和平フレイズ(Wahei freiz) 和平フレイズ パスタを折らずに茹でられるフライパン オリーブグリーン 22×32cm ガス火専用 じたぱん RB-1212 – 意外に大きかったです。

パスタをゆでる時、蒸発が激しいので、ある程度の湯量は必要です。でも多目の湯ではこぼれやすく、作業がたいへんです。茹で時間が短縮できるわけではないし、湯が少ないと白濁した湯が粘度があって大変です。湯を捨てるのも難儀します。やはり麺類はたっぷりの湯で茹で上げるべきでしょう。麺製品の説明にもそう書いてありますよね。焼きそばだったら、そのまま調理できるのでよいと思います。.

パスタを折らずに茹でられるというアイデア重視のフライパンです。表面加工もしっかりされていますし、フライパン自体は大変いいと思います。ですが、横に長い独特の形状でかなり場所をとりますし、とにかく重いです。かなりマイナスポイントだと思います。お値段は安いですが、いまいち使い勝手がよくない感じです。.

楕円形でけっこう大きいのは承知していたので、二人ぶんのステーキを一緒に焼くのに便利かと思ったのですが、楕円形はいいものの、少しサイズが大きすぎて火の回りがムラになり、かえって焼きづらいです。謳い文句である「パスタを折らずに」というのは、まるっきりナンセンスで、30センチのパスタを20センチの鍋ではそのまま茹でられない、という思想は持っていないので、パスタは普通に、深い鍋とたっぷりのお湯で茹でます。(意味が分からない人は、とにかく実際に茹でてみて下さい)また、茹でる湯はたっぷりのほうが美味しいので、アフリカの僻地でもないのに、日本では災害の時以外、そういう節約をする理由がありません。結局、ステーキと横のスペースで付け合せを一緒に焼くぐらいしか使い道がないので、仕舞いづらいだけで、あまりメリットのないフライパンになってしまいました。後はフッ素樹脂加工がどのくらいもつかですが、出番が少ないので、今のところ分かりません。.

まさかのパスタ用フライパンおらずにパスタを茹でられる……のですが、パスタ鍋で良い気もしますパスタ料理がしやすいという利点はありますが……横長で収納とかの難点もありわざわざこれを買う価値あるかは微妙なラインです.

今までは、スパゲッティがはみ出して茹でにくいので、スパゲッティ用のプラスティックの保存ケースに水を入れてスパゲッティを1時間ほど漬けておいてから、茹で時間1分で仕上げることが多かったけど、プラスティックとかガラスは何かと手入れが面倒。このフライパンなら調理もできて便利。一体整形なので手入れもしやすいです。ihでは使えないガス火専用品。.

パスタをおらずにゆでられるという意味では、すごく便利な商品だと思う。あと、結構大きいので、いろんな種類のパスタやそのほかの料理を、ある程度の量つくるばあいには、役に立つと思う。ただその分横幅が大きいので、コンロを結構占領する。でかいキッチンがある場合にはいいが、普通のキッチンではちょっと扱いにくいかもしれない。あと、材質がしっかりしているのはいいが、そのぶん、ウェイトもある程度あるので、慣れないとちょっとたいへんかも。毎日使うと言うよりも特別な時に使う感じ。こんご、どのくらい使うかわからないが、アイディア製品としては、確かに優れていると思う。.

このサイズはサンマとか焼くのにも重宝します。パスタなどよりそっちの方が向いているような気がします。蓋があれば、完璧。蒸し焼きなどができたり、お湯も沸かせてパスタにも使いやすくなると思います。.

 横幅があり、台所の棚を占領します。他のフライパンや大きめの鍋を重ねるにも楕円形なのでとても重ねにくく、取り出しにくいです。小柄な方には扱いにくいかもしれません。 調理の具合はどうかというと、パスタを茹でるのに必要な水は一人前で400ccぐらいですので、鍋よりぐっと少なく、当然あっという間に沸騰します。そこにパスタを入れて指示通りの時間を茹でます。水が少ないので火加減になれないとタイマーがなる前に水がなくなりそうになります。このフライパンにキノコや野菜を投げ入れれば、水分が無くなれば、そこにオイルを入れようが、そこにパスタソースを入れてかき混ぜようが自由で出来上がりです。皿に盛り付けます。 難点というか注意点は、お湯による麺の対流がないので、出来上がりの直前まで菜箸などでかき混ぜていないと麺同士がくっいてしまいます。結構面倒です。また水が全部飛んでしまう直前を狙って火を止めるのですが、この時麺の状態はネトネトです。表面がツルツルしておらずソースが絡みやすいとかその食感が美味しいと思う人にはフライパンで作るパスタが良いのでしょう。焦げ目がつくまで炒めてみるとか、油を入れるとか、その先の秘技があるのかも知れません。私はツルツルパスタが好きです。フライパンパスタは時短には効果があると思います。 私はどこかの人が美味しい店はフライパンで作るという文を読んでこのフライパンを買って見ました。このフライパンの売りは、長いパスタのまま茹でられるという点です。ですが、麺をボキンと折ってしまえば普通の家庭用フライパンでも試せますし、元々短いスパゲティ麺も売られています。自分で美味しい店のパスタが作れるのかやって見てからの購入をおすすめします。 四角い直方体の形のパスタ鍋?をamazonでみました。平たいところで少量のお湯で茹でて水分を飛ばすなら、こちらの方が合理的かもしれません。うちのパスタフライパンは鮭のチャンチャン焼きや鯉の香草焼きなんかで使えましょうか? .

利点と欠点

メリット

  • かなり場所を取ります。美味しくゆであがるかは好みが分かれるでしょう!

  • 調理簡単!収納スペース取らない、気軽に使えます!!!

  • あんまりメリットが無い

デメリット

 横に幅のある、パスタを茹で上げる専門のフライパンですが、パスタを折らずに一本そのままゆでるのですから、横幅の長いものでした。 水を少し減らせる設計になっているので、それはメリットだと思います。 水を一杯入れすぎると吹きこぼれそうなので、加減が必要でした。.

パスタと具材を投入して、いっぺんに作れる横着向けフライパンです。多めの水で茹でる今までのパスタとは違い、エビスさんの絶品レンジでパスタの様に水分を飛ばした茹で汁で、パスタをでんぷんコーティングをして、もっちり仕上げることが出来ます。もちろん、途中で水を足して普通に茹でる事も出来ますが、ずっと見て水を足さないといけないので面倒。あらかじめ具材と一緒に油を入れて水分飛ばした方が水切りザルも汚れないので無難です。もちろん水がなくなると焦げやすいので、後半は見張りながら混ぜないといけませんが…。難点は、円形ではないので形状維持のため厚めで重く、場所を取る点でしょうか。その点に目を瞑れば、はみ出たパスタが火に炙られて焦げることも無いので、便利かなと思います。追記:とても水分を飛ばしやすい形状なので、焼きそばや水分の出やすい野菜炒めに重宝しています。チャーハンもカラッと仕上がるので評価をプラス1.

湯切りをしないで作るパスタは初めてでしたが、付いていたレシピ通りでおいしく出来ました。フライパン自体の素材は、日本製で質が良さそうでとてもしっかりしており、重さもあります。他にも普通に炒め物や魚も普通のフライパンとして使えますが、これに蓋さえあれば何でも使えるし、家にこのフライパン1つでもokかなと思いました。パスタを作るのに特化して出来ているフライパンなので、パスタに関してはザルで湯を切らなくて良いだけで、洗い物が少ない、沸かす時間、調理時間が短いというだけでかなり手間が省けているのは衝撃的でした。.

まず、特徴は横に長いことよりも重いの一点です。これはアイディア商品と言ってよいでしょう。パスタ向けという売りですが、実はパスタにはあまり向いていない気がします。やはりパスタは食材と一緒にフライパンでゆでるより、単独でゆでて炒めたほうが明らかにおいしいので、手抜きをしたい人に向けた商品かなとは思います。それとにこのフライパンの形が、他のものと重ねられないので、とても収納しにくいです。ただ、この形のおかげで、炒めるときにぱらっとするので、焼きそば等の炒め物が向いている気がします。★4つ。実は人を選ぶ商品で、うまく使いこなせるのであればとても良い商品かも。.

キャンプ、バーベキューのときにパスタを作るのですが、どうしても水が多く必要で、沸かす手間とかあって、今まではパスタを半分におってフライパンを使用していましたが、これはそのままできるので便利。他の料理にも使えるので、1枚持っておくと便利だなと思いました。.

スパゲッティー用の大きな縦長の鍋で作っていたが、この商品に変えてからは、手間が掛からず素早く盛り付けが出来るし、そうめんやざるそばも茹でた後、そのままお湯切りが出来て、茹であげザルなどの道具も要らないなど、あらゆるところで、重宝しています。また、片付けや収納スペースも取らないので、楽チンです。.

横に長いので乾麺を茹でるのには便利ですが、32cmもあるので使い勝手は正直言って今一つと言わざるを得ません。おまけに重くて前後幅が短いので炒め物で振り鍋をするのも難しいです。あと、独特の形状の為に合う蓋が無いのも致命的です。このフライパンは是非とも専用蓋をセットするべきです。.

パスタはたっぷりのお湯で茹でる事が望ましいとされている。このフライパンを試して実感したのだが、水を節約すると食感が悪くなる。1人分(100g)のパスタであれば何とか許容できる程度だが、200g以上になると明らかにパスタがゴワつき、あるいはベタつき、食欲を損なう。火加減や加熱時間を工夫してみたが、どうにも上手くいかなかった。ワンパンパスタのような特殊な調理法を前提としない限り、パスタ向けとしてはお勧めしたくない。また、ガス火専用の方には蓋が付属しないため、フライパンとしても扱い難い。.

・平均的な大人の男性の両手の掌を横に2つ並べて入れられるくらいのサイズ。最近は軽量のフライパンが多いが、本製品はかなりズッシリ。コンロの安全装置のバネで浮くことがないのは長所だが、若干取り回しにくい。・形状が独特で、他のフライパンと重ねられないので、狭いキッチンだと収納場所に一工夫いるかもしれない。・付属のレシピは野菜等と混ぜて煮て、水分を飛ばす方式の調理法。フライパンひとつで完結するのは嬉しい。・フライパン内部にリベットが無い構造なので洗いやすい。.

特徴 和平フレイズ パスタを折らずに茹でられるフライパン オリーブグリーン 22×32cm ガス火専用 じたぱん RB-1212

  • サイズ:約50.2×29.1×9.5cm
  • 本体:アルミニウム合金、内面:ふっ素樹脂加工(ダイヤモンドコート)
  • 生産国:韓国

メーカーより

和平 フレイズ キッチン フライパン 燕 新潟 クックデリー ラバーゼ レミパン

和平 フレイズ キッチン フライパン 鍋 新潟 燕三条 クックデリー レミパン ラバーゼ

パスタを折らずにそのまま横に入れて茹でられるフライパンです。ガスコンロ専用商品になります。ih対応は蓋付きで5000円ほどで販売されています。フライパンが横に平べったい構造をしていてパスタをそのまま横に入れて茹でるわけですがパスタ二人前がいいところです。深鍋ではないのでぼこぼこ沸騰したら結構お湯跳ねもあります。お湯切りのアタッチメントが付属していればさらに使い勝手が上がり余計な洗い物が増えなくていいかもしれません。パスタを茹でるのにこの鍋じゃならないという事はないので星三つとしました。.

寸胴や大きな鍋を持っていないのでパスタを茹でるのには苦労していました。電子レンジを使ってパスタを茹でる容器とか試してみましたが一長一短です。このフライパンもパスタを折らずに茹でられるのは良いのですがお湯の量が少ないせいか対流が無くパスタが固まりやすいのが難点です。調理も出来るようにダイヤモンドコーティングをしてあるのですが、このままソースや具と一緒に調理するのは好きでないのでストレートの麺を茹でるのが得意と言うことで星5つにしました。九州には「とんこつスープ」の棒ラーメンが各種あります。パスタほどではないのですが長い麺が鍋で調理するのに邪魔くさいのですが、このフライパンは棒ラーメンを調理する時にスープの量がピッタリきまり楽ちんです。.

兎に角、場所を取ります。そんなに広いキッチンではないので、置き場所に困りました。これが一番の難点。フライパンを使用した感じですが、ちょっと重いな。まぁ、それほど持ち上げて使用はしないのでいいのですが。パスタ料理を作った感想ですが(レシピに習って)、うちは二人なので二人分作った感想になります。茹でる上がる時、お湯がどろどろになってしまうのですが、まぁ気にしない。そして大前提として、最初の茹で水の中にはあらかじめ油を投入しておきました。これで麺と麺がくっつく心配はありません。ですが、どろどろです。炒める時にちょっと炒めにくい(横長だから)。出来上がりは、まぁまぁ(個人的には気に入ったけど、ちょっと味の調整が必要)。全体的な感想ですが、フライパンが横長なので、慣れないと炒めにくいです。まぁ、そこは慣れでなんとでもなると思いますが。出来上がったパスタも美味しかったです。しかし、結構使いにくい。本当に慣れないと使いにくい。勝手が普通のフライパンと違うのですよ。横に大きなフライパンって初めてなので、「なんか違う」って感じでしょうか。これはちょっと予想と反した結果になりました。でも慣れれば使えると思い、今のところ星四つというところです。ほかにも独自のレシピも試したいと思います。.

確かに、パスタを少量で茹でられます。そうめんも水の量を多めにし、すぐに茹でられました。でも、ほかのレビューにもあるように、重いのと、大きいが故に焼き用に使用した時、場所によってムラがある。。。キッチンの収納場所に余裕があれば便利な商品だと思いました。.

フライパンでパスタを茹でるのは、鍋に比べて底が広いため水が少なくて済み、かつお湯がわきやすく便利な茹で方です。それに特化したフライパンなのですが……お湯の量は目いっぱい張って2リットルが限界。1人前を茹でるには十分ですが、2人前にはちょっと少ない印象。で、折らずに投入できるという点。一度やってみればわかるのですが、25センチ程度の普通のフライパンでもパスタを折る必要はありません。最初はみ出ていても菜箸で少し混ぜれば簡単にお湯に被ります。このフライパンの場合、むしろ一列でどさっと入るため、最初は特に気を使わないとくっつきます。なによりも厄介なのは形状で、独特の形のせいで他のフライパンと重ねるのが絶望的。そのため場所を取ります。これは大きなマイナス。そして気をつけないといけないのですが、横に広い形状が災いして、斜めにずらした時に五徳から脱落しやすいです。横幅が広いため目測がつけにくく、五徳で安定してるか分かりにくいのです。残念ながら私はこれでダバーとやらかして、パスタが半分ほどゴミになってしまいました。お湯を使っているので場合によっては結構危ないです。つまり、普通に茹でるだけならこのフライパンをわざわざ調達する利点はほとんど無いといっても過言ではありません。結局、湯切りをしないワンパスタにどの程度の価値を見出すか?になると思います。湯切りをしないため表面がネチネチしたままになりがちだったり、焦げてしまったり逆に水が飛び切らなかったり……電子レンジではこの手の湯切り無しパスタは定番なのですが、ガス火でこれをやるのは割と厄介だったりしますし、正直これだけのために場所を取るのはなあ……というのが率直な感想でした。.

ずっとこういう商品が欲しかったのでとても嬉しいです。他の方のレビューにもある通り、とにかく重い! 細腕の女性だと扱い辛いかも。コンロに置いてから計量カップや水差しなどで水を入れた方がいいです。また、表面積が広いためかあっという間に茹で水がドロドロになります。1~2人前ならいいけど、3人前以上なら従来通り寸胴鍋の方がいいかも。とはいえ、パスタや素麺をお昼に一人分だけ食べたい!という時に大変重宝しています。気に入ってます。.

ベスト 和平フレイズ パスタを折らずに茹でられるフライパン オリーブグリーン 22×32cm ガス火専用 じたぱん RB-1212 レビュー