東芝(TOSHIBA) TOSHIBA uLos – 中古でもいいいかな?

暖房で部屋の中が乾燥して困りましたが、これで解決しました。デザイン重視の他社の製品を試してみたこともありましたがすぐに壊れてしまい、やはり基本を押さえた日本の老舗メーカーの製品をと思い、こちらを購入してみました。スチームがもくもくとあがり、とても潤います。.

梱包も製品もそこそこ良かった。使えるしキレイだった。値段で決めた。.

スチームが臭わない手入れもしやすくお値段もお手頃、四角いので持ちやすい。.

こども2歳半がぜんそくで、アレルゲンがヒョウヒダニとダニの粉塵です。夜中や昼寝の最中に寝咳をします。東芝のピコイオンの説明に、布地に付着したダニ・ダニのふんを抑制する効果があると記載があり、藁にもすがる思いで購入しました。お値段を考え、四角いこのタイプにしました。結果、10畳用とありますが、16畳のリビングでも加湿できています。昨日、こどもは昼寝の時、咳を一度もしませんでした。加湿器の周囲が温かいので、冬は気分的にもうれしいですね。さて、スチームの湯気をこどもが気に入り、湯気が出始めると、「煙出てきた。」と言って湯気に手をかざして喜んでいます。本当は危険、やけどをするかもしれませんが、もう2歳半で判断能力があるので熱い部分は触っていません。小さい赤ちゃんがおられるご家庭の場合は格好のおもちゃになるでしょうから、このタイプは危険、丸い形のにされた方がいいですね。というわけで、星4つにしました。.

6000円弱変わるのはどうだろうと思いました。後継機あったのに気付かずクリックしてしまいました。ka-r35x(w)のほうが2000円強安いです。不思議。.

タンクの容量は何lだったか定かではありませんが、寝る前に満タンにして平均6−7時間睡眠の我が家では朝まで十分効いています。またスチーム式なので、部屋の温度を下げることもない。スイッチも簡素、デザインもシンプル。朝起きたら、窓の結露は半端ないですが(笑)toshibaは加湿器から撤退したような記事を見ましたが、この製品は継続してほしかった。.

利点と欠点

メリット

  • 朝起きるまで効いてます
  • ピコイオンの有無で
  • 冬はこれが欠かせません。

デメリット

特徴 TOSHIBA uLos(ウルオス) スチームファン方式 加湿器 KA-P35X(W)(ホワイト)

  • サイズ:28.2×26.4×25.7cm
  • 本体重量:3.4kg
  • 生産国:中国
  • 製品概要・仕様1:【主な仕様】 ピコイオン:○ アロマポット:○ アロマポット容量(ml):約2 抗花粉・ダニ・抗菌・防カビフィルター:○ タイマー:○(切タイマー1h、2h、4h 入タイマー2h、4h、8h) 自動加湿コントロール:○ 湿度サイン:○ 抗菌広口タンク:○ 抗菌タンクキャップ:○ 給水ランプ:○ 給水お知らせ音:○
  • 製品概要・仕様2:ピコイオンランプ:○ ハンドル:○ マグネット式プラグ:○ コードの長さ(m):約1.4 コードの色:ブラック 転倒オフスイッチ:○ フロートスイッチ:○ チャイルドロック:○ クエン酸洗浄モード:○ 加湿方法:ヒーター加熱式
  • 製品概要・仕様3:適用床面積の目安:木造・和室 畳(㎡):~6(~10) プレハブ・洋室 畳(㎡):~10(~16) 消費電力(50-60Hz共用)連続(W)50/60:310 電気代の目安:連続(円/h)50/60:約7 待機電力(W):約0.9 加湿能力(50-60Hz共用)連続(ml/h)50/60:約350 運転音:連続(db)50/60:約30 タンク容量(L):約4.0 連続運転時間(H):約11時間20分

ベスト TOSHIBA uLos(ウルオス) スチームファン方式 加湿器 KA-P35X(W)(ホワイト) レビュー