山善(YAMAZEN) 山善 ペットボトル式加湿器 – 子どもの部屋にインフル予防として

今の山善は、こんな不良品ばかり値上げして、売りつけるのか?中国で製品化には本当に粗悪品検品してない。白、新品二台とも使い初めで、直ぐに数分で切れて、色々と工夫したが全く駄目でしたズット10年近くて?、何度も毎年新品を買い続けてきたのに。ガッカリ.

2リットルのペットボトルで使用しています。およそ13時間で自動終了します。ボトルをセットした後、水が適量本体に溜まるとリセットボタンが押せるようになるのですが、ただセットしただけではなかなか押せないこともあるため、ボトルを少し押して水をたまらせるようにするなどしています。掃除やフィルターを取り出す時に加熱部分に手が入るといいのですが、それができないので星を1つ減らしました。概ね満足しています。.

狭い部屋に置くので、小さいのを探していました。これはかなりコンパクトだと思いますペットボトルな利用ので500mlとなり、加湿時間は短いですが、加湿能力は六畳くらいだとそこそこという感じです.

会社用に机の上で使っています。ペットボトルという点が気に入っていますし、音もそんなに気になりません。無い時に比べて顔がカサカサにならないので効果はあるのかな思います。ただ2時間半程度で終わってしまうので、気にしていないと切れてからだいぶ経っているということがあります。.

ペットボトル受け口に水がたっぷり入ってる状態で、再度ペットボトルをセットすると、ペットボトル内に空気が入っていかず、水が補充されないため、水温のみ上昇し、停止するようです。もし、リセットしてもすぐに止まるようであれば、一度、水を排出してから、ペットボトルをセットして使用してみてください。.

500mlのペットボトルの水が2時間ほどでなくなるのでこまめにかえないといけませんが加湿昨日はすごくいいとおもいます。1lのペットボトルになると少し不安定になると思うので安定する場所等でつかうと意外に使えると思います。.

水質の問題なのか手入れが大変、すぐに塩が溜まる。.

加熱式の加湿器です。適当な500ccペットボトルで水を補充できるので、残り水量が見えて扱いが簡単。.

利点と欠点

メリット

  • 電源切れる人はクエン酸運転で洗浄しましょう
  • リセットボタンが硬すぎて故障と勘違いするかも。慣れれば大丈夫。
  • 最悪。動かず返品交換→また動かず。

デメリット

コンパクトで、デザインも気に入ってます。でも、温めた蒸気で出ると思っていなかったので(確認不足でした・・・沸騰させた湯気で出る感じ)、その分、電気代はかかってるのかなと心配になりました(^_^;)タンクがペットボトルなので衛生的で、そこは気に入ってます。ただ、小さいので、あまり大きな部屋だと、物足りないかも。蒸気で出るタイプだったんで、星がひとつ減って、普通くらいかな~。.

保証期間が過ぎた1ヶ月後に故障。山善問い合わせセンターに問い合わせるも修理代が数千円かかるとのこと。購入代金より修理代の方が高いなんて馬鹿馬鹿しすぎるし新しい違う他社製品を買おうと思います。ケチって安い山善の商品を買ったのが間違いでした。電話対応もイマイチ。全然オススメしません。違う他社製品をオススメします。.

シンプルなデザインで、場所をとらないのが良いです。加湿器の使用頻度が低いので、丁度良いのかもしれません。.

加湿器の内側に白く結晶化したものがけっこう沢山つくのですが、付属のブラシでは隅まで全く届かず。歯ブラシでお掃除が良さそうです。加湿器としては良いです。.

以前何年も愛用していたものが壊れたので買い替えたところ、使用してもすぐに電源が切れる。説明書を何回も読み込んだが動かず返品。ちなみに説明書の蒸発皿がどこなのかもわかりにくい。2回目に来た商品もすぐに電源が切れるので、山善に問い合わせたところ、綿棒で掃除してみてくれと。しかし2つあるうちの1つは綿棒なんて届かない。電話対応があまり良くなかったので再度かける気にもならなかった。返品する事だって手間なのに、申し訳ありませんとも言われなかった。むかついて再度返品する気にならずゴミ箱に捨ててやりました。もう山善の商品は買いません。.

使ってるうちに電源が切れるという人はクエン酸入れて炊けば水垢がきれいに洗浄できてまた使えますよ。3年使ってますがスチーム式の中ではコスパ最強の製品です。.

残念ながらほとんど使いませんでした、水がなくなるのが早いです。ペットボトルを差し込むと言うのが便利かと思いましたが、見た目がそれほど良くなかったです。また、シンプルな作りで湿度のセンサーが付いていないので、ずっと加湿器を続けるところが不経済かなと思いました。少し手出しすればセンサーのついた機種を買えるのでそちらの方が電気代の節約になるとは思います…が、タンクの掃除をしなくて良い!と言う点では素晴らしいと思います。短時間で強力な加湿をしたい方にオススメ。.

手持ちのペットボトルに水を入れ、ひっくり返して装着。とても簡単に加湿できます。スチームなので、衛生的で温かい。500mlのペットボトルなら、2時間半ほど持ちます。6畳程度なら十分ではないでしょうか。音は、スチームなので、ポコポコと少ししますが、逆に心地よく、私には気持ちいいですね。.

ペットボトル使用だったので「手入れが楽かも」と思っていましたが、手入れは楽だが直ぐに無くなるので補充が頻繁で大変でした。.

特徴 山善 ペットボトル式加湿器(木造約3畳/プレハブ約6畳) アロマポット付 ホワイト Kp-C055(w)

  • 本体サイズ:幅11.5×奥行17×高さ20cm
  • 本体重量:0.7kg
  • 材質:本体・スチーム吹出口・底板=PP、前パネル=AS
  • 消費電力:150W
  • 電気代目安(1時間あたり):約4.1円(1kW/h当り27円として計算)
  • 水タンク容量:市販ペットボトル500mLまで
  • 最大加湿量:200ml/h
  • 適用床面積の目安:木造和室=約3畳、プレハブ洋室=約6畳
  • 連続使用時間:約2.5時間(500mlペットボトル使用時)
  • 電源コード長さ:約1.8m

本品は水がなくなると自動停止しますが、給水して再起動する際には正面のリセットボタンを押す必要があります。このリセットボタンがとにかく硬い!普通のボタンの感覚で押すと、多少ボタンは動きますが押せてません。正確に押されればカチッと音がして、押せたことが分かります。最初はこれにかなり困惑します。すぐ壊れた!とのレビューが散見されますが、このリセットボタンをちゃんと押せてないために動かなくなった例が少なくないのではないかと想像します。その他の使い勝手、性能はかなり良い品です。◯良い点スチーム式なので超音波式より衛生的ポコポコと心地よい程度の音スチーム式の宿命でミネラルがたまるが、露出してる箇所に多くたまるので掃除はしやすい。(スチーム出る筒のペットボトル側に空いてる穴付近)総じてコスパよし×注意点500ml以上のペットボトルは使えません。無理に付けてもバランス悪いので危険ですとはいえ500もあれば6畳程度の寝室で寝るとき付けっぱなしでちょうどよい程度です。リセットボタンが硬い!!買ってすぐ、なんだか動かなくなっちゃったなあ。。。と思ったら、取説をよく読んでリセットボタンをカチッとなるまで押すことで解決できるかもしれませんよ。.

事務所で使用しています。デザインも良く、コンパクトなサイズでとても満足しています。.

去年買いました。枕元に置いて寝る時に使うために買いましたが当然500mlのペットボトルでは一晩もたず、1lを使って朝には水が尽きているという感じで一冬過ごしました。1lで5時間ぐらいでしょうか。しかしながら一冬でキャップのバネがいかれてしまい、ペットボトルがまっすぐ立っていられなくなってしまいました。500mlを想定して作られているので重さに耐えられなかったのでしょうか。そしてこの1年でペットボトルの規格が変わったのか、昨年キャップが合わないペットボトルが結構あったのに今年はどれでも合うようになってました。そこでスペアのキャップに替えて今年は2lを使っています。朝までしっかりもちます。キャップが壊れたところで加湿器自体さようならと覚悟し使っています。個人的には耳元でポコポコとお湯が沸く音がしていると妙に落ち着きます。朝起きると台所でお母さんが朝ご飯を作っている音がする、とかストーブの上にヤカンを置いている、とか、そういう気持ちになるのかもしれません。超音波式他のような面倒なお手入れもいらず値段も手ごろで使い勝手もいいので気に入っています。キャップが壊れたら加湿機ごと買い替えるつもりですのでまだ販売終了にならなければいいなと思います。ちなみにフィルターはすぐだめになってしまい、そう言えばいつの間にかフィルターつけずに使っています。.

1ヶ月ほど使いましたが水垢フィルターが汚れて固まり交換できなくなってしまいました。他の方も書かれている通り奥まで手が入りません。おそらく2日に一回くらい掃除するマメな性格な人でないと1年持たないのではないのでしょうか?.

一昨年に購入した際には2000ちょっとだったのがここでは4000弱他のページでは3300くらいだけどそれでも1. 5倍毎年買い替えっていうにはきつい値段になって残念フィルターも送料かかるようになってるしものはいいし加熱式が好きなのだけど継続購入は迷う.

初期不良はありましたが、交換した物は問題なく稼動してます。会社のdeskの上で使ってますが場所も取らず使えてます。.

空焚き防止機能の不具合か知らないが、温度が上がるとすぐに落ちる。スチームなんだから温度が上がるのは当たり前だろ。。昔の中国製品より数段も粗悪品.

会社のデスクで使うために購入しましたが(他ショップですが)、あまりにもグツグツコポコポという音がうるさすぎて使えません。超音波式は衛生面×、気化式は加湿能力×、ハイブリッド式はサイズと値段で×。卓上で使えるサイズ+スチーム式で当商品にたどり着きましたが、静かなオフィスには騒音です。コポコポを通り越してグツグツです。うるささが気になり、周りの社員にも迷惑がかかる音量のため、正直買って損しました。慣れれば気にならないという方もいますが、そんなレベルじゃないです。それとも、ハズレにあたったのでしょうか。離れたところに置く分には良いと思いますが、静かな場所や、オフィスで自分のデスクに置くにはおすすめできません。.

去年1台買って1シーズン使い、今シーズンも使い始めたところ勝手に止まるようになり、終了。ペットボトルで使え、サイズも小さく商品自体は気に入っていたため新しいのを購入。数回の使用で同症状が。現在問い合わせ中。【追記】その後気付いたのですが、使っていたペットボトルの口が何らかの原因でわずかに変形していたらしく逆さにしたとき水が漏れていました。その結果自動停止になっていたのかもしれません。新しいペットボトルにしたところ2台とも復活です。しかし考えられることは熱による変形ではと思うのでまたダメになるかもしれません。.

どの2Lでも対応してくれると尚良しです!さすがに500mlだと2時間だけなのでもう少し欲しいです。.

加熱式で衛生面を、考えたらコンパクトだし良いんだが、、ボコボコ常に沸騰してる音がかなり響くが、、静かな寝室にはかなり響く、、どうなんだろう、、小さいお子さん居る方は注意しないと、、倒したら相当こぼれますよ、、熱湯が、、.

昨年購入し会社のデスクでワンシーズン使用済みまず加湿量はかなりモクモク出て十分です500mlペットボトルで1日8時間:2〜3回ほど水を補充した記憶 最後は余るので捨てる毎日水を全部排出し、フィルターを軽くもみ洗いして乾燥し翌朝またセット変な臭いや汚れも皆無で快適に使えていましたデスクはそんなに広くないから横幅スリムでいいです蒸気があたたかいのも冬の寒い時期にはちょっと嬉しい推奨通り500mlペットボトル使用なので熱で変形もありませんボトルがしっかりしてそうな「まいばすけっと」の純水を買って中身をコップで飲み、飲料には使用していないきれいなボトルを使用しましたそのボトルは今年も健在なのでまた使います最初はしっかりした800mlボトルを探していただけれど、座りっぱなし防止にちょうどいいか、と。熱変形は避けたいですしまたは500mlペットボトルのスペアを用意して、朝の時点で2本用意する、これにしようとおもっています今年もそろそろ出動させる時期です.

プレゼントにする為購入しました。500mlのペットボトルだと2~3時間位しかもたないようですが、小さくて持ち運びやすいので便利なようです。量の調節はできないので、その点以外は満足です!.

コンパクトでしかもペットボトル(900ml)を差すだけで給水ができるので とても楽です。加湿も充分で隣に補充用のペットボトルを置いてます。.

コンパクトで狭い部屋でも場所を取らずに前シーズン2〜3カ月は重宝してたけど、今シーズン入って間もなくからスイッチ入れて数分で自動停止してしまい、フィルター位置やペットボトル位置等を注意しながら騙し騙し使ってたけど、もう色々試しても無理そう。保証期間内に返品するべきでした。山善の他の商品も以前長く使ってたけど、やっぱりすぐにボタン効き悪くなったりストレスに。不具合さえなければコンパクトでシンプル機能で好みなんだけど残念.

音が少し気になるかな…コポコポとずーっと聞こえていて睡眠の妨げになる事も。加湿力は普通だと思います。.

全くダメですね、これ。連続運転に耐えられません。本体が熱をもってしまうのか、勝手にサーモスタット的な機能が働いてしまい、給水するしないに関わらず、すぐに運転停止してしまいます、、、、本体を手入れしても、その誤作動は改善されず。いわゆる「安物買いの銭失い」の典型でした。.

セットできるペットボトルの大きさが大きくなって使いやすいです。今まで使っていた同等製品の温度センサーが草臥れて来て、時々水が入っているのにOFFになる事がありましたが、こちらは大丈夫です。.

夜使って寝て始めは使えたんですけど、1本使いきってペットボトルを交換したらもう電源は入らない。全然使えなくなってしまいました。1回使っただけで。残念です。.

数年前に山善さんの同等品を買い、別の製品に買い替えたので改めてレビューしたいと思います。まず、山善さんからは幾つかの加湿器があり、この製品と同等の加湿性能をもつモデルにks1-a083とks-h103があります。記憶が正しければこの2機種のほうが、後から出てきた製品です。結論を言ってしまうと、kp-c055よりはこの2機種をオススメします。タンクにペットボトルを使うようにしたからって生産コストが大きく下がるわけではないのは3機種の価格を見ればお察しですし、トータルで見ればデメリットのほうが目立ちます。まずタンク容量についてですが、ks1-a083は800ml、ks-h103は1000mlなのに対し、kp-c055は500mlペットボトルを使うので一番連続稼働時間が短くなります。ペットボトルの形状によっては1lボトルやその気になれば2lボトルも使えますが、メーカー保証対象外ですし何より危ないです。数少ないメリットは、キャップが2つ付いてくるので、仕様中のボトルとは別に予備のボトルを用意しておいて、タンクが空になってもすぐ交換出来る、という点ですかね。小型でありながら水汲み頻度が減ります。水道水は俗にミネラルと呼ばれる金属イオンが溶け込んでおり、水を蒸発させるとこれらが結晶化した塩(えん)として残ります。いわゆる水垢です。スチーム式加湿器は水をヒーターで沸騰させることで加湿を実現しているので、どうしてもカルシウム塩やマグネシウム塩などが蒸発皿に付着してしまいます。これを軽減するのが付属の水垢フィルターで、表面積の大きなフェルトを釜の中に入れておいてフェルトに塩を吸着させることで蒸発皿を汚れにくくしています。しかし軽減は出来ても完全に防げるわけがなく、結局はちょくちょく洗わなければなりません。そうしないと故障の原因になります。このメンテナンス性が問題です。kp-c055はガワの設計が古いため、蒸発皿に付着した水垢汚れを洗うのが大変なのです。蒸発皿がダクトの向こう側にあるのでどうしても手が届きません。洗浄ブラシが付属してきますが細かいところが洗えない。ks1-a083やks-h103はこのあたりが改良されており、洗いやすくなっている印象です。デザインは値段の割に悪くないと思うんですけどね。今はちょっと加湿性能を上げてks-a253を使い始めたところです。.

2lのペットボトルも入るから、寝る前とか長時間使用したい時にはベスト♪.

コンパクトで会社のデスクに置いても邪魔にならないのはとても良い。また、清掃用ブラシがついているのは気が利いている。ただし、蒸気がペットボトルにかかってしまい、厚みがないペットボトルだと変形してしまう為、ペットボトルを選ぶ必要がある。.

音がうるさいのと 熱でペットボトルが変形する 使えないことはないのでいいんですがやはりうるさい.

ベスト 山善 ペットボトル式加湿器(木造約3畳/プレハブ約6畳) アロマポット付 ホワイト Kp-C055(w) 買い取り