山善(YAMAZEN) 山善 ペットボトル式加湿器 – ペットボトル式探していました

山善のペットボトル式加湿器は、前とその前のタイプの時から使用し、併せて6年間超使っています。今回のこの機種は非常に優秀です。前の機種で過去に経験したトラブルは自分が取説にあった注意をきちんと守っていたら起きなかったのかも知れないと感じています。まず、厚手のペットボトルを選ぶこと! これにつきます。ペコペコするようなヤワなペットボトルを使用すると、蒸気の熱でペットボトルが変形し、ボトルにはめる栓がユルユルになるので、水漏れが起きます。厚手でペコペコしないボトルなら浮き上がったりもしませんので、水漏れしたり、途中で電源が切れたりしません。厚いペットボトルであれば、我が家では1.5リッターのでも使えています。時々、本機に台所用洗剤と水を入れて、良くすすぐこと。 ←これは山善のお客様相談室の方に電話して教わりました。小さな水垢などのツマリがあると、リセットボタンがきかないのですが、こうするとスムースに機能を回復します。マンションの和室6畳と隣のリビング、併せて21畳の空間で使用していますが、充分潤っています。他社の、室温と湿度に対応する高性能な加湿器も持っていますが、消費電気量がすごいので恐れをなし、専らコチラを愛用しています。夜間につけっぱなしにすると、朝には窓ガラスやサッシ枠に大量の結露がついています。これはサッシやカーテンなどにカビを発生させ、健康に良くないのではと思いますので、我が家では夜間就寝中には、加湿器は使いません。その代わり、昼間はもちろん、夜間も就寝直前までは連続使用して、予め湿度たっぷりの部屋にしておくように心掛けています。折角の安価且つ低消費電気量の優秀な加湿器ですのに、厚手のペットボトルがなかなか入手し難くなっている現状の為、本機を購入しても快適に使用できずに無駄な買い物をしたとガッカリなさる方々が居らっしゃる筈です。メーカーへの要望ですが、ペコペコの薄手のペットボトルでも変形を招かないように、蒸気の上がる角度を工夫して戴きたいです。.

毎年ちょうど12月〜2月頃まで仕事でビジネスホテルに10日間程泊まるのでその間の乾燥対策に小型の加湿器を使っています。私は乾燥でノドをやられたあと風邪になりやすい体質なので、短期間の宿泊に持ち運びの出来る加湿器を探していました。6畳の部屋での使用を想定されている商品ですが、エアコンの温度を高めに設定すると6畳程度でも加湿力は弱いと実感せざるを得ません。小さい部屋だから安いのでいいや、と考えていましたが、部屋が小さくても自宅できちんと使うには向いていないです。乾燥のひどい日だとこの加湿器をかけていても唇などパリパリになってしまいます。机に置いたサイズは大辞林などの大型の辞書を縦置きした程度です。私は椅子に座って机の真横に置くという使い方をしています。加湿中の音ですが、小さなヤカンでコポコポお湯が煮立っているような感じです。私はギリギリ持ち運びの出来るサイズと重さ、ペットボトル式の加湿器という割と特殊な条件で当商品を選びましたが、自宅・自室できちんと使う方にはおすすめしません。体調を崩しやすかったり、風邪にかかりやすい方はもっとしっかりした加湿器を買ったほうがいいと思います。.

超音波式加湿器ではないので、清浄感は高そうですが、500mmペットボトルで3時間程度、1000mlで5-6時間しか持たないので、コマ目なメンテナンスが必要となります。ペットボトルはすぐに代替が聞くといっても、2-3日で変色してくるのはどうかなというところを感じます。設計が単純ですが、頻繁に掃除をしなければすぐ汚れてしまうので、うちは押入れの中に仕舞いこんでしまいそうです。.

二、三時間で水の補充が必要な点は多少煩わしいですが、サイズのワリに加湿性能はまずまずでエアコン暖房と併用しても乾燥が防げています(8畳間)。気が利いているなあと思ったのはペットボトルに装着して使用する弁が2個付属していることで、つまり加湿に1本使用しつつ、その間にもう1本水をいれて準備することが可能となっています。これが思いのほか便利。ただし、熱蒸気の噴出口に少し角度をつけてくれればいいのに真上に上がる設計になっているため、ペットボトルのはみ出た部分にけっこうな熱が伝わるようになっており、また最近のペットボトルは省資源化のため薄くできているので、数回使用すると熱で歪むことがあります。何も考えず水のボトルを買ってしまいましたが、できるだけ厚手のプラスチックでできているボトルを調達したほうが、交換コストが抑えられてよいかもしれません。また、水アカの掃除をしようと、ペットボトルに少量のクエン酸をいれて運転したところ、蒸発皿のフッ素コーティングがボロボロにはがれてしまいました。コーティングが厚ければそういうことは無いようなので、このあたりは値段なりかもしれません。お手入れの際はご注意を。12月29日追記使用二ヶ月を待たずにサーモスタットに異常を来したようで、スイッチがすぐに勝手に切れ使い物にならなくなりました。残念ながらハズレだったようです。でも、amazonに連絡してみたところ、迅速に交換の手配をしてくれたのでそこはありがたく。いちいち「購入レシートが. 」とか言われない分、ますますネット通販がはかどって困りますw。.

操作、手入れが簡単で、高齢者でもペットボトルの水の補給を容易に行うことができます。ペットボトルを交換すればよいので、タンクの洗浄など不要な点も、楽でいいです。水が沸騰する際に音が出ます。寝室だと気になるかもしれませんが、リビングで使用する分には十分だと思います。.

150w の暖房としても使えると思い、子供部屋の加湿に買い求めました。大きなペットボトルは恐らくバランス/店頭防止の観点から使えないのだと思いますが、500ml で2時間強しか持たないのが一番残念な点と思います。それ以外はOKです。.

今更と思いながらも流感予防のために購入しました。選定にあたっては、価格、デザイン、手入れのしやすさ、構造がシンプルであること、などで考えました。まだ使用し始めたばかりで手入れについてはわかりませんが、他の項目については相当に満足しています。恐らく500ミリリットルのペットボトルを想定していると思いますが、私はボトルコーヒーの900ミリリットルのものを使っていますが問題なく使えています。それより大きいものだと入らないと思いますし、重量バランスが悪くなるのではと思います。カラーバリエーションもいくつかあったと思いますが、白もキレイでいいです。木造洋室の6畳で使用していますが加湿能力も不足は感じません。煮沸音はもちろんしますが、気になるレベルではないです。唯一、排出口のアロマポット部品が蒸気熱で変形して浮いた状態になってしまうため、これを利用される方は注意が必要かもしれません。通常の加湿器として使う分には問題なく使えます。きちんと電源スイッチも付いていますし、価格も安いので極端に言ってシーズンごとの使い捨てと考えても、必要十分の品だと思います。.

一般的な500mlのペットボトルで利用していますが,弁(キャップ)の精度が悪いのか数回使用しているとキャップが空回りするようになってしまい水が漏れてきます.その都度新しいペットボトルを探すことになります(ペットボトル側がバカになってくる?).あとペットボトルなので見た目が悪いです.ペットボトルだと水をいくらでもストックしておけるので水場が近くに無いところでは便利でしょうが,それ以外の場合はペットボトル式を選ぶ必要はないと思います(専用タンクのものでも水のストックにペットボトルを使えばいいだけですが)..

利点と欠点

メリット

  • 小さいのに加湿力は充分
  • 実はペットボトルのコストが。
  • 病院での使用

デメリット

入院中に部屋が乾燥するため購入。費用も安くよかったです。ペットボトルの水が無くなると安全装置で停止するのがいい。.

店頭などではなかなか見つけられずに、amazonで安価に購入できました。水を沸騰させて蒸気を発生させるスチーム式加湿器なので「ボコボコ」という音は気になりますが・・・・まあ、こんなものだと思っています。ペットボトル500mlではすぐに無くなってしまうので1000mlに変えましたが随分長く使えるようになりました。勤務先用に2台目を購入しようと思いましたが、デスクに置くには少し大きいかなと思い2台目は超音波式にしてみました。.

帰省時に自分の部屋で使うために購入しました。場所を取らず、カビや菌の繁殖しづらいタイプを探した結果、スチーム式のこの加湿器にたどり着きました。スチーム式なので、動いている間は常時コポコポとお湯の沸騰する音がし続けています。自分は気にならず、むしろ楽しい気分になりますが、これをうるさいと思う人には向かないかも。またスチームが熱風として吹き出してくるので(大した勢いではありませんが)、小さい子供がいる場合には置く場所に注意が必要そうです。一応、うっかり倒しても熱湯がこぼれたりはしないよう考えられた作りにはなっています。取り付け可能なペットボトルは500mlのものなので、1日中使おうと思うと何度か給水が必要になります。が、給水の手間よりサイズの小ささをとったと割り切っているので、あまり気になりません。頻繁に給水するくらいの方が、衛生的にも安心な気がします。後ろにペットボトルを立てるので、どうしたって見た目がすごくおしゃれというわけにはいきませんが、小さくて置く場所を選ばないところが気に入っています。.

すごく加湿できます!夜つけて、朝起きたときにスリッパをはいたらスリッパがすごいしっとりしていました。笑 窓も水滴がすごいついていて、、、小さいからそんなに期待していませんでしたが、びっくりしました!音も私は気にならないです。.

ペットボトル式の加湿器は今回で2台目です。就寝時に使用してますが、 以前のは沸騰音と水が空になって、スイッチの切れる音が大きかったので、時々起こされる事がありましたが、kp-c053は静かで良いです。大変重宝しています。.

問題を挙げれば、湯気がペットボトルの底部直近から出るので、冷却されて再結露してボトルがびしょびしょになる。まぁ安価なので許せる範囲。.

特徴 山善 ペットボトル式加湿器(木造約3畳/プレハブ約6畳) アロマポット付 ホワイト Kp-C053(w)

  • 本体サイズ:幅11.5×奥行17×高さ20cm
  • 本体重量:0.7kg
  • 材質:本体・スチーム吹出口・底板=PP、前パネル=AS
  • 消費電力:150W
  • 電気代目安(1時間あたり):約3.3円
  • コード長さ:約1.8m
  • タンク容量:市販ペットボトル500mLまで
  • 最大加湿量:200ml/h
  • 適用床面積の目安:木造約3畳・プレハブ約6畳
  • 連続使用時間:約2.5時間(500mlペットボトル使用時)

ベスト 山善 ペットボトル式加湿器(木造約3畳/プレハブ約6畳) アロマポット付 ホワイト Kp-C053(w) 買い取り