東芝(TOSHIBA) 東芝 真空かまど炊き 真空圧力ih保温釜 5 – 美味しくたけます。

釜の形が気にいって予算より少し高かったけどこれに決めました。しゃっきりも、もっちりもそれぞれ美味しく炊けています。子供もご飯が美味しくなったねと言っております。.

ネット検索したら同じ現象で皆さん壊れている事がわかりました。味も特別いいわけでもなく、真空という文句でだまされちゃったかな(笑)値段高かったんですけどね。レビュー評判は鵜呑みにしないほうがいいことを学びました。.

良い選択は、私はそれが好き、しかし、より高価な、新鮮なお米の一日を維持することができ、これは非常に良いです.

とにかく、ご飯がうまい・・・玄米が4合炊けるのは、東芝しかなくこれにしましたが、玄米、白米ともに最高の味・・・・欠点は?eco を使用すると少し固めかな・・・おかげで食べすぎか、おなかが出てきた少しセーブします。.

同梱されているはずの「しゃもじ」がありませんでした。照会しましたが、未開封で送ったと根拠も示さずに回答がありました。当方が受け取った時には、ガムテープを貼り直したような形跡がありましたが、このような展開に発展すると予測できなかったので写真等撮影していなかったのが残念です。この業者からは二度と購入しません。(製品の性能は、星4. 5。とてもいいです).

5合炊きを購入しましたが、家族2人分(年齢70歳)の炊きあがりですので。一回に役1合程度の容量で使用することが、多いのであまり炊きあがりが、前に使用していたものと、変化がありませんでした。.

7年前の象印ih圧力炊飯器からの買い替えですが、おいしく炊けるかというとそれほどでも、という感想です。保温は黄ばみもなく確かに良くなっています。.

今までは1万円台のジャーでした。比較的高めでバランスの良いといわれるコレを選んだのですが、期待外れでした。コメは自然乾燥の自前ですが、炊きあがりの違いは微妙です。もしかして、単なる贅沢な期待なのかもしれません。ただ、保温したあとの旨さの維持には違いがあります。あと、お弁当の冷えた米も美味しいと感じました。でも、期待してたのはソコではなかったので残念です。.

利点と欠点

メリット

  • これを選んで正解でした!
  • 満足
  • 真空ってすごい!

デメリット

購入10カ月で内蓋のパッキンが損傷したため、吹きこぼれが起こるようになりました。メーカーホームページで注文しようとしたところ部品がなく、直接問い合わせたところ、近くの代替え(貸出)の炊飯器を用意できる電気店で修理に出してくださいとのことでした。電気店でも、「東芝製炊飯器すべてに言えることですが、内蓋のパッキンなどの消耗部品の交換部品が販売されていないため、毎回メーカーに修理を出すことになります。」とのこと。二度と東芝製炊飯器は購入しません。.

いままでの一升炊きより小さくしましたが、最高に便利です。やはり家族に合わせた物を使うべきと思ってます・・・.

 会社の同僚からの結婚祝いに、3万円台中ごろまでという予算で何か頂けることになり、炊飯器を探しました。 この範囲で、白米を普通に炊いた時の美味しさ+保温機能の優れたものを、カタログ、メーカーのサイト、店員の意見、クチコミなどを元に吟味し、本機(圧力IH+真空)と、日立(圧力IH+スチーム)に行き着きました。この2機種で甲乙つけ難かったのですが、日立は中蓋を装着せずに蓋を閉じると(閉じない仕組みになっているけど無理に閉めると閉まってしまう)、開かなくなり、修理に出す必要があるとの由。うちの嫁さんは、やってしまいそうなため、東芝を選択しました。あと、東芝の本機は、最上位機種とかなり似ているのも気に入った点です(圧力や真空度などの数字は結構違いますが、釜の形が同じで、特に外人が喜びそう)。 届いたので早速「本かまど、もちもち」コースで、お気に入りの山形産コシヒカリを1合だけ炊いてみました。最初の1回は失敗覚悟でしたが、実に美味しく炊けました。半分だけ食べ、残りを保温して12時間後に食べたところ、味や香りはほとんど落ちていません。若干ですが表面の水分が抜けて、「もちもち」だったのが「しゃっきり」に少し近づいた印象。保温時の保水能力は、スチームにはかなわないかもしれません。でも、香りが落ちていないのは真空だからかも?両方できると良いのですが・・・。 使い勝手の面で、釜の上部がすぼんでいるため、ご飯の最後の1すくいが取りにくいです。杓文字で、中央がうんと凹んだものか、持つところが短くて釜の中まで入る小さいものが欲しくなります。釜を洗うのは、気にしていたのですが、釜の中まで手が入るため、特に面倒ではありませんでした。お米を研ぐには、普通の釜よりお米が流れにくいのですが、水際が見えないため、ぎりぎりまで水を捨てるのは難しいです(ぎりぎりまで捨てなくても良いような気もしてきました)。 動作音は、真空ポンプの音はたいしたことありませんが、たぶん動作の切り替えだろうと思われる「ガチッ」という結構大きな音が時々します。.

結婚のお祝いにいただいた象印の極め炊きを16年使っていましたが、壊れた訳では無いのですが、ついに買い替えようと決心し、色々調べ、価格、機能デザインもとても気に入り、こちらの商品に決めました。お手入れもそれほど面倒では無いです。初めに、かまど炊きコースで炊いたら、しっかりし過ぎのお米が炊けたので(息子には好評)次にもちもちコースで炊いてみたところ、本当に水分の丁度いい美味しいご飯が炊けました。やわやわがお好きな方にはどうかな?と思いますが、私はとても気に入ってます。ただ、かまどで炊いたご飯を正直食べた事が無い事に気づき食べ比べた感想では無いですね(^∀^).

早炊きしても美味しいです。保温中も真空なためか、かなり長く(2日くらい)保温しても味がそれほど落ちません。赤い色も私は気に入っています。.

買って一年半。機械としては壊れていませんが、炊き上りの釜に接触しているお米が、黄色くカピカピになります。保証も効かず、メーカーに相談しても回答なし。おこげではなく、明らかに異常な炊き上りです。捨てました。.

非常に美味しくお米を頂くようになりました。家族も満足しています。.

先日購入し、内蓋、蒸気口共に洗剤で洗い炊飯をしました。処が炊きあがり時のお米に油くさい臭いがまん延していました。他に購入された方からは炊きあがり時の臭いについて口コミを見受けられませんので、私が購入したものは“はずれ”だったのかもしれません。メーカーにも問い合わせましたが『煮沸クリーニング』をして下さいとの回答がありました。臭いが抜けない場合は1日おきにクリーニングをしてみて、それでも臭いが抜けないようでしたら電気屋さんに相談してみて下さいとのことでした。サポートセンターは解決に向けて積極的に努力して頂けるものかと思っておりましたが、マニュアルに沿った?他人事の対応で完結してしまいました。非常に残念です。.

特徴 東芝 真空かまど炊き 真空圧力ih保温釜 5.5合炊き グランレッド Rc-10vxg(r)

  • サイズ:22.9×27.0x36.0cm
  • 本体重量:6.2kg
  • ■最大炊飯容量:1.0L ■真空:0.7気圧 ■圧力:1.05気圧 ■制御方式:DSIインバーター ■内釜:一品削り出し本丸釜 (外側:銅コート 内側:ダイヤモンドチタンコート)釜底厚 5mm 丸底 60° 内釜3年保障
  • ■消費電力 1420W、1回あたりの炊飯消費電力量(170.0Wh)、1時間あたりの保温時消費電力量(13.2Wh)■年間消費電力量 81.0kWh/年 区分B ■2008年度 省エネ達成基準108%

ベスト 東芝 真空かまど炊き 真空圧力ih保温釜 5.5合炊き グランレッド Rc-10vxg(r) レビュー