藤田金属(Fujita-kinzoku) スイト 匠の技 鉄フライパン 28cm 064109 – 使いやすい!

油なじみが終了し、使い勝手が最高です。熱伝導が良いので料理も美味しく仕上がります。もう、テフロン加工には戻れません。一生ものですので大事に使います。.

いい商品を適正価格でありがとうございます。使い込むのが楽しみです。.

ガスで超高温にしてから一気に肉を焼くととても美味しいです。野菜炒めもみずみずしくて美味しいです.

鉄フライパンを初めて購入したのですが、程よい重さがあり大変使いやすいです。使い込めばもっとよくなるフライパンだと思うので、これからが楽しみです。.

日本製です。バランスもいいし、形もすぐ手に馴染みました。お値段以上の価値はあると思います。説明書きも親切でした。.

やっぱり鉄のフライパンにして正解でした!!!鉄のフライパンって取り扱いはそんなに難しくないんです。買ったばかりのときに一回油回しをするのですが、そのやり方次第であとはテフロン加工と同じか、それ以上の粗い扱いでも大丈夫です。この初回の油回しのときに、油を入れ中火(火が側面にはみ出ない程度)で加熱していきます。その際にフライパンを回しながら内側全体に油をを塗るようにして、全体的に黒ずんで来るまで火にかけたまま放っておきます。(油に引火しないように気をつけてください)全体が黒ずんできたら余分な油を取り、少量の油を敷き直し一回野菜炒めでもしてください。この黒ずみが油膜となっていますので、この色を落とさない扱いをすれば、洗剤を使っても大丈夫なはずです。ただ毎回の調理の際には少量の油を垂らし全体に回し、煙が出るくらいまで一旦加熱することが必要ですが、使いやすいフライパンになっていると思いますよ。.

鉄フライパン3台目ですが、1,2台目同様歪みます。IHの場合、1.6mmではだめです。2mm以上じゃないと。2014年8月に2.3mm厚に買い換えています。歪んでいません。.

低価格だったので、試しに購入しました。使い勝手も良く手入れも簡単です。毎日の様に使うので、洗って乾かすだけです。.

利点と欠点

メリット

  • 洗剤を使ってもOK! ただし。。。
  • 4年2カ月間使い続けています。
  • テフロンフライパンから鉄フライパン初購入

デメリット

初めて行ったコーティングする作業が楽しかったです。焼きを入れて油をまわして、フライパンをコーティングする。失敗してもやすりで削ってやり直せますので、ずっと使えます。キッチンがIHでしたので少しやりにくかったです。ガスの物も最近のは熱を感知して、火が勝手に弱くなる仕様のものもあります。そういうのがついていないコンロがやりやすいです。ずっと使っていこうと思っています。.

購入して大分なりますが、すっかり無くてはならない存在になっていますとても使いやすいです.

毎回油を塗るのが面倒でステンレスのものへ買い替えてしまいました。そしてやはり重いです。.

約5年使っていますが、真ん中が盛り上がるので真ん中がこびりつく薄いのが原因なのか使い始めてしばらくしたら変形した。そのまま使っていますが、真ん中守りあがるため油が回らない。もっと肉厚な鉄フライパンなら良いのかな?.

初めて鉄のフライパンで不安でしたが、空焚きを1時間近くやり、油ならしを2~3回して使い始めましたが、こびり付くことなく、火加減は抑え気味ですがテフロン加工のフライパンと変わらない快適さです。しかも美味しそうに焼けます。使用後は亀の子タワシで水洗いし、火にかけて少し煙が出たら油を入れておき食事後に油をポットに戻しキッチンペーパーで拭いて収納してます。炒め用も購入検討中です。.

鉄のフライパンを探していました。手頃な買い物ができました。アルミに、コーティングしてあるものとは使い心地が違い、良かったです。.

28センチの大きいフライパンは初めて購入したのですが、とても使いやすいです。フライパンの高さもあるので具材も飛び散らずとても満足しています。    今では普通の煮物にも使っています。何よりもこの値段の安さにびっくりです。 .

And there are scratches on the new piece. I chose this product because it is iron without any coating.

低価格だったので、試しに購入しました。使い勝手も良く手入れも簡単です。毎日の様に使うので、洗って乾かすだけです。焦げ付きもそんなにないし、たわしでこするだけ!もっと早く鉄のフライパンにしたおけばよかったと思います。もう少し育てるともっと良くなりそうです。.

特徴 スイト 匠の技 鉄フライパン 28cm 064109

  • サイズ:約28×46×10.5cm
  • 本体重量:約1160g
  • 素材・材質:本体/普通鋼板(表面加工/クリヤー焼付塗装)、取っ手/アルミ・フェノール樹脂
  • 原産国:日本
  • 対応熱源:200V、IHクッキングヒーター(電磁調理器)対応。IH以外の熱源(ガス・シーズーヒーター・ハロゲンヒーター等)にも利用可能

メーカーより

便利を兼ね備えた鉄フライパン

中華鍋 鉄フライパン フライパン

中華鍋 鉄フライパン フライパン

中華鍋 鉄フライパン フライパン

中華鍋 鉄フライパン フライパン

鉄のフライパン3つのメリット

1.長く使える

使い込むほどに油がなじみ、使いやすくなり、長く使うことが出来る

2.鉄分が補給できる

健やかな体に必要な鉄分を調理後の料理から摂取することができる

3.美味しく仕上がる

鍋肌に油がしっとり馴染み、余分な「油分」「水分」が食材に戻らないから美味しく調理ができる

食材をふっくらと焼き上げる

強い火力で短時間で調理する事ができる

熱伝導率が良く、保温性が高い鉄の特性で、食材をふっくらと焼き上げる

表面はカリッと、中はジューシーに焼き上げてくれるので、お肉の旨味をしっかりと閉じ込めてくれる

野菜を一緒に炒めても、余計な水分が出ないのも大きなポイント

【おすすめ料理】ステーキ、チャーハン、餃子、酢豚

樹脂製の取っ手

握りやすく、熱くなりにくい持ち手

アップハンドルタイプ

アップハンドルタイプで蓋が浮かずにしまる

フライパン

鉄製調理器具の知識とお手入れ方法

【クリアー塗装タイプ】鉄製のみに施してあるサビ止め塗装。鉄は錆びやすい材質。クリアー塗装とは手元に届くまでの表面加工なので、使用前に「油ならし」が必要となる

【なぜ「油ならし」をするのか】油を馴染ませるのに必要な処理だから。フライパンに油が馴染むと、焦げ付きにくくサビにくくなる。これはフライパン表面の酸化被膜に小さな穴がたくさん開いていて、この穴に油が入り込んでフライパンの表面に薄く油の膜が作られるため

【油ならしの方法】1.ガス火でフライパンを熱する※中火以下にし、底面から炎が出ないように注意する2.大さじ4~5杯の油をまわし入れ全体に行き渡るまで、ゆっくりフライパンを回す3.全体が黒っぽく変色したら、火を止め余分な油をオイルポットに戻し、コンロの上でゆっくり冷却させる4.フライパンが冷めたら、キッチンペーパーで内側をまんべんなく油が馴染むように拭く

【使用後のお手入れ】・使用後は温かいうちにパームタワシ、ササラ等で洗剤をつけずにお湯で洗う(洗剤を使用すると表面の油膜がなくなるので) 洗浄後、加熱し水気を飛ばし、その後油を薄く塗る。又、長期間使用により本体全体に油が十分なじみ表面が水をはじく様な状態になれば、洗浄後に布やペーパータオルなどで水気を拭き取るだけでも・使用後汚れがひどく洗剤を使用して洗った場合は、加熱し水気をとばしてから油を薄く塗るこげがひどくとれない場合はお湯を入れ煮立たせ、焦げがやわらかくなったらナイロンタワシなどでこする。その後洗浄し、水気をとばし薄く油を塗っておく。又、こすった箇所が白っぽくなるが使用には問題はない・こげがひどい場合やサビが発生した場合は、金属タワシやナイロンタワシなどで強く擦り、こげやサビを取り除く。その後、洗浄し水気を飛ばし油を塗る。その場合、表面にこすり傷が出来た場合でも使用には問題はない・食器洗浄機・食器乾燥機は使用しない

藤田金属ならではの日本製で丁寧に仕上げた商品

中華鍋 鉄フライパン フライパン

中華鍋 鉄フライパン フライパン

中華鍋 鉄フライパン フライパン

豊かさとはゆとりである。藤田金属はそう考える

フライパンを作っている会社としては、1年ごとにフライパンを買い替えてもらったほうがたくさん売れるが、より良いものを使って欲しいという思いで鉄フライパンを作っている。かと言って、ステンレスやアルミ製のものを否定しているわけではなく、朝の忙しく時間がないときは、ステンレスやアルミ製のもので手早く料理をする、それは、絶対に必要なこと。でも、例えば休みの日とか時間に余裕があるときに、子どもと一緒に少しこだわった料理を鉄フライパンで作る。さらに鉄フライパンと交互に使うことで、アルミ&ステンレス製の寿命が今までより長くなる=買い替える頻度が遅くなる。鉄フライパンが、そんな心のゆとりを過ごすシーンに貢献できればという想いがある

ヘラ絞り

ヘラ絞りという技術でフライパンの形へ成型していく。この技術を使うことで、側面が薄く成型され、20%ぐらい軽くなる

異なる焼きムラは1つ1つ手作業している証

日本製

日本製で丁寧に仕上げた商品

【使用の際の注意点】・鉄製フライパンは、フッ素樹脂加工と同じ様な感覚で使用すると素材を焦がしてしまう・焦げ付かないようにする為には、油の適正量を見極めること、火加減を調節する事が大切・ゴボウ・レンコン・モヤシなどの炒め物が黒っぽくなる場合がある、それはフライパンの「鉄分」と「野菜の37色素成分」が反応するため。無害なので召し上がってもまったく問題はない但し、調理後一晩経過したなど、時間が経ち過ぎた場合は鉄のニオイが強くなる。害はなくてもあまり美味しいと感じられないはず。味見して召し上がるか判断する・本体のニオイ移り、極端な材料の変色を防ぐために、火を止めたらすぐに別の容器に移し替える現状では黒くならない方法はない・調理が終わったら料理を別の容器に移す料理に含まれる塩分等によりサビやすくなる。煮物や汁物も適していない・「急加熱・急冷却」することにより本体中央部が膨らむのとヒビ割れの原因となるので「急加熱・急冷却」しないこと

中華鍋 鉄フライパン フライパン 中華鍋 鉄フライパン フライパン 中華鍋 鉄フライパン フライパン 中華鍋 鉄フライパン フライパン
鉄フライパン 鉄フライパン 鉄フライパン 鉄フライパン
サイズ 20cm 24cm 26cm 28cm

中華鍋 鉄フライパン フライパン 中華鍋 鉄フライパン フライパン 中華鍋 鉄フライパン フライパン
鉄いため鍋 中華鍋 (片手) 中華鍋 (片手)
サイズ 28cm 28cm 30cm

かっこいいてす。所有してみて、料理が上手くなりそう。まだ油が馴染んでなくて、焦げます。メンテナンスはしっかりしないとね。.

ティファールからの買い替えです。初鉄フライパン。中華鍋を持っているので使い方などは同じ感じかなと思っていましたが、はじめの頃は火加減がとても難しかったです。ただ手入れは簡単だし、チャーハンも美味しく作れるし、満足です。少し重いので、炒め物系は慣れが必要かな…。.

ガスコンロ程度の火力では、時間がかかるため ガストーチを使用し表面処理を焼き尽くしました。後は、油を塗り 準備ok焦げ付きも無く 仮に、焦げ付いてもスチールたわしで手荒く擦れるのでgood.

使ったら直ぐにお湯で洗って、錆び防止に薄く油を塗ります。ちょっとだけ油を垂らしてキッチンペーパーで拭き取っています。2015年に買い、今も毎日使っています。それまではテフロンフライパンを使っていましたが、テフロンの効果はすぐなくなるので、鉄のフライパンはかなりお勧めです。鉄だとお手入れが大変なんだイメージがあり、なかなか手を出せずにいましたが、使ってみれば何も大変ではないし、何よりも長持ちするのが魅力的です。鉄なのでガリガリ擦っても大丈夫でとても丈夫です。そう言えば、貧血対策も考えて鉄のフライパンにしましたが、かかりつけのお医者さんにも「鉄のフライパンがいいよ」と言われました。最初の油慣らしが怖くて上手くいかずフライパンの会社にお電話したところ、とても丁寧に教えて下さいました。近々こちらの会社の中華鍋か北京鍋も買う予定です。.

同じフライパンのサイズ違い(28cm)を購入後に買いました。28cmだと玉子1個でのオムレツなど少量の調理がやはり使いづらいのと重いので女性には向かないところもあったのが理由です。鉄のフライパンで作りはしっかりしていますから使用感はかなり安定しています。気になる焦げ付きも最初にしっかり手入れをすれば、後はあまり気にせず気楽に使えます。ポイントはやはり「油を敷く前の一番最初の空焼き」です。私は包装を解いてから油をつけずに2時間以上火にかけました。表面がどんどん変色していきますが最低でも表面に虹色の光沢が出るようになるまで加熱が必要です。出来ればそこから更に鈍いグレーに変わるまで加熱するとバッチリです。十分に加熱したら今後は使い古しの油でいいのでフライパンの3分の2位の量を入れて軽く湯気が出るくらいまで加熱し、その後一番弱火にして30分間火にかけてください。そのあとは油を捨てて出来上がりです。添付の説明書通りにすると失敗するので、必ず油を敷かずに空焼きして下さい。後は使用する前、油を敷かない状態で毎回必ず加熱する事と、油はやや多めにする事でほぼ焦げ付きなく使えます。鉄製なので鉄分補給にも良いらしいです。使用後は絶対洗剤を付けてはいけません。ササラなどでお湯でさっと流すだけで十分です。後はさびやすいので金属部分に油を塗ってから収納するくらい。油の膜が出来たらホントにくっつかなくなるので気長に大事にフライパンを育ててあげて下さい。きちんとすれば一生ものになります。.

Ihのため最初のシーズニングに手間取りましたが、その後は焦げ付くこともなく大変使いやすいです。耐久性も十分あると思います。.

購入してから2ヶ月がたちました。一般に鉄鍋は重くて取っ手が熱くて扱うのが大変というものですが、この商品は取っ手の部分が熱くなりません。重いのは重いのですが、見ての通り、反対側に別の取っ手があるので料理で重くなったときはそこを掴んで動かせます。もちろん火の通りも良いし、四川や中華料理を作ったりするのにとても重宝してます。.

購入して10ヶ月ほどになりますが大いに活躍中です。空焼きは十分にして油をタップリ引くことがおすすめです。使い終わったら軽い汚れの時は水だけでさっと流して、汚れがひどい時は洗剤も併用して洗ってからコンロにで加熱して十分に油を引いてから余分油をキッチンペーパーでふき取っておくと次回の使うときには、必要に応じて油の引く量を加減するだけで快適に使っています。炒めるものによっては多少焦げ付くこともありますが、使用後にぬるま湯を張って少し置いてから洗ううと綺麗に落ちます。タワシokです。.

テレビショッピングの焦げ付かないフライパン、有名な取っ手の取れるフライパン…高価なフライパンを使ってきましたが、扱いが悪いのか全て焦付き捨てました。結局、扱いが難しいと思っていた鉄のフライパンが一番良かったです。最初の手順だけ守れば誰でも大丈夫!.

取っ手も持ちやすく鉄フライパンの耐久性はやはり魅力的コーティングフライパンと用途を使い分けるといいと思います。.

この度はありがとうございます。IH対応・フライパンの軽さを選択いたしました。軽さを求めたことで、少しフライパンの薄さが気になりましたことと、いままで洗剤を使い後づけしておりましたので・・・戸惑いもあります。使いこなして自分の物にしていきたいと思っております。.

大きさ重量とも非常に扱いやすく、購入して正解でした。また、価格もフッ素加工フライパンと変わらずとても良かったです。最初がシルバーの色合いでしたが、毎日使っているので、だいぶ焼き色がついてきて、本人的にはいい感じになってきたと思っています。これからも長く使っていけそうです。.

テフロンのフライパンを持っているが、2~3年でダメにして燃やせないゴミに出すのは不経済だし炒めものに満足できなかったので26cmの鉄のフライパンと28cmの炒め鍋を買った。取説では油を入れて焼く(油ならし)ように書いてあったが、藤田金属のHPでは空焼きとなっていたような?で、空焼きから開始。我が家のガスレンジは1年半ほど前に新品に取り換えたのだが、お利巧ちゃんになってしまい焼いている途中で高温になると火加減を自動で極弱火に調整してしまう。よって、底面を焼き、持ち上げて周囲、さらに10cm位の上に持ち上げ逆さまにして焼いた。20~30分片手で持ち上げたままだったので、ちと腕が疲れた。が、おかげで全体を玉虫色に焼くことができた。次に、熱くなっているフライパンにサラダ油を底面が隠れる程度に入れ、周りまで油を回して焼きを継続。キッチンペーパーで全体に塗り込め、裏も塗り、火を止め自然冷却。それから、クレンザーとスチールウールで磨き、クリア塗装をはがした。(油回しの後に行ったが、空焼きを終えたところでやればよいのかどうかよくわからん。完全にとれたかどうかはわからないけど、ほぼ取れたのではなかろうか)。次に、上記の油回しをまた行い、自然冷却し、余分な油をふき取り一旦終了。鉄臭さをとるためクズ野菜を油炒めして終了。2~3時間後、油返しをして炒飯を作ってみたら、ほとんど焦げ付くことなくおいしく作れた。うっすらとご飯がくっついた箇所があったが、こびりつくほどのことはなく、水を入れて5分後、亀の子たわしでこすったら簡単に取れた。使い込むにつれ、油が馴染み良くなっていくだろう。鉄のフライパンはしっかり加熱し、食材を入れてからは弱火~中火くらいまでが焦げ付かさないためのコツのような気がする。とても良いフライパンで一生ものだと思う。藤田金属の職人さんに感謝。画像ご参考:1~3枚目:わりとうまくいった26cmフライパン、4枚目:ちょっとまだらになった28cmの深炒め鍋【追記】2019/4/2&4また炒飯を作ってみた。パラッパラにしようとして強火を使ってみたら、強烈に焦げ付かしてしまった(ご飯も横着して冷や飯を使ったのと、鉄の熱伝導の良さを忘れて強火が失敗の原因かな)。画像のような玉虫色ではダメだな(裏面はそのままでも構わないと思うが)。焦げを剥がして再び焼き入れたら、底面と底面に近い周りはハガネ色になった。まだまだ「子供」なのに「大人」になったと勘違いしたのが失敗のもと。しっかり時間をかけて育てよう。その後、3~4回炒飯作りを継続。ほんの数日だが、米粒一つくっつかないプライパンになった。自分も火加減とか要領が分かってきたし。底面はまだらになったが、これは使える。画像5枚目は現在の26cm。.

テフロンやダイヤモンドコートが主流の今、鉄を見直すのもよいものでした。.

もう1ヶ月以上使用していますが、焦げ付きがありません。炒め物も気持ち?うまく作れている気がします。料理に凝っているわけではありませんが、男の料理もおいしくできます!.

2014年6月に購入し、今も毎日このフライパンを使っています。長所鉄フライパンとしてはそこまで重くないし取手の部分は鉄じゃないので熱くなることもありません。慣れれば手入れも簡単。普段は洗剤なしでタワシでゴシゴシ洗ってます。洗剤はほとんど使ったことがありません。お湯で流しながらタワシで洗えば綺麗になります。たまにこびりつくこともありますが簡単に油ならしをしてあげるとすぐ治ります。短所最初の色が銀色のせいか油慣らしをしてから色が黒く変色しますが黒くなる具合が一定しないので見た目は汚く見えます。人に見せる時はちょっと恥ずかしい。これからも10年以上はもてるんじゃないかと思うくらい丈夫ですがフライパンの外側に油汚れが目立つようになってお客さんとかに料理するところを見られるのが恥ずかしくなったので買い替えを考え中です。.

Ihだと底が曲がってしまうと聞いて中火で使っていますが十分おいしくできます。この重さなら大丈夫です。.

このくらいのサイズのフライパンは使いやすい。鉄なので、ずっと使える.

テフロンのフライパンを何度も買い換え使用してましたが1年サイクル位で買い換えてたので、思い切って鉄フライパンを初購入がこの鉄フライパンでした。初めに30分程センサー無しの家庭用ガスコンロで空焼きを済まし、以後料理の度に油返しをして。と、言ってもまだ空焼きから4回しか使用してないですが、焼きそばはテフロンでは出せない感じに仕上がり大満足です。油返しは空焼きから1ヶ月位はやった方が良いとの事なので、最初は面倒でもやった方が良いのではないかと思います。焼きそばも全く、くっつく事なく同じ麺にも関わらずテフロン加工がまだ十分だった頃のフライパンと比較してみても今回購入した鉄フライパンの方が味や食感も全然上です。フライパンの素材でこれ程に違う事を知っていたら、もっと早く購入してたと思います。油を使用後に塗り込んだりと手入れの手間はテフロン加工のものより増えますが料理好きな方でまだ鉄フライパンを使用した事のない方は試してみて下さい。空焼きから油返しはググりまくってベストと思われる方法で試してますが、実際の調理用油の使用量はテフロンフライパンの頃より減らせた上に美味しく作れました。総評としては炒め物をする際にプロの調理人が何故に鉄を選択するのか良く理解出来ました。.

料理のくっつき、焦げ付きがなく、とても使いやすい。鉄のフライパンが欲しかったし、インターネットで運良く見つけられて良かった.

しっかりとした処理をすれば、良い仕事をしてくれます。鉄製品は初めの処理で決まりますね。 値段的にも安くて良かったです。.

テフロン加工からの乗り換えです。最初に説明書に書いてある通りに実行。以後も説明書通りに使っていますが苦になりません。それだけ料理が出来映えがいいです。.

今回、20センチの鉄製深鍋を3種類注文。各種それぞれの特徴あり、この鍋は中でも一番深く、鉄でありながら油を塗ることない。鉄鍋の共通点は、鍋全体が薄いので熱が早く伝わり、1000w、4分すぎで沸騰する。一旦加熱すると途中からは弱でもよく非常に経済的。鉄鍋はもう一度見直すべき。.

ベスト スイト 匠の技 鉄フライパン 28cm 064109 買い取り