堺刀司 スチールテックシリーズ スチールテック 鉄製フライパン 26cm – 焦げづらく手入れしやすい。ただし少しだけ。

色々調べましたが、空焼き・油返しが不要な鉄フライパンはこれだけだったので購入してみました。購入当初は良かったのですが、使う内に焦げやすくなり、今は油膜が出来たからか「普通の鉄フライパンよりも少し焦げづらく、手入れもしやすい」フライパンになりました。私は今の所、頑張ってガジガジ洗うことはあってもスポンジだけでタワシは購入の必要性を感じていません。お手入れは内側のみ油を薄く塗るだけ(そうしないと錆びます)。確かに通常の鉄フライパンよりは扱いが楽ですが、宣伝文句ほど劇的にではありません。お好み焼きも表面パリッと、中ふんわり。早く仕上がります。オムレツも流石にテフロンフライパンより美味しい。ちなみに木の柄、調べたところだと商店街にあるような金物屋さんで直して貰えるそう。.

鉄製のプライパンが欲しくて購入しました。家庭の弱いガス火力でも、中華料理には十分な高温になります。他のアルミプライパンとは全然違います。表面だけパリッとさせるとかもこれなら可能です。また、すでに加工がされているので、面倒な防錆膜を焼いたりしなくてもよくて大変使いやすいです。ほんとに買ってよかったです。.

テフロンのフライパンは剥がれるので初辰フライパン。1年使っていますが鉄フライパンとは思わないほど軽く扱いやすい.

 鉄のフライパンを初めて買いました。それまではテフロン加工のアルミフライパンを使用していましたがテフロンが剥がれたため買い換えました。使用感は人の好みによりますが鉄で重い分、調理中は安定しているのと、焦げ付いてもゴシゴシ洗えるので私は鉄の方が好きです。 鉄のフライパンを探している皆さんも気づかれたと思いますが、こちらの商品とリバーライト社が販売している「極」とは同じものと思われます。作りもそっくりなのは同じ工場で作成しているからと思われます。また双方ともナイトロテック処理を施しています。フライパンにこの処理をするとは良い意味で笑えます。ですので、どちらの商品を選択しても間違いはありません。後はデザイン?と値段の選択になります。.

鉄製のフライパンにしては重量も軽く、最初の焼入れなども必要がなく、すぐに使えます。取っ手もしっかりしていて、とても良いです。.

利点と欠点

メリット

  • かなり良い
  • 焦げづらく手入れしやすい。ただし少しだけ。
  • とても良いです。

デメリット

特徴 スチールテック 鉄製フライパン 26cm

  • 鋼板性
  • サイズ26cm : 260x50mm
  • 約910g
  • 板厚1.6mm
  • 日本製  ※製品の詳細は、下記【製品Q&A】をご参照ください。

 お客様からお問い合わせ頂きました質問内容をQ&Aに致しました。 ご不明な点がございましたら弊社までお問い合わせください。Q : なぜスチールテック・シリーズのフライパンが良いのか? A : 蓄熱性と放熱性に優れ、熱を食材にすばやく通すという利点をいかし、サビやすいという鉄の欠点を特殊熱処理によりほぼ完全に克服しているからです。 Q : 特殊熱処理とは何ですか? A : スチールテックのフライパンは、特殊な高温熱処理により「鉄」そのものの表層組織を変化させ、「窒化層」とその上に「酸化層」を形成します。「窒化層」の硬度は、通常の鉄の5倍以上となり、極めてサビにくい強靭な鉄になっています。 Q : 普通のフライパンとは何が違うの?お手入れは簡単ですか? A : 普通のフライパンは、サビ止め塗装がしてあるので、使用前に丹念な空焼きが必要ですが、スチールテック・シリーズは、サビ止め塗装がないので空焼きの必要がありません。また、使用後に水洗いの後、簡単に乾拭きするだけです。普通の鉄フライパンですと、丹念に乾拭きしないとサビの原因となってしまいます。 Q : 使用前、洗剤をつけてスチールテック・フライパンを洗ったら、スポンジが黒く汚れました、またすすいだ水が黒くなりました。 A : チールテック・フライパンは、製造の工程で付着した「スス(=鉄粉)」を取り除き、最後に「拭きとり」をして出荷しています。 まれにスス(=鉄粉)が残っている場合がございますが、鉄の粉末ですので食しても問題はありません。また、ご使用頂いているうちに無くなります。 Q:研磨剤の入ったスポンジを使用し、フライパンの表面が削れて白くなりましたが・・・。 A : 研磨剤の入ったスポンジを使用された場合は酸化層が削れる可能性がございます。そうした場合でも、続けてご使用頂いておりますと酸化層(酸化皮膜)が形成され、また徐々に鉄が黒ぽっく変化していきます。 また、鉄の5倍程の強度に変わりありません。 Q:金属ヘラ・タワシを使用した。 A: スチールテックのフライパンは、特殊な高温熱処理により「鉄」そのものの表層組織を変化させ、「窒化層」とその上に「酸化層」を形成します。金属ヘラ・タワシでこすっても、一般的な調理にご使用頂く範囲であれば、「酸化層」は剥がれても「窒化層」まで剥がれるわけではありません。   ※深い傷が入った場合、まれに一番下層の「鉄」の部分まで達する場合がございますのでご注意ください。目安としては、フライパンの表面を触った時にツルツルした状態であれば、酸化層が剥がれて白くなっていても窒化層が保持されている状態です。 Q : フライパンを焦がしたので、コゲを落とそうとタワシでこすっていると、フライパンの表面の黒いところが剥げて白ぽっくなってしましました。酸化層や窒化層が無くなってしまったんでしょうか? A : 表面の酸化層(酸化皮膜)がはがれていると思われます。そうした場合でも、続けてご使用頂いておりますと酸化層(酸化皮膜)が形成され、また徐々に鉄が黒ぽっく変化していきます。また、鉄の5倍程の強度に変わりありません。 Q : 食材がくっついたり、コゲたりします。どうすればいいでしょうか? A : 調理をはじめるときは、まず火力調節を「弱」にしてしばらく熱し油をひいてなじませます、その後「中」から「強」に徐々に強くしてから料理を始めてください。 フライパンを熱した後に油をひいて、表面に油をしっかりなじませていく事で次に使うときに油なじみが良く使いやすい道具になっていきます。 Q : 使用後はどうすればいいの? A : 使用後は、少しさまし表面の汚れをお湯で洗い落とし乾いた布で水気をふき取ってください。できるだけ洗剤を使わないで洗ってください。せっかくなじんだ油が無くなってしまいます。 Q : IHは使えるのですか? A : 200V IH(電磁調理器)を含むすべての熱源でお使いいただけます。 ※底面が12cm以下のサイズのものはIH使用不可です。●ご使用の注意点 (1)トマトソースなど、酸化作用のある食材を入れたまま放置しないこと。 (2)よく乾かしてからしまうこと。

 

   

ベスト スチールテック 鉄製フライパン 26cm 買い取り