竹の精(Takenosei) 中華セイロ 直径27cm 蓋・本体セット 19007 – 特にない

野菜を蒸すと竹のいい香りがします。21センチの普通の鍋で使っていますが、蒸篭の少し鍋からはみ出た部分が焦げたことがあったので、蒸し板があったほうがいいかもしれません。.

煮物より蒸す方が良いのでは・・の思いで使用。.

前のが、壊れてしまい新しいものを購入しました。有難う御座いました。.

せいろ受け取り早々使ってみました、なかなかよろしいです、美味しい料理が出来そうです。有り難うございました。.

手持ちのせいろとのサイズが心配でしたが、ピッタリで 満足です。。.

昨年購入した杉の蒸篭が壊れてきたので、杉よりも丈夫だという竹の蒸篭を買いました。・・・のつもりだったのですが、届いてみると、竹なのは二の格子になっているところだけで、側は杉の蒸篭とおなじ木材でできているようです。重さも軽くて、とても強そうにありません(というか、半年前に買った杉の蒸篭のほうが、強くて良く持ちそうな感じです。)竹は杉より強いと聞いて、少したかめのものを買ったつもりだったので、残念です。.

家人が「蒸籠が有れば」と宣うので(実際は『見た目』だよね、多分)と、家庭用として又高価でもない程々の本品を購入した。数度の使用でマア々との評価のだが、載せる釜(ウン10年前の引き物)より僅か大きい。では!と、釜と嵌め合い部分の高さ10mm程の外周削った処大変宜しく為った。使用後の保守で天日干or陰干し乾燥(黴とか雑菌増殖の防止ですネ)等がチト面倒だが、蒸している時の香りとかが独特で、家庭に1つ有っても良いんじゃナイデスか?と云う器具。評価は細部の作り込みが僅か残念な事を差引き4/5ですな。.

利点と欠点

メリット

  • 竹・・ですか?
  • 毎日美味しい野菜
  • 特にない

デメリット

特徴 竹の精(Takenosei) 中華セイロ 直径27cm 蓋・本体セット 19007

  • サイズ:直径27×13.5cm
  • 本体重量(kg):0.610
  • 素材:天然竹・杉
  • 生産国:中国

メーカーより

萬洋 まんよう 竹の精 竹細工 竹工芸 別府 民芸品

竹工芸の町 大分県別府市より

竹製品を中心に日本国内や海外から、業務用テーブルウェア・調理器具を中心に取り揃えている株式会社萬洋

萬洋 まんよう 竹の精 竹細工 竹工芸 別府 民芸品

萬洋 まんよう 竹の精 竹細工 竹工芸 別府 民芸品

竹は集成材にすると、通常の木の無垢材製品に比べ、反り・割れ・狂いが少なく、頑丈で長持ち。 さらに成長が早く、3~5年で材料として使用可能に。 放置竹林や木材不足が問題となる昨今でエコな素材として今注目を集めている。

手仕事の魅力、伝統竹工芸

職人技を受け継ぐ

弓なりに曲がるほどしなやかでありながら驚くべき強靭さを持つ「竹」という素材。

自然がもたらしたその神秘的な素材は、やがて熟練した職人の技により、まさに命が吹き込まれるように人肌の温もりを持つ道具として新たな時を刻み始める。伝統技術で美しく編まれた竹は、器や皿として、籠(かご)、花器として。

また、空間をおしゃれに演出する調度品、プロユース(業務用)の厨房調理器具、からだを労わる健康器具としても、様々な展開をしている。

竹の味わいを今に伝える製品は、実用的な道具にして職人技が光るアートでもある。

萬洋 まんよう 竹の精 竹細工 竹工芸 別府 民芸品

萬洋 まんよう 竹の精 竹細工 竹工芸 別府 民芸品

食器洗浄対応のWash-Lineシリーズは耐熱120℃

使い勝手の良さが魅力だ。

水洗いできてお手入れも簡単、「編む」ことで実現したバスケットや本物に迫る美しさの木目樹脂トレイなど、より生活を楽しくする製品を日々生み出している。

新素材との融合、樹脂製品

時代と共に進化するモノつくり

竹細工が和はもとより洋のスペースまで広がっている今、萬洋は「竹の良さをもっと使い勝手良く」という現代のニーズに応える樹脂製の製品等の開発にも力を注いでいる。

ライフスタイルの変化とともに、フレキシブルにデザインやカラーを変えて。

頑丈・洗えるなどメンテナンスがラクな業務用器・調理器具を、よりもっと身近に届けている。

ベスト 竹の精(Takenosei) 中華セイロ 直径27cm 蓋・本体セット 19007 買い取り