東芝(TOSHIBA) 東芝 真空ihジャー炊飯器(5 – デザインがいい

以前使っていた炊飯器が古くなり、購入致しました。値段もお手頃で、炊き方も様々な炊き方が用意されており大満足です。個人的には見た目もいいですね!.

同社で八年ほど前に購入した炊飯器から乗り換えカタログのスペックはほぼ変更ありませんがこちらの方が半額近く安かったので安くなったな~と思いましたがご飯は前の方が全然美味しく炊けました値段相応なのかもしれませんが、古い方が下ろしたての炊飯器より美味しかったのが残念です保温が前に使っていたのと比べてあまりに悪すぎる購入したばかりですが上位機種に買い替えます。.

日本初の炊飯器、洗濯機と技術は日本一の東芝!サンヨーの炊飯器(現在のパナソニック)可変圧力炊飯器に劣らぬ、ihタイプの炊飯器。圧力タイプではなかったので期待薄でしたが、見事にサンヨーの圧力タイプに追いつきました。美味い!安くご提供頂き感謝致します!.

新品ではありませんでした。普通新品だと液晶に貼られているフィルムも剥がしてあり、その上傷もありました。すごくガッカリしました。アマゾンだと返品された傷ありのものが、そのまま送られてくるリスクがあるみたいです。.

作ったご飯は硬くなくて、柔らかくないですが、とても美味しいよ、値段も安くて、大好き!おすすめです。あ、もう一つ、ものは格好いい。.

色も気に入りました。ただ使い方が難しい。水加減が。。白米そくだきでやるとおいしくできました。.

2014年にrc−10vshを購入しました。使用頻度は1週5回以内、2年半で、壊れました。1)外鍋(内鍋に接する部分)の底ープラスチック製が割れました。2)外鍋を止めるプラスチック製の部品が2箇所割れて支えられなくなりました。3)内蓋の蒸気の出口のキャップが摩滅して炊飯中に外れるようになりました。以上の3点から使用をやめました。原因はプラスチックの耐熱性の不足と負圧がかかる箇所は耐熱性に加えて剛性も不足しているとしか考えられません。試作段階で負圧対策に関してまともなテストがなされていない印象です。まったくの設計不良でしょう。代々東芝製を使ってきましたが、呆れ果てて他社製品に換えました。レヴューは使い込まないと書けずかける頃にはモデルチェンジされるため、同系列の最新型に書き込みます。追記 その後、松下、日立を使いました。松下は使い物にならず半年を待たずしてお払い箱、いま日立を使っていますが、炊き上がりはいいものの、保温は全くダメです。2年半で壊れる前提で東芝を使うというのが正解かもしれません。.

初めての炊飯器購入でしたが、柔らかめのご飯が好きで、一人暮らしの為、炊いたご飯が残ることが多いと思い、今まで炊飯器を買っていませんでした。まず、使ってみた感想ですが価格の割に購入して良かったと感じています。メリット:1.炊き方を選べる2.残ったご飯が、次の日もおいしく食べれる3.お米を選ばない(安いお米、古米は使ってないので、使ったときの判断はできてないですが、コシヒカリ、あきたこまち、農協で売っている新米を焚いてみましたが、正直味音痴なのかと思うくらい大きく変わらなかったです。)4.本体の色がきれい(炊飯器の性能には関係ないですが。。。)5.蒸気がでないので、炊飯器の周りを気にしなくて良い6.手入れが簡単7.まだ、新しいので今後どうなるか分かりませんが、釜にお米がこびりつかないので洗いやすいデメリット:デメリットというほどのものではないですが、釜内にお米がこびりつかないので、お米を釜に入れて洗米する時に、お米がこぼれやすい。お米は釜で洗うのではなく、別で洗う方が良いくらいですかね。買って良かったと思っており後悔しない商品で良かったです。.

利点と欠点

メリット

  • 買ってよかったです。
  • 買ってよかった!!
  • デザインがいい

デメリット

ローカット玄米とか金芽米を食べてるのであまり美味しくなかったのですが、この炊飯器にしたら美味しくなりました。.

早めに対応して頂き、とても感謝しております。商品もとっても気に入っています。ありがとうございました。.

とても美味しく炊けました!内蓋の取り外しもかんたんで使った後の掃除もラクラクでした。値段も他のお店より安くてビックリしました。安値でいいものをありがとうございました.

届いてから、最初に炊き上がったご飯を食べて、度肝も抜かれました。思わず、「ごはんうまっ!!」お米は変えてないのに…テレビとかで言ってる、お米が甘いっていうのを初めて味わうことが出来ました。お米が苦手な娘がおかわりをして食べてました^_^こんなに美味しい白米毎日食べられると思うと幸せです♡.

壊れて騙し騙し20年使っていた安物炊飯器から買い換えです。さすがに新品は良いですね。大型家電量販店より安く買えたので満足です。.

今まで古い象印の炊飯器を使用していました。おふくろが亡くなって、おやじと2人暮らし、保温時間が長くなって、ごはんが不味いな~って思っていたところ、この炊飯器が目に留まり買ってみました。炊き上がりは、古い象印とあんまり変わりませんでした。10時間後、全然違いました。ほぼ炊き上がりって感じです。炊き上がりから24時間後、全然いけます。炊き上がりから48時間後、古い象印は色が変わり匂いもきつくなり、だいぶ乾燥して捨てるかを迷う時なのですが、まだ普通に食べれるレベルです。炊き上がりから60時間、古い象印の場合は捨てていましたが、こいつはチャーハンに使えるlv(乾燥していない)なので、チャーハンにしています。二人暮らしで、そばやうどんやラーメンに外食が絡むと、ご飯が炊飯器に残ってしまう場合が多いので、長くご飯を維持できるこの炊飯器は、素晴らしです。炊き立てを消費しきれない人には、おすすめです。使用継続報告(20171203)ほぼ1年間使用し続けています。故障は皆無で、美味しく炊けて保温機能も維持しています。東芝は厄介な状態ですね。東芝に限らず、日本のメーカーは、素晴らしい物(人・物・技術・文化)を持っていますので、これを終らせないで欲しいです。.

まず、結果から言うと3台目です。1台目初期不良、2台目キズ有り、3台目やっとです。3、4年使ってるでしょうか。裏蓋は1枚、アマゾン?かどっかで買って、交換しました。炊飯器としての機能は目を見張る物があると思います。それは確かです。ただ、寿命が短い。裏蓋もプラスチック?的な部分は劣化するし、掃除がしにくい。炊飯器もだんだん真空にならなくなってくる。そして、裏蓋を止めてるネジがプラスのネジなんですが、なぜ?と思いました。+のネジって、中になんかつまらない?そこマイナスとかネジ部分を隠すとかできなかった?と思ってしまいました。でもそこは、他社製品も意外とそうみたいで、炊飯器の機能をメインにすると掃除のしやすさとか見た目の美しさは二の次三の次になるようです。この値段で、このお米の炊き具合。…う〜ん、第一印象が悪かっただけにマイナススタートで加点方式に印象は良くなってくはずなのに、10点満点中の3点までしかいかない。これなら、お手軽な炊飯器で「まこんなもんか」で5点を感じてた方が、気持ちよかった。中国観光客に向けて、東芝製品が多産されており、120点を目指さなくなったクオリティの炊飯器、80点あればいいだろ的な炊飯器が蔓延ってしまい、もう、残念すぎて。「真空ジャー」というフォーマットができてから、大量生産に走ってクオリティを進化させようとしていない気がする。もっとちゃんと作ってほしい。残念。.

前の炊飯器も東芝だったので、使いやすかったのでまた東芝にしました。色もとてもきれいでテンション上がります。ごはんもとてもおいしく炊けました。.

ベスト 東芝 真空ihジャー炊飯器(5.5合炊き) グランレッドtoshiba 鍛造かまど銅釜 Rc-10vrk-R レビュー