下村企販 フライパン 22cm 窒化加工 日本製 35712 – 私には合いませんでした。

Ih使用です。フライパンの底に不規則な凹凸があり、そこに油がたまって食材が焦げ付きにくくなる…と思いきや、凹凸により熱ムラが生まれるためか、とりあえず焦げ付きやすい。しかも洗いにくい。焦げ付く。洗う。また焦げ付く。また洗う。 と、非常にストレスが溜まります。油慣らしをやり直し、なんとか商品に慣れようと努力しましたが、私はここでリタイアします。.

* オムレツを作るのに24cmを買いたかったのですが無かったので22cmにしましたが、やはり少し小さかったです。24cmも有った方がいいと思います。* 軽いフライパンに慣れているせいか少し重く感じます。(力が弱い子供や高齢者には重いと思うので軽いタイプも有ったらいいと思いました。)* 取っ手が太いので子供は持ちにくいと思います。* 品質や造りは、とても良いです追記(半月使用した感想です)目玉焼きなど、とても、おいしく出来ます。フライパンの重さや取っ手の太さは、全く気にならなくなりました。.

鉄分を取るためにこちらのフライパンを買いましたが使った後水分が残っていても全然錆びないのがすごいです。よく使っています。.

利点と欠点

メリット

  • 私には合いませんでした。
  • 錆びない
  • 軽いフライパンに慣れているせいか少し重く感じます。

デメリット

特徴 下村企販 フライパン 22cm 窒化加工 日本製 35712

  • サイズ:約幅40×奥行22.3×高さ11cm
  • 素材・材質:本体/鉄 (窒化処理) 、取手/天然木 (ブナ材) 、取付金具/アルミダイキャスト
  • 生産国:日本
  • 対応熱源:ガスコンロ、IH (200V対応)
  • 満水容量/約1.7L

メーカーより

窒化加工で鉄フライパンが扱いやすく変わった

鉄フライパンは食材を入れても温度が下がりにくく、短時間で食材の旨みをしっかり閉じ込めてくれる。

野菜のシャキシャキ食感と肉のジューシーな旨みは鉄だからこそ引き出せ、プロの味に一歩近づける!

窒化加工とは、表面に窒素(空気の構成成分)を拡散してサビにくくした、特殊な熱処理のこと。

航空機などのサビ防止にも用いられている。

鉄分子に窒素を拡散し、内部を強化させ表面にできる酸化膜によってサビの発生を防いでいる。

表面にくっつきにくい

たまごを入れてもくっつかない

しっかりと油なじみを施すことで、たまごもくっつかない。フッ素加工のフライパンとは違い、表面塗装がはがれる事もなく、永く使い続けられる。

お手入れが簡単に

通常の鉄フライパンに比べ、食材がくっつきにくい。だからお手入れもラクラク。

プラスの特徴

くっつきにくい「ファイバーライン加工」を内側に施し、さらに使いやすく。

ふぞろいな凹凸で焦げつきにくい

油なじみが早く、食材とのすき間にも油が入りこむのでこびりつき・焦げ付きを防げる

しっかりとした丈夫なつくり

握りやすい木製ハンドル

丈夫な鉄製品、使えば使うほど油も馴染み扱いやすくなっていく。

強火料理でしっかり焼き目を

鉄は一気に熱を伝える事ができる。

表面はパリッと、中はジューシーに。

焦げ目しっかり香ばしく

炒め物料理は鉄がおすすめ、強火で一気に調理。

意外とカンタン!鉄フライパンの扱い方

1.余熱

中火にかけ、少し煙が出てくるまで空焼きする。熱することで、こびりつきをおさえることができる。

2.油は多め

油をすこし多めに入れ、全体に広げ鍋になじませる。油が多すぎる場合はオイルポットなどに返すか、キッチンペーパーなどでふき取る。

熱伝導のよい鉄鍋で強火で勢いよく焼き、食材の旨味をとじこめる。

3.熱いうちに湯で洗う

使用後は油膜を落とさないように、洗剤は使わず、熱いうちに湯で洗い火にかけ、完全に乾かし保管する。

4.仕上げは油を塗る

焦げついた時はクレンザーと金属たわしでこすり落とす。十分洗い流し、火にかけ、完全に乾かし、油をうすくぬって保管する。

シリーズ 窒化加工 フライパン 窒化加工 フライパン 窒化加工 いため鍋 窒化加工 深型いため鍋 窒化加工 深型いため鍋 窒化加工 玉子焼
サイズ 22cm 26cm 28cm 20cm 24cm

ベスト 下村企販 フライパン 22cm 窒化加工 日本製 35712 レビュー