ブルーエア(Blueair) ブルーエア 空気清浄機 Blue Pure 221 Particle and Carbon 39畳 360度吸引 花粉症 PM2 – 空気清浄機能一点突破型

空気中の塵、埃が良く取れています。光の加減で見えていた埃が殆ど見えなくなりました。夜にしていた咳が嘘のように止まりました。今さらながら埃が咳の原因だったのかなあと感じています。最高速度の3にすると流石に動いてるなあと感じますが、最低の1では夜間静まりかえった部屋でも私は殆ど気にならないレベルの静けさです。とても良い買い物が出来ました。.

性能については文句なし。センサー不要と割り切れば非常に満足できる製品です。些細な点ですがclassic 280iに比べ、風量1でもファンの回転音が気になりますね。(classic:32db、本製品:37db)classicご利用中の方はご注意を。また、海外モデルはblue pure 211+ですが、こちらで販売しているプレフィルターや、折りたたみ可能フィルターも日本で販売していただきたいです。.

化学物質過敏症により、会社リニューアル後のニオイがつらかったのですが、2ヶ月後からこれを使用し始めました。だいぶ全体のニオイも落ち着いてはきていたのですが、これにより、頭痛などは少し解消されているようです。オフィスで隣に置いて使用していますが、360度吸引なことがよりよかったようです。.

Amazonの対応が悪い。開封したところ、本体に衝撃でぶつけた凹みがあり、中のフィルターも潰れていたので、交換を申し出ると、雑な対応。交換商品を送ったからヨロシク的な。もうamazonで、家電は買わない。.

1まで除去してくれと言うことで決断。パワーモードも切り替え可能で流石にマックスにすると賑やかです。空気が綺麗になっているのが分かります。実際使用するのであればこの季節であれば暖房器具併用されることをお勧めです。.

いかに早く&大量に空気を吸い込み高性能のフィルターできれいな空気を吐き出し部屋を満たせるかという空気清浄機の基本機能を突き詰めた空気清浄機です。海外製にありがちな“ビジュアルと性能がいいけど音がデカい”という点が懸念でしたが通常の静音モードならノートパソコンのファンの動作音程度で相当静かでgoodです。中レベルだと一般的なエアコンの空調レベルの動作音がしますが、部屋の隅にいても風の流れを肌で感じることができるほど体感的にもかなりパワフルに動作します。particleモデルとparticle and carbonモデルの違いはニオイを除去する活性炭フィルターがセットになっているか否かですが、使用感としては活性炭フィルター付きのほうが付加効果が大きいと感じました。料理のニオイが部屋に残りがちなのですが、活性炭フィルターがあると空気の入れ替えをしなくても数時間後にはニオイが一切残りません。また、日本製の空気清浄機のときには感じにくかった“部屋がキレイな空気で満たされた感覚”を毎日体験できています。全方面から吸引して、全方面をフィルターで洗浄できる点や筐体の設計の余裕さから生まれるパワーなど、某モノ雑誌で過去に高評価がついているレビューを見ましたが、実際に使用してみると、“なるほど”と実感できます。特に朝の目覚めが非常に良くなりました。部屋がひんやりと心地よい空気で満たされており、高級ホテルの目覚めと一緒だと感じました。朝の目覚めを実感した段階で、次に空気清浄機を買うときも絶対にブルーエアにしようと決意できました。笑日本製の空気清浄機に搭載されている風量の自動調節機能を取っ払ったことで操作パネルが単純になりチカチカしたランプや印字された文字の類がないため、これがかなり良いと思いました。家電に印字された“文字”にすらウンザリしてしまうようなミニマリストな人種には本当におすすめできる一台です。空気清浄機としてのパワーはもちろん、筐体に大きい穴が空いてたりしないので小さい子どもがいらっしゃる方にも自信を持っておすすめできると感じました。.

現在、結構前に購入したblueair sense(寝室)と、最近購入したbule pure 411(ペットのハウス近く)と、classic 405(リビング)が稼動中です。花粉の季節は外では大変ですが、おかげさまで家の中は完全な安全地帯です(^_^;フィルターごと簡単に交換して常に快適に使用出来る点でbuleair製品が好きで多く使用してきています。今回は、脱臭機能もあるタイプなので、愛犬のハウス周りへ設置してみました。元々あまり臭う方ではなく、お客さんからもペットがいる家のような感じがしないと言われている(空気清浄機のおかげかも)感じですが、やはり少しはクンクン嗅ぐと感じていた匂いが、さーっと消えていきます。ピンポイントでそばに置いたことも大きいと思いますが、脱臭能力に関しても満足です。buleairの新品のフィルターを通したすっきりした空気がなんとも好きです。(新品家電のような匂い?)あと、オシャレなカラーのプレフィルターが付けられる231と外寸がや構造が全く同じぽいので、231のプレフィルターが装着できるか購入して試してみたいと思います。これでさらにオシャレになったらさらに大満足です。.

花粉症持ちで、毎年空気清浄機を買うか買わないかで迷っていましたが、購入せずにいました。しかし今年は花粉症の症状が酷く、前から気になっていたブルーエアのblue pure 221 particleが定価(税抜¥54,500)の半額程度まで価格が下がっていたので思い切って購入しました。定価が税抜¥18,000でなおかつ交換フィルターが安いblue pure 411と迷いましたが、今回は軽量鉄骨のアパートのリビング・ダイニングの合計16畳程度で使用したかったので適用床面積に余裕があるblue pure221 particleにしました。実際に床に置いてみると、占有面積は扇風機ほどですが、四角い立方体なのでそれなりに存在感があります。更に360°方向から空気を吸引して上方へ排気する構造上、壁やカーテンなどから少し離して本体を設置する必要があるので、設置場所の確認をしておくことをおすすめします。購入を検討されている方はサイズ感を段ボールで創って確認しておくと良いと思います。構造ですが、下部がフィルターを収納するスチールメッシュのケース、上部がブラスチック製の外殻の大型ファンで左右のラッチで固定するようになっています。購入した時はすでにフィルターがセットされており、コンセントを差し込むだけですぐに使用することが出来ました。スイッチは本体中央部のblueと書かれたロゴをタッチするとledランプが点灯し3段階で風量調整を行うようになっています。電源は本体からコードが直接伸びており、取り外しはできません。フィルターは四角い形状をしており、折りたたむことはできません。半年毎の交換が推奨されており、価格がparticle filterで定価¥8,000(税抜)particle and carbon filterで¥12,000(税抜)と比較的高価なのがネックです。私の場合は適用床面積の半分程度なので、1年程度使用できないかなと考えていますが・・・。(2018. 10月追加)空気清浄機のフィルターですが、googleなどで検索すると、国産(p社やs社、d社など)のものは10年交換不要を謳っていてもカビが生えてしまうことが多いようです。日本は高温多湿のため、定期的にメンテナンスをしていてもカビが生えてしまうことがあるようなので、半年に一度の交換が性能を維持するために必要なのだと思います。私もこれを知ってフィルターを交換しました。値段は高いですがフィルターにカビが生えていては本末転倒ですので…。室内干しをする方は特に気をつけた方が良いと思います。風量の違いによるノイズ音ですが、風量1はリビングでは音としては気付かないレベルです。風量2だと風切り音が聞こえますが、tvなどの音を邪魔する程ではありません。風量3はブーンという風切り音がはっきり聞こえます。風量3は部屋から帰ってきた時など一時的に使用する時向きです。風量2は好みが分かれると思います。風量1はエアコンの睡眠モードが気になる人には気になる音の大きさです。主に風量2で使用し、帰宅時や掃除機をかけた後に1時間程度風量3で使用してきましたが、今年は鼻詰まりを起こすことなく快適に過ごすことが出来ています。適用床面積の半分程度の床面積で使用しているということもあるかもしれませんが、1週間掃除機を掛けなかった時の床に落ちているホコリも明らかに減り、室内に舞うホコリを確実に吸い取ってくれているようです。風量3だと空気が部屋全体に循環するので、定期的に風量3にするようにすると効果的に室内の空気を綺麗にしてくれると思います。メンテナンスですが、フィルターは半年ごとの交換で、ファンは綺麗な空気しか通さないのでホコリは付きません。上面排気なので天面にほこりが溜まることもないです。普段は床に掃除機を掛けるついでにスチールメッシュに時々掃除機をかける程度のメンテナンスで十分です。スチールメッシュも目が粗いのでホコリはフィルターに吸着されており、外側のメッシュにホコリはほとんどつきません。日本メーカーの空気清浄機は分解してプレフィルターに掃除機をかけないといけなかったりしますが、本機は交換フィルターが高い分メンテナンスは非常に楽です。定期的なメンテナンスを面倒に感じる方にはこのblue pure 221がおすすめです。まとめですが、発売から1年経過し本体は性能に対してかなり割安に購入できるようになりコストパフォーマンスは同じ適応床面積の空気清浄機との比較では群を抜いています。交換フィルターの価格の高さが唯一のネックですが、空気をきれいにする効果は実感できました。税抜¥8,000のフィルターでも6か月毎の交換で1か月あたり¥1,333なので、ひと月何かをランチやおやつなどを我慢する代わりに快適な室内環境が6か月24時間手に入ると思えば決して高くはないかなと思います。花粉症やpm2. 5にお悩みで、快適な室内にしたい方にお勧めです。.

利点と欠点

メリット

  • 上質で価値のある製品。値段も相応。
  • リビング・ダイニングなど広い空間におすすめ。
  • 軽量だけど場所は取る

デメリット

思ったより大きいです。部屋の置き場には注意です。ただ非常に静かで埃はメッチャ取れています。動作音はバルミューダや無印より静かかも。しかしランニングコストが高い!!もう少し交換フィルタが安ければよいのですが。。。ちなみに半年つかったらフィルタは埃でいっぱいでした。それなりに部屋はきれいにしているつもりですが空気は汚れていたみたいです。.

到着して最初に思ったのが「でかい!!!」ということ。商品の下半分が全てフィルターとなっています。交換周期は6ケ月推奨とのことですね。立方体の4方向全てから空気を吸い込むので壁に限りなく密着させることは出来ませんので置き場には少し気を使うかも…大きさは気にしないのでパワフルなものを…ということならオススメかもしれませんね。.

 15畳の奥行きが長い部屋で使っています。ハウスダストのアレルギー持ちで、1日に数回は点鼻薬を使用しないとすぐ鼻づまりを起こすので、とにかく埃を吸いまくってくれる空気清浄機を探していました。正直あまり期待はしていかなったのですが、、、全然違いました!普段から毎日朝、掃除機をかける習慣はあったのですが、それでも夕方、西日の光が大きな窓から部屋に入ってくると、細かい塵がスターダストの様に光に反射してキラキラ空気中を舞っているのが分かるのですが、これを置いた翌日から目に見えてキラキラの塵が減っていました。半分位になった気がします。点鼻薬の回数も半分以下になりました。音は、強さをmaxにすると流石にブォーっと良く聞こえますが、私は気にならない方です。それより空気がキレイになってる〰️っという気がします。そして、空気口に風船を乗せるとフワフワ浮かぶオプションまで着いているなんて!!子供がだいぶ喜んでます。買って本当によかったです!.

ブルーエアの空気清浄機は既に持っており、空気清浄機を使い始めてからノドの調達よく風邪を引かなくなりました。今までは贅沢品と思っていましたが、花粉の時期には特に欠かせないものになっています。今回活性炭フィルター付きを始めて使用しましたが、しばらく家を出て戻ってみると臭いがない事に驚きました。臭いの感じ方には個人差があると思うので、私のように体感しない方もいらっしゃるかも知れませんが、食べ物のニオイなどが敏感な方にはオススメです。逆にニオイを今までそれほど気にしたことがない方にはフィルター代が高いので、集塵フィルターのみ(particle フィルター)の使用した方が良いでしょう。気をつけた方が良いのは、この商品に限ったことではないですが油煙を直接吸ってしまうとフィルターのニオイが取れなくなります。油煙に含まれる油脂がフィルターに付着してしまうためです。室内で焼肉などをするときは空気清浄機を停止して、換気扇を回して部屋の換気をしっかりすることをオススメします。フィルターは6ヶ月交換で高いですが、日本製のように頻繁にメンテナンスを行わなくても高い性能が保たれるので、仕方ない部分です。それに見合うだけの性能はあると感じています。クラシックシリーズよりもwi-fi機能が無い分買いやすい価格だと思います。オススメの空気清浄機です。.

余計な機能は何ひとつなく、ファンの強中弱の切り替えは手動。フィルターとファンだけを磨き上げ、ただひたすら空気をキレイにしてくれる。強で数時間かけたら空気の違いが体感されました。こんな清浄機は初めて。もっと早く買っていれば子どもたちの花粉症も軽かっただろうと悔やまれます。「強」だとさすがにうるさいので家を留守にするときだけにしています。「中」でも音はしますが柔らかい音で不快ではありません。エアコンや扇風機をつければ分からない程度です。米国の機関で性能の評価を受けていますが、日本でもその動きが広がって欲しい。中途半端な製品を買い続けた身としては心からそう思います。.

広い部屋用のこの製品なので、しょうがないんだろうけど、思った以上に大きい気がするが、デザインはあまり目立たない落ち着いた感じなので慣れれば大丈夫。それ以外は、動作音も静かだし、気に入った。.

アレルギーが出てしまい、少しでも楽になればと購入。はじめてつけたとき家の空気が換わっていくのを実感して感動(笑)我が家は大変狭いので、テレビと1㍍も離して置けませんでしたが、2段階までなら全く影響ありません。一番強い3段階はそこそこな音ですが、出先で使った他メーカーパナやシャープの最も強い段階と同等か若干静かといったところでしょうか。こちらをうるさいと思うならばたぶんいずれもうるさいと思います。.

北欧デザインが好きなので期待して申し込みましたが、期待以上に素敵なデザインでした。モノトーンを基調にした部屋に置いているので、ぴったり合います。ちょっと見、空気清浄機には見えないんじゃないかと思います。凝った収納ボックスか、オブジェか何かのように見えますね。排気口がとても凝ったデザインで、幾何学模様のように見えます。日本製の清浄機では考えられないオシャレセンスですね。1週間ほど使っていますが、匂いはよく取れます。おそらく花粉などにも効果が出ていると思います。非常に満足しています。買ってからすぐに使え、面倒な操作も必要ありません。5ヶ月ぐらい経つと黄色ランプが点灯、半年ほどで赤ランプが点き、赤ランプがついたらフィルターを交換する必要があるようです。.

花粉対策で購入してみたのですが効果を実感できません残念ながら変な形の扇風機です.


メーカーより

タバコのニオイ

Blue Pure 221 Particle and Carbonの特徴

パワフル空気清浄機

活性炭

省エネ設計

静か

北欧デザインのパワフル空気清浄機

30cmの大型ファンにより、360°全方向から吸引し、静かでパワフルな清浄を実現。天面からきれいな空気を供給し、広い部屋でも、部屋全体にきれいな空気を効率よく循環させます。

微粒子もニオイをしっかり除去

約4.4m2特大表面積キューブ型フィルターで微粒子をキャッチ。目の大きさの異なる多数の層から構成されたフィルターは、目詰まりしにくく、風量を維持し、ハイスピード洗浄が可能。さらに粒子イオン化技術を組み合わせることにより、微粒子までもしっかり除去します。

また、約1.2kgの圧倒的な量の活性炭が含まれるBlue Pure 221 Particle and Carbon Filterは、空気中のニオイ物質を強力に除去、除臭。LDKのような人が集まり、食事など様々な活動をする空間で役立ちます。

省エネ設計

米国の環境保護庁とエネルギー省によって定められた国際Energy Starを取得。 1日あたりの電気代はわずか約13円(スピード①で稼働させた場合。単位電気代 1wkWh=27円)だから電気代を気にすることなく、24時間/365日安心して使用できます。

静かな動作音

とても静かな稼働音と操作時のみ点灯するLEDランプは普段の生活を邪魔しません。

スウェーデンのデザイン

2モデル

花粉症 花粉症対策
Blue Pure 221 Particle and Carbon Blue Pure 221 Particle
外形寸法 幅330mmx奥行き330mmx高さ522mm 幅330mmx奥行き330mmx高さ522mm
適用床面積(JEMA) ~39畳(64m2) ~47畳(77m2)
活性炭
除去 微粒子+ニオイ 微粒子

私は、埃アレルギーです。数年前に某国産メーカーの空気清浄機兼加湿器を購入しました。フィルターは、1年以上持つとのことでしたが、部屋の空気が汚れているのかすごくチリがたまります。(笑)1年も経たないうちにフィルター交換を迫られていました。そして、加湿器のカビにもうんざりで、キッチンハイターで消毒しては使っていました。くさいのなんの。苦労していたにも関わらず、鼻水は止まることなく本当に効果があるのかなと疑問でした。そろそろ機種交換しようとネットで空気清浄機を検索したところblue221にたどり着きました。早速使ってみて、どうでしょう鼻水が止まりました。噂の空気清浄機です。いい買い物を久しぶりにしました。.

ものすごくパワフルで、広範囲に効きます。しかも360度全方向吸い込み。背面吸気って、本当に吸い込めてるんでしょうか?そんな精神的ストレスと無縁です。問答無用に吸い込みます。加湿機能など余計なものがついていない、シンプルな空気清浄機を追い求め、いきついた製品です。過去にシャープの加湿機能付きの上位機種を持っていましたが、背面吸気が気に食わなかった点、フィルターを掃除機で吸い取るというお手入れを速攻でしなくなった点、加湿装置にカビが生え浄化機能そのものに信頼性がおけなくなっ点、諸々の面からお蔵入りにという経験があります。そもそも最近の空気清浄機は機能が多く、それがゆえに「安心感」というものが失われていたような気がします。つまり、本当に空気がキレイになっているのかどうか。他社製品と比べてウチの製品はどうなのか。ホコリセンサー・においセンサーは果たして正常に作動しているのか。フィルターはそろそろ変えたほうがいいのか。いやあと半年いけるのではないか。そういやフィルターお手入れしてなかった。加湿器の水はいつ入れたっけ、カビ生えてない?などなどです。その点、このblue pure 221はものすごく潔いです。風量三段階調整以外に機能がありません。清浄機能は第三者評価機関のお墨付き。そしてデカい。この製品を簡潔に言うと「高機能な扇風機が付いた、フィルター付きのでかい箱」です。しかしそれがゆえに、デザイン性や保証されている項目とあいまって安心感が半端ないです。「間違いなく空気がキレイになっている」ことに疑いを抱かせないフォルム。大きさの割には軽く、シンプルさゆえの存在感もあります。そしてもちろん、空気がめっちゃうまいです。浄化機能の高高さは実証済みですが、恐らくデカさやシンプルさ、デザインもひっくるめてのストレスフリー感が、空気の美味さを助長している気がします。昨今では標準でついてるセンサーもありません。そもそもそんなもの不要です。気になる方は風量1でつけっぱなしにしておいてください。センサーって必要ですかってそんな気持ちにさせてくれます。フィルター交換コストはかかります。割り切ってください。お手入れしなくていいんですよ?お手入れをするストレス or お手入れしていない場合のフィルターへの不安、が「シンプルな半年交換」で軽減されます。また、日本の気候で10年持つフィルターとか、絶対信じてはなりません。カビ生えますよ、定期的に変えたほうがいいに決まっています。音、最小では気になりません。強力に部屋をろ過したいときには、風量を強くしてください。心地よい音です。僕にとっては。買って本当に良かったです。.

手入れしやすい、広い部屋の空気がしっかり回る。文句なし。買ってよかった.

231用のプレフィルター3枚と予備のフィルターを購入すると…221なのにほぼ231と同額です。少し形状が違うからか、引っかかる部分もあったようにも思いますが、231用のプレフィルターも問題無く取り付いてます。狙ってらっしゃる方はこの組合せでもご検討されてはどうでしょうか?.

空気清浄の性能がいいという評判で このメーカーを選んだ。思ったより大きい、狭い部屋には存在感があります。清浄レベル1はかなり静かです。つけているのを忘れる位。一番強いレベル3だと 音がうるさく感じる。レベル3からレベル1に戻すのは3→2→1ではなく、3→停止→1です。戻る事ができないのがちょっと不便です。今のところは空気が綺麗になったかどうかは 実感がよくわからない。とりあえず信頼できるメーカーだから、つけている安心感があります。花粉の季節にどう感じるのか 楽しみにしています。.

画像で見た感じコンパクトサイズかなと思っていたら、それなりに普通の空気清浄機のような大きさでした。起動音は静かで、それがとてもありがたいです。敏感にセンサーは反応しているようで、しっかりと清浄してくれているようです。本体の質感が良く、満足しています。.

空気清浄能力がとても高いと思います。30畳程の部屋で使用しています。子供の咳が減りました。とても良い商品です!.

かなりデカイと感じます。大きなリビングや寝室向きでしょうか。本商品のアドバンテイジはやはり大きなフィルターでしょう。花粉やハウスダスト、pm2. 5のトラップを想定していて、長時間使用してもフィルターが詰まる事を防ぐタイプなのだと思います。フィルター交換も詰まり方にもよるでしょうが、半年程度との事です。フィルター自体は1万円弱の様です。風量は最小のレベルだと非常に静かですが、レベルを上げると若干気になるモーター音といった幹事です。かなりスギ花粉が飛ぶ環境で、花粉症の家族もいるので当分連続運転してみる予定です。問題は場所の確保でしょうか。.

デザインと性能は海外製だけあって素晴らしいです。本体が大きいためにレベルを上げると音も大きくなります。静音であれば生活音として気にならない程度です。デメリットしてコストであり、交換用フィルターが¥7500~¥10500程度です。約6ヶ月毎のフィルター交換が目安ですので国産の23畳の空気清浄機が新品一台買えてしまうコストです。しかしながら、四方から吸い込む方式であるために臭いの吸収及び清浄機能は必要充分です。そのために部屋の隅ではなく中央に置くのが好ましいです。インテリアを邪魔しないデザインではありますが、部屋の配置を考案してからの購入をオススメします。.

購入して半年が経ちました。家のリビングで使用していますが音も静かなので正直フィルター交換をするまで機能に対して懐疑的でした。しかし半年が経ち、フィルター交換サインが出たので新しいフィルターに交換したところ、半年使用のフィルターと新品のフィルターの色の違いに引くぐらい驚きました。目で見てみるとあらためて性能の良さが分かりました。フィルターも多分どんな機械音痴でも簡単に交換できると思います。めんどくさがりの人にもオススメできる空気清浄機ですね。.

想像よりか大きかったのでビックリした。でも、型遅れでもプレフィルターは問題なく着いたし、オート機能とか必要なかったからシンプルで良い。中の空洞があまりにも気になったので、竹炭を入れてみた。多分気分の問題とは思います。ダメだったら、円形のフィルターもう一個入れてもいいかな?と思ってます。.

操作もシンプルで面倒くさい儀式もありません。黙々と空気をきれいにしてくれます。40畳で真ん中の風量で使ってますが、音も気にならないです。最大風量だと少し気になるかも?(わたしは気になりませんが).

当方、空気清浄機は他のものを購入したことがありませんでした。この度、我が家に新生児がやってきたので、空気清浄機の購入を検討したところ、社名は存じ上げませんでしたが、ネット上で非常に評価の高かったブルーエア社のこちらの商品を知りました。【良かった点】・除湿、加湿などの複合的な機能が搭載されておらず、空気清浄だけにこだわった製品。それだけあって部屋全体がスピーディに新鮮な空気に入れ替わります。・推薦フロア面接が30畳のため、リビングや赤ちゃんの部屋など用には十分です。・最も強い運転速度でも、赤ちゃんが気にならない(寧ろ彼にとっては心地よさそうな)運転音の大きさです。・操作ボタンが1つしかなく、ボタンを押す(軽く触れる)と、運転速度1→2→3→電源offという4パターンに切り替わるのみです。シンプルで使いやすいです。【ちょっと残念な点】・製品の良さに見合ったランニングコスト。「お得な商品」というよりは「上質なものを上質な値段で」という買い物になると思います。本体自体も3万円ほどしますし、フィルター交換の推奨も、6ヶ月で7000-8000円くらいかかるので、決して安い買い物ではないです。・思ったよりでかい。あと重い。長方形でスタイリッシュなフォルムなので、部屋に馴染み、無駄なスペースはほぼありませんが、部屋に置いた時の存在感が少なからずあります。サイズを確認して置くスペースを考えてから購入されるといいと思います。総合的に、個人的には購入して良かったと思える製品でした。出産祝いもあり、とてもいい買い物ができたと思います。「ブルーエア」などでネット検索すると、ブルーエア社の会社理念やインタビュー記事、またユーザさんの製品についての結構詳しいレビューもたくさん挙がっていますのでそちらも参考にして検討されるといいかと思います。.

国産の空気清浄を何台も使いました、本製品の空気浄化能力は抜群の能力と洗練されたデザインに惚れました。本体の下部4方向(360度)から室内空気を吸い込み本体内4方向にあるフィルターで浄化し、上部(天井方向)へクリーンな空気を排出させる機能となっています、購入して本当によっかたと思います。この設計思想は国産品には見られない発想です。機能性+浄化力+デザイン性+価格面等々 裏切られない商品でした。.

14畳程度のワンルームで使用しています。これを使っていれば花粉を感じない程度には浄化されているのかな? 弱中強とありますが起きてる間は強でも静かです。寝るときには低周波がうるさいかも。中であれば気にならない。今は普通のフィルターを使用しているので次の交換は活性炭フィルターを使ってみたい。 おしゃれでシンプルで掃除が簡単でパワーもある。.

試して一台を購入し、静音性に大満足で、早速寝室用に二台目も購入しました。今までダイキンの加湿空気清浄機を使っていましたが、いくら手入れしても出てきた風の匂いに気になって仕方がなかった。やっぱり加湿性能のないシンプルの空気清浄機にした正解でした。出てきた空気が全く匂いがしません。.

猫を多頭飼いしています。ネットで調べた結果、シンプルで人体に害が無い(オゾンは沢山出ていると身体に良くないとか)こちらの商品を選びました。結果としてはとても満足しています。(今、五ヶ月使用後の段階です)我が家は猫がいるので5ヶ月でフィルター交換のランプが着きました^^;aしかし、満足しています。以前の国産の空気清浄機は交換ランプがなかなか付かずそのまま使っていて、ある時フィルタを見てみたら、とんでもなく真っ黒でした。綺麗な空気は多少お金がかかっても必要なものと思っています。フィルタだけ、もう少し安くなってくれたら、最高です。.

ダイキン、パナソニック等、色々な国産メーカーの空気清浄機では解決されなかったタバコの煙さが、この空気清浄機で解決しました。もっと早く買っておけば良かったです。.

ベスト ブルーエア 空気清浄機 Blue Pure 221 Particle and Carbon 39畳 360度吸引 花粉症 PM2.5 ハウスダスト 除臭 ニオイ 200169 レビュー