ヴェーエムエフ(Wmf) Wmf パーフェクトプラス 自動調理スタートバルブ W0793109510 – マークティッシュフェンにも使えます。

こうやってパーツを交換できるのはありがたいが、まず交換しづらい。押し込み過ぎると蓋の縁ですぐに避けてしまいます。新品を一度も使うことなくダメにしました。さらに1個購入し、今度は中の玉を先に取り出しておいて、消してグリグリ回さずに真っ直ぐ押し込んで、後で玉をもとに戻す、という方法でなんとか交換できましたが、蓋を送るからバルブを交換して返送してくれるとかのサービスが欲しいです。.

鍋本来の機能性の回復に必需品で交換により圧力が戻りおいしさアップ.

見た目が同じだったので、たぶん使えるだろうと判断して注文しました。取り付けるときには、一度お湯につけて柔らかくしたら、簡単に入りました。.

圧力鍋を6-7年愛用してきたら、ピンが上がらなくなり交換用に購入。地味ですが圧力鍋長く使うには必需品です。気軽に買えてありがたいです.

Wmf neo のために購入。他の方のレビューを参考に、交換できました!(説明書をつけてほしいです。)力ずくでやらないで、土台側を少しつまむようにするのがコツかも。さっそくご飯を炊いてみると、圧力鍋を買ったばかりの頃のように本当に短時間で炊けるし、最近はピンがあがるのを待つと炊きあがりがおはぎかちまきか、というぐらいにモチモチになってしまっていたのが、普通のご飯らしく炊けました。今まではバルブが硬化して縮み、できた隙間から圧力がもれていたようです。こんなに違うなら交換までのサイクルをもっと短くしたいけれど、価格がもう少し安かったらと思います。.

毎日数回圧力鍋を使います。急に壊れる消耗品として、常備しております。あわてなくてすみます.

Wmf圧力鍋は、 30年以上使っています。パッキンやスタートバルブは消耗品ですから、 必要な時 amazon で簡単に入手できるのは便利です。スタートバルブの 取り付けで皆さん悪戦苦闘しているようですから簡単な方法を記載しておきます。★スタートバルブの取り付け方(交換)この方法ならゴムを温めなくても簡単に取り付けることができます。1. まず中のボール玉を取り出します。スタートバルブの蒸気吹き出し口を先の尖っていない割り箸などで上から突きステンレスのボール玉を取り出します。2. スタートバルブの底の部分は三つに分かれていますので、 ひとつずつ割り箸で丁寧に 円の中心に向かって押し込みます。押し込みが完了すれば少しだけ回し正しく装着されているか確認します。3. 正しく装着されていれば スタートバルブの底から取り出したボール球を割り箸で 押し込みます。ボール球の押し込みは一段階です。二段目まで押し込んだ場合は一段目まで戻しましょう。二段目は安全弁として機能します。● 圧力調整弁が作動した時の対処方法スタートバルブは安全弁としての役割も持っている。1. 加圧しすぎると 通常レバー先端の圧力放出口から音で知らせる機能があります。2. そのまま放置すると圧力調整弁(スタートバルブ)が作動します。この時食材も一緒に吹き飛びますので 濡れた布巾やミルクパンなどでカバーし 飛散しないように工夫しましょう。3. 減圧ができれば蓋の内部をきれいに洗いましょう。ハンドルも外してパッキン類も 綺麗に洗浄します。4. スタートバルブの 中にある食べ物カスを取る方法温湯を口に含みスタートバルブの上の穴から 勢いよく吹き入れます。この動作を2回行うことで たいていの食べ物カスは 取り去ることができます。これらの作業は 問題発生後すぐに行う必要があります。時間経過後 食材が乾燥した状態では こびりついてなかなか取れなくなるからです。特にスタートバルブやパッキン類は 小さな食べ物カスが残っていると 正しく機能しなくなったり 圧力がかかるのに時間がかかるようになります。 このような状態では調理時間も長くなり 満足な調理ができなくなります。● パッキン類の交換の目安蓋の裏側につけるパッキンは、 使い方によりますが1年から2年で劣化します。圧力ピン表示用パッキンは 2年から3年程度。スタートバルブは2年から4年程度です。パッキン類は蒸気漏れすると交換する必要があります。この三つのパッキン類は、複数個購入し常備しておくと 便利です。準備しておけば問題なく継続使用できます。私はいつも複数個準備しています。蒸気漏れはある日突然やってきますので パッキン類の常備は必須条件です。ご参考まで。.

圧力鍋として機能していなかったのですが、販売代理店でアマゾンで購入できることを知り、取り寄せ自分で交換したら圧力鍋として復活です。捨てなくて良かった。.

利点と欠点

メリット

  • Amazonならいつでも買える。
  • 古い製品にも使えました
  • 必需品ですね

デメリット

圧力がかからなくなり蒸気が抜けっぱなしになるので、交換。値段は高いがこれがないとどうしようもないので… それにしても交換が大変!古いバルブを取るのも一苦労、そして新しいのを付けるのは更にコツが要ります!無理矢理にやるとヒビが入って壊れるので折角の新品バルブを壊さないように慎重にやる必要があります。もう少し簡単に出来ると嬉しいのですが。でも交換後はまたいつものように美味しい玄米が炊けるようになりました。.

なんで上手く圧力鍋が炊けなくなったのか。。。と、訳が分からずやっとたどり着いて交換お鍋が新品の時のように使いやすく、味もバッチリに復活しました.

Wmfの圧力鍋のパッキンが縮んで来て圧が上がらない、と家内から要請され、amazonで検索するとパッキンと一緒に見つかりましたので、このバルブの方も購入して交換させて頂きました。ちょっとコツが要りますが、簡単に交換できて新品同様に機能するようになりました。.

取りはづしに てこずったが その後の圧力なべの 威力は最高です  できれば 取り外しの上手なやり方の説明文 必要.

サイトを最初見た時はゴムパッキンでこんな高額?と驚きましたが、翌日には1個だけ入荷されていて1,000円ちょっとの値段で、別のパッキンと一緒に購入しました。取り替えは少々手間取りましたが、先を摘まんでグリグリとねじるように押し込み、無事入りました。傷つけないように、力を入れてやれば入ります。圧力も復活して使えるようになりました。.

パーフェクトプラス用の純正パーツのパッキンの一つです今まで使ってた物がへたってきたので交換しました商品自体に不満はありませんが、同じ商品なのに値段の幅が大きすぎです私は1296円、で他の商品と一緒に購入して送料無料でしたが一番高く販売してる販売店は14734円+送料でした間違える人はいないと思いますが、アマゾンにはどうにかして欲しいです.

購入してから10年選手の圧力鍋の圧がかからなくなりこちらで購入。圧力鍋は高いものから安いものまで持っていますが、基本的にはどれも同じ気がします。この値段を出すなら、安めの圧力鍋を買いかえたほうがいいように思いました。.

ゴムパッキンがゆるんでバカになってしまったので、一新しようとバルブも買ってみました。圧のかかりが早くなった気がしますが、それはパッキンを好感したからで、バルブの効果のほどはわかりません。wmfの圧力鍋はパーツが少ないので、この二つを交換すれば新品のようになりますね。.

Wmfのパーフェクト純正品だが、マーク・ティッシュフェン) express 圧力鍋各型にも共用できる保守パーツ。圧力を規定値に保つための安全バルブで、ここが消耗すると蒸気が抜けて圧力がかからなくなる。拙宅のマークティッシュフェンも使用3年目にしてその症状が出たため交換を考えたのだが、パーツをよく点検すると内部の金属球(ステンレス製のボール)の位置がズレたためと判明した。これを戻すには半球を上から指で押し込むだけでok。これで正常な状態に復帰したので、異常が出た場合は交換前にここをチェックされることをお勧めしたい。またこの部品の内部が調理カスなどで詰まった場合、規定値より低めで圧力がかかる。小さなパーツだが重要な役目を負っているので、使用後の洗浄は確実に。なお手元のマークティッシュフェンは取説のどこにもこのパーツの保守と点検、交換時の部品品番について触れられていなかった。こういうのはちょっと困る。.

特徴 Wmf パーフェクトプラス 自動調理スタートバルブ W0793109510

  • メーカー型番:W0793109510

なんか、ゴムがかたくなって千切れるのかとおもいきや扱い方の問題ですね、、、丁寧に出さないとちぎれてしまいます。.

ベスト Wmf パーフェクトプラス 自動調理スタートバルブ W0793109510 レビュー