山善(YAMAZEN) Yamazen 加湿器 Kp-A05 – お値段なりです

とにかく音が気になる。他の加湿器はそんな音はしないんですがこれはぼこぼこと沸騰する音が鳴り続けます。小さくて卓上に置くには良いのですがなにせ500のペットボトルまでしか使えないのが難点。一晩もたないので、朝には乾燥して喉が痛くなります。部屋が六畳以上の場合は一つの加湿では足りない感じ。規定外ですが1. 5リットルのペットボトルでも普通に使う事はできます。あくまで自己責任ですが長時間使うならオススメしません.

会社で使用しています。コンパクトなので机に置いても邪魔にならず、かなりの蒸気が出るので「潤っている」感が味わえます。確かに乾燥していないな。と思います。ただ。500Pのボトルですと、蒸気がペットにあたり変形します。同じPETボトルを使い続けると「穴開いちゃうんでは?」と不安になり時々交換が必要かと・・・特にペコロジーボトルといわれる柔らかいPETボトルですと不安増です。あと、PETボトルの水を1日3回は入れます。「ま、潤うんだからな」と思い交換しようと、PETボトルを引き上げると「ボトボトボト」と多少残っていた水が滴りこぼれる。気をつけないと大事な書類が水浸し。慎重に引き上げないとね。と、手のかかる子だけど、この値段ですしね。いたしかたないかな。.

6畳の部屋全体を潤すのはちょっと無理がありますが、多少の湿気にはなります。  近くに置いておけば、ないのとではかなりの違い! ただ、水が少なくなってくると設置しているペットボトルが軽くなってきて少し浮き上がるような形となります。 それと同時に水がこぼれることがあるのが難です。 水が少なくなりすぎる前に、ペットボトル内の水を足してやるのがうまく使うコツのような気がします。.

今年は受験があり、風邪対策にとこの商品を買いました。初めて買った加湿器なので他製品との比較はできないのですが、給水をこまめにしないといけません。加湿量は多いのですが、セットできるペットボトルのサイズが500mlまでなので、約3時間弱で水の補給が必要です。音も個人によって違うと思いますが、僕からしたらちょっとうるさいです。狭い範囲・短時間しか使わない人向けです。.

利点と欠点

メリット

  • お値段なりです

  • ぼこぼことお湯のわく音が気になる

  • 給水をこまめに・・・

デメリット

特徴 Yamazen 加湿器 Kp-A05(a) スケルトンブルー

  • メーカー型番: KP-A05A
  • 消費電力:150W
  • 電気代目安(1時間あたり):約3.3円/h
  • コード長さ:約1.8m
  • 適用床面積:木造約3畳まで・プレハブ約6畳まで
  • 最大加湿量:200ml/h
  • 連続使用時間:500ml約2.5時間

ベスト Yamazen 加湿器 Kp-A05(a) スケルトンブルー レビュー