日立(HITACHI) Hitachi 圧力極上炊き 黒厚鉄釜 Ihジャー炊飯器 Rz-Jd10j-N – 日立 極上圧力ジャー

とってもおいしく炊けます。ただ、早炊きだとかなり硬目で芯が残ってるような感じになります。おかゆもおいしかった!.

使い勝手は普通です。炊きあがりを「極上」に設定すると、その名の通り極上に炊けて美味しいです。(但しこれまで使っていたものが、年季もののマイコンだった)以上.

品状態が「良い」とのことで購入使用感はあるとのことなので信用して性能などは満足してます釜の部分は使用感を通り過ぎて、焼き付いて焦げて表層部分が剥がれてる跡か無数にありました。良い状態ではありませんでした.

T社製のIH炊飯ジャーが突然壊れたので買った量販店に有償でいいので修理の問合せをしました。6年もお使いでしたら寿命ですよ。修理には最低でも¥7,000は掛かりますとのこと。買ったときは¥40,000はしたが儚いもの。確かにおいしいご飯は出来ていたがもうすこし廉い代替はないかといろいろ探しました。この分野はまるでイメージの世界、中釜の工夫が華やかです。いわく釜が分厚いのでおいしい、あるいは材質は鉄です、同じ鉄でも中に別のものを入れています、いやいやこちらは銅です。はたまた釜の内部が真空であって他とは違う。などなど。おいしいのでしょうがこれらは概して高価である。いちいち試すわけにはゆかないので大いに迷いました。しかしなによりもおいしいご飯にはお米の良いことが第一ではなかったかと気を取り直し価格が手ごろでわかりきった原理の加圧による高温炊飯を狙った本品に決めました。結果は大変「おいしいご飯」でした。とはいえ米が本年産の新米でありましたので加圧の効果はいまいちはっきりしないのですが。まずはめでたし。.

結論から言うと期待したほどではなかったです。いちいち部品を外して洗わなくてはならないのもちょっと面倒です。白米を普通に炊き上げるという点では、お値段相応の炊飯器です。極上なんて言葉を使われると期待しすぎてしまいます。.

発売当初の値段を考えれば相応のポテンシャルが有りました。ふっくらで有りながら、歯応え有り、米の甘さが出て来てます。.

嫁系が厚釜派なので、厚釜で商品を探していました。圧力機能まで付いたのがあったので購入しました。頂いたお米でもおいしく炊けました。(2種類程度しか試せてません)炊き込みもおいしく炊けていますし、パンケーキも作っています。あまり保温して食することがないので、朝のを夜とかにどうなるかは分かりません。(夕方炊いたご飯を夜遅く食べる事程度ですが、色などは付きませんしおいしくいただいています)お手入れも簡単です。圧力なので、圧を開放する時にちょっと音がします。.

利点と欠点

メリット

  • おいしいご飯が食べたい
  • おいしく炊けます
  • 商品状態に注意

デメリット

特徴 Hitachi 圧力極上炊き 黒厚鉄釜 Ihジャー炊飯器 Rz-Jd10j-N

  • メーカー型番:RZ-JD10J-N
  • 省エネ基準達成率(%):105%
  • 年間消費電力量(kWh / 年):80.7kWh
  • 期間電気代(円 / 年):1775.4円
  • サイズ:22.4×25.8×36.4cm
  • 本体重量:5.3kg
  • 原産国:日本
  • 炊飯容量:1.0L(5.5合)
  • 内釜:黒厚鉄釜(厚さ2.3mm。炭入りフッ素加工。内面フッ素加工のものは、内釜で洗米できます)

ベスト Hitachi 圧力極上炊き 黒厚鉄釜 Ihジャー炊飯器 Rz-Jd10j-N レビュー