象印マホービン(ZOJIRUSHI) 象印 電気ケトル 0 – 『ティファールのよりも凄く良いです!』

海外に本社を置く某有名メーカーの「ティ〇ァールの電気ケトル」に比べたら、日本製の象印電気ケトルは、とっても安心です。本体も熱くならないので火傷の心配もいりません。万が一倒してしまっても熱湯が飛び出してくることもありません。この象印電気ケトルは、すぐに沸くし、値段も手ごろです。最初からこれを買えばよかったです。やっぱり日本製が一番良いということを今回改めて感じました。有名だからとか、cmでよく見るから大丈夫だろうというのは、とても危険なんですね。これからは注意して調べてから購入します。.

スイッチの場所、使いやすさなど考えられてる強いて言えば湧いたときのスイッチの戻しがもう少し大きくなってくれれば嬉しかったかな隣においてるわけではないので.

レビューによると全く湯こぼれしない方もいるようですが、私は毎回と言っていい程の確率でこぼれました。注ぐために少し傾むけただけで、注ぎ口から漏れ出します。お湯を注いだ後はケトルと周りが濡れるので、このケトルを使う時には台拭きが必須でした。いちいち湯こぼれして使いづらくて仕方なかったので、結局わずか半年で別会社の製品に買い換えました。その別会社の電気ケトルは全く湯こぼれが無く快適に使えていますので、買い換えて大正解でした。.

かなり前に購入して今更のレビューですが、めちゃくちゃ重宝してます!強いて言えば沸騰したら音が鳴る機能が付いてたら良かったのにと思う。色が可愛くて仕方がない♪.

子供がいるので、倒れた時にこぼれ無いものをと思い、旦那の実家と同じタイガーのわくこさんと迷いましたが、今回は象印にしてみました。ポイントは大まかに、注ぐ時にタイガーは蓋のボタンをポンと押してからか、象印は片手で持ちながら親指でレバーを押すかの違いです。タイガーは注いだ後、ボタンをもう一度押して戻さないと、加熱に時間がかかりますし、倒れた時にお湯がこぼれます。お湯を足した後蓋をパチンとはめるのが以外と硬いです。象印だと、片手で持った時に親指でレバーを軽く押すと注ぎ口が開く仕様です。(因みにお湯はカップに注ぐ仕様のようで細めにでます)蓋も軽い力でパチンと閉まります。なので、子供の火傷防止でいえばタイガーなのかも知れませんが、おばあちゃんが使うのを見ると蓋やボタンがちょっと硬すぎるのかな~という感じがしたので、使いやすさは私的には象印のほうかなと思いました。ただ、親指はレバー用なので、取っ手をガッチリ握る人はどうなんでしょう??.

以前は自宅でも実家でもティファールのを使っていました。ですが他のメーカーよりも値段が高い割に使い勝手は悪く…。特に一番小さいサイズの『アップリケ』は注ぎにくい上に、湯がこぼれない様に注意しても注ぎ終わった後は回りがお湯びたしでした。ですがコレは全くそれらがありません!(*^^*)。しっかり傾けないとお湯が出ない様になっていますが、一気にドバッと出るわけでもないし適量で出るので注ぎやすい!。もちろん注ぎ終わった後の湯がこぼれる事も皆無です!感動しました( ;∀;)。実店舗よりも安く購入できましたし、梱包も簡易ながら問題なしで良かったです!。.

利点と欠点

メリット

  • いいと思います
  • 安全な日本製ケトル
  • ピンク最高!

デメリット

特徴 象印 電気ケトル 0.8l ピンク Ck-Hb08-Pa

  • サイズ:幅21.5×奥行15×高さ21.5cm
  • 本体:PP
  • 電源:100V
  • 消費電力::1300W
  • 保障期間:1年間
  • 湯沸し:満水約4分 1カップ約60秒
  • 本体重量(kg):0.98

メーカーより

電気ケトル/CK-HB08

軽量・コンパクトで取り扱いらくらく

ふたの構造を工夫し、蒸気の発生を約70%※抑えます。蒸気をセーブするので、レンジ台などの天板の結露が少なくなります。

※象印従来品 H21年CK-GB比 湯沸かし時蒸気量:CK-GB 5.8g、CK-HB 1.7g 象印自主基準による象印社調べ

  • 熱くなりにくい本体設計:両手でも注げる
  • 自動電源オフ:沸とうを検知して、自動的に電源オフ
  • 空だき防止:空だきを検知して、自動的に電源オフ

転倒湯もれ防止構造

倒れてもこぼれにくい。

※倒れたまま放置すると、注ぎ口から微量の湯がこぼれることがあります。

自動給湯ロック

レバーを離すと湯もれ防止が自動的にはたらきます。

※レバーをはなした状態でも、傾けると注ぎ口から微量の湯が出ることがあります。

軽くはずせるフタ

スムーズに開けられるから、給水もお手入れもラクラク。

※画像はCK-AW型です。

電気ケトル CK-AW 電気ケトル CK-AH 電気ケトル CK-CA 電気ケトル CK-HB
サイズバリエーション 0.8L、1.0L 0.8L、1.0L 0.6L、0.8L 0.8L
カラーバリエーション メタリックレッド、メタリックブラウン ホワイト、ピンク ベージュ、ピンク ホワイト、ピンク
湯沸し時間(カップ1杯/定格容量0.8L) 約65秒/約4分 約65秒/約4分 約65秒/約4分 約60秒/約4分
安全設計 転倒湯もれ防止、自動給湯ロック、熱くなりにくい本体、マイコンによる沸騰検知・空だき防止・自動電源オフ 転倒湯もれ防止、自動給湯ロック、熱くなりにくい本体、マイコンによる沸騰検知・空だき防止・自動電源オフ 転倒湯もれ防止、自動給湯ロック、熱くなりにくい本体、マイコンによる沸騰検知・空だき防止・自動電源オフ 転倒湯もれ防止、自動給湯ロック、熱くなりにくい本体、空だき防止、自動電源オフ
その他特長 お茶がおいしくなるプラチナフッ素加工内容器、1時間あったか保温、蒸気レス 蒸気レス 1時間あったか保温、蒸気セーブ 蒸気セーブ
外形寸法(0.8Lサイズ・電源プレート含む/約cm) 23×14.5×22.5 23×14.5×22.5 23×15×23 21.5×15×21.5

ベスト 象印 電気ケトル 0.8l ピンク Ck-Hb08-Pa レビュー