東芝(TOSHIBA) TOSHIBA加湿機能付空気清浄機 ピコイオンで除菌 ホワイト Caf-Kn35x – 価格の割に高性能

「空気清浄機」って「使っているけど良いかどうか分からない」というのが評価の対象になるので、正直正確に伝えられるか難しいのですが・・・。 会社使用しているで、某社製品と比べます。はっきり言って変わりません。だったら、価格的にこちらのほうが安くて良いです。 でスイッチ類で選択肢があるのは魅力的です。会社の方はスイッチが「自動運転」であとは強弱だけだったと思います。 東芝は「空清」スイッチ選択は「自動」「静音」「中」「強」。「加湿空清」は「連続」「低め」「標準」「高め」で各「おやすみ」スイッチ付きです。選択のバリエーション豊富です。 「強」「連続」の場合音が結構大きいですが、他は使っていて気にならないくらいです。「おやすみ」モードはまったくという程静かです。 まだ、花粉の季節には早いのですが、使っていてクシャミの回数は減っています。ということは効いていると思います。 ただ、結構“存在感”があるので、(見た目大きい)その点は星一つ減点ということで。  買った動機についてですが、イオンが“ナノ”より“ピコ”の方が小さい。小さいということは表面積が大きいということで“ナノ”より効き目がいいのかもと思い買いました。 .

とても喜んでいました。s社と比較して悩んだでのですが母親の出入り家電業者が東芝なのでこれにしました。田舎で年寄りには量販店よりなじみの家電店の方がアフターケアしてくれるので重要な選択肢です。.

シャープ、パナソニック、ダイキンと空気清浄機の三大メーカーの製品と比較して価格がかなり安く買えたことと空気清浄機としての機能に問題はなくコストパフォーマンスが格段にいいです。フィルターの寿命を延ばすために100円ショップで売っているエアコン用のフィルターを併用していますが特に問題なく使用できています。ピコイオンも使用していますが効果はわかりません。不満があるとすれば、センサーがニオイセンサーしかなく自動に設定しておくとホコリを除去してほしいのにホコリの密度に関係なくファンが強くなったり弱くなったりします。ニオイにはけっこう敏感に反応しているみたいですが・・。ただこの価格でこの性能なら十分に納得できる製品だと思います。.

この製品、世間の人はよくわかっていない。シャープ、バナーソニックより高性能です。ピコイオンの発生ユニットがメンテフリーで安定している。空気清浄機として後出しジャンケンみたいなものでよく考えられている。ただし、宣伝をしないので、世間の人はほとんど知らない。.

利点と欠点

メリット

  • ホコリセンサーがないのが・・・
  • 母親に送ったのですが
  • この製品、世間の人はよくわかっていない。シャープ、バナーソニックより高性能です。

デメリット

特徴 TOSHIBA加湿機能付空気清浄機 ピコイオンで除菌 ホワイト Caf-Kn35x(w) Caf-Kn35x(w)

  • 本体サイズ:58×38×25
  • 本体重量:9.4Kg
  • 生産国:中国
  • 消費電力:空気清浄(50-60HZ共用)(W):強 25 ・ 中 9 ・ 静音 3:加湿器(50-60HZ共用):強 27 ・ 中 11 ・ 静音 5
  • 製品概要・仕様 1:加湿能力:約350ml/h(木造和室 ~6畳/プレハブ洋室 ~10畳
  • 製品概要・仕様 2:風量(50-60HZ共用)㎥/分:強 約3.5 ・中 約2.1 ・静音 約 0.6 ●運転音dB:強 約43 ・ 中 約33 ・ 静音 約15 
  • 製品概要・仕様 3:空清1日あたり電気代目安(50-60HZ共用)(円):強 約13 ・中 約5 ・静音 約2 ●加湿機能1日あたり電気代目安(50-60HZ共用)(円):強 約14 ・中 約6 ・静音 約3

ベスト TOSHIBA加湿機能付空気清浄機 ピコイオンで除菌 ホワイト Caf-Kn35x(w) Caf-Kn35x(w) 買い取り