貝印(Kai Corporation) 貝印 kai 茶碗蒸し ホルダー Cookfile DH-2449 – 残念

もっと早く買えばよかった~!ジャム作りでビンの煮沸消毒に重宝しています!ピタッとしっかり持てるし、全然熱い思いしなくて済んで本当に助かっています!.

この商品を購入したきっかけが化学物質並びに電磁波過敏症を併発したので、蒸し器の利用が増えたので。届いていきなりどでかいご飯を蒸しなおしたどんぶりをひきあげましたが、がっちりしていてびくともしませんでした。こんな商品があることをもっと早く知りたかったです。.

ロンドンに住む長女から、友人から頼まれたということで購入。すぐ送りましたが使い勝手も良く友人もとても喜んでいるようです。蒸しケーキを取り出すのに使っていて、どこかのテレビ番組でこれをみて探していたそうです。.

買おうかどうしようか迷うこと数年・・・もっと早く買えばよかった。蒸し物が簡単に取り出せることがこんなに快適だとは。コレールの多様ボウルのように出っ張りがちょっとしかない器でもがっちりホールドしてくれ安心して取り出せます。こちらは18-8ステンレスで錆びにくそうなのも良。.

ジャム瓶の煮沸消毒に使っていますが、瓶のフタなど小さいものは掴みにくいです。.

Spのリフターが欠品で、とあるブログを見て試しに購入。普通に使えたw安いけど、全然あり!.

今まで火傷しそうになったことがあるが、そんな心配がまったくなくなった。.

これいいですね。なんでもっと早く買わなかったんでしょう。これでできたて茶碗蒸しを取り出すのももう怖くありません。.

利点と欠点

メリット

  • 便利
  • 買ってよかった
  • イチオシ

デメリット

ネットでこういうものがあると知り、あれこれ物色しましたが、安心して使えるのはこれだけです。ステンレス製とはいえ簡単な構造でこの価格は高すぎます。中国製の安いものもありますが、しっかり抱え込むことができず信頼度がかなり落ちます。今のところこれがイチオシです。.

ステンレス製で軽くて扱いやすいです。直径22cmのお皿に使っています。本当に、もっと早く買えばよかった!.

僕は茶碗蒸しが大好物ですが、レンジでチンでは中の熱さが均一にならないので、“絶対蒸して、アツアツに”派です。こんなワガママな亭主を持つ家内が、本商品を見つけました。ふきんやミトンでつかむのに比べ、熱さはなく落とすリスクもかなりなくなります。構造は簡単。はさむ部分が単に開閉するだけ。自分でやってみましたが、おろしていくと先端が自然と底の部分に入り込む。単純だが、良くできている。ステンレス製とはいえ、1400円とはちと高いと思いましたが、家内いわく“一生モノだから安い”と。なるほど。.

こんな簡単そうな作りで、この価格?頻繁に使うモノではないし、、、とやり過ごすこと数年。ですが、やはり買ってよかったです。ビンの熱湯消毒時、トングやミトンなどを使い、かなり慎重に気をつけて作業していても、熱湯のなかにビンを落として熱湯がはねてきたことが何度もありました。ビン詰の保存食作り、蒸して作るプリンには欠かせない道具です。.

どんぶりで茶碗蒸しを作るのに購入しました。蒸し鍋や蒸し器が無いのでフライパンや鍋で茶碗蒸しを作っていましたが、なべ肌と器の間の空間が少ないので火傷に気をつけながら鍋を傾けて器を取り出していました。でもこれがあれば楽に取り出せます。.

探しまくだけど見つけてよかったです。毎日欠かせない、愛用しています。.

茶碗蒸し用にと買いましたが、レンジで熱々に温めたご飯茶碗なども掴めるのでとても重宝します。.

以前、所有していまして、引越しの際に紛失しました。これがないといかに生活が不便か思い知りました。知らない人は茶碗蒸しの容器専門と思うかもしれませんがご飯茶碗だろうとお皿だろうとなんでもがっちりと安全に掴むことができますので、熱い皿に触れて火傷することはありません。温め直しをする時は電子レンジで蒸すのは簡単ですがやはり底が浅くて大きな鍋で蒸しながら温め直しした方が美味しいです。.

いつもは鍋で沸騰したビンを菜箸で取り出すのですが、やけどしないように大変でした。これは安心して鍋から取り出せます。もっと早くほしかったです。茶碗蒸しもたのしみです。 .

特徴 貝印 kai 茶碗蒸し ホルダー Cookfile DH-2449

  • サイズ:21.5×6.5×4.5cm
  • 本体重量:86g
  • 素材・材質:18-8ステンレススチール
  • 原産国:日本

ベスト 貝印 kai 茶碗蒸し ホルダー Cookfile DH-2449 買い取り