象印マホービン(ZOJIRUSHI) 象印 炊飯器 3 – 大変美味しく炊けます

千里迢迢的从日本本土,购买日本国内版的这款电饭煲,加上运费和汇率费用,价格高昂,本以为日本制造应该是信得过的,可以用了不到半年就内锅涂层开始一点点脱落,不到一年,就脱落这么多了,也不知道涂层吃进肚子了会不会有毒性,总之,这个购物体验真的是很让人失望,也颠覆了我对象印牌子的良好印象。.

口コミでも評判よく南部鉄の釜というのが気に入り今回買い換えましたご飯が炊き上がるのをワクワクしながら待ってたときにまず感じたのが えっ匂いがしない我が家では白米に高知県産の香り米を3割入れているため、これまで10年間使用してたp社の炊飯器では炊いている間も部屋中ご飯のいい香りが、また香りだけではなく、艶も味もp社で炊いたご飯が断然美味しかった。色々な炊き方も試してみましたが、香り米を入れてる意味がなくなりました。家族全員が同じ感想です。.

釜の取り扱いに注意項目が多過ぎる!炊き込みご飯の保温が出来ないとかあり得ないと思います。塗装浮きも健康被害は無いと言うが見た目が悪くて使い続けるのが嫌になります。象印は二度と買わないでしょう。.

5合炊きなので、3合炊きの前の炊飯器(これも象印ですが)少し大きいです。内がまが南部鉄器なので重さも重いです。でも、前のよりもっちりしていてふっくらした御飯が炊けて、満足です。.

母が同社の圧力ih炊飯器3. 5合を持っており、そのおいしさに感動して、より高額の本機種を購入しました。所が、おいしさは、母の炊飯器の方が遙かにおいしく、しかも本機の釜のコーティングは使用数回で水ぶくれのように膨らんで剥がれてくるという欠陥品。無料交換してもらいましたが、2回使用後には同様に剥がれてきました。もうめんどくさいのでこのまま使用しますが、買ってはいけない製品と思います。追記結局、本体ごと交換してもらい、コーティング剥がれは発生しなくなりました。美味しさや香りについては他の方も書いてらっしゃるように今ひとつですが、象印の不良品対応は悪くなかったので評価を3に上げようと思います。.

独り暮らしには丁度良いサイズ!値段は張りますが生活必需品と考え購入しました。実際に炊いてみて久しぶりにご飯が美味しいと感じたので、買って良かった。.

宣伝ほど旨象印 炊飯器 圧力ih式 3. 5合 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック. 象印(zojirushi)く炊けていない。.

本商品の販売前に、そのために5万円台となっていた前機種を購入して半年で、まさかのvineでのゲット!両方の機種を使った視点からもレビューを書きたい。まずは、本商品最大の欠点は重たいこと。前機種からのバージョンアップで南部鉄器に内釜となったのは、味の面では大きな進化だったが、とにかく重たい。一般機種からの買い替えの方は、現物を吊り下げて重さを確かめてもらいたい。お年寄りやひ弱な女性には面倒とも思える。しかし、その欠点は十分補える味だ。新米の美味しいこの時期、ちょっと奮発したブランド米を本商品で炊けば、本当においしいご飯というものが体感できる。もちろん、個人の好みはあるわけなので、もっちりが美味しい新米だが、好みでさらっと炊くのも一興だろう。この個人の好みに応じた炊き方のバリエーションの豊富さも本商品ならではの魅力。あと、個人的にはお勧めでないが、味の変わらない保温機能も格段の進化がみられる(炊いたご飯はお櫃で保存するのが、いちばんよいと思います)それと、レシピ集で紹介されている中華おこわやパエリアも、正直バカにしていたが、案外とイケた!お子さんのいる忙しいママなどには喜ばれる機能だろう。3. 5合というサイズは、タイトルで少人数の方を想定したが、子育て世帯でも1日持つ量なので、決して狭い範囲の顧客層ではないと思う。商品としても長持ちするものであり、毎日使うことも考えれば、十分にコスパのあるものと言えるだろう。但し、念のために申し添えるなら、不味い米は本商品を使っても不味いので注意。やはり、本商品に見合うレベルのお米を使ってこそ、本当に美味しい御飯となる。.

利点と欠点

メリット

  • 普通です
  • 中古で買ったけど
  • おいしい。

デメリット

炊き立てはほかほか。以前炊飯器が古いだったせいか、湯気がたちほっこり。値段が高いけどお米を食べる幸せ感じれる。.

二人家族なのでこのサイズにしたが、少量でも美味しく炊けます。.

以前日立のスチームカットの圧力ihを使っていたのですが、7年目で蓋を開けるボタンのシルバーが紙がめくれる様にボロボロになり、蓋本体にひびが入ってきたので、買い替えました。夫婦二人だけなので3. 5合炊きを選択。象印の最高機種炊飯器ですが、パナに比べてしゃっきり硬めに炊き上がります。(ふつう炊きを選択)私は硬めのごはんが好きですが主人は柔らか目が好きなためブーイングがでました。よって★四つです。私てきには★五つですがね。お釜の底が丸いので炊き上がったご飯をほぐすのには楽です。それとおこげがふつう炊きでも微かできます。私だけはおいしくいただいております。一年半使っての追記です。良い感じで使っていたのですが、内釜のコーディングが剥がれて水膨れ状のぽつぽつが出て来ました。お高い炊飯器なので大事に使っていたので残念です。内釜のメーカ保証があるので交換はしてもらったのですがこの状況は私だけでは無く他サイトでも何件か内釜コーディングの剥がれが指摘されているのを目にしました。メーカーはコーディング剥がれは身体に害はないので剥がれた状態で使っても問題はありませんと説明を受けましたが剥がれて水膨れがポコポコ出来た釜でお米を炊く気持ちにはなれません。象印炊飯器のフラッグシップ製品ですが、内釜コーディングについては欠陥商品ではありませんか?.

炊いてる時の音はちょっと気になりますが、炊けたごはんはおいしいです。.

自家製のヒノヒカリ新米を食べてみました。可も無く不可も無い炊き上がりで、美味しさも普通6万の価値は?.

17世紀中ごろが起源とされ、今なお愛される南部鉄器。かまどの炎を受け止め、昔ながらの炊き方を支えていた羽釜。🍙も出来が違います。.

内釜に、水泡のようなものがいっぱいある。ググったら、極め羽釜あるあるらしい。困ったなぁ。.

南部鉄器のお釜と、落ち着いた色合いの高級感のある炊飯器です。3. 5合炊きの炊飯器ですが、本体がかなりずっしりとしています。内釜は程よい厚みと重さがあり、羽釜の少し変わった形をしています。内ぶたが2重構造になっていることで、火力がキープされ、炊き上がりのご飯も水分を逃がさず美味しく保温できます。ご飯は食べる都度に炊きますので、3. 5合でも家族分の十分な量が炊きあがります。お米は宮城のササニシキを食べているのですが、ササニシキと南部鉄器の内釜が同じ東北で相性が良いのか、お米の粒が際立ち、噛みしめると甘みとお米の香りが口の中に広がります。短時間で炊けるモードや熟成、しゃっきり、もちもち、雑穀米やおかゆのモードなど20種以上のメニューがあります。かまど極めメニューで美味しいおこげが作れ、さらに湯の子メニューでおこげを使ったメニューが作れます。お米の美味しい炊き方のdvdやワンポイントアドバイスが付属しているのでどなたもおいしいお米を食べれると思います。母親が炊飯器にこだわり歴代t社製の炊飯器を使用してきましたが、毎日食べるご飯を美味しく食べるために、これだけの値段を出しても損はないと思える炊飯器です。細部まで丁寧に作られていて、この商品に対する技術者の方の気持ちが伝わってくるようです。本当におすすめします。.

これまでT社の圧力ih土鍋3. 5合炊きという最高機種を使ってきたので、同じく最高に位置する象印3. 5合炊きの本品を比較検討することができました。前者は持ち手なし、人の動きで光る液晶パネルボタン、女性の音声案内など、斬新なデザインが特徴でしたが、使い勝手は必ずしも良くなく、音声は半年で故障しました。本品はこれまでを踏襲したオーソドックスなデザインですが、表示はバックライト付です。内蓋が2枚のせいか炊き上がりに蓋を開けると水が滴り落ちません。T社のはかなりの量でした。他にエコ炊き、わが家炊き、再加熱、高温長時間保温、ほぐし忘れ警報など、T社にはない機能があります。コード巻き取りは後ろ方向ですが、左横方向のT社の方が個人的には使いやすいです。肝心のご飯の美味しさですが、さすがに南部鉄釜を使った最高機種を感じさせます。中間的設定ならT社はもっちり、象印はしゃっきり感に傾いている気がします。おこげを楽しむ「かまど極め」、旨さを引き出す「熟成」コースも試しましたが、個人的には「ふつう」が米一粒一粒が立っており、もちもち、粘りのバランスも良くて、これに落ち着きました。ここはあくまで個人の好みの問題です。予約炊飯では(計算されているのでしょうが)水分を吸ってやや柔らかめになる気がします。ご飯の美味しさはもちろん、機能的にも満足で、総体的な評価としてはもちろん星五つです。ただ、以前1万円強で購入した象印ih炊飯器でもそこそこ美味しかったし、間違いなくより美味しいが南部鉄器極め羽釜と多彩な機能で高価な本品を、コスパ的に考えると判断は人それぞれでしょう。.

特徴 象印 炊飯器 3.5合 圧力ih式 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック Np-Qs06-Bz

  • 3.5合
  • ごはんの甘み成分(還元糖)が約60%アップ、うまみ成分(アミノ酸)が約10%アップ「うまみプラスプラチナコート内釜」
  • 羽釜炊きの大火力を維持でき、しかも保温ごはんのうるおいを保つ「うるおい二重内ぶた」
  • しゃっきりからもちもちまでの好みの食感に炊き分ける 7通りの「炊き分け圧力」
  • 選べる保温選択。30時間おいしく保温「うるつや保温」「高め保温」「保温なし」
  • お米の栄養素を引き出す「熟成炊き(白米、玄米)」

メーカーより

「南部鉄器 極め羽釜 」3.5合炊き

17世紀中ごろが起源とされ、今なお愛される南部鉄器。かまどの炎を受け止め、昔ながらの炊き方を支えていた羽釜。この蓄熱性の高い南部鉄器が、IHから伝わる大火力を釜内に溜め込み、激しい熱対流を起こします。

さらに鉄とIH加熱は相性がよく、炊飯で最も火力が必要な、中パッパの沸とう時に素早く熱を伝えます。(NP-QS(南部鉄器)の発熱効率82.7%:電波法に定める電磁調理器の高周波出力測定方法にて測定)

小さい3.5合炊きが新たに登場。一人分、二人分のごはんでも、贅沢な味わいに。

大火力を受けとめる

広くて浅い羽釜

釜全体に効率よく熱が伝わるため、沸とう前から炊きムラを抑えられます。

「うるおい二重内ぶた」が「おねば」を釜内に閉じ込め、余分な蒸気を外に出します。これにより、吹きこぼれを抑えて羽釜炊きの大火力で炊き続けることができます。しかも、保温時も必要な水分が逃げるのを抑え、保温したごはんのうるおいを保ちます。

大火力で包み込む「かまどヒーター」

釜の羽に密着して、じかに熱を伝える「かまどヒーター」。側面からの加熱を約1.7倍※1に強化することで、大火力を生み出しました。さらに、底・ふたヒーターからの加熱も強く、かまどの炎のような強火で、お米一粒一粒に熱を行き渡らせます。

※1当社従来品平成21年 NP-RD型胴ヒーター 35W、NP-QS型胴ヒーター30W+かまどヒーター30Wとの比較

大火力を閉じ込める「空気断熱層」

スプリング(ばね)構造のかまどヒーターの上に釜の羽が乗り、羽釜と本体部分が密着。そこに生まれる「空気断熱層」が、高い蓄熱・断熱効果を発揮し、釜内から熱を逃しません。羽釜炊きの大火力を閉じこめて、ごはんの粘りや弾力を目覚めさせます。

独自の炊飯機能

象印 炊飯器 プラチナコート内釜

象印 炊飯器 わが家炊き

象印 7種炊き分け

拡大表示

甘み&うまみUP! 「プラチナコート」

ナノプラチナに遠赤外線効果のあるセラミックスを結合させた素材※2を、釜の内側にコーティング。プラチナの触媒作用で、水が弱アルカリ性に変化し、お米の芯まで浸透しやすくします。遠赤外線効果で熱が伝わりやすくなり、ごはんの甘み成分(還元糖)が約60%※3、うまみ成分(アミノ酸)が約10%※3アップします。

※2 遠赤外線最大放射率約94%のセラミックス素材。JIS R 1693-1:2012に基づく 一般財団法人ファインセラミックスセンター調べ。

※3 平成21年当社従来品プラチナコートなしの釜NP-RB型との比較 甘み成分の一つである還元糖量NP-RB型0.074mg/gとNP-QS型0.119mg/g、うまみ成分のひとつであるアミノ酸量NP-RB型94nmol/gとNP-QS型104nmol/gとの比較。当社自社基準による東京農業大学調べ。

好みの味へ進化「わが家炊き」

前回の炊きあがりの感想を、アンケートに回答するだけで、使用するたびにわが家好みの味へと近づいていきます。最大49通りの炊き方があり、好みの味にピッタリと炊けます。

1. 「わが家炊き」メニューを選択

2. 前回の炊きあがり感想をかたさの項目から選ぶ

3. 粘りの感想を選ぶ

4. 選び終わると設定完了。好みの味に。

7通りの好みの食感「炊き分け圧力」

圧力の強さと、圧力をかける時間を調整して、しゃっきりからもちもちまで好みの食感や料理に合わせて炊き分けられます。雑穀米や玄米などの健康メニューもおいしく炊けます。

シンプルなバリエーション

熟成炊き~白米

炊飯時間を延長し、予熱に時間をかけて、お米の芯までじっくりと吸水させます。α化を促進するので、お米の甘み成分(溶出還元糖)が約2.3倍※4になります。

※4 白米メニューで炊いた時と熟成炊きメニューで炊いた時の溶出還 元糖量測定値 白米ふつう 0.084mg/g、熟成炊き(白米) 0.194mg/g 当社自社基準による 東京農業大学調べ

熟成炊き~玄米

予熱、炊飯時間を長くして、ごはんの味わいを深める熟成炊き。玄米専用フローを新たに開発しました。GABAが約1.4倍※5、お米の甘み成分(溶出還元糖)も約2.3倍※6になります。

※5玄米メニューで炊いた時のGABA5mg/100gと、熟成炊き(玄米)で炊いた時のGABA7.1mg/100gとの比較

※6玄米メニューで炊いた時と熟成炊きメニューで炊いた時の溶出還元糖量測定値 玄米0.015mg/g、熟成炊き(玄米) 0.035mg/g 当社自社基準による 東京農業大学調べ

かまど極めメニュー

香り豊かなおこげを炊く「かまど極めメニュー」

湯の子メニュー

おこげを一段と楽しむ「湯の子メニュー」。おこげを内釜に残し、水を入れて炊くと、伝統的な「湯の子」が楽しめます。

その他の炊飯メニュー

◆「やわらかごはん」メニュー

ごはんのやわらかさ加減は「やわらか」と「よりやわらか」の2通りの食感が選べます。「白米ふつう」よりやわらかめに、「おかゆ」よりかために炊き上がります。

◆「金芽米」メニュー※7

胚芽の基底部と亜糊粉層(あこふんそう)をバランスよく残し、高い栄養価とおいしさを両立させた金芽米が炊けます。※7 金芽米は東洋ライス株式会社の登録商標です。

◆「エコ炊飯」メニュー※8

エコ炊飯メニューを選択すると、消費電力量を抑えながら炊飯します。エコ炊飯:111Wh、白米ふつう:169Wh (炊飯電力量比較(Wh/回) カップ数:2カップ、室温23℃±2℃)※8 2合炊飯時 省エネ特定機器「電気ジャー炊飯器」の測定方法による。お買い上げ時は「エコ炊飯」に設定されています。お好みにあわせて炊飯コースをお選びください。

◆「蒸気セーブ」メニュー

蒸気量を約80% ※9抑え、レンジ台などの天板の結露を抑えます。 ※9 2合炊飯時 白米ふつう選択時 排出蒸気量32.8gと蒸気セーブ選択時 排出蒸気量5.0g。室温23度で測定、自社基準による当社測定値。尚、蒸気量は抑えられますが、結露ややけどにご注意ください。周囲の環境などによって蒸気量は異なります。

その他の機能

◆30時間おいしく保温「うるつや保温」※10

釜内の温度を最適にコントロールすることで30時間おいしく保温できる「うるつや保温」。また、温かいごはんを食べたい方におすすめの「高め保温」メニューや保温しない方におすすめの「保温なし」メニューもあります。 ※10 メニューによって異なります。取扱説明書をご確認ください。

◆保温見張り番

人工知能AIとうるおいセンサーが釜内のごはん量を推測し、季節に関係なく最適な保温温度にコントロール。炊きあがりのおいしさをキープします。

◆4つのセンサー

4つのセンサーで、細かく火力や保温温度をコントロール。センサーが釜内温度を見守り、最適な温度調整をするので、羽釜炊きのおいしさが最大限に引きだされます。

もちろん美味しいし保温機能も優れていると思います。けどこれだけの値段の炊飯器が自分に必要だったのだろうか、とは思います。もっと価格の安いのでも十分だったような気がします。.

うちに象印 炊飯器 圧力ih式 5. 5合 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック np-wt10-bzもあるので使用感など比較していきたいと思います。5. 5合炊きには象印 圧力ih炊飯器 南部鉄器極め羽釜 5. 5合 プライムブラック np-wu10-bzという後継機種もありますがカタログで見たところだと少し圧力が違うのかな?という違いはあるもののさほど変わらないかなーとは思っています。まず、大きさは無論3. 5合炊きの方が小さいので圧倒的に場所を取りませんね。うちは食器棚の真ん中が空いてて炊飯器とレンジが置けるものを使用しているのですが、5. 5合炊きだと炊飯器を開いた時に上の扉に当たるんです。ちなみに開いた状態の高さは5. 5合が約43センチです。食器戸棚の扉に当たるというのは気になる方は気になると思うので要注意です。うちは2人暮らしなので3. 5合が最適ですが、大人数が来た時などに多めに炊いておきたいとか保温が素晴らしいので一気に炊いて食べたい時に食べたい方などで用途によっての機種選定が違うと思うのですが、炊きあがりの仕上がりの違いを見てみました。同じコースで米1合を同時に炊いてみたのですが、炊きあがった瞬間の見た感じでは5. 5合が少しべたっと感があり、3.

12015年に購入 釜のコーテングが現時点までに3回剥がれました、2回までは無償期間で交換してもらいました。3回目は期間外なので有償になるといわれ、交渉して無料で交換してもらうようになりました。メーカー側に聞きましたら、コーテングが体内に入っても無害といってましたし、コーテング剥がれは、使用していると剥がれるといってました。取説にも記載してあるともいってた。羽釜は、消耗品ですねといったら、いいえ消耗(コーテングを指していると思いますが)はしますが、羽釜は消耗品ではありませんといってました。コーテング剥がれで釜が使用できなくなれば消耗品だと思います。もっとメーカーで羽釜は消耗品ですと強く告知すべきであると思います。もし、このタイプの炊飯器を購入予定の方は高額の羽釜を定期的交換をしなければ、ならないこと覚悟する必要があります。自分は、二度と買わないし、人にも勧めません。今は高い買い物をした後悔しています。.

値段は高い。コメを炊く時間も長い。内蓋洗浄取り付け面倒くさい。炊き上がったあともピーピー音がうるさい。おきまりで炊き上がりの状態は事前の水調整で大きく左右する(当たり前)もうちょっと安いヤツでも同じかも???.

十数年使った炊飯器からの買い替えです。小型で場所も取らず美味しくご飯が炊けました。家族の好みに合わせて硬め~柔らかめと調整できるのが良いですね。機能が多く最初は戸惑いましたが、好みの炊き方を一度設定してしまえば後はボタン一つです。南部鉄器の内釜が多少重く感じましたが美味しいご飯の為なら許容範囲内です。これからの新米が楽しみ!.

象印さんの炊飯器を代々、使ってきておりますが、今回大きく期待して、こちらの商品を購入。残念ですが日本全国の有名なお米で、様々な炊き方を試しましたが、この当方が購入した品は良くなかったです。メーカーに送付し、テストの結果、お釜と、上蓋を交換の上、温度など調整の上、近日、戻ってきます。50代、80代の実感でどのお米を炊いても美味しくない。保温も美味しくない。これは象印さんの、この商品が悪いのでは無く、個別単品での問題だと思います。ただ高額品ですので最初からベストな状態であれば良かったですが。まあ、戻ってくるのを楽しみにしつつ。.

素直に美味しいです。半合炊いたり半合分保温して食べた結果外食のご飯が美味しく無いと感じる事が多くなりました。ただ価格対費用で考える方にはダメでしょうね。かく言う私も色々食べ比べとかしてませんので、各社の炊飯器持ち寄り食べ比べが出来たら最高ですが。.

2016年の9月に買って使ってるけど、2017年6月の今まで「美味しい」と思える炊き具合になった事がない。取説も丁寧に読んでちゃんと使ってるのになぁ。以前使ってた安物の方が美味しく炊けてたような気がする。この値段でこれじゃぁガッカリ。使った後、二重になっている内蓋を洗うのも面倒だし。2018.05追加:いつの間にか内釜のコーティングが泡だったように白浮きして剥がれ、サビまで出てきた。色々調べたら人体に影響ないとか書いてあるけど・・・。よくまあこんなもんを売るなぁ。1度も満足しないまま捨てるぞ。2度とこのメーカーには手を出しません。.

これまで五合炊きを使っていましたが、家族が少なくなって初めて三合炊を買いました。あまりに御釜が小さくて、おままごとしてるような感じでした。南部鉄は確かに重いですがこちらは小さいので大丈夫でした。圧が相当かかっているのか、もっちり感はあります。サッパリゴハンが好みの人は圧力はいらないのかも!なるべく保温したくないので毎回一合、一合半炊いてます。パナ、三菱、タイガーとずいぶん迷いましたが、冒険して後悔したくなかったので、35年間一番多く使ってたのが象印だったのでこれに決めました。他の製品と比べられないので、価格に見合うかはわからないですが、毎日美味しいご飯をいただいています。.

未使用中古とのことだったが、釜が南部鉄器じゃないのがついていた。返品したが腹立たしい。.

5号炊きは、一人暮らし~2人家族に最適。少人数家族でも、フラッグシップ機の味を堪能できます。南部鉄器への興味やブランド性を感じる方にもオススメ。サイズは小ぶりですが、本体そのものは重くどっしりとしています。外観の質感は深く艶のあるブラックで、高級感と存在感はバツグン。内蓋など、メンテナンス性はこのクラスの中では平均的だと思います。羽釜は小ぶりで女性でも苦にならない重さ。毎日扱う中で、これはウレシイです。家族は少ないが、最高の釜で美味しいご飯を炊きたい、という有力な候補になるでしょう。.

 2016年に購入、半年後に内釜のコーティングがはがれて交換。今回再びコーティングがはがれてきました。歴代の炊飯器で初めての経験です。交換していただいた時にはなにかしら対策品になっているかと思いましたが、そうでもなかったみたいですね。象印さんの商品は過去にも使用してきたのですが、これほどひどい物には初めて当たりました。.

象印社のフラッグシップはひとつひとつ手作りの南部鉄器内釜が特徴であり、まさにそこにこの製品の全てがあると思われる。これまでは5万円程度ランクの象印社の(南部鉄器内釜ではない極め羽釜、以降無印極め羽釜と記載)品を使っていたのだが、お米は純粋にこちらのほうが美味しく炊けた。やはり熱伝導に優れた鉄を使った使った重量のある内釜であることで『はじめちょろちょろ、中ぱっぱ』に調節が可能なのだと思われる。同じ米がひと口目でわかるほどにより甘く、一粒づつのテクスチャーとして際立っているのを楽しむことができた。しかしながら1万円台の品物から5万円台の品物に変えた時のような圧倒的な変化としては弱く、しっかり値段を見極めて(場合によっては型落ち品を選ぶのも手かもしれない。ついでに記載するとすると、味を追求する向きには無印極め羽釜よりも南部鉄器内釜の型落ちの方が良いかもしれない)ただし、保温に関してはちょっと疑問がある。無印極め羽釜のときにはなかったのだが、20時間近く保温していると、釜の底部分の米がやや黄色に変色してくる。ヒーターが強すぎるのではないだろうか。ヒーターの強化をしたのは美味しく炊くための必然なのかもしれないが、改良を望みたい。また、蓋を閉める時に炊飯ボタンを間違って押してしまいやすいため、デザインの改良も望みたいところである。まとめると、お金があるならこれを! 満足できるはず!!.

これに変える前は2~3万円台のデジタル表示の炊飯器でした。それでも十分おいしかったのですが、高額炊飯器の噂を聞き、これに買い換えました。炊けたご飯は今までで最高です。南部鉄器釜というのが、私にはアピールして、数ある高額機種の中でこれを選びました。重い、というレビューがありましたが、3. 5合のこちらはどうってことないです。80になる父が、これで炊いたご飯を、『昔の美味い飯』と言いました。前の炊飯器は、2合~3合を30分ぐらいで炊いたのですが、これは70分以上かかります。水加減も前より少なめでちょうどよく、やはり鉄器だからかと思っています。星4つなのは、機能が多すぎてめんどうくさいことです。使わなくても不必要な機能があり、表示を見るのがわずわらしいです。.

半年程度、白米しか炊いておらず何も問題なかったのですが、この炊飯器で初めて炊き込みご飯を作ったら写真のような剥がれができました。直接、象印に問い合わせし無料で内釜を交換してもらいましたが、また剥がれたら3万くらいの内釜だけ購入しないといけないと思うと購入するには高かったかなと思います。.

味はもちろん良くなりますが、何よりすごいのが保温33時間可能な事。33時間後のもの、目つぶって炊きたてとわかる人は100人中1人いないのではないか。素晴らしい買い物です。.

2017・1月に購入。南部鉄器羽釜と「我が家炊き」という自分好みの炊き加減が出来るところに惹かれたが今だこれというものを見つけれていおらず南部鉄器のありがたみも感じていない。そうこうしているうちに(他の方も書かれているが)内釜のフッ素被膜に気泡が入り挙句に剥がれてしまった。象印のhpには食べてしまっても問題ないとあるがやはり気持ちのいいものではないので交換したが2つ目の内釜はフッ素被膜どころかその下まで剥がれて金属の地が見えてしまったので今3つ目の内釜のを発注中。これでなんの対策もされていなかったら内釜メーカー保証の3年が経過次第他社に乗り換えようと思っている。(ちなみに内釜は実費購入すると3万オーバーです).

これだけ高価なものを買えばさぞかし美味しいお米が食べられるだろう!と期待しての購入でした。味はまずますかと思います。しかしすぐに内釜のコーティングが剥がれてきました。体にも悪そうだしメーカーに問い合わせると、交換してくれました。が、またしてもすぐに剥がれてしまいました。再度の交換は3万以上する釜を自費で購入せねばならず、断念。仕方なく使い続けていると、剥がれた箇所からどんどんえぐれてきました。こんな炊飯器見たことないです。せめて1万円くらいで交換できればな。.

ベスト 象印 炊飯器 3.5合 圧力ih式 南部鉄器極め羽釜 プライムブラック Np-Qs06-Bz レビュー