ビタベルデ(Vitaverde) ビタベルデ フライパン 24cm IH対応 ブラック ソフトグリップ マグニート CW001831-002 – 残念ながら

ちゃんと焦げ目もついて、しかもするするっと洗える。フッ素加工より体にやさしいかも、とか思うけど、どうなの。.

最初、大きな箱で届いたのを受け取ったとき、あまりに軽いので別な品物が届いたのかと思いました。箱が大きいがための錯覚かと思ったのですが、フライパンだけにしても、やはり軽いです。これは、料理をするものの負担を減らしますね。また、深さがあるので、炒め物等をしても、食材が飛び散る心配が少ないです。油が少量でも、焦げ付きにくいので、ヘルシーに料理が作れてご機嫌です。.

 バッチリ!です。 ガラス蓋で中身の様子も確認できます。 軽量とありますが・・・軽くはないですよ。.

引っ越しに伴い、それまで使っていたテフロン加工のものに替えて購入しました。デザイン、色、大きさ、値段そして使い心地のすべてが気に入っています。使用後、冷めてから丁寧に洗えば傷もつかず焦げ付き、くっつきもなく快適です。.

Ih対応のホーロー鍋としては軽いですが、アルミ鍋と比べると思いです。デザインはおしゃれで私は好きです。こびりつきにくく、厚手なので煮物などはいいと思います。しかし、お湯を沸かしたりだけだったらアルミ鍋の方が使いやすいと思います。やはりこの機能はフライパン向きだと思いました。.

デザインも良い。作りも良い。ただ何かテープのゴミのようなものが挟まっている。.

一年でこげつき使えなくなりました。値段に見合ってないです。残念。.

最初は使用後の洗い物が楽でなかなかと思っていた。でもどうにも火の入り方が気に入らず徐々に使わなくなった。中火から始めるわけだけどフライパンのあったまり方が遅い。鉄鍋やテフロンはすぐあったまって調理が始められる。その勢いでこのフライパンに食材を入れても加熱していかないので時短にならないしもどかしい。鉄鍋で慣れてる野菜炒めなどは終始強火で水が出ないうちに仕上げてしまうのだけれど、これは強火が使えない。したがってじわっとぺったりした炒め物になってしまう。次第にそんなフライパンはフライパンなのだろうか?と思うようになっていった。こんがりした焦げ目をつけたいのだけれど、次第に焦げ目の発生=こびりつき発生になっていったように思う。いまはとにかくしつこくこびりつくので卵などには使わない。まあ、水に浸しておけば取れてはくれるのだけど。いろいろ調べて買ったつもりだったけど残念。.

利点と欠点

メリット

  • 購入したのは26cmですが、このフライパンの径はかなり大きめで内径が26cmあります。
  • 鉄ほどの感動はない
  • 良いです

デメリット

たかだか鍋じゃん。…と思うなかれ、やっぱり値段相応のものはあります。熱伝導が早い、かつ沸騰してから火を落としてもしっかり煮込めます。なんだか凄くいい買い物をした感じです。ビタベルデシリーズを買い揃えようかと画策中。でもこればかりは使ってみないと分からないから、言葉ではなかなか上手に伝えきれませんが、持ってて損はしません。ずっと長く使い続けられる逸品です。.

普通の鍋に比べて汚れが落ちやすく非常に便利。また圧力鍋では無いのですが密閉性が高く準圧力鍋のような感じで使えるのも◯。お値段はちょっと高いですが長期間使っていく事を考えると十分に元を取れる一品だと思います。.

18cmのソースパンですが2人分の料理くらいならこれでちょうど良さそうです。ガスでもihでも使えます。注意事項として強火での使用は禁止です。熱伝導性がいいので問題ないですがちょっと不便を感じました。コーティングが珍しいのでどのくらいもつかわからないのですがもってくれると嬉しいです。.

フライパンは要りません。白いから、材料の具合も分りやすくてとてもいいです。.

お気に入りだつたビタクラフトのフライパンのコーティングが剥がれて来たので買い替えました。焦げ付きもなくとても使いやすく、樹脂系のコーティングじゃ無いので軽く洗うだけで、油分もスッキリ落ちます。尚、このフライパンにはグリーンパンのステンレスガラス蓋 26cmがあつらえたようにピッタリ合います。蓋が必要な方は是非こちらをお勧めします。.

20cm のフライパンとセットで購入したが、どちらも半年しないうちに焦げ付くようになった。焦げ付きが汚れとして付着するようになり、1 年もしないで破棄しました。結局 『t-fal は良い』 という結論に至らしてくれた製品。.

18センチのソースパン、自分流に言えば18センチの片手鍋。18センチと言うのは1~2人にはちょうど良いサイズと言うか、これ一つで殆どの料理はできてしまいます。カレーやシチューなどから肉じゃがなど、多くの料理に便利に使えます。厚手のアルミ製なのでちょっと重量がありますが、熱伝導率はかなり良さそうです。ただ、火力は鍋の底に火が当たる程度で使って欲しいとのこと。それがなかなか難しい。厚手なのでアルミとはいえ熱くなるまで時間は必要です。思わずガス火を強くしちゃいそうです。熱の伝わり方にムラは少ないのは良いポイントです。内側がベージュ系のセラミックコーティングなのもお料理具合がよくりお手入れも簡単です。グリップ部分はちょっと細めですが、扱いやすくできています。ちょっと値段は高価ですが、良い物を長く使うとお考えならオススメできます。.

ベルギー発のスタイリッシュなフライパンを試用した。ビタベルデの日本展開は兄弟ブランドの「グリーンパン」が先行しており、本品はそちらのケンブリッジ フライパンとほぼ同仕様。価格はより身近になっている。■デザインと仕上げ:本体の調理面(セラミックコート面)は純白ではなくアイボリー、外側は黒の耐熱塗装仕上げ。この配色はちょっと見、ルクルーゼ風でなかなかお洒落、なだけでなくキッチンが明るくなる。底面の塗装のみ粗い梨地仕上げで、収納時に他のフライパンと重ねる場合は注意が必要(下がテフロンのフライパンだと傷がつくかも)。グリップはよくあるフェノール樹脂製だが手触りが良く、本体への取り付けもしっかりしている。■重さについて:実測重量=715グラムでカタログ値よりもかなり軽く、定番のティファール スカーレット 24cmと比べて200グラムも軽い。拙宅のビタクラフト カンザス 23. 5cm(ステンレス製としては軽い部類だが本品より約150グラムほど重い)と持ち替えてもその差は歴然。ih対応のアルミ製パンとしてはトップクラスの軽さであり、女性でも楽に振れるはずだ。■全体の形状について:試用した直径24センチのフライパンは底面積が小さめのスリバチ型(底面の直径=約18センチ)。このカタチはフライパンというよりウォック(洋風中華鍋)に近い。深さは約6センチと充分あり、野菜炒めや炒飯など炒め物に最適。斜めの壁面を使って素材を返す「あおり調理」が楽にできる。いっぽうステーキなどの「焼き物」調理では底面積が相対的に不足気味。素材を並べ切れない場合もありそうだ。■実際に使ってみて:付属の取説には「調理前に中火で予熱を与えること」「底面に薄く油を引くこと」「熱い状態から急冷しないこと」などの注意が記載されている。なにやら特殊な製品と思われるかもしれないが、こうしたお作法は通常のアルミ製やテフロンコートのフライパンでもおなじで、本品が特に面倒ということはない(強火も予熱後であれば問題ないはず)。ただ上記の点をよく守って、というか「意味をきちんと理解して」使うか否かで道具の寿命は大きく変わる。急激な温度変化がパンの寿命を縮める原因は「セラミックとアルミ(合金)の熱膨張係数が大きく異なる」ためで、アルミ系合金は熱で膨張しやすい性質がある。強火や急冷はアルミに歪みを生じさせるし、セラミック層との剥離も促すはずだ。ということを頭に置きながら、お勧めの使い方を記しておくと、・調理油はティッシュペーパー(街頭で配っているもので充分)に含ませて塗る。・フライ返しやターナーは必ず木製または樹脂製のものを使う。・調理後はフライパンがよく冷えた状態で水を張って再度加熱し油分を完全に落とす。・セラミックコート面の焦げ付きはメラミンスポンジで丹念に擦る(なるべく早めに落とすこと)。■まとめと雑感:本品は価格と品質感と使い勝手のバランスが良い。拙宅のフライパンでの比較では、上記のビタクラフトには質的に及ばないが、同じ価格帯のティファールよりはずっと印象が良い。上記兄弟機種のグリーンパンは触ったことが無いが、本品には少なくとも廉価版的な手抜きは感じられない。気になる耐久性、特にセラミックコート面のそれについては、少なくとも半年は使わないと何とも言えない。他方、外装の塗膜はさほど強くなさそう(半月ほどの試用でエッジ部に地肌が覗いた)だが、もし煽り調理で底面の地肌が露出しても機能上はまったく問題ない。ひとつ残念なのは、純正のガラス蓋が用意されない点(レビュー投稿時点)。これは汎用品で代用できるはずで、また兄弟ブランドのグリーンパン ステンレスガラス蓋 を選ぶ手もあるが、できれば把手などの質感とデザインを揃えた品を(もう少し安価に)用意して欲しい。なお購入に際しては単純な直径だけでなく、上記の「全体の形状」をよく吟味して選ぶことをお勧めしたい。.

セラフィットのレビューがやばすぎてこっちにした。セラフィットとは違う感じのコーティング。実店舗でも見たけど、全部どこか一部は絶対コーティングが剥がれてる。ただ、商品が良いかどうかよりも、気に入らないのは、エクストラバージンオリーブオイルが使えないことをパッケージを外して初めて読める内側に書いてあること。売り手にも分からないようで商品画面にも書いてない。そんな肝心なことなんで内側なの?何の詐欺?うちエクストラバージンオリーブオイルしか使わないけど?返品しようと思ったけど、もういいや、使ってやれって思ってとりあえず使い始めた。二度とは買わない。フライパンもエッグパンも、良いのははじめの三回くらいだけ。千円のテフロンの方が使える。今までちゃんと焼けてた、簡単に綺麗に焼ける餃子の焼き方で、近頃の一代前に使ったマーブルコーティングも、このセラミックコーティングもくっついて収拾つかん。ボロッボロの残飯みたいなものが出来上がって、イラつく。要らん。散々料理こびりついた後、スポンジで軽く洗える。そうゆう事ちゃうねん。旦那に出せないほどボロボロの料理出来上がって、フライパン綺麗になってなんか意味あんの?.

特徴 ビタベルデ フライパン 24cm IH対応 ブラック ソフトグリップ マグニート CW001831-002

  • サイズ:41.5×24.6×7.6cm
  • 本体重量:0.78kg
  • IH:対応
  • 素材・材質:本体/アルミニウム合金 ハンドル/フェノール樹脂

メーカーより

ヘルシーシェフ

ザ・クックウェア・カンパニー

マグニート

サーモロン セラミックコーティング

ヘルシークッキング。長くお使いになるコツ

予熱&油

中火以下でOK!

食洗機のご利用

金属製キッチンツール

調理の前にフライパンをあたためることでこびりつきを最小限にすることができます。

中火で1分程度、手をかざしてあたたかみを感じる程度で十分です。

油は少量でもお使いいただくと、こびりつき防止加工が長持ちします。

中火以下でOK

火加減は中火以下で十分。高温で焦がしてしまうことを繰り返すと、こびりつき防止加工が十分に性能を発揮できません。(※中火:フライパンの底面に火が当たるか当たらないか程度をいいます

食洗機のご利用

食洗機だけのご利用の場合、調理後の食材のこりがある可能性があります。

食洗機対応の製品でもノンスティックコーティングを長持ちさせるためには中性洗剤を少量利用しての手洗い洗浄をおすすめしています。

金属製キッチンツール

金属製のキッチンツールは、表面のコーティングの欠けが発生しやすくなるため、ご利用はおすすめしておりません。

評価を変更:テフロン並に焦げ付かず撥水性も良く、テフロンより硬い。現在までに使ったソースパンで最良。星五つに変更.

24cmのタイプはサイズ的には1~2名分の料理を作るのに適したサイズ。セラミックコーティングのフライパンは、強火での中華鍋のような使い方はできませんが、熱の通りが大変良いようで弱火~中火でじゅうぶんでした。無駄なエネルギーを使わないため省エネ性が高いといえそうです。軽いと書いてありますが、普通のフライパンと同程度の重さでそう軽いとは思えませんでした。ですがそもそも持ち上げて振りながら調理するフライパンではないので、さほど問題ではないかなと思います。安いものだとセラミックのコーティングが薄くすぐに傷がついて剥がれてしまうものもありますが、ビタベルテはコーティングに厚みが感じられ耐久性も高そうです。独自のサーモロン・セラミックコーティングはテフロンと違い、健康面での不安を感じずにすむので安心して使えるのも良いです。アイボリーとダーク色はセンス良く、キッチンに置いてあるとおしゃれ感がアップしたようでそんなところも嬉しいフライパンです。.

しっかりとしたフライパンです。個人的に、使ってるとキッチンが明るく感じられなんだかモチベーションが上がります。汚れもこびりつかず買って正解でした。.

セラミックコーティングフライパンは初めて使いますがなかなか軽くて良いです。さっそく薄焼き卵を油ひかずにやってみましたが、全くくっつかずにサラサラと取れました。あとグリップが地味に持ちやすくて気に入ってます。(デザインもかっこいいので個人的におすすめ。)あとはこびりつかない期間がどれくらい持つのか期待してます。使い始めたところでは大変満足です!.

以前、セラミック製のフライパンを初めて使用し、火力の調整を理解していなかったため1ヶ月程で使い物にならなくなった経験がある。普段、鉄のフライパンを使用する事が多いため、二度とセラミックは使わないと決めたが機会を頂いたので、再び挑戦してみた。以前はガス火だけだったが、我が家もih(ガス&ih併用)を導入したため、今回はihで使用。火力をマニュアル通りにし、2人分のクラムチャウダーを作ったが、焦げ付く事も無く、綺麗に仕上がった、説明書はしっかりと読むものだと実感。が…やはり気を使う、使用する調理器具、火力、油まで、推奨される種類がある。(hp参照)鉄のフライパンみたく、ダイナミックに料理できる訳ではないため、大雑把な性格な私には調理する際、傷を付けないように優しく、気を使いながら調理するのは少々辛い。製品としては悪く無い、ただ私には向かないのかも知れない。.

Goooooooooooooooooooooooooooooood.

底面を除くとアルミニウム製で重さを抑えてIHを含む広範囲の熱源に対応する。5cmの深さがある24cmのフライパンで、これ一つで多くの料理に対応できる。逆に、このフライパンでできる料理を考えるのも楽しい。ただ、こびりつかない性能を長持ちさせるには丁寧に扱う必要があり禁止事項が多い。天ぷらはダメ、エクストラバージンオリーブオイルはダメ、オイルスプレーは控える、金属製の調理器具は使わない、手洗いが好ましい、水分を乾かす際に火にかけて乾かさない、など。調理は中火以下の火加減で行う。強火は焦げ付きの原因となる。食器洗い乾燥機対応ではあるが、手洗いすべきとのこと。いろいろ制限事項はあるが、これまでフライパンを丁寧に使用してきた人たちには苦にならない制限事項だろう。これが嫌な人は使わない方がよいだろう。丁寧に使用していれば、洗うのは極めて簡単。やわらかいスポンジで洗えばきれいになり、布巾で水を拭き取ればおしまい。今のところ、おこげのついたチャーハンを、焦げ付かせずに作ることができる。それでも、表面の一部に少し傷をつけてしまった。.

Ih対応なので仕方ないのですが重いです。軽量と書いてありましたが、重くて利き手でない方の片手で振ること無理です。ただ、フライパンは26cmが主流でφ24cmのフライパンだとほとんど深型しかなく、この程度の浅さ加減は焼き物、炒め物、油を薄くためた揚げ物など万能で使い勝手はとても良いです。持ち上げないで置いて使うには最適なサイズです。白い鍋底も調味料や汁の色が見やすくて良いです。.

忘れっぽいのですぐ焦がしてしまうけど、少し水に浸けると綺麗にとれます。お肉等も良い焼き色がついて、美味しくできます。.

ハンドル部分が少しソフトで、太さ、角度も含めてとても持ちやすい。商品説明に記載されている人間工学がどのように反映されているのかは分からないが、とにかく気に入りました。また、ihでも使えるのも利用用途が増えてとても便利です。ノンスティック(こびり付き防止)加工のセラミックコーティングに関しては、ソースパンの使用用途ですとフライパンと比較すると効果を感じる場面が少ないのですが、料理、洗い物を楽にするにはあったほうが良い機能かと思います。.

つかいごごちは、まあまあという感じです。温まるのにやや時間かかります。なので、焼き目がつくまでにも時間がかかる。焦げ付きにくさはありますが、これも使い方次第だと思います。.

マグニート 24cm ブラック cw001831-002のレビューです。テフロン加工ではなく、独自のサーモロンセラミックコーティングという加工を施しているそうです。白いフライパンは初めて見ます。汚れが目立ちやすい色ですが、使い込んでもこの色がいつまでも続くという制作側の自信の現れなのでしょう。実際、焼き肉、ベーコンを焼いて油ギラギラになった後に洗ってみたら、即座にもとの白さに戻りました。今後(使用状況にもよるでしょうけど)いつまでもってくれるのか大事に使っていきたいと思います。重量についてはレビュアーの間でも軽いと書いたり重いと書いたりする人がいて、まあそれまで自分が使用してきたフライパンとくらべているだけなので、評価は参考にならないと思います。良い事尽くめのように書きましたが、他のセラミックコーティング系フライパンのレビューを見ると「最初は良かったが数ヶ月で焦げ付き捲くるようになった。騙された感じ(-_-)」と酷評が上位を占めています。この製品も同じなのか、数ヶ月後に変化があれば続報を上げたいと思います。テフロン加工のフライパンも寿命は一年弱という話はよく聞きます。ただ私はかなり大事に使っているので三年ほど使用してもこびりつく事はありません。ポイントは強火で長時間使用しない、調理後は油が残らないようにすぐ洗剤でよく洗う。ただし、水を掛けてジュッとなるくらいの熱さはフライパンの変形やコーティングの剥離に繋がるので、多少冷ました状態で、またコーティング面を傷付けないようになるべく優しくこする等がコツだなと思っています。.

深めのフライパンで取っ手もソフトハンドルで出来ているので滑らず安心して料理をする事が出来ます。フライパン表面はアイボリーで一見汚れが目立ちそうですが、使用後に洗剤で洗うと綺麗に元に戻りました。料理も焦げ付きがなく美味しく仕上がりました。重さに関しては標準的なフライパンと同程度で特別軽いというわけではありません。ただ、重過ぎるわけではなくもちろん女性でも十分に扱えます。新生活などで新しくフライパンを購入される予定の方にお勧めしたい一品です。.

購入半年でのレビューです。商品提供を受けず、中立的立場で書きます。比較対象の先代は、もうちょっと安価なテフロン加工鍋でした。火の通りが良く、弱火でも良く調理できます。結果的に焦げ付きにくいです。煮物などに威力を発揮します。うちのヘビロテ鍋のひとつで、中性洗剤とスポンジでしか洗っていませんが、まだピッカピカです。内側が白いので料理の色合いがわかりやすく、汚れも目立つのできちんと洗いやすいです。昔のホーロー鍋のような神経質な感じはありません。気になる点としては、鍋の外側がザラザラしているので、洗う時と重ねる時には少し神経を使っています。あと、蓋に蒸気穴がないので、うちは20cmの汎用品を用いています。他は総じて満足しています。キッチンも明るくなっていい雰囲気です。おすすめですよ。.

キャンプ料理で大変なことの一つに量にの際の「油」の存在があると思います。多くの軽いキャンプ洋フライパンはコートが弱く、油をしっかりひかないとすぐにくっついてしまいます。しかし、オートキャンプなどでは軽さはある程度無視し、使いやすさと「くっつかなさ」で選んだら少々値ははりますが、この製品にたどり着きました。ソフトグリップですが、焚き火くらいは十分耐えますし、コートが強いので、最初に肉をざっとおくだけであとは油不要。野菜や焼きそばもさくさくするするです。.

熱が通りやすい感じは、煮炊き物の料理をしていて、少し感じます。一瞬、重いかな?とも思いましたが、こんなものかなと。振り回す訳ではないので、自分は重めの方が安定感あって安心かも。洗うのも楽ちんです。こびりつかないので、楽々に汚れが落ちる。最初だけなのか、ずっと使い続けてもそうなのか、まだわからないですが、使いやすいサイズで重宝しそうです。.

セラミックコーティングのアルミニウム合金鍋。軽量化を実現!と謳っていますが、そんなに軽くはありません。ステンレスの同サイズの鍋よりも重いです。その重さに対しては、柄はもう少し長さがある方がバランスがいいと思いました。説明書も添付されており、使用方法についてしっかり記入してあり好感を持てました。エクストラバージンのオリーブオイルは低温であっても焦げ付きやすいのだとか。「少量の油かバターをひき」、、、と書かれていて、おお、確かにベルギーブランドなのだな!と実感した次第です。熱伝導率が良く、弱火調理を推奨されています。筑前だきを作ってみましたが、一旦加熱すると弱火でも煮汁がフツフツしていていました。普段作るのより短時間で味が染み込んだように思います。普段はアルミの行平鍋なのですが、熱効率はずいぶん違うものですね。ルクルーゼも使っていますが、このビタベルデの方が火の通りが速い。グツグツゆっくりじっくり系はルクルーゼ、短時間で煮込むのはビタベルデ、という感じです。18センチは2〜3人分の煮物やシチュー、スープにちょうど良い大きさです。おひたしを茹でるには小さいですが。これからお鍋を新調するなら、是非お勧めしたいです。.

サーモロンノンスティックコーティングされた小型の片手鍋です今まではステンレス製の片手鍋を使用していましたが、重量的にほぼステンレス片手鍋と同じくらいセラミックコーティング鍋にしては軽いのではないでしょうか。さて、肝心の使用感ですが今回は肉じゃがを作ってみましたが、セラミックコーティング鍋にしては熱が伝わりやすく熱源から下ろしてもしばらくグツグツ煮立つ感じは石鍋にも似た印象です側面に醤油などが付いた状態で調理しましたが、焦げ付くこともなくスポンジでサッと拭き取れました。一見裏側は何の加工もされていないように見えましたが触ってみるとかなりザラザラしており、五徳の上でも安定しています。唯一個人的に残念に感じた点は、蓋に蒸気穴がないため吹き零れやすい点です説明書でも中火までの使用を推奨されており冷めにくい特性の鍋ですので余熱調理向けかと思います。サーモロンノンスティックコーティングが劣化した後もホーロー鍋として使用できるとのことなのでちょっと高めな値段でも気兼ねなくガンガン使用していきたいと思います。.

はじめてihを使ったのでドキドキ。ソースパンは中身が入った状態でも、力が行き渡りやすいのか持ちやすかったです。中身が見える仕様の蓋なのもうれしい。加熱も均一に広まって問題なし。デザインもシックで気に入りました!.

 ちょっと重いですが、深さがあり炒め物からちょっとした煮付けまで重宝に使えると思います。油いらずなのでカロリーを減らすことに役に立ちます。小さな事ですが、毎日の食事でこつこつとカロリーを減らしていけることが嬉しいです。.

値段とデザインは良かったのですが、2週間も使わないうちからやたらこびりついて使い物になりません。何で皆さんこんなに高評価なんでしょ?.

このソースパンは実に進化系といえますね、なぜかと言うとまず、持ち手が少し弾力のある硬いゴムというか不思議な新素材が使われているという感じがします、蓋の持ち手も同じ素材が使用をされていますね、大きさは18センチ、一人暮らしの家の料理用にちょうどよい大きさだといえますね、更に鍋の内側は白く実にスベスベな何か陶器の様な手触り、これも新素材が使われている感がしますよね、まるでミルクパンの内側みたい、焦げ付きもしにくそう、更に底面だけはザラザラとしていました、これは思っている以上によく考え作られている未来のパンだといえるのではないでしょうか。.

通販によく出ているセラフ○ットと言うフライパンのレビューがなかなか厳しいものだったのでセラミック製のフライパンには懐疑的でしたが、実際に使ってみると全く異なる異次元の使用感です。普通のフライパンでは熱すると油を薄く馴染ませることができますが、本商品は油が弾かれて薄く広がることがありません。そのため油をほとんどひかずに肉や卵を焼いても全く焦げ付きません。表面に焦げたものが残っていても焦げ付いているわけではないので洗剤をつけたスポンジで軽く洗うだけですぐにきれいになります。すでに数十回は使ってみましたが今のところ表面の劣化は全く見られません。使うときや洗うときに気をつけることといえば調理器具などで表面に傷をつけないことはもちろんですが、エキストラバージンオリーブオイルのような発煙温度の低い油を使って表面に焦げた油の皮膜を作らないことが注意事項としてあげられていました。弱めの火で調理することと油を焦がさないこととが長持ちさせるコツのようです。余談ですがエキストラバージンオイルの発煙温度は品質によって全く異なり160〜207度の大きな差があり、高級品はごま油やキャノーラ油とほとんど変わらないそうです。もっともそのような高級品を熱して使うのはもったいないので、どちらにしてもエキストラバージンオイルをフライパンで使うことは避けた方が良いということでしょうか。.

ベスト ビタベルデ フライパン 24cm IH対応 ブラック ソフトグリップ マグニート CW001831-002 レビュー