リバーライト(Riverlight) リバーライト 蓋 極 ジャパン ステンレス カバー 26cm 日本製 – パンを焼くのにいい

ステンレスいいなと思い購入しました。けど、片方がしずんでしまいます。つまみはレビュー通り素の木材がついていました。.

色々探しましたが、パンを焼くので蓋が高いのでくっつかなくて良いです。.

26cmのフライパンと一緒に購入。届いた当日、一度洗ったのですが水切り籠に置いておいたら写真のようにパックリ割れていました。以前のレビューにも割れたとの報告がありましたが、一回洗っただけで割れるとは思わなかったのでビックリ。割れた原因は推測ですが 1. ニスも塗られてなく、素地であるため水を吸収 2. 木の種類は分かりませんが、水を吸収すると膨張しやすい木で作られている。 3. メスねじアンカーが打ち込まれているが、打ち込み前の下穴が小さすぎて木に過大な負荷がかかっていた。亀裂がメスねじアンカーまで届いていたのでこのままでは危なくて使えません。交換を商品交換のやり取りも面倒くさいので、ホームセンターで「スタンド鍋つまみ」を買ってきて取っ手だけ交換しました。.

キャプテンスタッグの炭焼き一番丸型280mmに被せたくて購入しました。ジャストフィットです。鍋の倍以上の値段でしたが満足です(笑)ほかの方のレビューの写真と違い、我が家には焦げ茶色の取っ手バージョンが届きました。.

室内で固形肉(ステーキ etc. )を焼く時などに利用しています。ある程度、火が通ったら外でカバーを外し、油ハネ・蒸気を逃がすと…時間差の調理に有効利用させて頂いてます。サイズがピッタリなので、移動途中で蒸気が漏れたりカバーが外れたりする心配が少ないのが良いです。蒸し焼きにも最適です☆.

利点と欠点

メリット

  • 取っ手が割れた。
  • 北陸アルミのフライパンに相性ありませんでした
  • パンを焼くのにいい

デメリット

特徴 リバーライト 蓋 極 ジャパン ステンレス カバー 26cm 日本製

  • サイズ:直径26.3×8.2cm
  • 本体重量:0.49kg
  • 素材・材質:ステンレス

メーカーより

拡大表示

拡大表示

拡大表示
豊富なバリエーション

用途別に使い分けができます

  • フライパン 16~28cm
  • 炒め鍋 20~30cm
  • 厚板フライパン 24~28cm
  • ステーキパン
  • クレープパン 21~26cm
  • 天ぷら鍋 S・M
  • すき焼き鍋
  • アジア鍋(IH対応用・ガス火用あり)

鉄製フライパンの長所を結集「極JAPAN」

錆びにくく、丈夫なフライパン

料理が美味しく仕上がり、使うほどに油が馴染んでいく鉄のフライパン。でも、鉄製のフライパンはサビやすく、面倒なお手入れが必要と手が伸ばせなかった方も多いはず。極JAPANは、鉄のフライパンの良いとこ取りをした、お手入れが簡単で扱いやすく、長く愛用いただけるフライパンです。

  • たっぷりの熱を蓄え、高温・短時間で調理ができるので旨みを閉じ込めます。
  • 野菜はシャキッと、お肉はジューシーに仕上がります。
  • 強度を増した鉄なので、金属性のお玉やヘラも、金属タワシでのお手入れも耐える素材です。
  • 万が一、焦がしてしまっても、簡単なお手入れで、最初の状態に何度でも戻せます。
  • 使えば使うほどに油が馴染み、使いやすくなるので、愛用しながら育っていく道具です。
  • 自然に鉄分の摂取が出来ます。

拡大表示

鉄に特殊熱処理を施し扱いやすく、強い鉄になっている

鉄の表面に「窒化鉄層+酸化鉄層」を形成させることで、錆にくいフライパンに。窒素を充填した高温の窯に鉄を入れ、表面を窒化する(鉄と窒素を結びつける)ことで、サビにくく強い鉄にします。特殊熱処理により、表面の硬さは通常の鉄の5倍の強度を持ち、鉄の弱点をカバーして、面倒なお手入れ、サビの恐れがなくなります。

使い始めの空焼きの必要がなく、使い終わってからも油を塗る手間がいらない

拡大表示

拡大表示

拡大表示

最初の準備「油ならし」

サビ止めの塗装はされていないので、使い初めの空焼きの必要はありません。

1.油を鍋の深さの1/3位まで入れ、弱火で5分程熱します。

2.火を止めて、油をオイルポットなどに戻します。

3.キッチンペーパーなどで、鍋の中に残っている油を、内側全体にまんべんなく擦り込む様に拭き上げてください。

毎回使う前の準備「油返し」

油返しをすると料理が焦げ付きにくくなり、料理がより美味しく仕上がります。

1.フライパンを中火で充分温めます。

2.多目の油を(お玉一杯ほど)入れ、フライパンの肌に油を馴染ませます。

3.中の油が充分に温まったら、油をオイルポットなどに戻します。この後に調理に必要な量の油を入れて調理を開始します。

使い終わったら

出来上がった料理は温かいうちに器に移し、出来るだけ洗剤を使わずに洗ってください。

1.フライパンは予熱が残っているうちにタワシや竹のササラなどを使ってお湯で洗ってください。

2.水気を切って、水滴を拭き取ってからしまってください。

※煮る、蒸す、茹でるなどの調理の後は、洗って乾いてから、内側全体に薄く油を塗っておいてください。(鍋肌に馴染んでいた油が取れてしまうため)

J3124S J3126S J3128S J3026S 4033 J4201
一緒に使うと便利なアイテム ステンレスカバー 24cm ステンレスカバー 26cm ステンレスカバー 28cm ステンレスドーム 26cm せいろ 蒸し台 ジャーレン 24cm

ベスト リバーライト 蓋 極 ジャパン ステンレス カバー 26cm 日本製 レビュー