ピーコック魔法瓶工業 ピーコック 【お手入れ便利な着脱式上フタ】 電気ケトル 0 – 大のお気に入りです

購入して一年近く使ってますがすぐに沸くしにおいがしないので毎日美味しいお茶を飲めています。スイッチの明かりが今どきのledだったらもっといいと思います。.

今まで使っていたケトルが壊れたので、購入しました。最初は匂いが気になりましたが、沸かしてお湯を捨てることを4回繰り返したところ気にならなくなりました。ちゃんと沸騰しますが、側面は触っても熱くはなかったです。(保温中の電気ポットの側面くらい)他の方のレビューを見て保温性については期待していませんでしたが、沸かしてから40分経過でコンビニレジ横のコーヒーくらいの温かさがあり、保温性は十分あるように個人的には感じました。デザインが気に入って購入を決めましたが、重くなってもいいので1Lのものがあれば良かったなと思います。.

年寄りの母が毎日のお茶のお湯をこのポットで沸かしています。こたつの上にいつも置いて、重宝しています。ひとり分のお湯なら、あっという間にわきます。コンロで沸かすより、安全で、便利です。気に入りました。.

ここ最近の電気ケトルの内側が樹脂のものが多い中、ステンレスでとても安心して使うことができます。ふたが外れることで、水の出し入れの時や、掃除するときも楽に処理できます。ステンレスケトルお探しの方は是非どうぞ!!.

ステンレスで洗えて、少しの間なら保温できるような感じです。湧くのも早いし、いい買い物でした。電動ポットまでは必要なかったので、私にはちょうど良かったです。.

見た目もシンプルだし、中がステンレスなので使い始めから匂わないし、少しの時間は、保温効果もある気が。飲みきる頃まで、温かいですよ!.

数回、使用したら底面に錆のような跡がでました。メーカーに確認したところ、電熱線があるのでどうしてもできるそうで使用には影響ないとのことでした。でも象印の中がステンレス製のものはならなかったぞーーー.

他メーカーのポットが壊れた為、手頃なケトルを探していました。中がプラスチックではないのでお手入れが楽です。やはり魔法瓶メーカーなので安心して使っています。.

利点と欠点

メリット

  • 発明当初からある象印・タイガーに並ぶ日本の魔法瓶老舗メーカー内部オールステンレス・フッ素加工無しで安全かつ美味しいお湯が得られます。
  • 購入して良かったと思います。
  • 安心

デメリット

ドリテックのわくわくケトルを使っていましたが、半分以上給水すると横の窓から水漏れしだしたので買い替え。不満だったところ電源プレートがただのプラスチックのため動きまわるため滑り止めシートを敷いていた。熱のせいでしょうが側面が焼けたような色になっていた。使い始めのころはプラスチックの匂いがした。購入品のいいところ電源プレートの底にゴムが付いていて滑りにくい。電源ケーブルが前のものより長く設置場所に融通がきく。注水時に少し傾けると細い水流で出て、大きく傾けると注ぎ口一杯で出るので使い分けできる。内側が継ぎ目なしで蓋の裏までステンレスで掃除しやすい。沸くのが早い。到着後すぐ使ってみたが、匂いはしなかった。価格からすればお買い得では。※ 使用後の感想・密閉性が高いので給湯ボタンをロックしておくと少々傾けたぐらいではこぼれない。・沸かしたお湯が冷めにくい。・沸騰時にも本体が熱くならない。.

これは2台目です。内部はステンレスで、いやな匂いもなく、使いやすいです。.

ティファールを様々十年以上使った後象印二台、最近はタイガーを使用中。電気ケトルを使い始めて二十年近くになります。タイガーは壊れたわけではなく、以前から気になっていた此方を思い立って 購入してみました。色々な 評価があるようですが ① 中側と蓋裏迄がステンレス製 ② 求めやすい価格 ③ 結構良い作り ④ 意外に音が静か ⑤ ステンレス製で清潔など、総じて言われている程悪くない、むしろ 良いと思います。 大事にして長持ちさせたいものです。湧き時間については、そんなに気になりません。どうしても二 三重なる時が有るので、少なからず、気に留めながら仕事をしていました。 ワット数が少ないと助かる部分も。いつもはプラの匂いを取るために、色々手立てを講じるのですが、今回は 一度 洗ったのみ。長い期間を経ても、プラ特有の癖は根本的には消せないし、無くならない気がしますが、このケトルは匂いが無いので、沸かしたお湯がとても美味しく感じられます。飲む為、食べる為に使うお湯は、此方で沸かす様にしています。 近年で買って良かった物の一つ。追記 :2016. 28この作りのケトルは、なかなか無いように思ったので、離れて暮らす家族の為に、もうひとつ購入しました。ただあと少し容量が欲しい 、せめて 1 l 。確かニ. 三年前?は、1 l も有ったように思いましたが … 使ってみたらステンレスも良い物の様です。他のケトルと違って底につく水の跡も、とても取れやすい。 そして、二台目はさらに安価でした。.

2011年以降電気使用を見直し、電気炊飯器を止め土鍋でご飯を炊くようになり健康面も考慮し玄米購入し家で分付米にし麦を使用。電動ポットも止め電気ケトルとピーコックガラス製卓上用魔法びんに。先代の電動ポットが少々くたびれてきたので、こちらを購入。0. 8Lに変わったので軽くなりました。.

近くのフジスーパーが閉店で4600円が1400でしたw1400円なら、文句なしですね!.

思った以上に沸きが速くて、自宅で使っているタイガ-のよりも内側がステンレスで清潔感があります。キャンプで使うには容量もちょうど良いです。.

早く沸くので便利です。蓋がちょっと浮いてきたので、星1つ減らしました。(そってるのかな?).

象印のポットからの買い増し。比べ物にならないほど沸きが遅い。象印の2倍の時間がかかる。買うなら高くても象印をお勧めする。.

ステンレスで匂いも気にならなく良し。湯沸しスピードは他機種より遅いかもしれないが、他の用や準備をしている間にすぐ沸くので、特に困るほどの事はない。消費電力が1000Wと、ちと控えめでコンセントやアンペア等の心配が少し薄れる点からも選んだ理由。シンプルで価格的にも申し分ない。大量の湯を注ぐときは蓋を外した方が早い。というか、殆どいつも外して注いでいる。沸いた湯をすぐに全て注ぐと、余熱があり余ってるため、底の発熱部分と思われる箇所が焼けたように変色し浮き上がるのは愛嬌。ちょっと気になるので、いつも水を少し戻し入れている。まぁ、気にいってる。.

特徴 ピーコック 【お手入れ便利な着脱式上フタ】 電気ケトル 0.8l ホワイト Wck-08(w)

  • サイズ:W224×D150×H219mm
  • 本体重量:約1.05kg (コード含む)
  • 素材・材質:本体/ポリプロピレン、内容器/ステンレス
  • 原産国:中国
  • 定格電圧:AC 100V
  • 定格消費電力:1000W
  • 保証期間:1年
  • 付属品:コード
  • 容量:0.8L
  • コード長:約1.2m

中が金属なので、嫌な臭いが全然しません。容量が少し少ないかな。.

中がステンレス、ピーコックの製品、値段が手頃とゆう事で購入しました。中がステンレスなので嫌な匂いも全くなかったです。使い勝手も問題ないですが、お子様の使用には不向きかなとも思います。お湯の沸きは少し遅い気もします。カップ麺のお湯の量で約3分強ガスで沸かすのと、さほど、かわらない気がしました。.

内側がステンレスで衛生的なのはとてもよいのですが、お湯を注ぎ終わりがけに、どっと出るので、コーヒーを入れたりするのには、若干繊細さが必要ですね。 .

この値段でこの性能にビックリです。毎日使わせていただいてます。.

お茶とか飲まない志向でしたが、これを買ってから、お茶を飲むようになりました。すぐ沸くし、蓋の取り外しが楽で、中が広くて清潔だし。水を入れて、蓋して、台座にのっけて、ボタンを押すだけ。遠出の時はエスハイに乗っけて、カップラ、お茶などすぐに作れるため必需品です。ホテルとかでも、同じもの置いているところが多いです。いいものだからでしょうね。.

総合的に判断して,購入をお勧めしません.安いだけの長所です..

ピーコック聞き慣れないメーカーであり、象印やタイガーと比べて知名度は低いが歴史のある会社であり、創業当時、象印・タイガー・孔雀と言えば魔法瓶業界では御三家と言われたほど有名なメーカーでした。ピーコックの前進は孔雀印魔法瓶工業であり、日本の魔法瓶業界では歴史のあるメーカーです。只、国内では魔法瓶自体さほど関心が無くなり、象印やタイガーは他の製品にも手を伸ばす一方、孔雀は海外に目を向けて行きました。ピーコックは聞きなれないメーカーですが、創業は日本、由緒ある昔からあるメーカーの一つであり、信頼出来ます。この電気ケトルは、日本が発明した魔法瓶技術を受け継いでおり、電気ケトル内側に至っては、オールステンレス、フッ素加工されていない極めて安全な内部構造になっています。そのため、プラスチック臭もフッ素加工の剥がれ等のリスクも考える必要が無く、極めてナチュラルな汚れの無いお湯を楽しめます。赤ちゃんの粉ミルクを溶かすお湯・珈琲・お茶・カップラーメン・・・など自然なお湯は安らぎと安心と美味しさを与えてくれます。数ある、電気ケトルのなかでこのケトルを推薦いたします!.

 以前ティファールの電気ケトルを使っていましたが、知人に譲ってしまったので新しい物を探していました。ステンレス製が衛生的でいいと聞いていたのでこちらの商品に行き着きました。こちらの商品は簡易的な電気ポットのような構造になっており、重さもある程度あり、蓋もきっちりとしたつくりです。ティファールのプラスチック製と比べて本体が熱くなりにくいですし、少しの間なら保温が聞きます。それほど時間を置かなければ2杯めでも沸かさずに飲めるため意外と便利です。1杯用のコーヒーをよく飲むのですが、ティファールの電気ケトルでは蓋が簡易的で直接瓶からお湯が流れてくる構造だったのでお湯をいっぱい沸かすと注ぎが荒く、神経質に注がなくてはいけませんでした。しかし、このピーコックのケトルは蓋に一時止水ボタンが付いているため、魔法瓶の蓋を介して注ぎ口に流れるようになっています。そのため、ドリッパーに注ぐ時などはお湯が先細りになりとても注ぎやすいです。逆にカップ麺など多めのお湯を入れるときはチョロチョロとしか出ないため、蓋を開けて注いだほうが早くお湯を入れられます。ステンレス製、簡易保温機能、止水ボタンと機能的でティファールの最安モデルとほぼ同価格帯なので、特に頻繁にコーヒーをドリッパーで淹れる方などにはとてもオススメできる電気ケトルではないかと思います。.

8lにしては、ちょっと大きめ保温効果もあるのかも、握りもちょっと太めでも、1000wですぐ沸く0. 5l沸かすなら、お茶の用意する間手入れもしやすく、中が金属なので臭わない大きさも手ごろで軽い.

上蓋を外してもう一度上蓋をつけると爪の部分が元通りに復帰せず上蓋がきっちりと閉まらなくなり非常に危険な欠陥商品です。子供の居る家庭では子供に触らせると事故の元になります。即返品手続きをしました。またスイッチ内部の通電ランプが非常に見にくく設計不良の欠陥電気製品です。.

期待以上の物です!こんなにクオリティが高い商品は初めてですね。.

デザイン・容量は希望どうりで良かったです。サイズは置き場所が限られていましたがピッタリサイズでした。中がステンレス製なのも購入の決め手になりました。重さも以前使用していたものより軽かったです。スイッチは気をつけないとセットする時に間違えて押してしまうと空炊きしてびっくりします。一回やってしまいました。スイッチランプは見えづらいです。 お湯が沸いた時お知らせ音はありません。価格的には妥当な商品だと思います。.

商品探しで色々なメーカーを検索して詳細・口コミを参考にして、買うのを止めようと思ったが、この商品は最高です。中はステンレス臭くない!少しの間冷めないし、店舗は高い。アマゾンさんが値段もお手ごろです。隠れた良品です。.

内側はステンレス製なので安心で実際にコーヒーを淹れても美味しく感じます。グリップが太いのと注ぎ口が改良の余地あり、ここを改善すれば星五つ。コーヒーを淹れるときは蓋を外していますので特に問題ありません。.

初めて、ケトルというのを買いました。一人暮らしの場合は、ポットより便利だと思います。お湯は、すぐに沸きます。スイッチは、取っ手の上の部分を押すのですが、沸騰したら、「パチン」という音とともに、元に戻ります。.

購入の動機は「一階にわざわざ降りずに部屋で袋ラーメンが食べたい」でした。台所で作って慎重に階段を上がるのが面倒で面倒で・・・電気やihコンロは全く考えておらず、ケトルで何とかできないかと店頭商品を物色する休日を幾度か過ごしました。広口タイプは結構見つかるのですがフタが取れないと手入れが面倒だし最悪、蝶番を折ってしまいかねないので探しまくった後、この商品を見つけました。四角い乾燥麺はメーカーや商品によってはギチギチですが何とか500mlの水面に半分だけ浸かります。沸騰させた後に麺を縦に押し込むのでフタをして1分ほど(フタも麺に接触しますね)待ち、今度は残りの半分を熱湯に浸けるような感じで麺を浸けてしまいます。あとはフタをせずに沸騰させて様子を見ながらスイッチon/offで完成です。麺を入れた後、フタをして沸騰させると100%お湯が吹き出します。ラーメンとは別に内側の「ここまで」ラインを無視して1l位入れて沸騰させると凄い勢いで熱湯が吹き出しますので0. 8lを守りましょうね。.

お値段のわりに良い商品と思います。お湯が沸いたのが分かりにくいですが、がまんできる範囲内です。使いやすい.

同社の製品からの買い替えです。前回も臭いの問題でこの社の製品に買い替えました。初回使用から臭いがなく、コスパも最高です。不満点は通電ランプがもう少し見やすい方が良いです。後、以前の製品から仕様が変更されている点で、沸騰前に取り上げて使用し本体を戻すと又沸騰さそうとする点です、沸騰させないで使用したいときに余計なお世話です。.

ベスト ピーコック 【お手入れ便利な着脱式上フタ】 電気ケトル 0.8l ホワイト Wck-08(w) レビュー