プルミエ キッチン&スタジオ Me・Pot[ミィポット] – 子ども大喜び!

ちょうどわが家の大鍋が古くなって来てたので、色々さがしてたのですが、デザインに一目ぼれしてポチってしまいました。カレーは家族がたくさん食べるので大きさもちょうどよかったです。次の日に温めなおしても焦げ付きにくいのも良いですね!.

この大きさでこのお値段はちょっと高いなと思いましたが、最新の炊飯器よりもリーズナブルですし、白ごはんにこだわりのある私としては試さずにはいられませんでした。熱伝導が非常に良いのか、火加減が弱めでも芯が残らず、むしろふっくら艶の良い炊き上がりなので、見た目からして食欲をそそります。難点としては、少し重たいこと、持ち手が熱くなってしまう事でしょうか。ただ、個人的には満足しているので、今後は色んな種類のお米を炊いてみたいと思います。.

妻が「テレビで見た鍋」だと言うので購入しました。私はビーフシチューが大好きで妻に作ってもらったのですが、肉がホロホロとなり、とても柔らかく、思わず「いつもと同じ肉なの?」と尋ねてしまいました。鍋の洗い当番は私なのですが、汚れがすっと落ちて気持ち良かったです。一言申し上げると、妻が「気になるレベルではないけど、もう少し軽ければ完璧!」と申しておりました。.

いつも通りカレーを作っただけなのにすごく美味しくできました。今度はシチューを作ろうかと思います。.

おかずを別鍋でつくりながら、このお鍋でごはんを炊きました。ihコンロでも火力を気にせず使えるのも◎です。.

いつもと同じ火力でカレーを作ってみたのですが、ジャガイモが少し煮崩れしました。つまりすごく火の通りが良いのだな、と思って説明書を見たら弱火で煮込んだ方が良かったみたいですね。(ちゃんと読んでおくべきでした…)次に作る時は弱火でじっくり煮込んでみたいと思います!.

子どもが大好きなクリームシチューに挑戦!いつもより火の通りが良いのか、野菜やお肉が柔らかな、とろっとシチューに仕上がりました。子どもも、いつも以上におかわりをしてくれて、大成功です。.

利点と欠点

メリット

  • お肉が柔らかく!

  • 艶のある仕上がり

  • 子ども大喜び!

デメリット

特徴 Me・Pot[ミィポット] (21㎝) 料理の仕上がりが格段に上がる【超厚底7㎜のカレー・シチュー用両手鍋】

  • カレーやシチューをもっとおいしくつくるために考えられたお鍋。 Me・Pot[ミィポット]は、芦屋のプルミエ キッチン&スタジオを主宰する料理研究家の江崎美惠子と江崎グリコ研究所が共同で開発。
  • サイズ(縦×横×高さ):29×24.6×13㎝(縦は取手部を含む)、内径:21㎝、底の厚さ:7㎜
  • 素材:本体/アルミニウム合金、貼り底/ステンレス鋼(クロム18%)、表面加工:内面/ふっ素樹脂塗膜加工、外面/焼付け塗装 、フタ:本体/ガラス、ツマミ/フェノール樹脂
  • 満水容量:3.9L、重量:2.2㎏  原産国:中国
  • ガス・IH:利用可能  オーブン・電子レンジ:利用不可

芦屋流おもてなしを極めた料理研究家 江崎美惠子と江崎グリコ研究所が共同で開発!Me・Pot[ミィポット]カレー・シチュー用鍋の秘密とは?

江崎美惠子より:料理教室の生徒さんや友人でも、煮込み料理用に鉄の鋳物ホーロー鍋を持っている方は多いのですが、だんだん使わなくなるという声を聞きます。鍋が重く、さらに料理の材料を入れるともっと重くなって、鉄の鍋で料理をするのが苦痛になって使うのをやめられるのです。また別の方は、ホーロー鍋はカレーなどの煮込み料理をすると焦げついてしまい、お手入れが大変なので使わなくなったとおっしゃいます。 カレーやシチューなどの煮込み料理は、簡単で手軽に作れて、家族みんなが喜んでくれるのに、そんなことで作らなくなったらとっても残念との思いから、お鍋の開発が始まりました。お鍋に求めることは、3つの機能①軽いこと ②焦げ付かないこと ③煮込むときに熱のムラを出さず均一に煮込めること。 そこで、カレー・シチューづくりのプロ集団である江崎グリコ研究所と共同で開発を行い、約1年をかけて完成したのが Me・Pot[ミィポット] カレー・シチュー用鍋です。

煮込み料理をおいしくする秘密は、7㎜の超厚底!

◎芦屋のプルミエ キッチン&スタジオを主宰する料理研究家の江崎美惠子と江崎グリコ研究所が共同開発   Me・Pot[ミィポット]は熱伝導のいい鋳型アルミ鍋。  鍋底を7㎜の超厚底にすることで熱効率をよくし、熱のムラができずに鍋全体で煮込めます。  これまでより料理の仕上がりが格段に上がる両手鍋です。江崎美惠子のミニコラム・・・お鍋の開発で料理研究家としてこだわったことは、煮込むときに熱のムラを出さず均一に煮込めること。一般の方にはあまり知られてはいないことですが、鍋によって、同じ材料を使って料理をしても、出来上がりには差がでます。鍋の熱伝導をよくして、熱ムラのない状態を作れる鍋かどうかが重要なポイントなのです。 具材に均等に熱が伝わると素材の煮崩れを防ぎ、旨みを逃しません。カレーを作ったときにジャガイモが煮崩れをして、カレールーがザラザラしていることがあります。煮崩れを起こすと素材の旨味が逃げてしまいますし、ルーの舌触りも悪くなってしまいます。鍋底の厚み、側面の厚みを変え、料理の味を検証した結果から、超厚底7㎜の鍋とすることが決まり、そして Me・Pot[ミィポット]が生まれました。

Me・Pot[ミィポット]の魅力は、軽くて♪ 焦げ付かなくて♪ 洗いやすい♪

●アルミ製で軽くて扱いやすい  鍋の素材に、鉄にくらべて軽いアルミを使用しており、軽量で、取り扱いが簡単です。  SGマーク認定商品です。●ふっ素加工で焦げ付きにくい  鍋の内側にふっ素樹脂塗膜加工を施しているため、カレーやシチューを煮込んでも、お肉や野菜を炒めても  焦げ付きにくくなっています。●料理の後も洗いやすい  軽くて、焦げつきにくいので、簡単に洗えます。ガラス蓋の蒸気抜き穴にはわざと金属加工を施していま  せん。この小さい穴はとても洗いにくいので、金属とガラスの隙間の汚れを取る手間を省くためです。  こんなちょっとした工夫を大切にして開発しています。 ●重ねてすっきり収納 21㎝と18㎝のお鍋とガラス蓋を重ねて収納することができます。

簡単に作れる、Me・Pot[ミィポット]レシピ♪

基本のカレーも[ミィポット]で煮込めば ひとランク上の仕上がりに!<牛肉のカレー> (材料) 8皿分 牛肉(カレー用)300g、玉ねぎ(中)2個、にんじん(中)1本、じゃがいも(中)2個、ピーマン2個 カレールウ160g(グリコプレミアム熟カレー) 水800ml、はちみつ 大さじ1、サラダ油 大さじ1、塩、こしょう 各少々 ご飯 適量、刻みパセリ 適量 (作り方) ●牛肉は塩、こしょうをふる。野菜はすべて一口大に切る。 ●[ミィポット21cm]にサラダ油を熱し、中弱火で牛肉、野菜を順に炒める。ピーマンは、一旦とり出しておく。 ●水とはちみつを加え、中火にかける。沸騰したら弱火にし、具材が柔らかくなるまで途中あくをとりながら、蓋をして煮込む。(約20分) ●一旦火を止め、ルウを入れて溶かす。 ●時々混ぜながら弱火で煮込む。(約5分)●器にご飯、カレー、ピーマンを盛り、刻みパセリをのせる。

みんな大好き! ヘルシーなトマト味のシチュー<鮭のトマトシチュー> (材料) 4人分 生鮭4切れ、ブロッコリー1/2個、マッシュルーム8個、黒オリーブ(種ぬき)12個 A:チキンブイヨン500ml、トマトソース(市販品)…300g 塩、こしょう 各少々、小麦粉 適量、サラダ油 大さじ1、砂糖 少々 (作り方) ●鮭は一口大に切り、塩、こしょうをふり、小麦粉をまぶす。 ●ブロッコリーは、小房に分け、塩ゆでする。 ●[ミィポット21cm]にサラダ油を熱し、鮭を焼く。焼き色がついたら、一旦とり出す。 ●Aを入れ、煮立ったら、マッシュルーム、オリーブ、鮭を加え、中弱火で3~4分煮る。塩、こしょう、砂糖で味を調え、最後にブロッコリーを入れる。 ●バターライス:炊き立てのご飯300gにバター10g、レーズン大さじ1を混ぜ合わせる。 ●器に盛り、バターライスを添える。

[ミィポット]でふっくら 甘みのあるごはんが炊けます<おいしいごはんの炊き方>[4合を炊くとき] 米720ml 水720ml(固め・新米)~860ml(柔らかめ)[5合を炊くとき] 米900ml 水900ml(固め・新米)~1080ml(柔らかめ) [ミィポット21cm]を使用 ●米は、洗ってザルにあげ、水けをきる。 ●[ミィポット21cm]に米、水を入れ、蓋をして30分浸水させる。 ●[ミィポット]を中火にかける。蓋の穴から蒸気が少し出始めたら、中弱火にし、5分沸騰させる。(米がふつふつと踊っている状態)。 ●極弱火にし、10分炊く。 ●火を止め、蓋をしたまま10分蒸らす。 ☆[ミィポット]なら、少し冷めたごはんの温め直しもできます。 鍋を弱~中火にかけ、蓋の穴から蒸気が出てきたら火を止める。全体を混ぜ合わせる。

ベスト Me・Pot[ミィポット] (21㎝) 料理の仕上がりが格段に上がる【超厚底7㎜のカレー・シチュー用両手鍋】 買い取り