岩鋳 フライパン24 24012 – 買ってよかったです。

厚みのあるぽってりした見た目が安心感あります。ガンガン使っても大丈夫。毎日使うので、だいたいコンロの上に出しっ放しです。深さがあるので、シチューやカレーなども作れます。朝の目玉焼きはパリッとこんがり美味しくなりました。.

これで9種類の南部鉄器を揃えました。異常なコレクターのようです。すき焼き用、鍋用、味噌汁用、煮物用、魚用、蒸し焼き用、食卓皿用、ご飯用。鉄器の魅力にはまってしまいました。次は中華鍋を狙っています。!!ホットケーキを焼いてみてください!!家族で大笑いしました。感動の爆笑です!ちなみに収納法はコの字型キッチンなので、一辺にミニすのこを敷いて並べています。重いのでシンク下などに収納すると出すのがおっくうになりますからね。それにお手入れで油を塗りますから、シンク下は黒い虫にも注意が必要です。あ!この商品にしたのはミニ取っ手付きが良いというレビューで決めました。あまり使いませんが・・・.

熱伝導がよいのかステーキがとてもおいしく焼けます。少し重いので鉄板焼き感覚で使用してます。.

初めて鉄のフライパンを使いましたが、特に使いにくさはないです。しっかり温めて油をひけば、焦げ付いたりもしません。重さは軽くはないですが、そんなに片手で振ったりすることはないので気にならないです。長く使っていきたいです。.

かなり重いけど素材、デザインとも安心感があります。手入れも習慣化してくると簡単です。.

待ちに待っていた商品が届き、大変喜んでいます。サイズ、丸形(かわいいです。)、深さは大満足です。重さは思っていたよりもありましたが、安定感がありますから心配ないです。但し、残念なことに、使い方説明書がなかったのでつけて欲しかったです。錆びない方法が知りたいです。.

私は、いろんな材質の鍋を揃えてきたが、t鉄鋳物製が強火でも鍋底が変形せず、熱伝導が平均化するように思える。したがって、煮る、蒸す、焼いても一番旨い。鋳物の鉄鍋のうち鍋の内外をコーチングしたものもあるが、高熱でコーチングが剥がれる。その点、安くてシンプルで、気づかいせずに使える日本古来の鋳物製鉄鍋が最高だと思う。我が家では、常時40個以上の鍋を使い分けているが、鉄鋳物鍋の使用頻度が高い。重いと行って、使うのをためらっていた妻も、野菜をパリッと仕上げるにはこのフライパンに限るといっています。また、一度熱するといつまでも冷めないので、燃料節約にもなります。このサイズのフライパンは3人家族にぴったりで、ロッジなどよりセンスあるデザインで、綺麗な仕上げで大変満足しています。.

ティファールのフライパンが張り付くようになり買い換えるか悩んでの購入です。料理が美味しくなったとのレビューはあまり期待せず、長く使えればと思ってましたが本当に料理が変わりビックリです。それは炒め、焼き料理で顕著に出ます。簡単な例えならば、目玉焼きをテフロンで焼くと鍋との接地面は焦げ目が殆どつかず全体としてツルンとした食感、言うなれば火が通ると言ったところでした。しかし南部鉄器だと接地面がカリッとしています。それでいて焦げる訳では無いのです。テフロンでは焦げるんじゃないかと言うほど長めに焼いても、食材が焦げると言うことがあまり無く焼き目が付くという感じです。これは食感がかなり変わりました。味が変わるというより劇的に食感が良くなります。野菜炒めを作るときコールドスタートや弱火で長めに炒める等、創意工夫していたテフロンより手間がかかりません。当方ihですが中火で煙が出たら調理スタート、火加減は変えること無く終わります。テフロンでは煙が出るほど余熱すると焦っていましたが南部鉄器はこの煙が合図のようです。油もうっすらで大丈夫なので煙が出て食材を入れても平面のフライパンより油跳ねは少ないです。南部鉄器は砂の型に鉄を流し込む鋳造なので、ツルっとした鉄製フライパンとは違い、表面にざらつきがあります。布巾等で強く擦ると繊維がついてしまうデメリットもありますが、このざらつきこそ綺麗な平面の鉄製より焦げ付かなくなっていて、たわしで擦るとすぐに綺麗になります。南部鉄器と鉄製を同列に語ってはいけないと思うほどです。お手入れは、ご飯を食べ終わった後に程よく冷めていますので、水を流しながらたわしで擦ってih中火で2分位で水分が飛びます。熱いまま続けて使用する時に人造大理石のシンクでは宙に浮かせて洗わなければならず、女性には重いと思います。つまりデメリットは重さでシンクやihの傷付きや割れを少し気にしなければならないこと、置場所に困ることです。置場所は新聞でくるむか毎日使うのであれば蓋をして出しっぱなしで良いと思います。重くて吊り下げるのも怖いですし、油が付いているので重ねるのも少し抵抗があります。蓋は耐熱ガラス22センチのを流用していますが、フライパンのヘリの中程でピタリとします。23センチならもう少し上かな?程度だと思います。これでもフライパンの注ぎ口から蒸気は程よく逃げますので使い勝手が良かったです。蓋が直接鉄器に接しますので熱に強いものが良いかと。平面なフリーサイズの蓋は蒸気も逃げすぎるし、蓋に付いた蒸気が水になって垂れますのであまりおすすめしません。使い込むまでは調理前に油を少し、使い終わったら水分を飛ばして油をキッチンペーパー等で軽く延ばしてあげるだけです。手入れは寧ろ油を落としきらなくてはならないテフロンフライパンより楽だと思います。手入れの煩雑さよりも重さのデメリットを考慮して購入した方が良いです。これ以上の大きさのフライパンが出ても男ですら厳しいかもしれません。ihでは鍋を振る必要が無いのでかなりお勧めします。食材をお皿に移すときだけ頑張れば…とにかく、始終中火。我慢して煙が出るまで余熱。コレを守れば重さ以外は最高です。.

利点と欠点

メリット

  • 南部鉄器は鉄製より使いやすい
  • とにかく料理が美味しく仕上がります。
  • 出会えてよかった

デメリット

この南部鉄器のフライパンは、空焼きは不要ということで、使い始めが楽です。重いですが、料理は美味しくできると感じています。.

フライパンの空焚きでテフロンがはがれてしまったのでこちらのレビューを参考に購入しました。岩鋳さんのミニ天ぷら鍋は持っていたので品質には安心しておりましたが、実際に使ってみて驚きました!!本当に餃子やハンバーグ、チキンなどがジュージューという音を立てて、ふっくらと美味しく焼けるんですよ〜使い始めによく熱して油をなじませてから使うなどの手間はありますが、それでもテフロンのフライパンより熱の通りが早く、忙しい時にも活躍してくれます。ただihの中火で熱すると火力が強いらしく、焦げ付き癖が付いてしまったので、金属のたわしでごしごし洗ったところ、また元通りに焦げ付きもなくなりました。その際に黒いコーティングが少しはげてうっすらと金属が見えてしまいましたが、問題なく使用できています。使い終わりはお湯を入れて少々熱してからタワシで洗うとよく汚れが落ちますね。これから長く大切に使っていきたいと思います。.

取っ手が思ったより熱くならず素手で持てるのがうれしい予想外でした。IHなので鍋をふることもなく重さも気になりません。使用後はたわしを使ってお湯で洗い、弱めに空だきしています。購入から1か月、数回使用したところ、表面のコーティングがはげたようになりました。これは使い続けて問題ないのかちょっと心配です。.

野菜、お肉、どれもこちらで焼くと美味しさが違います。餃子も強火で焼くと、こびり着かずとても美味しく出来上がり気に入っています。.

お肉が特においしく焼けます。目玉焼きもおいしく感じます!早く買えばよかったです。.

購入して2ヶ月経ちます。私はゴシゴシフライパンを洗いたいタイプなので、このフライパンは私にピッタリ!重いですが、オシャレなフライパンなので全然気になりません。金属のヘラでゴシゴシしても大丈夫でした。一生物です。.

初めて鉄のフライパンを購入しましたが、お肉がとても美味しく焼けて買って良かったと思います。手入れも慣れればそんなに苦にならなくなりました。.

It’s nice item, beautiful finished. Whole shopping experience was fantastic. I got it faster than expected, shipping updates on timely basis, well done.

久しぶりに鉄製のフライパンを購入、デザインも使い勝手もよく、届いたその日からいろいろ試しています。余熱利用で味がなじみおいしくできました。火加減で水分を飛ばすのも簡単にできます。重さと引き換えに味よくなるので重いのは致し方ないですね。鍋にするか迷いましたが、とても気に入っています。.

特徴 フライパン24 24012

  • メーカー型番: 24012
  • サイズ: 幅41x奥行26x高10cm
  • 重量: 2kg
  • 材質: 鋳鉄
  • 内径: 23.5cm
  • 日本製:

岩手県手作り村の製造現場を見て購入を決めました。届いて早速鶏むね肉皮付を焼きました。網焼きに近い焼き上がりに驚き、バラ焼きや牛タンなど焼いて見ましたが、テフロン加工と別次元の焼き上がり!一度温まれば熱伝導がよくカセットコンロで十分使用できます。重いのは仕方ないです。.

持ってお皿に盛り付けるのは、なかなか非力にはつらい!持ち手も熱くなることを心配しましたが、大丈夫でした。.

とっても重いです。びっくりするくらい。でもその不便さを上回るくらい便利です。美味しく焼けます。手入れも楽だし扱いもちょっと雑でも平気だし 焦げたらガリガリ取ればいいし、餃子が楽しく焼ける♪.

重いけど長く使えるし料理が美味しくできます。暫く使わなければ焦げつきやすくなりますが、毎日使えばとてもつかいやすいです。.

テフロン加工愛用者でしたが、ほとほと使い捨て人生に嫌気がさしていたところ、この商品にたどり着きました。もっと早くこれを買っていればジプシー生活などしなくて済んだものを。重さ以外は全く問題無し。その重さも鍋振りをする事もないので、特にマイナスともいえないと思います。強いて言えば、餃子の焼きあがりに皿をフライパンにのせてのひっくり返しというワザが出来ないという点かなぁ。ステーキ、ハンバーグなどは、お手の物ですね。.

やはり重い。いい筋トレだと思ってまいにち頑張っております。お肉美味しいです。.

Ihで使用しています。熱の伝わり方が均一なのでステーキも上手に焼けます。また、フチが高いのでバターライスなどの炒め物もこぼすことなく作ることが出来ます。コーティングを気にする必要がないので、鉄製のヘラやお玉を使うことができて便利です。.

こういう道具を扱うのは楽しいし楽ですよ。よく切れる包丁ほど安全だという言い伝えに似てる。手入れが大変だろうとかテフロンより扱いが難しいのでは、と、悩むな。買え。なんとかなる。使うほどいうことを聞くようになる。使うほどかっこよくなる。さて、ステーキである。ブ厚い鉄をしっかり加熱してブ厚い肉を焼く、メイラード反応を起こさせるのはたやすい。一方最近は弱火から焼くステーキも流行っているがブ厚い鉄は弱火調理に使うと、とても紳士的だ、やさしく火を伝えてくれる。ihならなおさら勧める。ihは火加減が難しいがこれは強火も弱火も幅広くこなせる。ihで肉を焼くならこれほどいいものもない。.

テフロンのフライパンがだめになり、次のフライパンを探していたところ出会いました。たまねぎのみじん切りを炒めても均一に茶色になっていき、ハウスの普通のコショーを掛けても、いい香りが部屋中に漂う。料理をしても、、食べてもいい魔法のフライパンです。重さもテフロンなどに比べれば重いですが、じゃんじゃんなべ振りをする必要もないので問題ないと思います。手入れをきちんとすれば長年使用できる逸品だと思います。.

初回の使用時でもしっかり熱してからだと焦げ付きませんでした。ある程度使用した普通の鉄フライパンと比べても、南部鉄器のこちらの方が焦げ付きにくく洗うのも楽です。重量があるので振るのには向いてないと思います。しかし、その分蓄熱性があり、加熱による変形も起きづらいのでおすすめです。.

お皿に直接料理を移すとき、片手ではキツい。まあ、短時間の筋トレと思うことにして。コーティングされているものより、やはり丈夫。コゲも簡単に落ちるし、深みがあるのでソースや汁物もこれで作ります。熱してから洗うと、臭いも取れやすい気がします。1年近く大活躍してますが、サビは全然出ていません。私的には扱いがラクで便利。一生物です。.

Ihで使用しています。ひわらず、底が安定しているのでガタガタせずに使えます。.

使い始めてまだ1カ月経ってませんが、油の馴染みも良く、炒め物もホットケーキも美味しく焼けました。卵焼き器も持ってますが、どちらも買ってよかったと思わせてくれるお品です✨鉄フライパンなので重さは許せる範囲内。ほんとはもう少し大きいサイズがあればと思いますが、重さを考えるとベストサイズです。.

これは買いですよ。そして重いですよ。そして最高ですよ。そして満足してますよ。.

このフライパンで野菜炒めや、ハンバーグを作ったのですが、それまで使っていたアルミ製テフロン加工のフライパンとは全く違う味に仕上がりました。料理が格段に美味くなります。おそらく、これがテフロンフライパンでは不可能な高温調理の効果なのでしょう。一切の味付けをせずに、熱したフライパンにゴマ油をひき、キャベツを炒めただけで、お好み焼きを炒めている時の香りがします。もう食べる前から美味しいのが解る状態でした。作った野菜炒めは、シャキっとした歯ごたえがあるにも関わらず、中まで火が通り柔らかく仕上がります、さらに野菜の甘みが恐ろしく引き立ちます。歯ごたえがあるのに柔らかいというのが説明しにくいのですが、本当にこの矛盾するかのような現象が起こります。ハンバーグなどを作るのならば蓋付きの方を買いましょう。私は最初「本体だけあればいいや」と思っていたのですが、結局蓋も追加注文で買ってしまいました。注ぎ口に隙間が出来るデザインですが、、もともと高温調理が出来るフライパンかつ、蓄熱量が多いのが生きているのか、隙間から水蒸気が逃げても実際に作ったハンバーグの味は、手持ちの蓋付きスキレットとほとんど変わりませんでした。難点は、他の方も書かれていますが、とにかく重い。慣れるまでは、かなり大変です。あと、取っ手は熱くなるので鍋つかみが必須になります。手入れは、熱いうちに少しずつ水を注ぎ、フライパンの余熱でお湯にした後、亀の子たわしで汚れを落とし、また少しずつ水を入れて汚れを流してから、火にかけて水気を飛ばして軽く油をキッチンペーパーで塗りこんで終了です。もう数ヶ月使っていますが錆びは出たことがありません。一気に水をぶっかけると、急令されて割れる恐れがあるので、少しずつ水を入れる事で急令を防いでいます。ちょっと手抜きな手入れ方法ですが、これで今の所は問題は起きていません。これ以外にもテフロン加工のフライパンを持っているのですが、これを買ってから全く出番が無くなってしまいました。.

はじめて鉄のフライパンを使いました。いままでマーブル加工やらテフロン加工やらを使ってきました。ただ、それらは表面塗膜が一部でも破損すると、調理も後片付けも、手間がかかってしかたない。怒り心頭ののちに訪れる哀しい思いを繰り返して参りました。が、このフライパン。いやいや「スキレット」などと言ってみたいのですけど、このスキレットは、その心配が無い。その手の機能面の優位性のみならず、味が圧倒的にいいような気がする。タマネギ炒めるだけでも、ピーマン炒めるだけども、もうしっかりと調理してます!! ってかんじですかね。気のせいかもしれませんけど…。同時に鉄分も摂れているに違いない、との思い込みも健康面にいい効果を与えています。(あくまでも思い込みかもしれませんが…) ただ、正直言って重い。予想はしてましたけどね。わたしは男性ですが、か弱い女性にはやはり重いかも。それでもなお「鍋をふる」ことがメインではなく、「木べらでまぜる」が主なら問題無しかも。使用期間二ヶ月、まさにトリコ状態です!!  .

使って数ヶ月経ちますが、不満に感じたことはありません。おいしく焼けるし、焼き色はきれいだし、焦げ付くことはないし、とても重宝しています。大変満足なお買い物になりました。焦げ付かないと書きましたが、チャーハンをつくるときは大分焦げ付きます。でも、その焦げ付く香りも美味です。.

テフロンのフライパンを一年くらいで買い替えてばかりで何かいいものはないかと探していました。鉄というとすぐ錆びる、くっつくという先入観で選択肢になかったのですが、ちゃんと手入れすれば大丈夫ということを知り購入を決意。結果、大大大満足。テフロンはかなりデリケートで使い方を誤ればすぐにダメになります。高いお金出してすぐダメになったりすると悲しいです。それに比べこのフライパンは一生ものだと思います。もうテフロンの業者に貢ぐこともありません。コスパ最高。しかも手入れさえしていればくっつくこともありません。ただ一つのマイナス点が重い、メチャクチャ重い。片手で持つと手がもげそうになります。でもそのマイナス点も他が良すぎるので全然気にはなりません。.

南部鉄瓶を購入したところ、思いの外よかったので、「ならば」とフライパンも購入しました。実際に使ってみると料理の焼き上がりが今まで使っていたフッ素加工のフライパンとは全然違いました。特に肉の焼き上がりが全然違います。肉のグレードが上がったのかと錯覚するほどです。購入当初は「重たい」とこぼしていた妻もすっかり気に入ってしまい、今ではもっぱら本品ばかり使っています。あれこれと試して焼いてみるのが楽しくなりました。鉄製ですので重いのが少し難点なのと、使用後に錆びないように手入れしてやる必要がありますが、そういった点を差し引いても「料理がおいしくなる」メリットは大きいと思います。値段も手頃ですし、「一家にひとつ」あってもよい品だと感じました。.

岩鋳さんのはデザイン違いの18cmのフライパンも持っています。鉄は共通して重いですし、ちょっとお手入れが必要ですが、野菜や肉を焼いたり炒めたりすると、その味に感動しますし、自分で育てていく感じがなんとも言えず良いです。.

厚みがあるので、一度温めるとなかなか冷めないし均一に熱が伝わります。チキンを焼けば皮はパリパリなのに肉はふっくら。ぎょうざもくっつくことなく、羽を作れます。家庭でプロの味。仕上がり。.

届いてまずビックリしたのが重さ。レビューなどにも重いとは書いてありますが、想像を絶する重さでした。女の人は振れないだろうな。でもお肉などを焼いてると、鉄板ならではのいい焼き具合でとても美味しく焼きあがります。重さのマイナスポイントが気にならなくなるくらいいいです。レビューはどれもとても参考になりますが、評価が高いのは分かるけど自分が女性だったら買わないかな。.

作る料理が旨いので、自分の腕が上がったと勘違いしてしまいます。厚く成形されているため熱を保持しやすく、材料を投入したときに温度が下がらず上手に調理できます。揚げ物も油温が下がりにくくきれいに揚がります。(温度上げ過ぎたときは冷ますのに苦労しますが)手入れは洗剤使ってナイロンたわしでゴシゴシ洗って増すので、黒い皮膜が取れてきていますが、特に焦げ付きやすくなったという事もありません。但し、皮膜がなくなると錆びやすくなるので、水分を焼き切って収納するなどの工夫が必要になります。家庭用の弱い火力で調理するには、とても役に立つ道具だと感じます。星一つ減らしたのは、鋳造の精度が低いため歪んだ形状になっていて、ふたが上手くはまらないためです。.

ベスト フライパン24 24012 買い取り