象印マホービン(ZOJIRUSHI) 象印 炊飯器 一升 Ih式 極め炊き ホワイト Np-Xb18-Wa – ホームセンターコメリで9980円で買った感想

「保温が30時間できる」を売りにしている商品で、その通り、30時間内ならご飯が固くならず、臭い匂いも発生せず、快適に食べられます。30時間を超えると、所々固まってきますが、それでも嫌な臭いは全く発生しません。しかし、「米がおいしい」とは 炊き立てだろうが一切感じません。ihゆえか「みずみずしく味がしない」という味の感想です。ご飯をおいしく感じられる炊飯ジャーとは数万円以上(5万クラス)じゃないと駄目だなと思います。.

5号の内釜が剥がれてきた為思い切って一升炊きを購入。早速蓋が歪んでいて不良品でした。初めて炊いて食べた感想は、お米の味がしない。匂いがしない。でした。保温も12時間後に食べたら電気炊飯器特有の匂いがしました。返品します.

使用して10日ほどたちますが、今のところ特に問題なく炊けています。基本的にかために炊くよう設定されてるみたいなのでいつも目盛りより多く水を足して炊いています。保温は高熱ですので釜を持ち上げる時注意が必要になります。.

耐久性に優れていたので同社の22年物のマイコン炊飯器からの買い替え。味は何も変わらず、米には艶なし。うちの米が悪いのか、もっと上位モデルを買わないと美味い米は食べられないのかわかりませんが買い替えた意味は特に無かった。.

しっかりと蓋は締まるし味も悪くない。.

今までの物が壊れたので買い換えた。同じお米なのご飯がもちもちと美味しくなった。機器は確実に進化している。.

一人暮らしを始める時にsharpのks-c5eを買い、お祭りの景品でhaierのjj-m30a(いずれも3合)を手に入れ、両方とも使いました。初期の頃の記憶はほとんどありませんが、使っているうちに炊きあがった時点でご飯が釜にこびりついていたり、保温していると数時間で表面がカピカピになったりしていました。あまりに不便だったので、圧力鍋を買ってからは圧力鍋で5合ほど炊き、炊けたらすぐラップに平たく包んで冷凍……ということをやってました。圧力鍋は炊飯器のご飯釜みたいに洗いやすくないので、結局洗うのに手間がかかり、ストレスに。ラップ詰めスタイルは、1食分の量がある程度固定されてしまうため、「ちょっと足りない」とか「ちょっと多い」なんてことも我慢しなくてはならず、これもストレス。シャイニー薊が動画で公開した「沼」「マグマ」をやりたいのと、炊飯コストを下げる目的で購入。象印を選んだのは、似た会社でどう違うのか知りたくて選んだタイガーのskh-a100-sf(スマートブレンダー)が納得いかないデキだったのと、実家で15年は漫然と使っているであろう炊飯器が象印で、一人暮らしを始めてから使った炊飯器のような不便さを感じたことは一度もなかったから。そろそろ購入して2ヶ月になります。圧力鍋での炊飯はしなくなりました。味の面では、圧力鍋にやや利があったように思いますが、どうしても吸水が偏り、炊きあがりの表面が硬めになる問題がありました。この炊飯器では熱も水も均一に入るのか、仕上がりもフラットで安定してます。20時間、30時間と保温してもご飯がカピカピになることもない。こびりつきもなく、食べきったらすぐ水を入れてやわらかいスポンジで軽くこすればでんぷん質も簡単に落ちます。これが大きかった。洗うための手間が減ったことで、炊飯コストが大きく下がり、自炊が確実にラクになりました。1升サイズであるメリットは沼やマグマをやる時くらいで、白米はずっと2合で炊いてます。それでも特に支障なし。炊飯器の便利さを再確認できました。.

2台目の購入になります、以前はうち釜コーティングが剥がれてご飯がくっ付きました、今回からはうち釜で米とぎをしない様にしますので長く使いたいです。説明にはうち釜で米とぎ出来るとありますが疑問に思います、しかしお買い得なお値段で満足です、炊き上がりも申し分ありません、秋田小町でもちもちの食感でおいしいですよ。.

利点と欠点

メリット

  • お買い得で高性能です。
  • 炊飯器の便利さを再確認できた

デメリット

早炊きでも45分かかるので急いでいるときに不便。味はそんなに美味しくない。象印だからある程度期待していたのと、前の炊飯器が壊れてしまい、すぐ新しいものがその日中に欲しかったため急いで購入してしまったがお値段程度の品って感じ。次はもっとお金を出してでもいい炊飯器を買いたいです。.

特徴 象印 炊飯器 一升 Ih式 極め炊き ホワイト Np-Xb18-Wa

  • (幅×奥行×高さ):28×39×23cm
  • 本体重量(kg):

ベスト 象印 炊飯器 一升 Ih式 極め炊き ホワイト Np-Xb18-Wa レビュー