日立(HITACHI) 日立 炊飯器 5 – お米本来の炊き加減を完全再現

圧力IH炊飯器を初めて購入しましたがコスパ的に大満足です。特に炊き上がりがふっくらもちもちで大変美味しいです。電子レンジで再加熱しても特に風味味わいに変化はありませんでした(数日以内の感想)IHからの買い替えでしたが、もっと早く買い替えたら良かったのにと思いました。但し炊き上がり後蓋を開けると雫が釜に流れ込むのだけは改善点かもしれませんが素早く完全に開ければ雫は受け溝に流れてくれます。.

2018/09/06 ※追記どうにも上手に炊けないと試行錯誤しながら使用し、一月が経ちました。今日ふと気付いたのですが、「白米」での水加減のメモリが釜に対面で2箇所刻印されていますが、どうもその水位の線が2箇所でズレているようです。最初は置いている場所が斜めになってるのかな?って思いました。ですが釜の向きを同じ位置で180°回転させてみるとメモリが全然ズレてしまうのです。水位メモリの 『 ―⊂ 』 ←この部分の上限と下限くらいズレてました。流石にびっくりです。どうにも水加減の設定が上手くいかないと悩んでおりましたが、原因はこれのようですね。不良品でしょうかね?――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――毎日白いご飯3合は余裕で平らげるご飯好きです。8年前に購入した象印の圧力ih炊飯器が突然動かなくなってしまい途方に暮れていたところ、タイムセールに上がっていたこちらの炊飯器を藁にもすがる思いで急遽購入しました。今の炊飯器と同価格帯だし、前任者から8年も経過し技術革新も素晴らしいものだろうと到着が待ち遠しかったです。届いて早速白米を3合炊いてみたのですが、炊きあがったご飯を見てびっくり。艶もあまり見られず弾力性にも乏しくもボソボソとした食感。更に炊きたて特有のほんのりとした甘みもほとんど感じられませんでした。「あれ、設定が合ってないのかな?」と思い水加減を変えてみたり「極上・普通」「極上・もちもち」等何回か色々試してみるものの、期待に答えてくれるような仕上がりには至りませんでした。象印の普通炊き(炊きあがり1時間位)とこちらの「極上・もちもち」(〃約90分)とで比べても自分的には象印の方に軍配が上がります。時間を1. 5倍も掛けてこの結果に唖然。せめて同レベルの炊きあがりを期待していただけに心底がっかりです。またこの炊飯器の内釜はご飯粒がこびりつきます。ご飯をよそい終わって水に漬け込んでおくと、こびりついたお米が8cmくらいの円になって底に溜まるほどこびりつきます。「炭入りハードフッ素」層のコーティングが成されているようですが、実際に期待していた効果は全く感じられませんでした。内釜保証に6年もつけれるのも最初からこれだけ酷い状況なら別の意味で納得。いいように宣伝に乗せられ巧く騙されたような、そんな寂しい気持ちで一杯です。以上の状況を以て、この評価とさせていただきます。商品名:日立 炊飯器 圧力ih式 5. 5合 ライトブラウン rz-yg10m t.

東芝製2万円台を使用していたとき、ナショナル6万円台はとてもおいしと言われ購入したが、東芝製よりは、少し味は良くなった、内ガマのコーティングが2年以内で剥がれ、こびり付くようになり価格もそこそこなので今回この機種を購入。味はとても前2機種に追いつかない購入失敗。買い替えを検討中。コーテイングは良く簡単に洗える。.

10年ほど圧力釜でしかお米を炊いたことがなく、昨今のハイテク炊飯器との違いを比べることはできないので圧力釜でお米を炊いた時との比較です。お米を数時間水に浸し、圧力鍋で炊く時は最初弱めで中火にして圧力をかけ、15分ほど圧力が抜けるまで蒸らす、を毎日やっていた身にとっては、目からウロコの簡単さ。特に、お米を浸す時間を時短でやってのける機能がいい。お米に芯が残ったり、パサつくこともあろうかと思いきや、しっかり炊けていました。圧力鍋で炊いたお米は時間が経ってもモチモチしていて、そこが好みの分かれるところなのですが、この炊飯器で炊いたお米は程よく弾力を残していて、それでいてべちゃっとはなりません。普段のお米がふっくらと炊けて大満足です。蒸気が少なくでるのも素晴らしい。.

医者の勧めで玄米食にしているのですが、玄米がどうしてもうまく炊けません。水分量を玄米の線に合わせて玄米モードで炊くと、ほぼべちゃべちゃになります。玄米を白米の水分量で白米モードで炊くと、すこしぱさぱさになります。やっぱり白米の水分量で玄米モードで炊いたときが一番ちょうどいいでしょうか。玄米炊きを最重視する人には向きません。.

この値段でこの味なら満足です。共働きのため長時間保温の出来るこのシリーズを長年使ってますが、以前使っていたグレードは35,000円程度だった記憶がありますが、約15,000円で全く遜色ありません。細かい機能は省かれている気がしますが、そもそも使った事がないためこれで充分です。ただし、しっかり目的に合ったモードで炊かないとびちゃびちゃになったりカスカスになったりするので、そこはしっかり選択して炊飯する事。まだ今月買ったばかりなので耐久性は☆3ですが、今後に期待です。.

12年前の炊飯器からの買い替えです。ihと圧力が必須条件で探して高価な物よりお手頃なのを探して当機種に辿り着きました。高級な炊飯器は美味しく炊けて当たり前ですが、2万円弱で(15000円ほどでした)コスパ良いと思います。以前の物よりふっくらもちもち感が全く違い、同じお米でも味とかの違いが分かりました。こだわりはあまり無いですが、美味しく食べれているのは事実です。少し電気代が上がった?って感じもありますが、気にしなければ気にならない。おかまが炊飯器内でジャストフィットで、洗う時に取り出しが両手で垂直に持ち上げないと引っかかるのが良い点なのか悪いのか、さほど不便はしていませんが。お店で触って取り出しやすさとかも確認してみるのも良いのでは。タイムセールで格安で変えたのは良かったです。普通の炊飯器としてコスパ良く美味しく炊けると思います。.

突然の故障で買い替え値段の割に美味しく炊けて満足しております.

利点と欠点

メリット

  • おいしくて惜しい炊飯器
  • 普通の炊飯器
  • 期待が大きすぎました

デメリット

圧力ihてこんな美味くなるんだね〜とかなり実感な炊飯器でした。かなり炊くモードあるけど、もうちょい絞った廉価版があればそれ買いたかった。1合炊きモードはあるけど、やっぱ2〜3合炊くほうが圧倒的に美味いです。普段から1合をこまめに炊く人は、3合炊きの違うやつがいいかもしれません。.

10年以上前に使っていた炊飯器が壊れ、それ以降はリンナイ製ガステーブル上位機種に内蔵されている炊飯機能+専用炊飯釜(オプション)を使っていたが、残念ながら本品の見た目の高級感と多機能さとは裏腹に炊きあがりの味はそれを上回るレベルに達していなかった。それでも味は及第点であり、かつ今まで塞がっていたガスコンロ1口が別の目的で使用することができるようになるため今後も使い続けることになると思うが、うまい米を食べるには高い金と時間をかけなければならないという資本主義の原理原則をまざまざと突きつけられる形となった。穿った見方をすれば、実売価格\17,280(レビュー日現在のamazon. Jp上の価格)の本品が、同じく実売価格\100,000近い製品を凌駕してしまってはダメなので妥当と言えば妥当である。本当は★×3. 5だが、vine提供の製品のため激甘査定で★×4とする。.

色々機能が付いている様ですが、はっきり言って操作性は良くないです直感で使用しようとすると迷います私は今までお米は主に圧力鍋を使い据え置きガスコンロで炊いていましたが今回、炊き上がりを比較するため炊飯器の炊き方を色々試行錯誤して見ました見た目は本当に悪く無くツヤツヤして美味しそうなのですがしかし本当に圧力が掛かってるのか疑いたくなるほど味や食感には開きがありました最初に不満を書きましたが他に比較したものですと10年以上前のマイコン電子ジャーとは流石に比較にならないほど素晴らしいです。技術の進歩を感じました(特に蒸気セーブ機能は素晴らしい)出来上がりも部分的に炊き上がり方が偏るような事もなく均一です電子レンジ炊飯の様に食べられれば問題ないレベルの物とも一線を画します個人的な評価ですが 圧力鍋(ガス炊飯)>>>>この炊飯器>>昔のマイコン電子ジャー>>>>電子レンジ炊飯 ぐらいの開きがあります。.

今までの炊飯器の炊き上がりが悪く今回、購入しました。圧力ihは初めての購入でしたが価格にも炊き上がりにも満足しています。.

長年使っていたih式の炊飯器が壊れたので今度はもっと良いものにしようと初の圧力ih式のこちらにしましたが、炊き方が良くないのか、今のところ、うーん普通だな、という感じです。いろいろ細かく設定しなくてはいけない上に、全体の重量が以前のものよりずっと重くて、私には失敗だったかなと感じています。.

前回もほとんど同じ商品を使ってました。とても使いやすかったのでほとんど同じ炊飯器にしました。やはり使いやすいです。.

価格から判断すれば納得レベルしかし機能ボタンが複雑なので、もっと単機能で美味しいご飯が炊ければ良いと思うな。.

今まで使用していた炊飯器よりもお米が美味しくて満足しています。残念ながら、付属のしゃもじは毎度お米がついて使いづらかったので買い替えました。そのためマイナス1にしました。.

いろいろな炊き方がありますが、どれもおいしいです。最初はいろいろ試しましたが、最近は早炊き(30分弱)で炊くことがほとんどです。.

特徴 日立 炊飯器 5.5合 圧力ih式 3段階炊き分け機能搭載 蒸気セーブ Rz-Yg10m T

  • [極上炊き分け](3段階)搭載の圧力炊飯モデル
  • サイズ:22.7×25.8×36.4cm
  • 「2合まで」が設定できる少量炊飯専用ボタン搭載
  • 炊飯メニュー数:8メニュー
  • 付属品:しゃもじ、しゃもじ受け、計量カップ
  • 炊飯容量:0.5合~5.5合
  • 保温時間24時間
  • 年間消費電力量:77.72kWh/年
  • 保障期間:1年間

メーカーより

極上炊き分け

圧力炊き

圧力加熱・・・蒸気と熱を閉じ込めて最高1.2気圧105℃まで加熱。圧力をかけて一気に炊き上げます。

高温浸し・・・約60℃で浸すことで、お米にしっかり吸水させます。

※「白米・極上ふつう」コース炊飯時。

極上しゃっきり

加熱せずに短時間浸してから圧力加熱。蒸らしの時間を短くすることでより、しゃっきりと炊き上げ。すしめしやカレーにおすすめ。

極上ふつう

高温(約60℃)で浸し、圧力加熱。ふだんの食卓のごはんにおすすめ。

極上もちもち

加熱せずに長時間(約50分)浸し、「白米・極上ふつう」よりさらに水分を吸収させてから圧力加熱。しっかり蒸らして、もちもちに炊き上げ。冷めてもおいしいので、おにぎりやお弁当におすすめ。

*2 新商品RZ-YG10M:炊きかた「白米・極上ふつう」コース0.54L(3合)炊飯時、標準水量0.6L(600mL)に対して排出蒸気量8.2mL(約1.4%)。蒸気口および蒸気キャップが熱くなりますのでご注意ください。壁や家具の近くや、キッチン収納棚で使う場合は、蒸気がこもらないようにしてご使用ください。

おこのみの水位線

水の量でかたさの調節がしやすい[おこのみ水位線]でかため・ふつう・やわらかめの水加減がしやすい。

※イメージ図

           
RZ-AV100M R RZ-YV100M R RZ-AX10M R RZ-AG10M T RZ-YG10M T RZ-AC10M S
炊飯容量 1.0L(5.5合) 0.09~1.0L 1.0L(5.5合) 0.09~1.0L 1.0L(5.5合) 0.09~1.0L 1.0L(5.5合) 0.09~1.0L 1.0L(5.5合) 0.09~1.0L 1.0L(5.5合) 0.09~1.0L
圧力スチーム炊き
圧力 最高1.2気圧 最高1.2気圧 最高1.2気圧 最高1.2気圧 最高1.2気圧
内釜/内釜保証 高伝熱厚釜【打込鉄釜】/6年 高伝熱厚釜【打込鉄釜】/6年 黒厚鉄釜/6年 黒厚鉄釜/6年 黒厚鉄釜/6年 取っ手付き黒釜/6年
蒸気カット/蒸気セーブ 蒸気カット 蒸気カット 蒸気カット 蒸気セーブ 蒸気セーブ
少量炊飯
炊飯メニュー 玄米/発芽玄米/雑穀米/麦ごはん 玄米/発芽玄米/雑穀米/麦ごはん 玄米/発芽玄米/雑穀米/麦ごはん 雑穀米/発芽玄米/玄米/麦ごはん 玄米/発芽玄米/麦ごはん 発芽玄米/玄米
極上炊き分け ○(しゃっきり/ ふつう/もちもち) ○(しゃっきり/ ふつう/もちもち) ○(しゃっきり/ ふつう/もちもち) ○(しゃっきり/ ふつう/もちもち) ○(しゃっきり/ ふつう/もちもち)
外形寸法:幅×奥行×高さ(cm) 25.8×37.8×23.6 25.8× 37.8× 23.6 25.8× 37.8× 23.6 25.8×36.4×22.7 25.8×36.4×22.7 25.4×35.2×19.7
質量(約)(kg) 5.7 5.7 5.7 5.3 5.3 3.6

日立→象印→タイガーと買い替えをしてきましたがやっぱ日立が良いです■良い:・お米がふっくらそしてパンッ!っと炊きあがり、ベタベタ・ヌチョヌチョしない・保温(低温)で24時間後も黄色くならず全然変わらず美味しい(マジで凄い)・ディスプレイの位置が本体の一番手前にあるのは正義→引き出し式の棚に炊飯器を置いてる人多いはずなのに、画面が本体の奥や真ん中にあるモデルの意味がわからない・【重要】炊き上げモード通りに炊きあがる→象印もタイガーも、ふっくら・硬め・極旨 とか色々あるのに、どのモードで炊いても変わらない意味不明な仕様だったが、本製品はしっかりと設定したモードの仕上げを約束してくれました。■いまいち:・窯の形が角ばっているので底についたご飯が取りづらく洗いづらい日立から他社に買い替えた時「何で昔の炊飯器より買ったばかりの方が不味いのか」と1回目の炊飯で感じましたもう次こそはと思うものの勝手に旦那がまた他社製を買って帰ってくる…今回本製品を購入した事でこのメーカーの炊飯器は優秀である事を再確認しました.

水量の目盛が非常に見にくく毎回水量を合わせるのに苦労する 他には不満はないのでこういうのを「画竜点睛を欠く」と言うのではないでしょうか.

10年近く使い倒したサンヨーの圧力ihから買い換え。今時の炊飯器だけあってさすがに多機能だけど、2合以下の量を炊くときに“少量”ボタンをいちいち押さなきゃいけないのは面倒。外蓋のロック解除ボタンは他レビューにもある通り、確かに位置が悪いです。初使用の時いきなり蓋が跳ね上がってビックリしました。炊きあがって蓋を開けたら、内蓋から(無視できない量の)水が垂れてくるのは蒸気セーブのせいなんでしょうけど、これも初見でビックリしたポイントです。ご飯の炊け具合いは悪くないですが、ちょっとした水加減で硬さや粘りがずいぶん変わります。炊飯プログラムがピーキーな設定なんでしょうか。圧力ih炊飯器としては基本的な機能を押さえた平凡な機種ながら、細かい使い勝手に気が使われていない、いかにも廉価版といった印象。実売価格はおいしいけど、いろいろと惜しい。そんな炊飯器です。.

蓋が全部取れるのを使っていたので取れないので洗うの面倒。圧力ihですこぶる美味しいか?と聞かれたら変わらない。時間かかるし、保温を一度切ってしまったらその後保温はボタンを押す回数が多い。.

象印の炊飯器が1年5カ月で壊れてしまい、急いで探しました。ドンキのクーポン使用で10800円+税でした。圧力ihであれば買いと思いました。これから使用します。.

初めて圧力IHを購入しましたが今までのihとあまり変わりません。.

色々な炊き方ができるので、おにぎりの時や丼物の時、普通の時、極上しゃっきり、極上普通、極上もっちり等、色々試せて嬉しいです。同じお米でも以前の炊飯器と大違いヾ(^v^)k.

1代目は上位グレードを使用していましたが、5年を過ぎ窯の底のコーティングが剥げてきたため、グレードを落として同じ日立製を購入しました。結果は大満足。この価格でしたら、短い周期で買い替えしていくのもありですね。.

まず見た目が美しいです。深過ぎないブラウンの色合いが良いです。上品。我が家では2号を炊く事が多いのですが、本品には2合以下専用の機能があります。これは嬉しいですね。ただし、2合以下では快速機能は使えません。単に炊くだけの方がよっぽど時短になります。そして、機能が多いのは嬉しいのですが、初見ではどのボタンがどの機能なのか分かりづらいです。面倒がらずにキチンとマニュアルを読みましょう。小難しい事は考えたくない、ただ単に炊くだけ!ならば、炊飯ボタン一発でokです!.

今までは、7年前に購入した普通の炊飯ジャーを使用してきました。これはこれで美味しいごはんが炊けましたが、本製品を入手して余りの性能の違いに驚きました。私事ですが、地金の釜でごはんを炊いた食堂に通っており、地金の釜を高温の火力で熱して炊いたごはんが、いかに美味しいか、自分なりに理解し、あの味が家庭で再現できたならばと、願ってきました。しかしこの日立の炊飯ジャーは、まさに高温で地金の釜を熱して炊いたごはんの味を再現しており、いえ、まさにその通りに炊けているというのが正解でしょう。ごはんの粒が立ち、もちもちとしていて、べちゃべちゃしない。ごはんと佃煮さえあれば、何杯でもおかわり出来るご飯が家庭で炊けるのですから。新たに炊飯ジャーを購入希望の方には、自信を持ってお勧めできる製品です。.

購入後、色々試して3回炊飯しましたが、どうやったら美味しく炊けるのか教えて頂きたいです。食味は、マイコンジャーと同等と言うところです。使用後でもよければ返品したいくらいです。.

炊きあがりの柔らかめと硬めの違いは分かりますが、極上とか普通とかよくわかりません。押しボタンスイッチの操作と液晶表示が直感的でなく分かりにくいのが残念です。.

以前の炊飯器が壊れたため購入炊き上がりも早く、保温しても味がかわらないし以前の炊飯器より洗いやすいです。.

無洗米が多いのですが、思ったほどモチモチになりません。モードの選び方が分かってないのかも。.

使用して気になった所は、保温中に約5~10分起きに「ジー」という音が聞こえてきます。自分の場合は、上記の音中は部屋の電気が少し暗くなります(古い建物なので電源回路が一緒かも)ですので、現在は炊飯の時のみ電源を入れ、まとめて炊いてます。リーズナブルな分、工夫する付き合いが必要な良い製品です。タイトルどおり炊きたて・解凍ともにおいしいので圧力ih炊飯器を試したい方にオススメです。.

内釜が6年保証であり耐久性からこちら購入しました。比較的お値段も安く、炊きあがりも良いので満足しています。お勧めです。.

日立の炊飯器です。炊きあがりのご飯は炊飯器としては十二分です。炊き方についてもいろいろなモードがありますが、それぞれで結構味が異なるのがすごいなと思います。まずふつうで炊くといわゆるふつうのご飯のようにもっちりした感じになります。一方でしゃっきりにすると本当にしゃっきりというか、粘りが少なく一粒一粒が分かれた硬い仕上がりになります。従来でいえば浸水させずにいきなり炊いた米の雰囲気に近いのですが、それでもちゃんと芯まで炊けているあたり便利です。様々なモードがついているのですが、一方で若干わかりにくいというか複雑です。最初にあれーと思ったのがエコ炊飯からの切り替え方。説明書にはデフォルトの設定が「エコ炊飯になっている」とのことなのですが、いくら液晶をいじっても文字が消えない・・・なぜかと思うと、エコ炊飯はあくまでエコ炊飯モードで、「ふつう炊きのエコ炊飯」ではないんですね。エコ炊飯だけが液晶で一段下に表示されていたため、そう思い込んでしまったようです。自分が間抜けだと言われればそれまでではありますが・・・浸水については「浸水も合わせてするためふつうの炊飯器より時間がかかります」とのことから、事前の浸水は不要なようなのですが(実際ふつうで炊くと50分くらいかかる)、30分の浸水モードがあったりします。この辺はおそらく「米をいきなり炊くなんてあり得ない。浸水しないと気持ちが悪い」という人に配慮したのでしょうね。一方で浸水させてしまうとしゃっきりなどでは炊きあがりがよくわからなくなります。保温も、温度を下げて保温するシステムがあったり高いまま維持するシステムがあったり、とにかくいろいろなモードが細かい。かゆい所に手が届くという具合です。全体としてはいろいろな意味で日本メーカーが作った品物だなと感じます。いろいろモードがついている、それらの意味もちゃんとある、ちゃんと理解して使い分ければとても便利で細やかな製品です。一方で中にはアリバイ作りのようなよくわからない仕様もあったりで、結果として操作が炊飯するだけなのにとても複雑です。かといって何も考えずにスイッチ入れるだけだと、製品機能の半分も使えずこの値段の意味が無い(それならボタン一つでモードも何もなく炊きあがる安い炊飯機で十分なので)。高機能でかつ複雑で、とても日本らしい製品だと思います。.

炊き上がりを硬め〜柔らかめまで選べたり、高温保温や低音保温など炊飯器に求められる機能は全て有ります。最近は炊き方などにこだわった炊飯器が沢山ありますが、「普通に炊けて、ごはんが美味しく食べれれば十分」な我が家には必要十分でした。タイムセールで安く買えたのも良かったです.

とても気に入っています。使いやすく値段もよく満足しています。.

これまで三菱の炭炊釜の通常のihタイプを使用してきましたが、年数も経って炊き上がりのメロディーが何回かおかしくなったことがあっため、壊れる前に買い替えを決めました。圧力ihなのに安く、amazonのレビューも良かったので、他社サイトで購入しましたが、どんな炊き方をしてもおいしくなりません。「極上もちもち」なんて、炊き上がるのに90分もかかったのに。やはりvineメンバーのコメントは、メーカーに忖度しすぎ? ずっとこれでは耐えられそうにないので、損になっても三菱を買い直して、これはオークションかフリマアプリで売り払おうという話になっています。.

本当に蒸気が少ないです。我が家は麦ご飯を良く炊きますが、美味しく炊けます。.

蓋を開ける際にバネが強いのか、勢いよく蓋が開きます。中身が入っていても、本体の前面が飛び跳ねます。必ず反対の手で蓋を抑えながら開けないと危険でストレスです。力のかかるヒンジ部が壊れるでしょう。他の方のレビューに無いので不良品でしょうね。検討中の方は品質管理が甘いのを覚悟の上でお買い上げください。米の炊きあがりは普通の圧力ih並みです。.

ベスト 日立 炊飯器 5.5合 圧力ih式 3段階炊き分け機能搭載 蒸気セーブ Rz-Yg10m T レビュー