リバーライト(Riverlight) リバーライト 鉄 炒め鍋 極 ジャパン 30cm IH対応 日本製 – 迷ったら、まず買ってみては?

同じシリーズのフライパンも愛用していますが、3人分の野菜炒めには小さく、これを購入しました。普通の鉄鍋には必要な使い始めの油慣らしが簡単で、その後の手入れも楽。焦げ付くという方もいるようですか、テフロン加工と同じような使い方をしている(洗剤使って洗うとか)ように思います。.

揚げ物から、炒め物全て出来ます。1人暮らしに役立ってます。これ1つあれば、何も要らない。鉄のフライパンだからだと思いますが、いつも作る炒め料理や、揚げ物などの味が違います。すごい美味くできます。コゲつき予防はやはり油多めに入れ鉄のフライパンなので、温度が伝わりやすいから、火をしっかり調節する事で、気おつけています。使用後の後処理も手間ではないです。洗って水を拭き火をつけ水を飛ばし油を馴染ませておくだけ。一見手間とみえますが、楽です。今購入して1ヶ月位ですが、これからも大切に使って行きたいと思ってます。オススメです☆.

選んだサイズはちょっと小さくても、使いやすいです。ほぼ毎日使ってます.

テフロンコート等は一年位でダメになるがこれは長持ちする。油を使ったていれは以外と手間ではない.

本製品は24㎝ですが、もう少し小さい(21㎝)方が使い勝手が良いように感じました。※料理初心者なので、慣れている方とは感じ方が違うかもしれません。30㎝の鍋に対し24㎝のジャーレンだと大きさは丁度良いのですが、上手く動かさないと綺麗に掬う事が出来ません。何度も掬うと微妙に疲れます。男性の場合、本製品の重さは問題ないと思いますが、女性が扱うには若干重いように感じました。ただ、ジャーレン自体、長時間使う物ではないので、慣れてる方だと重さはさほど問題ではないかもしれませんね。.

同サイズのテフロン炒め鍋からの買い替えです。買い替えるまでに結構悩みました。『ガビガビにくっつくんじゃないか』って。食材によってはくっつきやすいものもありますが、ほぼ杞憂に終わりました。推奨されている油返しも面倒なので、気持ち多めの油を全体に塗ってから使用していますがそれでも問題なく使えています。使用後はタワシでガシガシ洗い、しっかり乾かして終わり。(油が酸化するので、保存時は塗っていません)テフロンと違いを実感できた料理は、焼きそば。麺もほとんどくっつかず、仕上がりがまるで鉄板焼きのお店みたいな感じでした。もっと色々なものを作って、育てていこうと思います。.

購入から約一ヶ月ほどたちます。使い始めの数回、油ならしをまじめにしてましたが、今は使う前に油を引くだけで使用しています。十分に熱すれば焦げることもなく、炒め物はもちろん、揚げ物、野菜や麺を茹でたりにも使っています。麺を茹でる時は時々見ないと茹で上がった時に麺がこびりついたりしてますが、こすって洗えばまた元どおりです。4人家族で28センチを購入しましたが、少し小さめだったかなと。家族が多い方やたくさん料理を作られる方は30センチをおすすめします。我が家も子供の成長を見ながら、30センチも購入しようと考えてます。.

なかなかしっかりとした価格でしたが、適度に重みがあり鉄の厚みを感じさせてくれ、また持ちやすくとても使いやすいです。ずっと長く使える物だと思います。.

利点と欠点

メリット

  • テフロンと違って常に真剣勝負が求められるがうまくいった時の満足感は大きい。
  • 火の当たりが弱くなる鍋底
  • とにかく軽い!

デメリット

他との比較は特にありませんがリバーライトさんのフライパンが我が家での使い方にちょうど良かったので炒め物用も追加購入させていただきました。.

中華鍋      炒め物は良いが、底が丸いのでホットケーキとか困難。鉄フライパン   基本重いのでフライパン振るのが困難。浅いものが多いので鍋代わりの使用も厳しい。炒め鍋      中華鍋なみに軽いので振れる。鍋代わりに煮物も出来る。底が平らなのでホットケーキもできる。鉄製かつ鍋一つで済ませたい人にはおすすめ。.

以前薄いタイプの鉄フライパン使ってましたが、どうしても深さが欲しくなりこの商品を購入しました。料理のバリエーションが増えました。鉄フライパン特有の管理方法はありますがそれさえも育てる感覚でとてもやりがいがあります!.

一生モノとして大事に使います。一人暮らしですが、このサイズ28センチでよかった。.

何度油通ししても焦げ付きが直らず、返品しました。キャンプ用の小さい別メーカーの鉄パンはそんなことないのですが。。。。私の未熟さからでしょうか。。。。.

油慣らしを必ずしています。おかげで、くっつくことはまずありません。買ってよかった。.

炒め物が美味しくなりました!最初の油ならしは必要ないともどこかで言われていますが、一応ちゃんとしておきました。錆びにくく出来ているのですが、手入れはあまり怠らない方がいいと思います。持ち手が持ちやすくて調理しやすいです!.

Ihです。はじめの2回位はくっつきましたが、よく熱して使うと殆どこびりつかない。チャーハンが数段美味しくできた。.

まず26cmフライパンを買ったのですが二人暮らしでも小さく感じ、30cm炒め鍋を買い足しました。28cm炒め鍋と悩んでいたので実物は少し大きいかなとも思いましたが、28cmを見れば小さめと思うのかも。油返しをしたので野菜炒めは初めからほとんどくっつきませんでした。肉はくっついたら慌てず火を弱めて少し待つと、無理なく剥がれる瞬間が来ます。チャーハンなども温度管理がうまくいった時は本当に鍋肌をご飯が滑ります。これは驚き。でも酔って料理したりして火加減がいい加減になり、あせって具材をむりやり引き剥がそうとガリガリやったりして更に焦げつかせてしまう事がまだあるので、やはりテフロンとは違う緊張感はあります。個人的に麻婆豆腐などの汁気がたっぷりあるものや肉をただ焼くだけなどは良いのですが、生姜焼きなどの合わせダレを必要とするものがまだ微妙。フライパンに油が馴染む時間、コツをつかむまでの時間を考えれば、テフロンから切り替えるのは早ければ早いほどいいと思いました。**1ヶ月使ってみてチャーハンがうまくいく時とくっつく時があったのでyoutubeでリバーライト チャーハンで検索してみると、皆さんまず油を引いたらそこにとき卵、ざっと混ぜたらすぐにご飯投入し炒めて最後に具の順序でやってらっしゃいました。私は卵にあまり火を入れたくなくてまずとき卵を入れ、ざっと固まったら一度皿に取り出して、具を炒めそこにご飯、最後に卵を戻して、という手順でやっており、それだとくっつく事が多かったです。手順を動画通りにし、充分温めたご飯を使うようにしたらほとんどくっつくことはなくなりました。卵を使わないチキンライスなどはどうなってしまうのか・・まだ自信がなくて試せていません。.

特徴 リバーライト 鉄 炒め鍋 極 ジャパン 30cm IH対応 日本製

  • サイズ:深さ/8cm 底面直径/17.2cm
  • 本体重量:1.2kg
  • 素材・材質:鍋本体/鉄(特殊熱処理済み) ハンドル/木製

メーカーより

拡大表示

拡大表示

拡大表示
豊富なバリエーション

用途別に使い分けができます

  • フライパン 16~28cm
  • 炒め鍋 20~30cm
  • 厚板フライパン 24~28cm
  • ステーキパン
  • クレープパン 21~26cm
  • 天ぷら鍋 S・M
  • すき焼き鍋
  • アジア鍋(IH対応用・ガス火用あり)

鉄製フライパンの長所を結集「極JAPAN」

錆びにくく、丈夫なフライパン

料理が美味しく仕上がり、使うほどに油が馴染んでいく鉄のフライパン。でも、鉄製のフライパンはサビやすく、面倒なお手入れが必要と手が伸ばせなかった方も多いはず。極JAPANは、鉄のフライパンの良いとこ取りをした、お手入れが簡単で扱いやすく、長く愛用いただけるフライパンです。

  • たっぷりの熱を蓄え、高温・短時間で調理ができるので旨みを閉じ込めます。
  • 野菜はシャキッと、お肉はジューシーに仕上がります。
  • 強度を増した鉄なので、金属性のお玉やヘラも、金属タワシでのお手入れも耐える素材です。
  • 万が一、焦がしてしまっても、簡単なお手入れで、最初の状態に何度でも戻せます。
  • 使えば使うほどに油が馴染み、使いやすくなるので、愛用しながら育っていく道具です。
  • 自然に鉄分の摂取が出来ます。

拡大表示

鉄に特殊熱処理を施し扱いやすく、強い鉄になっている

鉄の表面に「窒化鉄層+酸化鉄層」を形成させることで、錆にくいフライパンに。窒素を充填した高温の窯に鉄を入れ、表面を窒化する(鉄と窒素を結びつける)ことで、サビにくく強い鉄にします。特殊熱処理により、表面の硬さは通常の鉄の5倍の強度を持ち、鉄の弱点をカバーして、面倒なお手入れ、サビの恐れがなくなります。

使い始めの空焼きの必要がなく、使い終わってからも油を塗る手間がいらない

拡大表示

拡大表示

拡大表示

最初の準備「油ならし」

サビ止めの塗装はされていないので、使い初めの空焼きの必要はありません。

1.油を鍋の深さの1/3位まで入れ、弱火で5分程熱します。

2.火を止めて、油をオイルポットなどに戻します。

3.キッチンペーパーなどで、鍋の中に残っている油を、内側全体にまんべんなく擦り込む様に拭き上げてください。

毎回使う前の準備「油返し」

油返しをすると料理が焦げ付きにくくなり、料理がより美味しく仕上がります。

1.フライパンを中火で充分温めます。

2.多目の油を(お玉一杯ほど)入れ、フライパンの肌に油を馴染ませます。

3.中の油が充分に温まったら、油をオイルポットなどに戻します。この後に調理に必要な量の油を入れて調理を開始します。

使い終わったら

出来上がった料理は温かいうちに器に移し、出来るだけ洗剤を使わずに洗ってください。

1.フライパンは予熱が残っているうちにタワシや竹のササラなどを使ってお湯で洗ってください。

2.水気を切って、水滴を拭き取ってからしまってください。

※煮る、蒸す、茹でるなどの調理の後は、洗って乾いてから、内側全体に薄く油を塗っておいてください。(鍋肌に馴染んでいた油が取れてしまうため)

J3124S J3126S J3128S J3026S 4033 J4201
一緒に使うと便利なアイテム ステンレスカバー 24cm ステンレスカバー 26cm ステンレスカバー 28cm ステンレスドーム 26cm せいろ 蒸し台 ジャーレン 24cm

30年くらい使い続けたお氣に入りの中華のフライパンが壊れてしまったのでいろいろ検討した末にこちらのを選びました。焼きを入れず直ぐに使え体に悪いフッ素加工もされていないので安心して決めましたが。。。野菜炒めをするとがこのフライパンの形のせいでめちゃくちゃ火力のパワーが落ちます。ジャー‼︎っと氣持ち良い音がせずクタクタと下手な野菜炒め完成。五徳を使わないと前みたいに作れない様です。底の丸い普通の鉄のフライパンにすれば良かったと後悔しています。残念。.

今まで、テフロン加工のフライパンを使い捨ててきましたが、ihになってからその間隔が早くなり、お店に行っても国産が少なく、重い物ばかりでネットでこのフライパンに出合いました。 ステンレスは焦げやすいし、錆びにくい鉄製が一番良いです。ihなのでフライパンを振ることは出来ないので材料がこぼれにくい炒め鍋にしました。思ったより軽いので凄く使いやすいです。取手が木で傷みやすいと心配しましたが、熱く無いのと、傷んだら交換出来るので安心です。.

炒め物で油をひいても必ずこげる。空焚きして焦げをなくしても同じ。捨てようか迷っている.

購入して約一ヶ月程度でまだ焦げ付いたりもしますが、油返しも思ったより面倒でもなく、使用後もお湯で洗い流すだけでベタつかずにキレイになります。一生物だと思っているので、このフライパンに出会えて非常に嬉しく思っています。見た目も気に入ってます。しっかり使い込んで油が染み込んだフライパンで調理するのが楽しみですっ!.

健康志向ではありながら、なるべく害の少ないテフロン製品を今まで使用していたが、耐久性が半年も持たないものもあり、買い替えを検討。鉄のフライパンは以前から知っていたが、デメリット① 手入れを間違えば錆びやすいデメリット② 油を大目に使用デメリット③ 重量があって炒め物がしにくいなどの心配があり避けてました。ターク製品と最後まで悩みましたが、家族4人構成で量を確保したいため深底を希望(ターク製品は浅い)と、持ち手が熱くなりにくいこと(ターク製品は長時間使用で持ち手に布を巻く必要あり)を考慮し、思い切って購入に至りました。結果大満足です。先ほど述べたデメリットも、調べていくうちに考えようによれば解消できると考察。デメリット①⇒ 錆びてももともとが鉄のためやすりでこすって対応可能。  ただし、その後は購入当初と同様、焼き入れが必要。デメリット②⇒ テフロン施肥品から溶け出す有害物よりも、  少々多めの油の方が健康的なのと、油の量の調整もある程度は可能。デメリット③⇒ 重さは表記上のものを信用するしかなかったが、  こちらの鍋は炒め用途のものもあり軽量で、  妻でも炒め物の時、返しができると喜んでおります。  ステーキ用途のフライパンは厚みがあるんで思いと思います。 以上より、「とにかく軽い」し、こちらの使用用途に抜群の大満足商品でした。これから長年、大切に使用していきます。.

28cmを購入。30cmと迷ったが、特に不便はない。ちゃんと使えば焦げは一切つかない。炒めから揚げ物まで、活躍している。ただ一点、使って3回目で持ち手の緩みに気づき締める必要があった。締めたことで、持ち手先のリング部分がねじれることになるので、これ以上締めたら、壁にかけるづらくなる心配がある。製品の質としては申し分なし、まちがいなく買い。.

買ったその日にすぐ使える鉄パン、最高です。これ以外にも、リバーライトのたまご焼用、他社では錦見鋳造の魔法のフライパンも所有しており、気に入って使っています。すっかり「鉄パン派」になってしまいました。これら「鉄なのにイージーメンテ」製品のお陰です。グレーな鍋肌が使い込むうち、だんだん黒光りしていく感じ、素敵ですよね。使い方の基本のコツはいずれも1. やたらと強火にしない。中弱火で十分。2. 生肉を投入して、直後くっついても慌てない。焼けてくるとスルッと動く。3. ミスって激しく焦げついても慌てない。お湯入れて沸かしてタワシで取れる。なかなか焦げ付きが取れない場合は、水かお湯に重曹を投入してグラグラやると焦げが浮いてきます。それでも取れないくらい焦げ付かせてしまったら、クレンザー、金タワシでゴシゴシ。水気を取ったら油を塗って完了。料理が楽しくなりますよ。特にシンプルなレパートリーに自信が持てるようになります。中華鍋は普通のフライ返しが使いにくいので、やはり中華オタマの登場でしょうか。でもまだそれは持ってないので、木ベラを使ってます。意外と木ベラの使い心地がいいのですよ、中華鍋の形状によく馴染んで。うちと同じ方は試してみてください。写真で分かる通り、最低面部は完全な丸ではなくフラットです。ガスにもihにも対応できる形状ということでしょう。よって中華五徳は必要ないと思います。追記中華オタマ買ってみましたけど、この炒め鍋のフラット部分と相性が悪かったです。炒めるときは木べらが一番使いやすいです。フラット部分を生かし、フライパンと同じように使う場合(餃子やソテーなど)は、フライ返しが良いでしょう。.

使用2回目で早速焦がしてしまったけど、焼き切り・ヤスリ・再焼入れ・油慣らしで復活!一生の相棒として大事に育てたいです!欲しいけど焦げが心配で迷ってる人、鉄鍋は何度でもリセット可能らしいので、焦がしても恐れずガンガン擦って焼いて育てて行きましょう~\(^o^)/一つ気に入らないのはくちばしが左な所。普通右利きなら左でフライパンを持って右手のしゃもじで器に盛るから右にくちばしが欲しいです。——2ヶ月程使用して——熱伝導がいいから熱が均等に云々は嘘だと思います。場所によって焼け具合が全く違う・・・・(‘a`)それ以外は特に不便もありません。重宝してます!.

火の通りも早く、調理後の洗いも簡単!扱いやすく、どこか懐かしく、もっと早くから出会いたかったとも思い使い勝手と美味しさから玉子焼き用も即購入しちゃいました♪.

28cmを買って、30cmが届き1度返品しました(人によっては、ラッキーと考えて返品しないかもしれませんが、わたしは28cmの蓋が使えなくなってしまうのでそうしました)。返品商品は、自宅まで回収に来ていただけたため、素早く処理できましたよ。商品については、文句ありません。もっと安くてよいものもあるかもしれませんが、わたしは無難に信頼性を取りました。うーん、素敵なお鍋。迷ったら買って、気に入らなければレビューに愚痴ればよいだけで、わたしはケチつけるとこがなかっただけです。ほかに、厚目フライパンも買いましたが、重みがだいぶ違います。でも、厚目はふりまくる用途で買ってないので、そちらも満足です。.

ほぼ毎日使ってます。鉄フライパンは初めてでしたが特に複雑な前処理なしで使えるようになります。餃子がとても美味しく焼けます。中華飯店のように宙を舞う野菜炒めが作れるかなと思いましたが思いのほか小さく上手く宙を舞わせることが出来ずキッチンは汚れています。うまく具材を舞わせるためには28センチか30センチの大きめの方が良さそうです。あとチャーハンがめちゃくちゃこびりついてブチ切れました。.

今までテフロン鍋を気を遣いながら使用していましたが使う度に劣化していくことにストレスを感じていました。この鉄フライパンは使うほど馴染むため、ストレスどころか楽しく使用させて頂いております。もっと早く使えば良かった….

テフロン加工のフライパンが嫌でちょっと高くても気兼ねなく使えて一生物ですもんね。安いっすわ.

火の通りも早く、調理後の洗いも簡単。ありがとうございました。.

購入してから1年ほど使用しましたが使い勝手がかなりよいです。使用後はすぐに金タワシで洗浄(洗剤は絶対つけないでください)その後 30秒ほど火入れして乾燥させればすぐ次につかえます。普通の鉄鍋より軽くて熱伝導が良いので時短になります。いろんな鉄板つかってきましたがこれが一番家庭では使いやすかったです。.

鉄製の炒め鍋。贈り物として購入しました。特殊鋼。錆びにくく軽くて使いやすいと好評です。30cmのサイズを探すのに少し苦労しました。価格は手頃ですが、私が購入した直後値下げなので星⭐️4つ。.

 山田工業所の30センチ中華鍋を使っています。野菜炒めを作るときに、油通しもどき(お湯に油を注いで野菜を30秒ほど茹でる)をやっていますが、そのときに野菜をたくさん掬うのにちょうどいい大きさです。片手で作業するのに問題ない軽さです(初老男性)。.

ダメです。どれだけ説明書にあるような油慣らしや油返しをしても温度を上げても下げても油を多く入れても少なく入れてもバカみたいに焦げ付きます。ロットによって鉄板の素材に違いがあるのかも知れませんが、いくらやっても焦げまくってまともに料理が出来ませんでした。他のレビューの人たちはまともに使えてるみたいなので極 ジャパンという製品は使用している鉄板が良くないのかもしれません。なんにせよここまでまともに使えないとはガッカリです。2度と買いません。.

深さも、重さもちょうどよくとても気に入っています。使い方に慣れれば、くっつきやすいこともないと思います。.

1つ目を半年前に28cmのフライパン購入しました。鉄ですが、使いやすく手入れもシンプルです。野菜炒めやチャーハンが美味しく出来ます。今回はチャーハン用に深めで一回り大きいものを購入しました。.

26cmの炒め鍋を購入。正直、家族がいる方にはオススメ出来ません。想像以上に小さいし深さがあまりないため、鍋が振りにくい。3〜4人家族の人は30cmくらいの大きさで購入をオススメします。.

以前、別の日本製鉄のフライパンを使っていましたが、鉄板が薄く焼きむらができたり、コーティングが剥がれてきたので買い替えました。使用後、油を塗らなくても錆びることはないし、お手入れ簡単です。予熱をしっかりすれば焦げることもありません。4人家族には24cmは小さかったです。.

ベスト リバーライト 鉄 炒め鍋 極 ジャパン 30cm IH対応 日本製 買い取り