東芝(TOSHIBA) 東芝 Ihジャー炊飯器(2 – 旨いけど。。高い(*_*)だけどおすすめ♡

タッチパネルが簡単だと思い購入しましたが炊き方等を選択する際にダイレクトに選択ではなく決まった選択箇所を何度も押さなくてはならなくタッチパネルの良さが出ていない。内釜の水量メモリが対向でそれぞれ書いてあり無洗米表示に気付きませんでした、水量がメモリ線下だと味が無く少しパサパサした炊き上がりでしたが線上だと旨味が出た炊き上がりになりました、書いてある線の厚みの差で味が変わるのには驚きです。ただ炊き上がりに粘りがないのが残念です。シャープのような強烈なプラスチックの焦げた臭いは感じませんでした。白物家電が中国資本になってからも変わらぬ良い製品に期待します。.

美味しいご飯アドバイス(^_^;)たかめのお米がおすすめ♡まず水道水で白さがなくなるまで良くすすぎます。あとはミネラルウォーターで2,3回すすぎます。なるべく白さが消えるまでけちらずに洗って下さいネあとはミネラルウォーターを線より上多めに入れてお塩を少々、出来たら何種類か1. 2回振る程度で早炊きでも絶品♡♡♡いいところは特に保温性がすごく良い♡♪15時間経っても炊きたてとはいかないけど今までの炊飯器に比べたらすごく旨いです(*^^*)もっと安いと嬉しいですね(^_^;).

Sanyo時代の おどり炊き をずっと使っていましたが年末に調子が悪くなり、この製品に買い換えました。高価なのでちょっと迷いましたが、半分デザインで選び購入。しかし正解でした! 確かに少量炊きでも美味しく炊けます。静電タッチパネル式の操作部は、インテリア性も良く、拭き掃除も簡単ですね。東芝60年の集大成との文句も納得です。.

10年近く象印 ih炊飯器 極め炊き 3合 np-gf05xjを使用していたのですが、釜のコーディングが剥げてきたので買い替え。サイズ・デザインとwebサイトを見て「なんとなく美味しそう」という印象でこちらの製品を購入しました。サイズ・デザインについては満足しています。前に使っていた象印の炊飯器と比べて、私の舌では残念ながら味の差はほとんど感じられなかったです。お値段4倍で味の差がないのは期待していた分残念でした。炊き上がり時間はほぼ同じ。炊き上がり中の蒸気の量は本製品の方が少ないです。音については本製品の方が(気になるほどではないですが)比較するとうるさいです。また、釜・内蓋・蒸気噴出口の3点を毎回洗うのも若干煩わしいです。値段と比較した満足度で星3つとしています。.

美味しく炊けると思いますし、後片付けも簡単です。2.5合でこの値段はちょっと高いですが、これを選んでよかったと思っています。.

お米をあまり食べない私が、この炊飯器で炊いたらこまめに食べる様になりました。.

東芝の60周年記念モデルの最高級モデルです。使用して1年たちますがとても美味しく炊き上がります。7mmの厚みの内釜と1000wの熱量が特徴です。炊飯器のコストの半分は内釜にかかっていると聞いたことがあるので内釜をいろいろ比べてこれにしました。手入れも簡単です。内釜の塗装も剥げずに、ご飯がこびりつきません。内蓋のパーツも部品数が少なくて洗いやすいです。.

利点と欠点

メリット

  • 使いやすいです
  • 素晴らしい
  • 小さな高級品

デメリット

特徴 東芝 Ihジャー炊飯器(2.5合炊き) グランホワイトtoshiba 備長炭かまど本羽釜 Rc-4zwj-W

  • 昔ながらの羽釜の形にならった 「備長炭かまど本羽釜」:羽釜同様に羽から上の空間を広く取ることで、沸騰初期の加熱量を高めて、連続加熱・連続沸騰を可能にしています。この連続沸騰の間に、たっぷり引き出されたうまみ成分(おねば)が、お米一粒一粒を包み、バランスの良いかたさと粘りで炊き上がるため、ごはんの甘みは従来比で約12%向上しました。また、内釜の周囲に設けた羽は、「羽釜」の羽本来の役割の通り、熱を閉じ込め羽から下の空間を高温に保ちます。
  • 消費電力1000W、3.5合以下の小容量釜で最高火力:小容量でもおいしくご飯を炊き上げられるように、3.5合以下の小容量クラスで最高の消費電力1000Wの高火力注3を採用し、かまど炊きのようにお米一粒一粒にしっかりと熱を届けて炊き上げます。
  • 4通りに炊き分ける 「かまど名人」 コース:しっかりとひたして大火力でおいしく炊き上げる「かまど名人」コースは、「おすすめ」コースの他、「しゃっきり」「もちもち」「やわらか」、と4通りの炊き分けができます。お米の特性、お好みに合わせた炊き上がりが選べます。
  • 「麦ご飯」 も手軽に炊ける新コース:食物繊維が豊富な「麦ご飯」を手軽に炊けるよう、専用の「麦ご飯」コースを搭載、内釜に白米とは別に麦専用の水位線も設けました。溶湯鍛造製法による内釜の「丸さ」が生み出す強い熱対流で、白米より軽いため上に集まりやすい麦にもしっかりと熱を伝えて炊き上げます。麦も白米も炊きムラを抑えて、しっかりと膨らんだ炊き上がりになります。また麦ご飯を12時間まで保温できます。
  • 「スマートタッチパネル」 搭載:静電タッチパネルを採用したフラットな操作部です。操作内容に応じて表示されるボタンが限られるので、直感的な操作がしやすくなります。また、凹凸がないため、拭き掃除も簡単です。

ベスト 東芝 Ihジャー炊飯器(2.5合炊き) グランホワイトtoshiba 備長炭かまど本羽釜 Rc-4zwj-W レビュー