貝印(Kai Corporation) 貝印 KAI ステンレス 蒸し器 フリーサイズ 18~24cm用 Kai House Select DH7149 – 大活躍!

手持ちの鍋で使えるので、早く知ってればもっと前から使ってました。毎日の蒸し野菜に大活躍です。.

本体についていたセロハンテープの、のりが取れないため、使えません。のりがつかないようにしてください。.

手軽に使えます。結構高さもあるので、蓋が閉まらなかったりと小さめの鍋では使いにくいです。野菜のにおい、色移りもありません。.

問題無くつかえます。ただもう少ししっかりした作りだと思ってました。丁寧に使えば長く使えると思います。ビラビラの羽一枚だけを持つと、もぎ取れあおうになりました。.

こんな便利なものがあったんだね。買って良かったです。お野菜を蒸したり、大活躍しています。.

サイズが自在に変えられるのは良いが、穴の数が多すぎてきっちり煮込めていないように思う。アルミホイルを下に敷き上から乗せて使っている。穴の数が少ないのが出たら買い換えます。.

サイズが可変なので、便利です。圧力鍋や食洗機でガンガン使っていますが、全く問題なし。良い商品をありがとうございます。.

重さも大きさも総じて、買ってよかったのではないかなと思ってます。落し蓋の用途が主で求めた物ですが、内径190mm少々のなべにちょうどよい隙間が周囲に出来ます。かぼちゃの煮物にこの重さで潰れたりしないかなと気にしていましたが、やってみるとうまい具合にぐつぐつと煮汁がまわり、あー、これでいいか、という気になってます。一番うえになっている野菜達が、少々形が押さえられている感もありますが、元々私が作る煮物には、鍋にがっつり材料が入っており、そんなにキレイな形に仕上がるような上品さは無かったなぁ、と再認識し、この重さの落し蓋があってもなくてもさして変わりの無い見た目で、そんなことより材料達が浮くことなく煮汁がさっさとまわる(今までは主にキッチンペーパーを毎回折り紙工作のようにチョキチョキハサミをいれてましたので)、時間もキッチンペーパー代も含め、お助け品だ~と感じました。あとは粗忽な私が割らないように注意していけば、長く使えるものだと思っています。.

利点と欠点

メリット

  • 商品の取り扱いに相当問題があると思料します。
  • 日本製でベタベタシール使うとは…
  • 可変サイズをとるかメンテ性をとるか

デメリット

足が短いので水を多く入れると,蒸す物が濡れ、少なくすると空炊きの心配がある.

大きさの可変機能は、素晴らしいです。材質もいいです。一点残念なのは、品物の固定にセロテープを使っているところです。このセロテープの糊が、剥がした後、器具に残り、なかなか落ちません。ちょっと工夫して欲しいですね。ですので、星4つです。.

ヘルシーな蒸し物にはまっています。気軽に使えてとてもいいです。.

普通の大鍋にこれを入れてその上にシュウマイを置いて蒸すと、汁が全部下のお湯に落ちてパッサパサのまずいシュウマイになるのでおすすめできない。火加減が難しいのかも?シュウマイに水をちょっとかけてラップをかけて電子レンジでチンした方が美味しい。また、これで茶碗蒸しを作ろうとすると鍋の高さが足りずフタが閉まらないことがある。寸胴の鍋の方が向いているが、二人暮らしだとそれ以外に使い道がないし買うのがもったいない。なのでこれは買ったものの出番なし。普通の蒸し鍋を買った方がいい。.

もう少し大きな蒸し器を想像していましたが、肉まん一つくらいの大きさでした。自分のサイズ確認不足でしたが、届いてから一度も使用していません。.

色々な鍋用に大きさを調節できるので今後購入する鍋の事も考えてこれを購入。折りたたむとかなり小さく収納できます。使いやすい器具で有名なメーカ貝印の製品です。.

これで黒豆を煮ましたが、つやつやでしわも無くとてもきれいにしあがりました。また、サイズ自由自在に変更できるため、鍋を出すのが面倒でフライパンで使用するときにも楽ちんです。これは仕方無い事なのですが、構造上羽が重なる部分があり、そこを洗い乾かすのがやや手間です。また、購入時に大⇔小シールが貼られていますが(画像の通り)、洗うとかなりはがしにくくなり、すこし汚くなるので、使用前に取ることをお勧めします。落し蓋としてはとても満足しています。.

鍋の大きさに合わせて、この商品も大きさが変えられるので、とても便利でした。.

従来、使っていた落し蓋がバラバラになり新しいものを購入しました。メーカー品ですので安心して使っています。.

特徴 貝印 KAI ステンレス 蒸し器 フリーサイズ 18~24cm用 Kai House Select DH7149

  • サイズ:14×14×7.5cm
  • 本体重量:167g
  • 素材・材質:ステンレススチール
  • 生産国:日本

メーカーより

貝印 ステンレス蒸し器フリーサイズ 18~24cm用 DH-7149

鍋にフィットするサイズに調整できる蒸し器。

対応サイズ:18~24cm

コンパクトで使いやすいです、収納してもあまり場所いらず嬉しいです。.

手軽に蒸し野菜ができるので、毎日活用しています。.

蒸し物に使っています。汚れ落ちがよく洗いやすい形状で衛生的なところが気に入っています。落として割らないよう気をつけています。.

落し蓋として特に問題なく使えました。サイズを調整できるのがいいです。蒸し器としても使ってみたいのですがお猪口がないので使うことができないのが残念です。.

11月9日に配達され何回か使いましたら、12月1日、3本の足のなか一つが取れました。残念です。.

鍋のサイズに合わせてサイズ可変というのが本製品の「売り」ですが、その反面、扇形のパーツの重なり部分が洗いにくいというトレードオフの関係になってます。評者はこういうギミックが大好物なので、もちろん「売り」の方を評価してます。ラジオペンチ等があれば「つまみ」の部分は脱着可能なので分解清掃出来なくはないですがお薦めしません。組み立てが結構ややこしいのです (^^; 。なお、製品サイズの割に「重い」と評する向きもあるでしょうが、タケノコとかトウモロコシ茹でる時など浮き上がりが防げて使い勝手は良いと思います。あ。「京風何とか炊き」みたいな繊細な料理をなさる方は木製の落とし蓋をチョイスされた方が食材の「潰れ」等の心配がなくて良いでしょう。.

好みのサイズで使えて便利!素材もしっかりしていて、ズッシリ感が気に入っています。.

ネバネバベトベトのシールで固定するな!それは海外製品にのみ許されていると思うよ。シンナーとかヘキサンとかじゃないと取れないベトベトを調理器具につけたらだめだろうに….

昔ながらの木製やっぱり落し蓋は木製がいい真ん中に穴が開いてるので循環がいいと思う.

一昨日届いたのですが、実はまだ使えていません。とゆうのは、本体についている商品名など書かれた厚紙がテープでべったり貼り付けられており、洗剤とタワシで洗ってもテープの粘着部分が全く取れない。仕方なく一晩水に浸けておいだのですが、それでも取れない状況です。調理器具の取り扱いを一体どう考えているのか、甚だ呆れております。商品には罪はないのですが、またここに記載するべきではないかもしれませんが、あまりに酷いので敢えて記載させていただきました。.

蒸し機用の鍋を持たなくていいろころが助かる~昔は蒸し器を別に持ってたでしょう。普段の鍋にセットするだけで手軽に使えます洗いにくいとか別にないし、もしかしたらバタフライみたいに開閉するところが壊れるかもしれないけど処分するときの大きさも小さいし、利点を考えたら問題ないと思いますほぼ毎日蒸し野菜たべてます.

蒸気穴が均等に空いてなく少ないので蒸しムラのようなものができないか心配でしたが、実際に使ってみたところ、肉まんを蒸したり、野菜の煮物の落とし蓋に使ってもそんなところはできずに、普通に使えました。穴が少なめで余計な継ぎ目や出っ張りがないぶん洗うのも簡単です。.

足が付いて、沸騰時を想定した水をいれると食材が水に浸かることなく蒸し上がります。真ん中の取っ手が外れるところが素晴らしい!お皿ごと蒸し上げることも出来ますよ。蒸籠や蒸し器を買おうか迷っている方はこれを試してみてください。あと片付けも楽チンですし、収納場所もいりません☆.

ベスト 貝印 KAI ステンレス 蒸し器 フリーサイズ 18~24cm用 Kai House Select DH7149 買い取り