前川金属工業所(Maekawa Metal) 前川金属工業所 JCフライパンカバー L – 簡素で手入れが楽そう。

軽くて使いやすくキッチンに一つあると便利です。フックにぶら下げておく事も可能です。.

思ったより凹凸があるフライパンカバー。平らに近い方がお好み焼きとかひっくり返すのに使いやすいし、洗うのも楽な気がする。でも軽くて鉄の24cmと26cmのフライパンにちょうどよく快適に使えてます。アルミのフライパンカバーを使うようになると大きいガラスのフライパンカバーは使わなくなる。ガラスの大きいのは処分しまた、ただ、アルミの小さいサイズ(14cmとか16cm)はみつからないのでガラスを使ってます。.

良いけど、説明書きのシールの粘着が強すぎて年間部分だけ残るのが残念.

10年間愛用していたレミパンの蓋がとうとう壊れてしまい、本体はしっかりしていたので、蓋だけ購入しました。サイズが合うかが心配でしたが・・ぴったりでそのうえ軽く洗いやすく、もともとのレミブタより(重たかった)何倍も使いかってがよく感激でした(笑).

タイトルの通り、取手が小さく先細りなので持ちにくい。今まで使っていた蓋の取手に取り換えた。.

大きなフックが使いやすい。フタ自体は薄くひ弱な感じはするが軽くていい。.

リバーライトフライパン26cm用に購入。ぶら下げる金具がついているのが決めてでした。蓋をした感じは一応カチッとはまりましたが、良く見るとフライパンの持ち手のところだけわずかに浮いている感じ。でもそれはリバーライトはフライパン本体と木製持ち手とを接合させる金属部材がフライパンの縁ぎりぎりまで接近しているせいなので、蓋がフライパンの径より少しでも大きければそこだけは若干浮いてしまう。蓋のせいではありません。素材はちょっと薄くて頼りない感じもありますが蓋としては問題なく使えそうです。ツマミは真横から見ると上底の方がわずかに広い縦長台形です。パッケージにはmade in japan と記載されていました。.

でも、最近近所のホームセンターでも見かけない30cmアルミ蓋なので、大満足です!.

利点と欠点

メリット

  • 簡素で手入れが楽そう。
  • 鉄の24cm、26cmフライパンに使ってます
  • 機能性バッチリ

デメリット

最近人気のガラスの蓋は、重いし落とす心配があるので軽いアルミを探しました。できれば平面的なデザインが良かったのですがツマミ部分を裏表逆に付け直すと、半ドーム状の膨らみの中にツマミが収まり収納もスッキリしました。.

これよりも安い値段のガラス蓋がニトリで売られているのは知ってるけど、ガラス蓋は重たいし扱いづらく収納も気をつかうのでこちらのアルミ蓋を選択。横からみると帽子みたいに中心部に少し空洞があり、このおかげで蒸し焼きの際に対流が生まれふっくら仕上がり、いい感じです。お勧めします。.

想像以上に軽い。s地フックに吊るして保管しているので、軽いのは非常に助かります。シンプルな作りで手入れも楽。また購入します。.

タークの22センチに使用しています。洗った時に、溝に汚れが良く残るので、意識して洗っています。.

サイズが、ちょうどいいです。シンプルなデザインが、好き。加工がしてあるためか、焦げ付きにくいのも有難いな。.

取っ手は小さいですが実用上問題ありません。逆に鍋の様な立派な取っ手が付いてる方が意味不明です。.

特徴 前川金属工業所 JCフライパンカバー L(24~26cm用) アルミ 日本 AKB1703

  • ■外径(mm):270
  • ■規格:L
  • ■適応サイズ(cm用):24-26

ベスト 前川金属工業所 JCフライパンカバー L(24~26cm用) アルミ 日本 AKB1703 レビュー