象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi 圧力ih炊飯ジャー 極め羽釜 5 – 届いてから一週間経ちました、寄り道せず毎日家に直帰です(^-^)

いままで使っていた炊飯器とまったく違いました。お米が光っていて、一粒一粒が立っています。冷めていてもok。おにぎりはコンビニ並みにおいしい。高かったけど買ってよかった。.

圧力式の炊飯器が壊れたのが、購入動機です。お鍋で炊飯も試みましたが、いずれも今ひとつの結果に。やはりボタンひとつでちゃんと炊ける炊飯器は便利です。安いお米でも、モッチリ美味しく食べられます。保温をせず、お冷やの状態でもご飯が美味しく食べられるのは嬉しい驚きでした。姑と2人、主婦陣はすっかり気に入っています。.

前の炊飯ジャーの釜に傷が増えてきて、8年程使ったため新しく買ってみました。第一印象は結構大きいのねという感じ。デザインは少し野暮ったい感じだけど言い方を変えると渋い感じかな。この炊飯ジャーは大きいというレビューが多かったけど、これだけ釜の間口が広がっていればそりゃ全体的に大きくなるわな。 釜は重すぎず軽すぎずで丁度いいと私は思いますが、年配の女性には少し重く感じるかもしれません。また意外と洗いやすく、これに慣れてしまうと今までの炊飯器の釜に違和感を思えるほどで、使ってしまうとこれが普通に思えてしまいますので不便は余り感じません。内蓋も簡単に取り外せ、蒸気のボール?があるから少し重いですけどこれも特に問題になりません。液晶のサイズも丁度好し。予約や炊飯のスタートなどのボタンの押しやすさもイイと思います。前の機種に比べて炊飯時間は少し長めですね。圧力タイプはこうなのでしょうか。炊いている間はこれまた賑やかですね。「炊いてるぜぇ〜」的な感じで一生懸命さが伝わります。そばで寝ている時に予約で炊飯を始めると起きてしまう事も。炊きあがり、ふたを開けると圧力で蓋がゆ〜くり開きます。中でご飯は特にへこみもなくいかにも上位機種的な炊きあがりを見せます。炊きあがった後混ぜないと(開けないと)メロディが鳴って早く混ぜなさい的な感じで急かされます。肝心のご飯の味ですが、完全には納得していません。ご飯の弾力はあるような気がしますが、甘みや風味は特に他の炊飯器とそんなに変わらないような。。 保温がいいのか弁当などにした時は美味しいですね。あと炊き方を変えても水の量でもちろん全然違うため気を使います。一定の水で炊いた時はもう少し味(弾力)の違いを出してもらうと分かりやすいです。高価な買い物だったためまた長く使おうと思っています。飛び抜けた美味しさはまだ感じられませんが、水の量や炊き方など更に研究をして行きたいと思います。総じて電化製品としては使いやすく、洗いやすくもあるためお勧めできますよ。.

とにかく、味で決めたいと思っていました。以前の象印の商品でも結構美味しく炊けていました。今回の羽釜は前日の夜中に「最速」で注文して翌日の夕方に届きました。驚きです。到着の次の日に「家電無料回収」があったので、それまでに取換えようと思い立ちました。テレビでも前日に芸人さんが「美味しい美味しい」と、絶賛していたこともあり、決断しました。それまでに家電量販店にも足を運び、ネットでもいろんな口コミをみて迷ってばかりで、約1カ月迷いました。それで芸人さんの言葉と無料回収でえいやっと注文でしたから、少々不安もありました。初めに「熟成炊き」で炊くと少し、粘り気が多く、「こんなものか?」と、思いました。翌日、普通炊きしたら、好みにぴったり!主人に相談なしで決めたのですが、「美味しいな〜」と、喜んでいました。前回の炊飯器はなぜか「真空炊き」なのにふたに穴があき、容器をかぶせて炊いていましたが、結構美味しかったので、あまり変わらなかったらショックと思っていました。美味しくて安心。音も気になりません。洗うのも大変には感じません。他のメーカーのように色々なものが作れるようには書いていませんが、あくまでも、ご飯を作る機械に徹しているようです。.

ホワイトの購入です。以前の炊飯器もかなりおいしく炊けて使用していましたが、玄米(機能はついていますが、)は、あまり良く炊けません。なので、いろいろ検討後、玄米をおいしく炊く為に購入しました。象印を選ぼうとしたきっかけは、姪の家でのごはんがおいしく良く炊けているので、感心し、どうしてか、その母親(別宅)に尋ねてみたところ、同じお米を使っているのに母親のところではそうでもないとの事。そこで姪の家の炊飯器のメーカーを見ると象印でした。将来の炊飯器は象印をよくみてみよう、という事で今回、選択肢に入りました。いくつかのレビューを読み、電気屋さんに2回足を運んで、決定。その前に息子がひとり暮らしの際、象印の3合炊きihを購入、引っ越す前に玄米を試し炊きしてみました。ih(圧力ihではない)でしたが、おいしかったです。初めは白米のもちもち炊飯、そして胚芽米炊飯、玄米活性炊飯と炊きました。白米は言うに及ばず、玄米がふっくらおいしく炊けて予想以上に満足しています。玄米は、圧力鍋、ルクルーゼと数ヶ月炊飯して来ましたが、圧力鍋やルクルーゼの場合は、そばについていないといけないので続けられなくなりました。しかもそれらとは比較にならない程おいしくふっくら旨味のある玄米に炊けました。(感激する程!)浸水時間(冬)は、12時間のつもりが別献立になり20時間位です。12時間経過時点で冷蔵庫に入れました。炊飯器にセットする時に、塩(1合につきひとつまみ+お酒小さじ1)を入れて炊きました。白米は、つやつや甘く旨味のある炊きあがりです。時間が経過しても黄ばむ事もなく、冷えても粒のふっくらは変わらずおいしい。炊飯器の内蓋には、炊きあがり直後だけで、あとは水蒸気がつきません。(以前の炊飯器は、蓋を開ける度についていました。)内蓋は簡単に外れ、お手入れも大変楽で清潔を保つ事が出来ます。かなりお安いお値段で購入出来たので、嬉しい炊飯器となりました。ただ、がっかりな点は、(妥協して購入)上部かなり広い面積グレーです。シルバー色のベルトもデザインされていますが、炊飯器はキッチンで変にあまり目立って欲しくありません。ぜんぶホワイト(表示部と蒸気口を除く)にして欲しかった。最近はブラウン系の色が多いのですが、色は、何とかならないものでしょうか。上部グレー色部がなければ満点炊飯器です!.

クチコミやメーカーホームページやCMを見て羽釜に注目しておりました。ケーキコースがあったりする多機能な炊飯ジャーも別の魅力はありますが、「美味しいご飯を炊く事」に全力を傾けたこの機種をどうしても欲しくなり購入しました。炊飯のコースは「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」。色々炊いてみてどれも美味しいのですが、我が家は今「ややしゃっきり」に落ち着いています。購入されたら色々なコースで食べ比べしてみて下さいね(*^-^*).

購入後、約1か月です。いろんなメニューを試しましたが、今ではふつうメニューで毎日炊いています。炊きあがりは、つやがあり満足です。ただし、おこげメニューは、思ってたほど、おこげができず残念です。精米したての炊きあがりは、very goodです。.

今までの炊飯器が炊きむらができて、まずいご飯を食べていたので、思い切って買いましたが、評判以上に良くできた羽釜ですよ。いろんな硬さ(みっちり、しっかり等々)炊き分けてくれるし炊き込みご飯も上手くこなすし、なかなの優れものですよ。 アマゾンの価格がとても安くいい買い物しました。.

利点と欠点

メリット

  • 届いてから一週間経ちました、寄り道せず毎日家に直帰です(^-^)
  • 購入して良かった思っています。
  • あまい!

デメリット

一流ホテルの会食をした和食のご飯と比べ、段違いでおいしい。この差は歴然妻に訊いても、これだね。と謂う事でした。是非おすすめです。ぜひ試しでも食べてください。.

極め羽釜で炊いたごはんは抜群です。外食の回数が確実に減りそう。.

使った感想としては、炊きあがり時間が比較的短いこと。炊きあがりの感想として、2人家族ですので1合づつ炊飯するのですが、一番に感じるのは、炊きあがりにもっちり感があり、冷えたご飯でもべたつきがなくおいしく食べられることです。気になることとしては、使い始めに炊飯時の音が気になりましたが、これもおいしいご飯を炊きあげるためだと思えばなれてきたところでしょうか。これまでは1万円くらいの炊飯器を使っていたので、値段としては少し高めだと思いますが、毎日使用するものであることと、食べるごはんがおいしいことから大変気に入っていますので、購入してよかったと思える商品です。.

四年ばかり使った サンヨーおどり炊きからの買い換えですサンヨーは通販生活のピカイチ事典で評価が高かったので一般の家電量販店から購入、3万円強の、中高級機いったところでしょうか? 極め羽釜の商品の味のコンセプトがおもしろく、大阪 堺にある ごはんが有名な定食屋 銀シャリ屋 ゲコ亭のごはんのおいしさを徹底研究して開発されています。銀シャリ屋 ゲコ亭には仕事で近くに寄るとよく行く店なんでここのおいしいごはんがどう研究されて、味が再現されているのかが大変気になり、この商品も43000円という非常にお得感があったので、少々買い換えには早いと思いつつ買い換えました。他の研究所育ちのごはんのとの味とはどう違うのか? という興味があってこの商品を選んだというところもありました。象印の入魂のこの機種だけの羽釜は見た目の満足感をそそるとともに、口径が広く、深さが浅いため、お米を研ぐのもスムーズです。一週間使った感想です。価格コムで厳しい評価もあるようですが、個人の感想としては大変美味しいです。高い分だけのことはあります。ここんとこ、寄り道しないで帰ってます。週末出かけた旅館でのごはんに不満を覚えました。ごはんの好みは人にもよるのでしょうが、うまいです。こないだのがっちりマンデーで、加藤浩二が言っていた、高級旅館の朝ご飯の味というのは、言い得て妙です。変な話ですが、上等な木製のおひつがほしくなります。その格別な美味しさは、とくに冷えたご飯の時によく分かります。お弁当、おにぎりにするとその良さをすごく感じます。あえて高いお米を買わなくても結構美味しく炊けるので、お弁当ニーズにも非常に良いと思いました。。操作性はシンプルで抵抗なく、すぐに使えます。操作性に癖はありません。ただサンヨーの時は、残り時間のタイマー表示があり、それを見ながら、食事のスタート時間が想定できたのですが、それができず残念!!炊飯時間のイメージですが、圧力炊飯器は炊飯時間長めでどの機種でも一時間ぐらいかかるみたいですね。 .

非常に良い商品です。さすが最高級の圧力ih炊飯ジャーです。ただし、炊飯時に圧力をかける際のポンプ音?(ブォー・ブォー・ブォー・ブォー・・) が普段の家庭にない音なので、かなり違和感を覚えます。マンションなどで寝室と台所が近い場合は、朝炊きたてを食べようとタイマーをセットすると、明け方に目が覚めてしまうと思います。我が家は1軒家ですが、炊飯時には1階の台所から音が2階の寝室まで聞こえてきます。.

「炊飯ジャーに、この値段は出せない」と夫に猛反対され・・・自分のヘソクリで買いました。食欲の無かった時に、救いの神でした。もっちりモードもしゃっきりモードも美味しかったけど・・・熟成モードは最高に美味しい。時間がかかり過ぎるのが難点ですが、「美味しい」には時間だろうが、お金だろうが、労力だってかける価値あり、ってポリシーなので。音が少々うるさくても、高額でも、オーケー。米を厳選したら、やっぱり炊く機種も厳選。そして味噌も出汁も・・・と。外食より贅沢な毎日のご飯です。次は南部鉄のを狙ってます。炊飯器をずっと2台使いをしてたので、2台目も羽釜、どっちで炊いても保温して置いても美味しい、な状態に・・・。もっと値段落ちてぇー、って待ってます。.

10年もののihジャーから乗り換えました。信じられないくらい、ごはんがおいしいです。ふつうモードであっても、つや、もちもち感がまったく違います。初めて炊いて、ふたを開けた瞬間「きれい!」と思いました。その晩は2合食べてしまいました。おかずは明太のみ。お米がおいしいって幸せなことだと、再認識です。それに、羽釜自体が美しくてたまりません。ただ、いままで圧力ihというものを経験していなかったため、スイッチを入れた際のドアロック音や、炊いている最中のジージーガーガーという音が少々耳障りです。もうだいぶ慣れましたが。他メーカーの圧力ihを持っている知り合いに聞いても「そういうものだから」と言うので、まぁ納得です。また、お釜が浅く広いタイプとなっているため、確かにジャーの全長が長いです。とは言え専用にスペースを作ることもなく、普通に置けています。洗うパーツは4つ。内ぶた、ファンユニット、パッキン、外カバーです。壊す可能性はあっても、なくすことはまずないでしょう。内ぶたが大きく、弁が付いていますので、洗いづらく乾きづらいのが欠点なくらいでしょうか。ごはん用土鍋とストウブも持っていまして、これはこれで直火炊きのおいしさがあります。でも、機械で徹底的に管理されたおいしさというのも、また格別です。.

ホワイトを店頭でみてピンとこなかったのでプライムブラウンにしました。実物をみると高級感ある色でデロンギのカプチーノマシンと並べるとよく合いました。本日、冷ご飯と炊きたてを食べましたがどちらも米がたって米の味がよく判りおいしかったです。雑誌でも高評価だったので期待してましたが大満足。更に店頭より2万円以上安く買えたのもうれしい。.

今まで使っていた(まだ1年ほど)炊飯器ですが 保温にしとくと2. 3時間で極端に味が変わってしまい美味しくない主人と相談し毎日食べるものだし 思い切って少し高いけれど、羽釜に買い換えました。 うまい 最高です 買ってよかった.

特徴 Zojirushi 圧力ih炊飯ジャー 極め羽釜 5.5合 Np-Sa10-Tp プライムブラウン

  • サイズ:29×42×22.5cm
  • 本体重量:7.0kg
  • 付属品:計量カップ、無洗米計量カップ、しゃもじ、しゃもじ受け
  • 日本
  • 材質:アルミ+メッキ、印刷鋼板
  • 炊飯容量:0.09~1.0L
  • 炊飯時消費電力量:1330W
  • 省エネ基準達成率:100%

十数年使用してきた炊飯器。別に故障はしてはなかったけど、もっと美味しいご飯を求めて購入しました。初めて炊いたご飯の甘い事甘い事。いままでとは違うお米を食べているみたい。甘すぎて戸惑う事すらありました。炊き加減も数種類あり、私は「ややもちもち」がお気に入り。時間が経っても堅くならないで食べられます。長いつきあいになる道具ですので、いい買い物でした。.

炊き上がりをいろいろ調整できて、美味しくいただいています。古米でも上手に炊けます。.

ベスト Zojirushi 圧力ih炊飯ジャー 極め羽釜 5.5合 Np-Sa10-Tp プライムブラウン 買い取り