルター) レビュー