東芝(TOSHIBA) Toshiba マイコン保温釜3合炊き Rc-5rv – 確かに、不味い!使い始めは...

「素材臭がする」という評価がありましたが、ウチでは大丈夫でした。操作ボタンも大きく、シンプルでキュートなデザインが気に入っています。.

このサイズを探していました。丁度よいです。なかなか料理をする時間がないのが残念です。.

独り暮らし用に買いました。操作が簡単。お手入れが簡単。適量が炊ける。ごはんおいしい。他の方が書いていた素材臭?は感じませんでした。1万円以下で買えて大変満足です。.

無洗米、発芽玄米ともに適度に炊き上がっています。1合しかたかないので重宝しています。.

めもりがはっきりせずとてもつかいずらい!使ってません。形もこの容量にしては大きく邪魔。.

まさか、未だ市場にあるとは思わなかった!、と言うのが偽らざる感想です。我が家では玄米を吃驚炊き、と言う方法で洗って直ぐに普通の鍋で炊くので、ここ2−3年は文字通りお蔵入りになり、炊飯器と言うよりは甘酒器に変身していました。高価な炊飯器が市場で人気なのは知っていましたが、小さな3合炊きのこの機種にも色々な機能が付いていたのには改めて驚きました。久しぶりに見る炊飯器に、炊飯以外に無洗米や発芽玄米の表示もあります。早炊きにおかゆ、保温にパンの醗酵・焼き、温泉卵に豆腐の表示まで付いているのです。つまり、ユーザーが使いこなせていなかった訳です。我が家では保温機能すら、ご飯が不味くなる、と言って使っていませんでした。保温機能は蓋を開けて、布巾を掛けて、専ら甘酒造りでした。現在、我が家では発芽玄米に自宅でして、炊いているので、活用できる!、と考え、先程無水鍋で炊いた発芽玄米ご飯を一定の温度を加温し続ける試験保温中です。発芽玄米の酵素がどの様に変るのか、興味深々です。高級機種の様に粘りがでるのでしょうか?勿論、手元にはマニュアル等は既にありません。しかし、面白いオモチャを見つけた様な気持ちです。製パンの元種に加温する時、中種に加温する時、この機種では何度の温度に設定されるのか、知る由もありませんが、ヨーグルティア一台では足らなくなって来た現状をどう打破するか、と言う事でこの炊飯器は引っ張り出されたのです。ヨーグルティアと価格帯も同じ、細かい温度設定は出来なくても、容量もソコソコ同じであるから、何処まで活躍出来るのか、見てみたいです。01. 追記: 保温機能を使うとご飯はやはり不味い。部分乾燥してしまいます。.

開封して商品を点検したところ、意外なほど、素材臭が強かった。そこで、「ゆで卵」を2回、作った。移り香もなく、上手にできた。匂いも、弱くなったので、炊飯してみた。 不味い!微かに素材臭が感じられて、食感もイマイチである。それでも、10回ほど、使っていると、素材臭も消えてしまった。食感の方は、水の量と、浸す時間を、いろいろ試して、十二分に美味しくなった。米の種類によって異なると思うので、具体的には書かない事にする。自分にとって、大きな長所は3点ある。1)時計が24時間表示である。2)「豆腐」などの調理メニューは、いろいろと応用ができる。3)吹き出る蒸気の量が少なく、手入れも楽である。   当初の不味さの「原因」は、この蒸気量にあるかもしれない。   最高温度を100度弱に押さえているのかも...   それで、水加減などが微妙になる???今は、使い慣れて、調理メニューキーも大活躍。 「パン発酵」なら、35度 「温泉卵」なら、70度 「豆腐」なら、75度 「焼き」なら、115度を保つようになっている。これが、役立つのである。もちろん、無洗米を使った、御飯も美味しく炊きあがっている。.

利点と欠点

メリット

  • 使いずらい
  • 満足!
  • 一人暮らしに最適

デメリット

特徴 Toshiba マイコン保温釜3合炊き Rc-5rv(w) ホワイト

  • メーカー型番:RC-5RV(W)
  • サイズ:幅228×奥行251×高さ221mm
  • 本体質量:2.7kg
  • 消費電力:400W、1回当たりの炊飯時消費電力量108Wh、1時間当たりの保温時消費電力量7.55Wh、年間消費電力量41.0kWh/年 区分:E
  • 最大炊飯容量:0.54L
  • 方式:マイコン
  • 内釜:厚さ2.2mm、ダイヤモンドチタンコート(内側)、銅コート(外側)
  • 保温機能(白米最大保温時間):12時間、つゆ防止蓋ヒーター
  • 炊飯コース:白米&炊込み、無洗米&発芽玄米、早炊き、おかゆ

ベスト Toshiba マイコン保温釜3合炊き Rc-5rv(w) ホワイト レビュー