柳宗理(Yanagi Sori) 柳デザイン アルミフライパン セラミックコーティング18㎝ Bkbk フタなし – 問題は耐久性とサポート

セラミックコーティングらしく、調理したものがつるんと皿に流し込めます。工業デザインにこだわりがあるようですが、その点は特に何も感じません。問題は、セラミックコーティングがどれだけ持つかという事ですね。量販店で売っているような、1000円もしない安物は半年でだめになりますが、この製品はどれだけ持つのか、こればかりは実際に使ってみないことにはわかりません。テフロンの場合、コーティング法によってはっきりと差が出るから購入前にめぼしが付くのですが。.

軽い素材の「アルミフライパン」ですから、手首に負担のかからない調理のしやすさがまず挙げられます。2層セラミックコーティングはしっかりと施されており、お手入れが簡単なのは使ってみてすぐに分かりました。本当にこびりつかないですね。蓋と本体の関係も良く考えられています。過熱の際の吹きこぼれを防止するうえでも有用でした。最初はこの形状を見て少し驚きましたが、実用性を重視したデザインだということも理解できました。1ケ月ほど使用しました。常用のフライパンの位置を占めています。.

Ihでの使用ができず、他の人へ譲りました。大きさ、形はよく、気に入っていたのに残念でしたら、.

こんなに毎日使いたくなる調理器具は久々です使うのが楽しみになるのです2点とくに注意するのは、鉄と違って、・空焚きはダメで最初に油をひく事。・中火までの火力でとのこと(強火はダメ)。なれるまでちょっと時間がかかりました。目玉焼き。白味が熱が通り白くなり始めたら、日を止めて蓋を閉じる。黄身がオレンジ色の目玉焼きが出来ました。鮭。焼き目がまんべんなくつき、揚げ焼きのような、今までのテフロンとは一味違う焼きあがり。ピザやパンケーキとも相性が良いと思います。旅館で出される料理にあるような石の上で焼いた感じがします。それでいて、スルーとお皿に落とせるほど、滑りが良いです。スポンジで洗うと、表面は不思議なほど、ツルンツルンを保っています。(食洗機や研磨剤使用はダメです)大きさは、調度良く、重さも使用しやすいギリギリのバランスを取ってあります。ただ、あまりにも滑りが良いので、他のフライパンより注意が必要な所は、これ以上小さいサイズだと、食材が飛び出してしまう事と油を沢山入れると温度が高くなりすぎ、危ないと思います。また、煽るような激しい使い方には向いていません。.

一見すると独特なフォルム部分が無駄に覚えたのですが野菜炒めなどの固形の物も滑らせて盛りやすく誘導しやすく、ソースなどの液体も液だれでフライパンの縁が汚れて汚くなることもかなり防げていい感じです。あとフライパンの蓋もドーム状になっているので高さも有り、蒸し料理等でかなり重宝します。.

アルミ製で表面をセラミックコーティングしているために焦げ付かず便利なのですが個人的には少々重いです。フライパンの面積と厚みも若干低めなので炒め物などで振るときに材料が飛び出すために大きく振るのは難しいですが用途によっては問題ないと思います。それに蓋が付いているのは大変有り難いです。.

左右の張り出しデザイン、セラッミックコーティングの出来合い、底裏面には、yanagi desighnのロゴの刻印、一見して、製作者のものづくりに対するコンセプトと自信を感じさせる製品です。秀逸な製品だと思います。使う側に立ち、4. 9mmの底厚で蓄熱性を向上させている点、ダブルセラミックコーティングによる耐久性の向上、等、良く設計されていると思います。左右の張り出しは、僕は初めて見ましたが、調理物の移し替え時の便宜を考えており、蒸気抜き・吹きこぼれ防止にも大いに役立ちます。外観的には、派手さ、いい意味での奇抜な点はないのですが、その分長期にわたって使用できるものであると思います。欲を言えば、本体はアルミ合金製ですが思ったよりも重いです。それと個人的には、深さがあと0. 5〜1cmでいいと思うのですが、欲しかったです。調理の幅が広がったと思います(ただ、その分、蓋のふくらみがそれをカバーしている面もあるかとは思います)。蓋はステンレス製で、前記しましたが、見た感じ普通の印象ですが、取っ手の形状・大きさは扱いやすいと思います。全体として、何よりも使う側に立ち、実用性を重視して作り込んである優良製品だと思います。.

このような異形のフライパンは初めてです。左右対称になっているのも使いやすいです。返しで取らなくてもこのまま上手くさらに盛れます。コーティングの強度はまだわかりませんがこの手のは一年もてばと思っています。底厚なので広範囲に熱が伝わって煮物等に良いです。通常のフライパンだとカツ丼を2人前作るときに位置を動かしてやらないと中央のみが煮上がってしまったりしていました。蓋も写真では安く見えますが ステンレスのこだわりのある形でとてもオシャレです。蓋は丸に耳がある感じですので他のフライパンにも径が合えば使えます。フライ等の揚げ物厳禁だそうです。自分で選んで購入も良いですが 値段が張りますので贈答などで贈ってもかなり喜ばれる商品と思います。(引越し祝い等).

利点と欠点

メリット

  • 日常使いにちょうどいい
  • デザインは良いけど
  • ツルンツルンです

デメリット

底が厚い、かなり重めのフライパンです。厚底だと熱を蓄えることが出来ますし、予熱があるとセラミックコーティングであることも相まって、目玉焼きなどを作るとき、フライパンにこびりつくことがないです。蓋はフライパンの形状にピシッとハマるようになっていますし、蒸し焼きにも使えます。左右の注ぎ口のおかげで、ぶりの照り焼きを作ったときなどに、たれを滑らかにかけられます。これが結構便利でお皿に料理を盛るときにひっくり返してしまうようなミスをしなくて済みます。取っ手は樹脂製なので、かなり滑りにくいです。重いフライパンなので、こういう取っ手だと安心できます。.

日本はもとより世界的に注目された工業デザイナー「柳 宗理」の鉄フライパンのデザインを元に作られた、非常に使い勝手が良いフライパンです。左右に注ぎ口があり、利き手を選ばずソースやゆで汁をこぼさず注ぐことが出来ます。同形状の蓋が付属しており、蓋をずらす角度を調整することによって、蓋と鍋との隙間を微調整できます。全面ダブルセラミックコートで汚れが落ちやすく滑りも最高レベル、少量の油で調理できるので、ヘルシーです。底面が厚くやや重いですが熱が均一に伝わり、熱伝導率も良く少ない火力できれいな焦げ目でふっくら仕上がります。高価なフライパンですが、本体のみならず蓋や取っ手にも気を配っており、価格に見合った秀逸なフライパンです。.

マーシャン(martian)のカトラリーが大好きで、我が家ではシンプルなものとカジュアルなもの2セットを気分に合わせて使いわけています。で、このフライパンは、「柳宗理」デザインの”なんとmartianフライパン”なのです。martianのナイフやフォーク、スプーンは、非常に洗練された丁寧な仕上げがされていますがこのフライパンも一見して同じく洗練された丁寧な仕上げであることが判ります。樹脂製のハンドル部分、IH対応の底の部分、そして、見事なほどツルツルの内面コートと、そこまで仕上げる必要があるのかと疑問に思えるくらいの外面のキレイさは特筆ものです。最近のフライパンは、3層4層5層と、コーティングの重ねを競っているかのようですがこれはセラミックの2層です。たった2層ですが、この見事なほどのコーティングは、たとえお湯だけでも、たいていの油は流し洗えてしまえるほどです。厚手であることもあり、フライパンを持った感触は、けっこうのずっしり感がありますが、握りやすいハンドルと、考えられたバランスとで、調理中は意外と操りやすいです。この独特の形状も、作ったソースを注ぎやすく垂れにくく、非常に良好で、付属する蓋も、ステンレス製のしっかりとしたもので、簡単に壊れてしまうホームセンターでぶら下がっている蓋とは使い勝手も格段に違います。使うたびに、眺めるたびに、良いフライパンだなあと、満足感に浸れます。.

なによりシンプルなデザインでかっこ良くモノトーンのキッチンにはぴったりです!大きさもちょうど良く使い勝手最高です!.

旧モデルからの買い替えです。ツルツルして、初めは使いにくかったです。フライパンをふった拍子に、炒め物が飛び出してしまって悲しかったことも…。ですが、使い慣れた今では、ツルツルしてくれてて嬉しかったことだらけです。もっと早く買い替えればよかったです。柳総理の用品はどれも使い勝手がよく感心しますが、こちらには感動しました。.

使いやすい、焦げ付かない、洗いがごく簡単、べすと7サイズ今まで使った中では、最高使い始めて約1ケ月、コーティングの耐久で評価が変わるかも。.

セラミックコーティングのフライパンを初めて使ってみた。予想以上にこびり付きが少なく洗うのが簡単だった。一番の売りである、左右の注ぎ口はかなり使える。両側にあるので利き手を選ばないのも良い。不満な点は三つ。1. 注ぎ口が中心ではない為、蓋に向きがある事。隙間を開ける事をメインに考えると、その方が都合が良いのかもしれないが。2. Ih対応と厚手の為、女性には少し重いかも。男性には程よい重さでフライパンを振り易い。軽いと振り過ぎて、中身が飛び出した事があるし。3. 蓋の材質がステンレスの為、フライパンにかぶせた状態で隙間を開けようと回転させると接触面のセラミックコーティングが剥がれるようだ。注意書きにも「持ち上げて回転させる」「接触させたまま回転させない」とあるが使う時にそんな気遣いはしないのでは?3項目とも、使う人が理解した上で使えば問題ない事ではある。結構なお値段なので、あえて不満点として挙げた。結論として、料理が楽しくなるフライパンであることは間違いない。.

早速、ハンバーグを焼いていました。この独特な楕円状のフォルム(レモン様)の使い勝手は如何なものかと案じていましたが、これがまた予想以上に便利です。ハンバーグを焼いた後、そのままソースパンへ早変わり!ソースをかけるときも、タレたりしません。新品なので当然かもしれませんが、お手入れもお湯でさっと流すだけでスッキリきれい!因みに、この25cmパンは、劣弧(楕円の近い方)の内径で、優弧(遠い方)の内径は約28cm。重さは、約900g。(※自宅のスケールで測ったので多少の誤差はあると思います。).

なんといっても特徴的なこのフォルムがこのフライパンの全てです。焦げ付き難いコーティングなどは割とそれなりに良いお値段のフラパンなら当たり前なものだと思います。それでもこのフライパンを選ぶ理由はただひとつでそれがこの両端が注ぎ口の様になっているフォルムです。炒め物からちょっと煮汁のでるものまで完成のお皿に直接盛りつけ易いです。通常のフライパンだとちょっと盛りつけ時にこぼれてしまったりする事ありますがこのフライパンはそういった細かなストレスを解消してくれます。だからなんだと思われるかもしれませんが、こういったちょっとした部分にフォーカスして対応するということ自体が素敵だなと思います。附属している蓋もピッタリですがちょっとずらすことで隙間が生まれ蒸したりなんかもアイデア次第で色々と使えます。見た目も使い勝手も美しいフライパンだと思います。.

特徴 柳デザイン アルミフライパン セラミックコーティング18㎝ Bkbk フタなし

  • サイズ:34×21.8×6.4㎝
  • 本体重量:0.519㎏
  • 素材:本体/アルミニウム合金 (全面2層セラミックコーティング) ハンドル/フェノール樹脂
  • 生産国:中国

厚手だけれど浅めで横に広い楕円形状なので見た目よりは軽く振れるフライパン。使用開始時はコーティングが素晴らしく、焦げ付きは一切なし。焼き、蒸し、炒め、どの調理もしやすく手入れも簡単にできる。コーティングがどこまで持つのかはまだ分からないが今後も大事に使っていきたい。使いやすいです。おすすめフライパン。.

オリジナルは鉄鍋ということで、これは柳宗理デザインではなく、「柳工業デザイン研究会」のデザインということらしいです。「柳宗理のフライパン」ではないのでご注意を。かたちは柳宗理オリジナルと同じですが。けっこう重みがあって、蓄熱効果があります。オリジナルと同じく大変使いやすいフライパンですが、やはり柳宗理が生きていたらokしなかっただろうと思います。それは、セラミックコーティングはいずれ剥がれていく運命だからです。フッ素樹脂加工よりは長いと言われていますが、それでも3年は持たないでしょう。そのときにどうするのか。いずれ販売元の佐藤商事で再加工の情報がアップされるでしょうが、はっきり言って「これなら買い直す」という価格になるのは必至です。柳宗理ケトルのメンテを依頼したときには、あれこれメニュー追加を促されるし、送料は高いし、工場は燕なのに物は燕→東京→当方と送られて、中抜きしてるのがうかがえるし、もう二度と再加工はしないと思いました。柳デザインでなくても、セラミックコートのフライパンは新品ならどれでも使いやすいですから、好きでなければ高いカネ出して柳ブランドを買う人はいないと思います。コーティングが剥がれてきたけど、サポートでは加工代高すぎるのでから、フッ素樹脂再加工してくれる「アルファ技研」「センテック」に出した方がいい、では残念な気分になります。今後の柳デザインの生命線はサポートの充実次第ですね。また、オリジナルに手を加えるなら、「耳」の形状を変更して蓋がどちら向きで使えるようにして欲しかったのと、蓋にぶら下げ用のフックと付けるとよかったですね。使い手に立ったバージョンアップが欲しかったです。それが「民藝」の思想だと思うのです。4ヶ月使用後の追記新品時の「つるんつるん」感はなくなってきました。新品時は油無しでも問題なかったのが、しっかり油を敷かないとくっつくようになってきました。でもまだ許容範囲です。5ヶ月使用時の追記使用前にはしっかり熱して、油を引く。でないと、くっつきます。焼きそばはもうくっつきまくりです。金属ヘラは使ってませんし、特に使用回数が多いわけでもないです。週2-3回ぐらい。普通のフッ素加工のフライパンの方がコーティングの持ちは良いかもしれません。この値段でこの耐久性は…ニトリで1200円のフライパンを買ってきた方がいいかも。評価下げました。3→26ヶ月使用時の追記柳サポートサイトから再加工できるか、問い合わせてみました。回答「残念ながら再コーティングはできない製品になります。」売りっぱなしということです。安いフライパンを使い捨ての方が良さそうです。もったいないので、テフロン再加工してくれるアルファ技研にお願いしようかと思います。評価下げました。2→1.

届いたばかりの、このフライパンを使う前に、まず一回シンクで洗いました。洗い終わって、ガスコンロの上に置こうとしたら、ドボドボドボと、水が溢れ落ち始めてビックリ。慌ててシンクにもどしました。どういうことかというと、取っ手と本体の接合部分に隙間があって、その隙間から取っ手の内側の空洞に、水が溜まってしまっていたのです。妻は、ちょっとずつ溜まった取っ手内部の水に、細菌が繁殖するのでは?と不安がっています。次に、我が家で普段使いしている、2980円の同じくらいのサイズのフライパンとの比較です。重さは、このフライパンの方が重いです。その分頑丈だと思いますが。いつもの火力&時間で、八宝菜を作ってみたら、使い出しで、焦げてしまうところでした。なので、熱伝導率は、このフライパンの方が、優れているということになる、と思います。追加レポート↓焦げ付き、こびりつきが、しにくいので、洗いやすいです。目玉焼きを作るときに、白身がだらしなく広がりすぎないので、きれいな形で焼けます♪.

目玉焼き2個とウィンナー、2人分の炒め物などにちょうどいいサイズです。アルミなので熱が伝わりやすく、火をつけて間もなく食材を投入できます。コーティングがしっかりしているので焦げ付きもなく使いやすいです。我が家では毎日出番があります。ただ、アルミは酸性に弱いと聞くので、酢を使った料理などには向かないかと思います。また、デザインは思ったより普通でした。.

ベスト 柳デザイン アルミフライパン セラミックコーティング18㎝ Bkbk フタなし 買い取り