山善(YAMAZEN) 山善 ペットボトル式加湿器 – コスパ良し

この前にも似たようなペットボトルを使う加湿器を愛用してました。以前のは500mlのみでしたが、こちらは500mlも使えますが少しグラグラ。1リットルの四角いタイプがぴったりでした。500より1リットルを想定して作られてるのかなーと思いました。そして、2リットルも試してみたら使えましたが、安定感でいうと1リットルペットボトルがベストの様です。買い換えてよかったです!.

木目調がインテリアとマッチして、とても気に入ってます。.

霧吹き型のものより、水蒸気型の方がカビなどを防げると聞いておりそのタイプの中では最もリーズナブルで使いやすい。デジタル湿度計と合わせて湿度管理を行えば大変楽。強いて言えばペットボトル1Lのものにも対応してほしい。水の補充が頻繁だった。.

パソコンを使うオフィスなので超音波式ではなくスチーム式で探していました。なぜか木目カラーだけ1980円とお安かったので木目を購入しました。小ぶりで邪魔にならず、夏はキャビネットに仕舞っておけるサイズで良いです。広い部屋では湿度計の針は全く動きませんが、自分の周りだけでも加湿できれば良いかなと。スイッチを入れてしばらくすると沸騰するポコポコ音がしますがそれほど気になりません。カルキ汚れはつきますので掃除は必要です。.

沸騰音とは別に1分置きくらいでカチッと音がします。それが不快でいちいち意識させられます。せっかくの木目調ですが山善のスチーム式ならペットボトルじゃない方が変な音がしなくていいです。あと一週間に2度洗う必要があるなら早く電源コードを本体から外せるようにしてほしいです。いちいちコンセントから抜いてずるずる引きずりながら洗い場へ持っていくのは苦痛です。濡れた手でコンセントに触る可能性もあり、とても危険です。ずっと昔からこの形ですが進歩が見られません。.

値段が安くて小型の加湿器を探して。海外製の超音波式は抗菌無しも多く、スチーム式に。加湿能力は思ったよりは少なめ。あと煙突部分が洗いにくい。でも安いし満足。.

1リットルボトルもギリギリ使用可能ですが、熱に弱いタイプのボトルだと、数回の使用で変形しますので、ボトルは使い捨てですね、かえって衛生的かもしれないので、これはこれでありです。.

台の上に置ける手頃な大きさと価格で、良くも悪くも加湿しすぎない手頃な容量が気に入っています。もう少し掃除しやすいとなお良いです。.

利点と欠点

メリット

  • 蒸気出口とペットボトル側面が意外に近接してます
  • 大満足
  • スチーム式一押し

デメリット

ペットボトルに水を入れて挿すだけですが、500mlだけ入るけど勢いよく出るためすぐ交換が必要です。その上水による汚れの掃除を週1ペースで行わないとすぐ汚くなります。ズボラさんには正直お勧めできません。お掃除が好きな人にはいいかもしれません。.

サイズの割にはしっかり加湿できていると思います。他の所有している加湿器や加湿機能のある空気清浄機は、ある程度タンクに大きさがあるため、蛇口からの注水や持ち運びが面倒なのですが、それに比べると非常に手軽に水を用意することができるので気に入っています。(ただし2~3時間で水がなくなるので、一晩付け続けるという使い方はできません)ただ、熱い湯につけ続けるせいで変形が起こるのか、ペットボトルのキャップ部分が次第に締まりきらなくなってきます。なので、ボトルは最初に1本用意して使い続けるのではなく、2週間前後で取り替えていくことになります。.

5年くらい前にこれと同じものを他で買いました。当たりだったようで毎年大活躍しましたが、とうとう先日サーモスタットが誤作動しだし使えなくなりました。この値段で5年も持ったので満足です。全く同じものがまだamazonで売っていたのでよかったです。子供がインフルにかかった時には、リビングでこれを一日中つけて湿度を高め感染予防しました。そのおかげか誰もうつる事はなかったです。蒸気が出る時にボコボコと音が鳴るので寝室には不向きかなとは思いますが、ペットボトルだと簡単に交換できるので清潔だし私はこのタイプがとても気に入っております。熱い蒸気が出るので部屋も温まり一石二鳥です。でもあまり長く使うと内部に水垢のようなものがこびりつき、掃除してもなかなか取れないのでやはり数年に一回は交換が必要かと思います。元々が安いので買い直しも苦ではありませんが。追記。2019、1月購入時は1980円でした。.

あまりオススメは出来ません。良い点はデザインとアロマが使える所だけですね、加湿能力は低いです、デスク上で使う分なら問題ないのかな?まあ煩いですけど汚れが溜まりやすいので掃除しないといけないのですが、丸洗いが出来ない様なので壊さないか心配、水漏れはよくあることですがに最初に水に触れる場所が電源スイッチなんですが設計的に大丈夫なのか分かりませんね、ある程度防水されてるといいんですが。あと500ml以上のペットボトルも試してみましたが薄い物は駄目ですね、ベッコベコに凹みますそして高確率で水漏れします、炭酸系ならいけるのかな?飲みたくないので試していません.

 職場で使うために購入 概ね50坪ほどのフロアで使用しているため体感としてはあまり効果を感じられませんが、つけ始めて2時間程で湿度45%→50%にはなっていました。 湯気の出方を見るにアイリスオーヤマのshm-120d-cよりと同程度の蒸気は出ています。 タンクに使うペットボトルは2リットルの四角いものを用いると問題なくセットでき、8時間程使用できます。 ただ、蒸発皿のフィルターの交換に長いピンセットのような物がないと手が届かないのが煩わしいです。 また、蒸発皿が常に水没した状態で沸かしており、カルキ等が付きにくい状態になっていますが、他の加熱式と様子が違うため、これで良いの?と感じております。.

安くて意外に小さいですがなかなか性能はいい。加湿器としてはしっかり役目を果たしてくれます。人によっては沸騰音のポコポコがうるさいと思うかもしれませんが自分的にはとても心地よいです。加熱式で雑菌を放出する心配はなくペットボトルなので手入れも楽。ペットボトルのアタッチメントは2個入り。壊れたらまた買いたいと思います。※強弱の調整は無。.

老犬介護の湿度管理に使っています。温かい蒸気なのでとても良いです。ペットボトル式で使いやすいのですが、水の減りが早いので、卓上に使う方が良いですね。.

ペットボトルなので清潔を保てるのが気に入っています。.

操作が簡単。掃除してもカルシウムは次第に蓄積しますが、安いので数シーズンで使い捨てと割り切れば良いんでないでしょうか。.

特徴 山善 ペットボトル式加湿器(木造約3畳/プレハブ約6畳) アロマポット付 ホワイト Kp-C056(w)

  • 本体サイズ:幅11.5×奥行17×高さ20cm
  • 消費電力:150W
  • 最大加湿量:200ml/h
  • 水タンク容量:市販のペットボトル500mlまで、連続使用時間:強運転時=約2.5時間※室温・湿度により連続加湿時間は変わる
  • 適用床面積目安:木造和室=約3畳まで、プレハブ洋室=約6畳まで
  • 電源コード長さ:約1.8m
  • 本体重量(kg):0.7

とても良いです今まではccpだったかな?•••のペットボトル加湿器を使用してましたが、かなり古く汚れが落ちないのでこちらに買い換えました。電気代では超音波式には負けますが、やはり寒さを感じることなく部屋をすぐに加湿し、菌の心配もなく ペットボトル使用なので水タンクをこまめに洗う必要もないのでとても使いやすいです。ペットボトル置きのまわりが水道水のカルシウムで白く汚れますが簡単に拭き取れます。取説では数週間に一度のクエン酸洗浄を推奨していたような気がしますが、私はシーズンオフのしまう時にしようかなと思います。自己責任見た目は今までの白とピンクのチープ感が半端ないプラから木目調のお洒落なプラに。部屋に置いても違和感なく嬉しい。どうしてもペットボトルは丸見えなのでその辺は切ないです。ひと工夫すれば可愛くなるだろうなとは思います。1リットルの太くて短いペットボトルを使用してます。.

「メーカ推奨ではないです。」四角い形のペットボトルであれば刺さりました。給水の手間を考えると非常にらくかなー。蒸気もペットボトルにガンガンにあたっていますが水が少なくなってもぬるい程度です。自己責任でどうぞ。.

山善さんのペットボトル加湿器もう何代もリピです。今回は木目になってインテリアにもなってかなり◎.

六畳の子ども部屋で使用。加湿は申し分なし。加熱式なので部屋の温度が下がらない所、デザインもとても気に入っています。また、コポコポという音も心地よく、勉強に集中できるそうです。値段も他より安くて気に入りました。.

水タンクにペットボトルが使えるので外泊時の枕元に置いて使用するのが便利なので購入しかし通電後、1時間ほどで異常加熱の安全装置が働き電源が落ちてしまうこれでは夜寝ている間の乾燥を防ぐという意味では全く使い物にならないこの前に使っていたkp-c053は4年ほど使用していたが、上記の症状が出て買いなおしたのだが、今回は新品から同じ症状が出る。最悪.

100人くらいがデスクワークしている職場の自分のデスクの左脇机に置いて使ってます説明書には500ミリの~と書かれてますが、自己責任で一リットルペットボトルを使ってます(四角いのではなく、炭酸水とかが入ってた普通の500ミリの巨大版)あ、エビアンは蓋の形状が違って蓋のアダプタが使えませんでした構造的に、差し込んだペットの側面直ぐ脇を熱された蒸気がボワボワ出るので、意外とペットボトルが熱くなって微妙に変形しますもちろんペットボトルの蒸気が当たる面は結露します開けた瞬間、ペットボトルと蒸気こんな近くていいの?と焦りましたまあペットボトルが爆発死散するとかではなさそうなので変形したら替えるかーくらいに考えています蒸気ペ↑ ッ┏┓ト┃┃ボ┃┃トル┃┗━┓┃ ┃←本体┗━━┛加湿力は、今現在、卓上加湿器のこのサイズの中では、調べた限り最大の200ミリなのでこいつを選びました加湿の%が足りる足りないは主観ですが自分の顔の近く(距離にして50センチくらいかなぁ)に置くと、蒸気の存在を感じます目がシパシパしてたのが、緩和されました構造が簡単でお手入れが億劫でないのでいいです加湿器って、給水機構部分が複雑形状で掃除しづらいものが多いのですが、これはあんまり複雑でなくて(凸凹も浅くて)いいなーと思ってます.

ペットボトルの手軽さ、その容量相応の使用時間(500mjで2時間半ほど)。洋室6畳での使用には、なんら問題ありませんでした。快適で、仕事もはかどります。ポコポコ湧き上がる音が気になる人はなるかもです。小川のせせらぎが心地よい人には、なんら気になる音ではないように思います。.

連続稼働にあたり、500mlでは2. 5時間程度しか持たないため、より大きな容量のペットボトルで検証した所、特に問題なく利用できました。もちろん自己責任なのは言うまでもないですが、2リットルのペットボトルでも使えます。サントリーウーロン茶の2リットルペットボトルならピッタリフィットします。これ以上横幅があると無理が出ます。注意点としては500mlのミネラルウォーターにありがちな口の広いタイプのペットボトルは使えないという事です。口は『一番ありふれた形状』である必要があります。なお、このペットボトルと本体の接点となるキャップは2つ同梱されています。加熱式なので、使い続ける限り水は濃縮されます。濃縮されるといわゆる水垢の元となる炭酸カルシウムも濃度が高くなるので、これが内部にこびりつくのは宿命としか言いようがありません。重要なのは電源を止めたら、自然乾燥する前に水で洗い流して濃度を下げてやる事です。何かの表面に炭カルが固着するのは高濃度の炭カル水溶液が付着した状態で乾燥する時なので、固着する前に処理する、これ重要。リセットボタンについてですが、水が切れてヒーター部分が100度以上に加熱すると、サーモスタットが機械スイッチをポコンと跳ね上げて通電をoffにする構造のようです。このリセットボタンは電子スイッチではなく、機械スイッチなので、自動停止した時にリセットボタンの背後でポコンと盛り上がった切り替えボタンをリセットボタン越しにパチンと凹む手ごたえがあるまで押し込んでやる必要があります。残念な事に、表面上見えているリセットボタンと内部に隠れている機械スイッチのボタンが微妙にズレているので、リセットボタンを押すのにややコツが必要です。とはいえ、これのおかげで構造が単純なので、耐久性という点についてはメリットとも言えます。実際、3日ほど連続稼働させてみましたが、元気に水蒸気を吐き出してくれています。というわけで、コストパフォーマンスは最高だと思います。価格当たりの評価は☆5つで間違いないでしょう。.

スチーム式なので静穏性と衛生面はトレードオフなのはある程度覚悟していましたが、この商品は音が大きすぎます。睡眠時に枕元へ…なんて想像している方がいれば、おとなしく超音波式をおすすめします。.

また購入です。これで3台目。とても便利です。大きなハイブリット加湿器もあるのですが、結露が酷くて。これが私にとってちょうどいいサイズです(*^^*).

細菌繁殖の危険性も少ない為スチーム式加湿器を使っています。が、ランニングコストの問題は頭を悩ます所です。これならば2台稼働してもそれ程の電気代にならず助かります。初代の2台が寿命でメル◯リの様な所で新品申告品を購入したがアロマの臭いが酷く一度も稼働させずに人様に差し上げた。その点アマゾンは新品でこのお値段、とても助かります。製品の箱そのままにガムテープやら送り状住所やら貼ってあったのが気にはなったが、製品自体は使った形跡もなくお安いのだから仕方ないと納得。お箱を残して置ける程広くは無いのでガムテープやら貼ってあったのもうまく剥がせず箱は処分しました。同時期に別注文で2つ購入しました。別便で来たもう1つはアマゾンの箱に入っていました。.

ベスト 山善 ペットボトル式加湿器(木造約3畳/プレハブ約6畳) アロマポット付 ホワイト Kp-C056(w) 買い取り