ムサシ(MUSASHI) ムサシ Ritex どこでもセンサーライト ワイヤレス – 心安らぐほんわかライトで子供の帰宅がわかります

我が家では屋外・屋内ともにムサシさんのセンサーライトが複数台活躍していますが、今回のこの製品は 2~8(最大)を 1 台の親機とペアリングして無線で連動させることが可能になっています。謂わば、これまでのセンサーライトが「その場」を照らすのに対し、「行く先」を照らす製品ということです。我が家でそういった灯りが必要になるのはどこか…と思案しましたが、廊下には広範囲を照らすことができるセンサーライトを曲がり角に設置してあるので少し進めばどちらから進んできても先が照らされますし、防水防滴構造ではないので屋外への接地も難しい…ということで最も「行く先」を照らしてほしいのはやはり階段でしょう、ということで階段の上下に設置しました。階段を上り(下り)始めると、階上(階下)の足下が照らし出されるので、特に夜間、家人を起こさないようにそっと忍び足で階段を移動すると、偶然トイレにきていた家人と鉢合わせしてびっくり!といったことがなくなりました(誰かがくるぞ、ということがわかる)。ただ、夜中に 2f でペットの犬がウロウロした際に反応して階下のライトが一晩中点滅してしまったので、階段へ通じる廊下を歩いた程度ではセンサーが検知しないように設置場所を工夫して変えました(苦笑)。取付に関してはスタンド(平面になっている側を下にして自立) or 両面テープもしくはネジで電池蓋部分ごと固定し、そこに本体をパチンとスライドして嵌めることで固定というかたちですが、できれば掛け時計のように壁にあるフックや木ネジなどでカンタンに壁掛けできるようになっていると良かったです(自立は正直あまり安定性が高くないので、できればちゃんと固定したい)。.

ペアリングは大きめの図付きの説明書があり、qrコードで解説動画もありますので簡単に接続出来ました。廊下の床に置いておりますが、明るい時は点灯しないのも嬉しい。明るさも目に優しい柔らかな物で、夜間トイレに行く時でも良い感じに照らしてくれます。.

本商品の最大の特徴は一方のセンサーが感知すると複数のライトが連動して点灯する仕組みです。これを理解して設置場所を考えると便利です。例えば階段に設置する場合、一番上と一番下に設置すると、全体が明るくなります。長所 エネループが使える とても明るい短所 電池交換毎に無線ペアリングが必要で面倒 防水で無いため、屋内の使用に限られる 壁掛け方法が限定される。両面テープor付属のネジで固定 (フックでかけられるように穴を設けて欲しかった) 壁掛けの場合、センサーは下向きに限定される.

最初少し設定が面倒ですが一度設定してしまえば、片方が点灯した後にもう一方も点灯する便利なセンサーライトです。フェードイン、アウトするタイプで、フェードイン(点灯時)は早め、フェードアウトはゆっくりです。色味も、良くある安物の目に残るようなギラギラしたものではなく、高級感と落ち着きがあります。点灯時間は、10/20/30秒から選択が可能です。これも安物にはない機能です。薄いため、自立には向きません。すぐ倒れます。壁に貼り付ける用途となります。ネジをフックとして引掛けるか、もしくは、両面テープで貼り付けることになります。いずれも親機の役割を果たします。どちらか一方が子機専用と言う事ではありません。ただ単に同じくらいの明るさと言う事でしたらもっと安いものがありますが、インテリアとしてデザイン性まで考慮するとこちらの方がグレードが一つ上だと思います。.

夜、トイレに行くときにわざわざ電気を付けたくない場合にとても便利なセンサーライトです。ふんわりとしたあかりが目に優しいです。誘導灯としては明るさも十分だと思います。デザインもシンプルなので、壁に取り付けてもあまり存在感や違和感が無く、良いです。設定も、説明書通りにやれば、簡単に2台を無線で連携させることができました。1台が点灯すると、もう1台もワンテンポ遅れて同時に点灯します。ただ、必ずしも連携動作させる必要は無く、それぞれ単独でセンサーライトとして使用することも可能ですので、使い道はいろいろあると思います。また、ライトを追加で購入して、増設することもできます。注意点としては、台などに置いて設置する場合と、壁掛けにする場合とでは上下が逆になるという点と、付属の両面テープは粘着力が弱いため、壁に使用したところすぐに剥がれて落下した点です。結局、ねじを使って固定しなければなりませんでしたので、壁にねじを使用したくない方は、別途強力な両面テープを使用されたほうが良いかと思います。また、屋内専用製品のため、防水・防滴ではありません。屋外で使用することはできませんのでご注意ください。製品の品質自体はとても良く、センサーの反応もバッチリで満足しています。.

すごいです!これ、ペアリングして行くさきで照らしてくれる。どちらかにの前でセンサーが反応すると、もう一方も点いてくれる。階段の昇り口と踊り場に置くと行く道を照らしてくれる。夜、トイレに起きた時も、眩しすぎず足元を照らしてくれるのでいい具合です。壁に取り付けても(ネジや両面シール付き)、そのまま床に置いても自立します。単3電池三本×2が必要(付属されていません)。ベアリングのしかたも説明書を見れば簡単に設定出来ます。薄いので場所もとらず置けるのも良いです。.

パッケージには説明が簡単にしか書いておらず、どこにも入っていません。ペアリングの方法、スイッチの操作などが全くわかりません。.

これまでいくつも電池式センサーライトを使ってきました。中には1個で本製品と同じくらいの金額のものもありましたが、廊下や階段用と考えた場合、本品が断然使い勝手に優れると断言できます。たとえば廊下の両端にセンサーライトを付けるとして、どちら側から歩いて来た時も当然点いてほしい。ですが、こうしたセンサーライトはほぼ「センサーの向き=ライトの向き」でもあります。普通のセンサーライトの場合、2個用意したとしても廊下に人がさしかかってすぐに点灯するような向きに設置すると、廊下の先の方向は照らされません。その点、本製品なら反対側のライトも同時に点灯するため本当に便利で快適です。明るさはたいした事はないものの、真っ暗な場所だからこそ使う物ですから十分と言え、またその暖色系の柔らかな光が良いです。2つのライト間は離しすぎるとだめですが、普通の家庭の廊下ならまず問題なく届くと思います。電波なので障害物があっても、届く距離は短くなるものの動作します。あとは耐久性ですね。もし1年以内に故障するような事があれば必ず追記します。.

利点と欠点

メリット

  • 階段の上下に設置…これは良い! 本体にフック穴があれば更に good
  • 間接照明のような優しい電球色
  • ペアリングの必要性がどれ程あるかは疑問だが・・・。

デメリット

一方は自転車小屋に設置に、もう一方は駐車場に面した部屋から外側を照らすように設置して、自転車小屋に自転車を置いたら、そのまま玄関までライトで照らし続けられるように設置しました。自転車小屋のライトが点灯した時点で子供の帰りがわかるので「あ、帰ってきたな」という感じです。超スムーズに、そしてledとは思えない電球色で広がりのある光です。ただし2台なのに最初からペアリングされていないのが不親切です。また、ペアリングが超絶面倒な手順で、片方の電源ボタンを入れて電池を入れ、もう片方の電池を入れたら電源ボタンを長押し、2回点滅を確認したら、それぞれの電源ボタンを指定回数を押す、って誰が考えたらここまで複雑な仕組みにできるんですか。電池を入れて両方の機器の電源ボタンを長押しでokではないのですか。そもそも2台ペアなんですから、最初からペアリング済みで販売して、1台追加するときにペアリング操作が必要になるようにして欲しいです。ペアリングの複雑さ、不親切さがあるので星1減らして星4です。.

夜間や昼間でも暗いところで重宝するセンサーライト・・・我が家のような狭い家でも、廊下や階段・物置などなど室内で7個、屋外で6個、合計13個が日々活躍中だ。歩いて行く先々で点灯したり、物置の扉を開ければ即座に点灯してくれて重宝する「小道具」だ。勿論、ritexブランドもコレとは違う商品だが、幾つか設置してある。さて、このワイヤレス式のセンサーライトだが・・・センサーライトの便利なところ、利用価値のあるところは、近づいた時に自動で点灯し、離れた時には自動消灯する機能だと自分では常々思っている。近づいても居ないのに遠くのセンサーライトが光る必要性がイマイチ感じられない・・・が、ライト自体は足元灯としては心地良い発色・程よい明るさで文句なしのセンサーライトだ。ワイヤレスの連動性も良く、2台とも暗い場所にある時は2台とも点灯し、片方が明るい場所にある時は暗い場所にある方だけが点灯する、賢い機能も備わっている。ペアリングをしないでおくと、それぞれが単体のセンサーライトとしても使えるようだ。ま、ワイヤレス機能の必要性があるご家庭では、充分な働きをしてくれる商品だと思う。.

無線で連携できる屋内仕様のセンサーライトです。◎ふわっと光って消える。・光り方がパッといきなり点灯するのではなく、穏やかです。消え方も。 発光色も電球っぽい色合いで優しい感じです。・点灯時間は10、20、30秒と設定できます。しかも昼間はちゃんと光らない。良いです。●設置について・壁掛けか床置きです。壁掛けは両面テープかねじ止めです。 床置きで使ってみました。薄型なので壁に寄せておくと邪魔にならず、 かといってパタパタ倒れるわけでもなく良い感じです。 ほかの皆さんもおっしゃってるように、フック穴が開いていると完璧だったかもです。◎無線連携は便利。・約20mの範囲で無線連携、ほぼ同時の点灯が可能です。・実家の階段に設置してみましたが夜階段の電気を付けなくてもスイスイいけるので便利です。 最大で8台まで連携できるので豪邸でも大丈夫ですね。うちは2台で十分です。.

ペアリングにより、同時点灯が可能です。大きい家には重宝な機能です。ただ我が家は、普通のセンサーライトとして使用しています。それでも十分使えます。.

自分は一軒家に住んでいるのだが、夜にいちいち二階に上がる時に家の電気を付けるのがめんどくさい&電気のボタンを押すときの音、響きが家族に迷惑になっていないかと悩んでいたので、こちらの商品を購入させていただきました。使用感としては、程よいライトで良く、電池で使用できるので、かなり満足です。必要無い時も光りますが、電池なのでなんとなく損してない気分になります。総評としては、生活の質というか、気持ちが豊かになります。普通に良い!.

廊下の足元灯として使っています。電球色なので夜間のライトとしてうってつけだと思います。人感センサーが探知し、ワイヤレスなので両方の灯りが付き、人がいなくなると消灯します。スイッチに触らなくても点灯し、夜間起きても安心です。しっかりした造りで、ワイヤレス、増設もでき便利な商品ですが、価格が少し高めなので星4つにしました。.

最初のペアリング設定がマニュアルを見ながらじゃないと出来ないくらいややこしいですが、一度設定が済めば電池交換をしても設定は引き継がれますね。増設の時は増設分の方にマニュアルが付いてくるから大丈夫でしょう。スイッチ単押しで単独使用、2回押しで連携使用という感じですが、明るい場所にあるライトは連携は反応するけど点灯しませんね。ある程度暗くなれば点灯します、省電力。使い方は色々ですが、自分は壁に固定せずキャンプで使おうかと。1個はテント出入り口の辺り、もう1個はサイト全体を照らすような置き方で。これなら夜間にトイレに行くような時も便利そうだし、最近問題の深夜のキャンプ用品泥棒にも対策できそうだし。.

ムサシのセンサーライトです。単三電池3本使用します。充電池でも利用可能でした。スイッチで点灯時間を10/20/30秒で切り替え可能です。明るさは普通で、私は夜間トイレに起きた際に、電気をつけなくても明るく、また、目が覚めない程度の明るさということで快適に使用しています。本来本製品は、機器間通信で一斉に電源をonすることができる様です。階段の始まりとと途中、終わりに設置すると、通過する前から明かりが灯り、夜間の移動が安全になると思いました。.

夜中に階段の電気を付けるとまぶしいので、以前から小さなセンサーライトをおいていますが、それぞれのセンサー次第なので肝心な時に点かないことがあったりしましたこちらはライト自体が通信して連動するので、一瞬で階段全体がふわっとした電灯色の灯りで照らされますペアリングの設定は取扱い説明書を読みながら行う必要がありますが、順を追って行えば問題なく設定できました.

特徴 ムサシ Ritex どこでもセンサーライト ワイヤレス(1個入り) W-505

  • 本体サイズ:幅 10×奥行 2.9×高さ 10cm
  • 電源:アルカリ単3乾電池3本(別売)
  • 保証期間:1年
  • 付属品:両面テープ×1、取付けネジ×2、コンクリート用プラグ×2
  • 本体重量(kg):

メーカーより

1

特長①

2

3

4

ワイヤレスで同時点灯

見通し20m以内、無線でつながる。

はなれているライトが同時に点灯します。

使用例①

夜間のトイレの、足元に設置がおすすめ。

目が覚めない、電球色のやさしい灯りです。

使用例②

階段に設置すれば、安心の誘導灯

になります。

特長②

5

6

7

人感センサー点灯

ふわっと、点灯

ふわっと、消灯します。

上向き設置

上向きに設置すれば、スタンドになります。

下向き設置

付属の両面テープ、取付ネジを使用して

壁掛けで使用できます。

現状2台の運用ですが8台まで拡張出来るシステムとの事。我が家の屋内では不要な広さなのですが、親戚の大きな農家や廊下が長い家などでは本当に便利そうです。点灯時間も調整可能ですから必要度にあわせて点灯です。我が家ではガレージに電源を取れない部分があるので、そこに間隔を置いて設置しました。非常に安心して利用できます。また物置などに設置も便利だと考えています。.

離れたところに2台のライトを置き、どちらか1台のセンサーが人影をキャッチすると2台が同時に点灯します。少し長めの廊下とか階段の上下、あるいは死角になっているコーナーの両側に置くととっても便利。明度センサーも備えているようで、明るい時に無駄に点灯しないのも◎。電球のような温かみのある光もいい感じです。壁に穴を開けなくても、両面テープで貼り付けるか、もしくは置いておくだけでもokです。最初に2台をペアリング設定する必要がありますが、解りやすい取説が入っているのでそれに沿ってやれば迷うことはないでしょう。ただ、パッケージ(外箱)を開けにくのは要改善。最大8台まで増設できらしいので、広いお屋敷でも十分ですね。.

無線で連携するライト。2台入りで電池は別売り。一度に全て点灯(買い足せば最大8台まで接続可能)。床や台への設置も壁掛けも可能。ただし床への直置きのように低すぎるとセンサー範囲が少し狭くなります。目が覚めにくい電球色。夜に連動して点灯するとなんだか綺麗。明るい時は探知しないので無駄に電池を使うこともありません。階段に取り付けましたが、2か所に取り付けて両方自動点灯するので夜間のトイレ移動などでかなり便利です。.

折れ曲がる廊下の辻々(笑)に呼応するよう置いています。夜中のトイレはフワッと明るく、先々まで照らしてくれるので誘われるようです。今後使用方法を変えようと思えば個々にもできるし、とにかくコンパクトなので好きな場所に設置出来ます。マグネット設置が出来れば星5つでした。.

寝室から廊下の電気のスイッチまで遠く、夜間のトイレ回数が増えた両親のために廊下へ設置。最初、ペアリングはちょっと難しいように感じましたが、緑や赤のライトが点滅や点灯で、ペアリングできたかどうかはわかりやすく何度かやりなおしましたが、結果的にちゃんとペアリングできました。行き先を照らしてくれる思いやりは素敵です♡デザインも素敵。ひっかけられるフック、マグネット式だったら. などと思いますがとりあえず満足です。.

ムサシのセンサーライトです。見た目がシンプルで、間接照明のような柔らかい光がふわっと点灯ふわっと消灯する、お洒落なライトです。実際使用してみて感じた点を書いてみたいと思います。■長所・やさしい光がフェードインで発光、フェードアウトで消灯する・複数のライトと連携して同時点灯する・センサー部が目立ちにくい・10、20、30秒と細かい点灯設定・照度センサーで明るい時間帯は点灯しない■短所・他のライトとの連携がbluetoothの様に面倒・壁に簡易的な設置が出来ない、アンカー or 両面テープのみ・立てて設置するには本体が薄くバランスが悪い・電池交換やスイッチ切り替えは背面外装を剥がさないとできない・扉越し、3メーター先の無線連携は無理■総評お洒落で背景に溶け込みやすく、光がやさしいので室内用としては最高。しかし設置方法が、壁にアンカーを撃ってビス止め、強力な両面テープによる固定薄い本体を立たせて設置等、やや使い勝手が悪いです。掛け時計や電源タップ裏などにある、釘や画鋲を引っ掛ける窪みもあればだいぶ設置場所が広がったのではないかと思います。後は、連続点灯時間の記載も欲しいところ、無線連携で、どの程度電池が持つのか不安です。.

それぞれ、単三電池が3つずつ必要で、ペアリングが出来るセンサーライト2個組です。色合いが、いかにもLEDという目に染みるような感じではなく徐々に点灯して色合いも間接照明のように良い色合いです。ペアリングしておいて、遠くに置いておくと別々に点灯し近づけてみると、同時に点灯しました。四角く、何処にでも置ける大きさなので階段→トイレ→洗面所のルートに置いておくと便利かと思いました。.

白い光ではなく、電球色で温かみのある光で、しかもいきなりパッと点灯せず、ふわーっと明るくなるので、寝起きの目に特に優しいです。2. 4ghzのワイヤレス機能で2個のライトを連動することが可能です、wifiとは互換がありません、オリジナルのワイヤレス機能です。どちらも親機、子機などの区別がなく、ワイヤレス連動してしまえばどちらかのセンサーが反応したら同時に2個とも点灯してくれるので設置場所を工夫すれば、これから移動する先も照らしてくれるようにもできます、長い廊下や階段などに最適な機能だと思います。明かりは消えるときもふわーっとゆっくり暗くなって消えます、なにか落ち着きがあって良いと思います。ワイヤレス設定が書かれた用紙が付属しますが、この設定が覚えておけないほどちょっと複雑でこの説明書を失くしたら困りそうだなと思ったので、pdf化しようと考えましたが、本体の蓋の裏に使い方に迷ったらコチラというqrコードとurlが書かれたシールがはられていました、urlを手入力して見ましたが開いたページにはペアリング方法のマニュアルがpdfで用意されていたので早速ダウンロードして保管しました、これで紙のマニュアルは廃棄できます。一緒にyoutubeのリンクがあり、動画でペアリング設定が見られるようになっていました、こういう設定に不慣れな人でもまず動画をみながら手順を守ればまず設定できると思います。urlを手入力する場合はw500という部分の「w」が大文字でないとエラーになるので注意が必要です。照明を点ける長さは10秒、20秒、30秒からスイッチにより選ぶことができます。製品が透明のプラ製の薄い箱に入っているのですが、これがなかなか蓋が開かず、プラのフタ部分をカッターで切ってやっと開きました、手などを切らないように気をつけたほうがいいです。マグネットなどは付いていませんが、そのまま置いて設置できるのがとても便利に思いました、サイズが分厚すぎず薄すぎないちょうどいい厚みで立てて置いても安定しています、ちょっとした場所にそのままおいて使えるのがとてもいいです。両面テープと木ねじが本体の電池ケースの中に入っていました。電池は別売です。.

初期設定のペアリングは、子供にもできるくらい簡単なものでした。温かみのある優しい光ですが、広域を照らしてくれます。廊下などの平坦な場所でなくても、wi-fiの電波は良く飛んでいるようです。階段の1番上と1番下の段に設置してみたのですが、きちんと電波が飛んでいるのには驚きました。しかし、wi-fiの電波はよく飛んでも、肝心の人感センサーが少し鈍いようです。近づいても直ぐに点灯してくれず、毎回イライラさせられます。他にも7つのセンサーライトを使っていますが、その中で1番反応が鈍いです。.

ムサシのセンサーライトはユニークな製品が多いですが、これも面白いです。2個以上をペアリングし、いずれかのセンサーが人を完治すると全部同時に点灯する、というもの。アマゾンの商品説明と同じように、わたしは階段の上と下に設置しました。2個のライトがふわっと点灯する様はちょっとおしゃれな飲食店のような雰囲気です。ふわっと点いてふわっと消えるだけで高級感が20%くらいアップしたような気がします。ペアリングの方法は同封の取説にわかりやすく解説されています。また、取説のqrコードでユーチューブの説明動画に飛べるようになっており、これもわかりやすいです。設置方法は両面テープ、木ねじ、もしくは直置きの三通りから選択できます。わたしは動かせなくなる取り付け方は避けたいので、直置きとしました。本品はフラットな面が作ってあるので、床に置いても倒れる気遣いはありません。とはいえ、一般的に言えばこのライトをつけるために壁や柱に木ねじをねじ込もう、という人はまずいないと思われますので、木ねじの代わりにマグネットかシールで貼り付けるフックを付けてもらえるとありがたいと思います。.

ベスト ムサシ Ritex どこでもセンサーライト ワイヤレス(1個入り) W-505 レビュー