富士通ゼネラル Pm2.5対応加湿空気清浄機(空清30畳まで/加湿12畳まで パールホワイト)fujitsu General Acs-71d-W – 空気清浄機のランニングコストについて

購入して一週間の使用レビューです。値段ですが、家電量販店よりamazonのほうが二万近く安かったです。実機を見てから購入したので大きさに驚くことはありませんでしたが、やはり大きい。夫婦2人と猫1匹の家庭で、空気清浄機を導入して1番感じたところが消臭効果です。猫のうんちも全く臭いません。加湿をオンにしたときは動作音が大きめです。空気清浄のみであればほぼ音が聞こえないような静かさでした。.

Hepaフィルターのように交換が無いので期待して購入しましたが、今一です。砂ホコリなどは一切吸着しません花粉なんかもどうなんでしょうか??いずれにしても、デカいだけで役にたちません気密性の高いマンションなんかでのpm2. 5の対策にいいかもしれませんが、木造住宅には全く効果は感じられません.

機能は十分信頼出来ますが、とにかくデカイ、ただデカイ。一般住宅向きではありません。オフィスには良いと思います。.

効果が良くて、運行が静かです. 使ってとても気に入ります. 体積は少し大きくて、移動するのは少し不便です.

Das-30pからの買い替えです。das-30pはuvランプを搭載した脱臭機でかなり強力に効いていたのですが、使い始めて5-6年頃から、脱臭力が弱まってきているように感じていました。また目の粗いプレフィルターがあるだけで空気清浄機能がなかったのも買い換えを後押ししました。結果、大満足です。まず空気清浄機能の一番デメリットである風音がほとんどありません。弱風時はもちろん、急風モードにしてもダイキン、パナソニック、シャープ等の物理的なフィルターを用いた製品とは比べ物にならない静けさです。肝心の脱臭力も十分実感できます。ただ、出てくるオゾン臭はdas-30pに比べ弱まっているように感じるので、ひょっとしたら放出するオゾン量は減っているのかもしれません。ただ、uvランプを用いたdas-30pよりオゾン発生装置が長持ちするらしいとの情報もあるので耐久性にも期待しています。.

ダイキンの空気清浄機mck-70と比較して音が物凄く静かです 自宅に猫を飼っているのですが試しに猫トイレの近くにこの2製品を変わりばんこに置き標準で9時間放置して部屋の匂いを比較してみました結果富士通の方が俄然脱臭してました 最初はフィルター代金浮くならこれかなー程度で購入したのですが富士通を見くびってました汗 もっと皆んなに知ってもらいたい良い空気清浄機です.

空気清浄機には各メーカー色々ありますが数年(1~2)年でフイルターやプラズマ発生器等を買い替え無ければならない物が多く後々コストが高くつくものが有ります、その点この富士通acs=d=wはプラズマ発生機能はありませんが部品交換の必要がなく後々追加費用がいらないので安心です、使い始めて丁度1ヶ月になりますがペットの居る我が家には重宝しています。.

旧パナソニック「ナショナル」の空気清浄機 f-p24syを使用していたユーザーです。今でも静かに元気に動き続ける驚異の性能でしたが,本製品は,その性能を越えているということで,購入に踏み切りました。さて,まず第1印象は,でかい!ということです。空気清浄機として30畳まで対応ですから,大部屋で使用する場合は,問題ありません。病院の待合室とか,事務所とか,会議室とかそういう場所にピッタリです。この大きさ故に,30畳という驚異的な性能を維持していることを考えると,この大きさは,デメリットでもあり必要な大きさということにもなります。したがって,購入する人は,部屋のスペースをとられても構わない人に限られるでしょう。それさえ,OKなら,本製品のすごい性能を味わえます!ホームページから抜粋>機種名 acs-71d-w (パールホワイト)>電源 100v 50/60hz>運転モード 弱 標準 強 急速>風量(m3/分) 通常時 2. 1         加湿時 2. 1>運転音(db) 通常時 19 27 35 44         加湿時 19‾27 27‾35 35 44>消費電力(w) 通常時 39 44 49 34         加湿時 44‾49 49‾54 54 39>待機時 1w以下>加湿量(ml/h) 160‾220 220‾290 290 440>連続加湿時間(h) 11. 9>清浄時間 8畳で約10分>空気清浄適用床面積[目安] ‾30畳(49m2)>加湿適用床面積[目安] プレハブ洋室:‾12畳(20m2)、木造和室:‾7. 5畳(12m2)>加湿用水タンク(l) 2. 6>電源コードの長さ(m) 2>外形寸法(mm) 幅410 × 高さ600 × 奥行330>製品質量(kg) 13>集じん方式 プレフィルター・電気集じんユニット>脱臭方式  高速メガフィルター[r](金属酸化触媒ハニカムフィルター)        オゾンユニット(高濃度オゾン)消臭成分放出(低濃度オゾン)>除菌方式 電気集じんユニット・オゾンユニット>フィルター交換不要>高速メガフィルター[r](自動再生)>プレフィルター(水洗い対応)>電気集じんユニット(水洗い対応)>加湿フィルター(水洗い対応)>搭載センサー ホコリ・ニオイ・温湿度センサー>モニタ 汚れ:汚れ度合表示      加湿:湿度目安表示>掃除 プレフィルター:掃除機がけ 1回/月     電気集じんユニット:水洗い 1回/年     加湿フィルタートレイ:水洗い 1回/月     温湿度・ニオイセンサー:掃除機がけ 1回/月     ホコリセンサー:綿棒で拭き掃除 1回/3ヶ月 1)まず,スペックの中で最大の特徴は,最小19dBという静かさです。最大でも44dBなので,睡眠を妨害するということがありません。10年前のf-p24syが15〜46dBだったので,その性能を越えている本製品がこの静かさというのは,技術の進歩です。2)そして,フィルター交換コストが0円ということです。集塵(PM2.5対応)&脱臭(タバコ3分・ペット6分)&除菌(約60分で99%以上抑制)の高性能で,加湿器も装備して,交換コストが0円!!すごいです。本体5万円でも,5年間動けば,ペイできます!f-p24syが5年間で,約1万円のフィルター代がかかりましたので,これはすごいことです。もし,本製品が,5年後にちゃんと動いていたら,この製品は,買って良かったということです。もし,動いていなかったら,「金返せ!嘘つき!」とここでネガティブレビューをさせて頂きます。それまでは,★4つということで評価させて頂きます。3)さらに,電気集塵&オゾンユニット&金属酸化触媒のハイテク装備。ここまでの高性能空気清浄機は,過去にありませんでした。この大きさと価格を,是とするか?お金持ちや事業者向けをターゲットにしている本製品ですが,この性能に惚れて買っちゃう私のようなユーザーにオススメでしょう。数年後に追加レビュー予定2015/02/05追記 4)おならにもセンサーが反応します。6畳の部屋で放屁をして5秒くらいで自動作動します。5)加湿器の水量は2. 6lと多い方ですが,24時間ぐらいで補給する感じです。加湿機能を使わなければ,そのまま空気清浄機として使えます。2015/03/01追記6)加湿器の水が無くなっても,加湿器として動き続けます。水が無くなっても,自動で空気清浄機に切り替わらないので,手動で切り替える必要があります。そのまま動かしても機能的には問題ありませんが,加湿用のモードは,ファンの回転数が高く設定してあるので音が最低騒音値になりません。水の補給をしないのであれば,手動で空気清浄機として設定しておく必要があります。2016/03/12追記7)起動開始してから約1年間が経過しました。フィルターお手入れの電気集塵機の警告ledランプが点灯しました。早速,取り外して,タライに46℃の温水を入れてつけ置き洗いをしました。お湯の中で,黒い微粒子が混ざりだして,墨を入れたような感じになりました。数分後に,お湯を入れ替えて,もう一度浸すと,1回の浸け置きでほぼ,粉塵は流れ落ちたようでした。中性洗剤を入れるまでもなく,きれいに洗い流せていました。ユニットがそのままお湯につけて丸洗いできるというこの手軽さは,本製品の特徴です。フィルター交換不要だからこそ,このメンテナンスのしやすさは,本製品のすばらしい特徴だと言えるでしょう。もちろん,この掃除すらも面倒だという方もいるでしょうが,そうなると,お金を出してフィルター交換タイプを買うという選択になるかと思います。気になったのは,この黒い微粒子がPM2.

利点と欠点

メリット

  • 空気清浄機のランニングコストについて
  • でかい
  • 良好な結果

デメリット

うさぎ1匹 猫7匹を買ってます。脱臭機と一緒に使い始めましたがペット臭がかなり減りました!!ものすごくデカイです。届いた時にびっくりしました機械音痴でも簡単に操作できます。.

特徴 富士通ゼネラル Pm2.5対応加湿空気清浄機(空清30畳まで/加湿12畳まで パールホワイト)fujitsu General Acs-71d-W

  • [寸法](本体)W410mm・H600mm・D330mm
  • [適用床面積]最大約30畳
  • [フイルター交換目安]交換不要
  • [加湿能力]最大440ml/h

ベスト 富士通ゼネラル Pm2.5対応加湿空気清浄機(空清30畳まで/加湿12畳まで パールホワイト)fujitsu General Acs-71d-W 買い取り